キン肉マン 200話 柔軟ボディ炸裂 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第200話 「柔軟ボディ炸裂!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)

ついに記念すべき200話まで到達した週間プレイボーイ版キン肉マン

この糞ブログもあれやこれやと言ってきたけどなんだかんだで5年以上ずっと更新を続けてきた

なんでもないようなことだけど・・・なんだかんだでキン肉マンに浸ってられる時間が幸せだったと思う

これからも壮大なキン肉マンワールドを描き続けて下さることを心より願っておりますゆでたまご先生

好きです

そしてその記念すべき200話は超人閻魔VS悪魔将軍という「究極のラスボス対決」の過程で迎えた

将軍様は硬度10ダイヤモンド完熟ボディを発動させたものの閻魔様も「目には目を」の硬度10で対抗

さらに将軍様の硬度10にまで硬くカチカチに怒張した肉体に無欠雁字搦めで追い打ちをかけた閻魔はん

カチカチに硬く太く長く反り返った将軍様の肉体は柔軟性がなくダイヤの全身にピキピキ亀裂が走る

このままじゃ将軍は粉々に砕かれちまう

硬くして粉々にするという趣旨はプラネットマンの氷点下の首四の字からの~ニードロップと同じ

そこで将軍様は昔懐かし硬度0のスネークボディにの柔軟マシュマロボディに変化

脱出不可能と思われた超人閻魔様の単なる反りが大きいだけの卍固め無欠雁字搦めから脱出する

でもよくよく考えてみれば将軍様って粉々にされても平気だったよね

頭部さえ無事ならなんちゃらとバトル漫画にありがちな設定でさ

キン肉マンに火事場のメガトンパンチくらって全身粉々に砕けたけどフツーに再生しやがったし

今の将軍様はあん時の亡霊超人じゃないからあーゆーこともうできないのかな?

閻魔は「むぅ、あれだけダイヤモンドパワーの研鑽にこだわり続けたお前がよもやこんな逃げ方を」と嘆く

将軍様は「人の言うことは柔軟に耳を貸すものだと、やつから託された貴様への伝言すっかり伝え忘れておったわ」と言いながらペインマンの得意技だったファイヤーボールプレスを閻魔様に敢行する将軍様

くらった閻魔様は「伝言だと?」とつぶやきながらその動きがペインマンのものだと気づく

すると将軍様は閻魔様をビシッと指さしながらこう伝える・・・「あぁ。忠実なら我が下僕の1人がやつと闘い最期の伝言を預かってきた。下等超人の進化は“成った”と貴様に伝えてほしいとな」

「忠実なる我が下僕の1人」とはもちろんジャンクマンのことだが・・・将軍様ジャンクマンと会ってたのね

閻魔様はグロロロ言いながら「聞き間違いだ。お前やシルバーマンならともかく、谷津が真っ向から私を否定するようなことはない。“柔軟”に私の意見を尊重し続けてくれた男の中の男だ」と言い、将軍様の言うことを信じようとしない

「そんなこと信じたくない!」って感じ?

将軍様は「あぁ、そうだった。そしてとうとうその男までもが“柔軟”に現実を受け止めた」と切り返す

そんな話もう聞きたくないとばかりに「そのへらず口聞けなくしてやろう」と閻魔様は魔雲天の岩で構成された顔面を砕いちまったエグい技「武道岩砕クロー」を将軍様にもお見舞いする

「クロー」と言えば将軍様にもバッファローマンをワンハンドで持ち上げた魔のショーグン・クローがある

さらに言えばキン肉真弓もアイアンクローがある

つーかコイツはアイアンクローしかない!

だが将軍様はやはり頭部が大事という設定はそのままなのか閻魔様のぶっ太い腕をかわして「封じられるのは貴様の口だ」と言いながらその軟らかくいやらしい柔軟マシュマロボディを閻魔の頭部に巻き付ける

それを見てバッファローマンは「ううあの技は」と絶叫する

将軍様は昔懐かしスカルクラッシュを敢行した

そりゃこって牛が「うぅあの技は」と恐れおののきおのののか状態になるのもムリはない

かつて自分もヅラを取った状態で将軍と闘ってこの技くらって頭蓋骨やら顔面をゴキゴキバキバキズッコンバッコンと砕かれてお岩さんみたいな顔にされちまったんだからな・・・

さらにその後地獄の断頭台までくらうスペシャルメニュー

そんだけされても死んでないどころか顔まで数十分もすれば復元していたこって牛の回復力

逆に完璧超人始祖でありながら地獄の断頭台一発で即死したミラージュマントアビスマンって何なの?

人間のジェロニモごときでも地獄の断頭台くらっても生きてたってのに

まージェロニモに関しては寧ろ人間だった時の方が強かったんだけどよ

さっさと閻魔様に人間に戻してもらえよジェロニモ

早く人間になりたい

将軍様のスカルクラッシュに巻き付かれて「バキィ」・「ゴキィ」・「グキィ」と痛々しい音を立てながら砕かれる閻魔様の頭蓋骨や顔面・・・ってこれ粉砕されてるの閻魔が被ってる剣道の面だけじゃないの?

ただようやくオーバーボディがはぎ取られる時が来たのかもしれねぇな?

まさかこれくらって面がまだ無傷のまま無事ってことはあるまい

将軍様は武道様の頭部(を覆っている面)をゴキゴキベキベキドピュドピュと粉砕しながら「我ら始まりの11人誰もが皆心の中で哀しみ嘆いていた。貴様が変わってしまったことを」と言葉を投げかける

そうかなぁ・・・サイコマンとワイルドガンマンあたりは嘆いている様子なんて微塵も感じられなかったんだけどなぁ・・・

そもそもこんなエグい技かけてると時に話したってもう相手は脳ミソグチャグチャのチューチュー状態だろ

怖かった~

さらに将軍様はこう続ける・・・「そしてそれを最も嘆いていたのは他でもない、自らが変わりゆくことを許容せざるをえなかった“完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)”ザ・マン・・・貴様本人だったはずだー!」

それを見ているピークア・ブーは「こ・・・これは、見た目以上に厳しい技だ」とうろたえ始める

お前はどんな技も自分のものに「学習」できるんじゃなかったのか?

さらにネプチューンマンが同調して「あぁ単なる頭部への強烈な締め付けだけではない。視界と声を奪われ、さらにアレでは呼吸もまともにできん」と解説し、「早く解かねば・・・」とまるで今にも助け出しに行こうとしそうな雰囲気

やはりかつて同じようなオーバーボディを纏って闘ってた男とコンビを組んでたから他人事じゃいられない?

閻魔様はグッと拳に力を込めて頭部をヘビに巻き付かれたまま跳躍し、「グロラァァァ~ッ!」と絶叫しながら頭に巻き付いている将軍蛇の頭部をコーナーに叩き付ける

それでも外れない将軍ヘビを何度も何度も「グロァァ~ッ!」とか言いながら叩き付ける閻魔様

この「グロアァー!」って人間でいえば「オラァァー!」みたいな感じ?

スネーク軟体ボディになりしかも痛みも感じない設定のはずの将軍様だがコーナーに叩き付けられ続けると「グッ」と苦悶の声を漏らし、ついに閻魔様にスカルクラッシュを解かれてしまう

しかも剣道の面の金具が歪んだだけで面は未だに無事

その奥の血走って充血した目がさらに怒りと苦悶によってさらに歪んでいるだけ

つーかまだ砕けねーのかよこの面(オーバーボディ)は!

どんだけ丈夫なんだよ

まー確かに剣道の防具一式って有段者が付けるものになるとウン十万とかかなり高いもんだけどよ

つーかさっきゴキゴキ言ってたのは何の音なんだよ(笑)

で、完全にブチ切れたご様子の閻魔様は将軍様をボディスラムで叩き付ける

単なるボディスラムでも閻魔様の怪力と高さから石のリングに叩き付けられれば相当痛い

だから痛みを感じない体のはずの将軍様も苦痛から「フグゥーッ!」とまるでアレの時のような声を漏らす

そして閻魔様は「お前の頭も同じ程度に破壊してやろう」とジャンピング・ココナッツクラッシュの体勢に

いや違う!

ジャイアント馬場だったらこれはジャンピング・ココナッツクラッシュ(ヤシの実割り)だが、閻魔様がやればこれはあの魔雲天の岩で構成された頭部を完全に砕いちまった完武・兜砕きだ

技の趣旨としては「キン肉マンⅡ世」でハンゾウがザ・ニンジャの頭蓋骨を粉砕した釣鐘割りと同じだよね

そしてモロに兜砕きをくらっちまった将軍様

ダメージを受けてはいけないはずの頭部に・・・

そして頭部にピキピキと亀裂が走る・・・

もうダメか?

もうダメなのか?

ダメだこりゃ

しかし心配して「将軍様!」とか言って声をかけたサンシャインに対して「案ずるな・・・問題ない。頭部への損傷の具合はやつと同等程度だ」と左側側頭部が凹んでしまいながらも気丈に答える将軍様

あんだけゴキゴキバキバキ痛々しい音が発せられてたんだからやっぱ閻魔様の頭蓋骨もヤバいのね

ある意味元々頭がイカれちまってるようなもんだけどよ閻魔様・・・いやさザ・マンは

閻魔様は「そこまで言うか。ならばもういい。ダイヤモンドであろうが軟体であろうが関係ない。お前がどんな手を使おうと、元は全知全能の神であったこの私の圧倒的な力と比べればすべてが無力!どんな祈りを捧げても覆しようのないその事実を!かつて大いなる期待を抱いていた私が包み込まれた反動の絶望を!私が認めた史上最高の超人・・・私の永遠の一番弟子であるお前に・・・身をもって今再び教え込んでやろう!」と相変わらず芝居がかった長々しい長台詞を口にしながら将軍様にスピアータックルをキめてそのまま上昇して・・・えっ?ナニこれ・・・将軍様を逆さまに背中合わせになって足と左わき腹を捉えて・・・

何やらわけのわからない・・・果たしてこんな体制の技が効くのかどうかわからない技の形に入ったまま落下を続ける閻魔様

将軍様はどうやらこの技を知っているようで「完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)奥義・・・」と口にして観念した(?)ご様子・・・

「次回見出し煽り予告は「零の力∞(ムゲンダイ)!」とアシュラマンみてーな煽り方してるし、こっからどんな技に入るのか・・・もしかしたらまだどんな技か考えてないのかなとか思わされる展開で今回は終わり

——————————————————————————

一体ナニをする気なんだ閻魔様は

背中合わせになって叩き付ける技というとネメシスの完肉・バトルシップシンクを思い出す

だがこれは背中合わせでも上下が逆で将軍様は頭から落下するが閻魔様は足から落下する形だ

そして将軍様は足がイヤミの「シェー」状態

あとは上半身をどうやってクラッチするかだけど・・・

やっぱ両足で頭部を捉えて叩き付けるみたいな荒業なのかな・・・?

それにしてもこの段階で「完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)奥義」を出しちゃうのか

ってことはもう決着が近いってこと?

この対決も10話は引っ張るかと思ったけれど・・・

奥義を出しても相手が生きてたら閻魔様の格と威厳が傷つくよね

でもちょっと決着には早いような・・・

なんかブロッケンjr.が考えそうなややこしい体位の技だよね

そういやサイコマンに両手を粉砕されたブロッケンはラーメンマンと仲良く病院でおねんねしてるのかな

ブロッケンはやっぱりラーメンマン相手でもそっち系の気分になっちゃうのかな

ただでさえドイツ人はそっち系が多いけど中国人は上海に多いとか「二つの中国」の台湾に多いらしいけど

でもラーメンマンは男も女もついでに脳ミソさえもない完全な無性愛者(Aセクシャル)っぽいもんな

やはりブロッケンにはウルフマンの完熟マシュマロホモボディが一番か

ただでさえドイツ人と角界はそっち系が多い・・・

それにしても武道のオーバーボディはなかなか剥がれねぇなぁ

そもそもあの竹刀はあれこれ重要な役割を担う魔法の杖みたいなもんだしずっとこの姿で闘うのかな

剣道の面の奥から覗くあの充血して血走った目が閻魔様のチャームポイントでもあるからね

ただ垂れは垂れで垂紐があるんだから腰の帯は別にいらねーだろ(笑)

あれビッグ・ザ・武道の時から30年以上ずっと思ってたけど何の役に立つんだよ!

勃ってきた・・・

そんなこのオレの・・・オレ様の30年に及ぶ葛藤と下ネタ人生に想いを馳せながら今回はこの辺にしときましょうか・・・

このオレ様の大事な30年に想いを馳せている上に、せっかくの記念すべき200回をこ汚い薄汚れた低俗な下ネタで汚したくねぇからせめて今回くらいは上品かつソフィスティケイトされた雰囲気のまま更新を終えましょう

馳浩

谷津嘉章

とりあえず今日は天気がよいんで今から仕事もしないで30年前・・・まではイかないけど20年くらい前のいらなくなったエロビデオの整理・処分をします

ずっと押入れの奥のすみっこに追いやって埃かぶってたけど、やっぱり断捨離って大事だと思うしビデオテープってかさばるから邪魔になるし、特にこんな時間が勃つ経つのが早い日にこそヤらないとね

(右手を)止めても無駄です

たまりません

キン肉マン 週プレ最新作 第200話 「柔軟ボディ炸裂!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)は以上

次回は3月13日発売です

タイトルとURLをコピーしました