キン肉マン 150話 永遠なる魂!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第150話 「永遠なる魂!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)

テリーマンはジャスティスマンの必殺技である「完璧・陸式(パーフェクト・シックス)奥義 ジャッジメント・ペナルティ」を石のマットの上にくらったが、相変わらずタフさだけはアイドル超人NO1のテリーは義足を外した効果もあったのか、あのアシュラマンですら普通のふかふかマットの上にくらっても死んでしまった(と、思われる)この大技に耐えきった

しかし左足の義足は外れ、右足は複雑骨折し、両腕も強烈なダメージを受け四肢全てが潰されている状況

それでも魂だけで匍匐前進でジャスティスマンに尚も闘いを挑もうとするテリーマン

5体満足でビンビンピンピン状態のジャスティスマンはただトドメを刺せばいいだけの状況

なのに突然「お前の勝ちだ」とサンドウィッチマン富澤みたいなことを言い出し、光のダンベルまでテリーに渡して試合放棄行為及び完璧超人に対する裏切り行為に等しい行動に出て、あれほど強い勝利への執念や殺意は何だったのか性格がブレまくっているジャスティスマン

急にジェントリーなナイスガイになってギャップ萌えでも狙っているつもりなんだろうか?

前の試合のラーメンマンVSネメシスもネメシスはマッスル・スパークで死ななかったラーメンマンにそれ以上攻撃を咥え加えようとしなかった

ただそれは試合が既に決着が付いてゴングが乱打された後だったからだ

今回はゴングすら鳴る前で試合はまだ終わっていなかった

なのに突然勝利も試合も放棄したジャスティス野郎のドッチラケ行動・・・

なんなんだコイツは・・・

こんなドッチラケな展開でも観客は一斉に喝采

キン肉マンも涙を流しながら「よかった・・・さすがはテリーマンだ」と感動に打ち震える・・・

なんだか「いかにもテリーマンらしい結末」ということになりそう

こんな形ばっかりだから人気が上がらないんだよなこのキャラは

どうせ勝つなら素直に勝たせればよかったのに

このオレが性格がひねくれまくっているのかこの結末は全然感動も喜びも面白みも感じられない

これってプロレスで例えれば小橋建太が菊池毅あたりとシングル対決して、小橋が終始圧倒しているものの、ラリアットもムーンサルトも返されて奥の手のバーニング・ハンマーまで菊池が返したら突然小橋が「お前の勝ちだ」と降参するみたいなブックだよね

その結果にはたして観客は満足するんだろうか?

あるいは大ブーイングの結末になるんだろうか?

まー小橋が菊池を「お前」呼ばわりはしないだろうけど

当然テリーマンは「待てよ!こんなんで勝ったって胸を張れるかよ!」と全く納得せず

テリーマンの性格を考えれば当然の反応だし寧ろプライドを傷つけられる行為に等しい

「しかもこのダンベルは大切なものなんだろ?なぜそいつをミーなんかに簡単に手放すんだ?」と問うテリー

しかしジャスティスは「簡単に?フフフ・・・そうではない。熟慮の末の決断だ。数億年の熟慮のな」と返す

なんなんだコイツは・・・

パラノイアか?

初めて笑顔を見せたジャスティスマンの豹変ぶりと口にされた嘘っぽい数字に「す・・・数億年?」とドン引きするテリーマン

「我々、完璧超人は常に完璧を目指し続けてきた。試合中にお前の言った通りどこまでも完璧を目指してこの数億年ひたすら修業に励み続けてきたのだ。そうして永遠の盤石を目指し生きる我々に対し、お前たち下等超人は刹那に生きる存在だ。瞬間瞬間でまるで命の炎を燃やすようにパッと輝き、そしてすぐに燃え尽き消えてしまう。そんな儚い者どもに盤石の世づくりなどできるわけがない。そう考えお前たちのことをずっと蔑んできた」と語るジャスティスに、自らの足から外れてしまった義足を見て切ない表情になるテリーマン・・・

「しかし今日、そんな下等超人であるお前の中に唯一永遠を感じさせるものを見つけた。それが・・・お前の“闘う魂”だ。“テキサスブロンコ”というのか?この試合でお前のやったことはおそらくお前の超人レスラー生命を大きく縮めるものだ。それ自体私の蔑む刹那的な愚行そのもの。だが、そこに至るお前の姿勢がこの宇宙に漂う多くの“感情”とシンクロし“憧憬”を集めていることに私は気づいた」と続けるジャスティス

その「憧憬」を象徴するように病院で観戦中のジェロニモとピークア・ブーの姿が描かれる

「そして私は悟ったのだ。もし私がお前をこの試合で殺したとしても、お前の“闘う魂”まで消す事はできない。それは近しい未来、必ず第2第3のテリーマンとなって私の前に姿を現し牙を剝く。我々は己の肉体と魂を永遠に保持し、共に磨き上げることにこだわり続けた。だが肉体を犠牲にすることで魂を新たな次元に引き上げられる可能性・・・」とまで語りテリーマンの義足を見つめるジャスティスマン

「その片鱗を私はお前に見てしまったのだ」とテリーマンに告げる

「それを確実に抽出し遺すことができたなら・・・それも“永遠”のひとつの形となりうるのかもしれない」とまで語りジャスティスマンはロイヤルシートボックスで観戦中の悪魔将軍・・・いやさゴールドマンの方を向く

ゴールドマンは黙って頷き、ジャスティスマンも頷き返す

何億年も変わらない慢性的な完璧超人の世界より、刹那に生きる存在でありながら限界知らずの成長を見せ、そしてその魂は永遠に受け継がれる下界の超人に可能性を見出した者同士の共感か?

「我が思索は新たな段階に入るべきだ・・・と考えた。そのダンベルはお前達に託す価値があるともな。それが今日得た私の私自身に対する裁きだ・・・下等超人も見上げたもの」と再び笑みを浮かべて去ろうとするジャスティスマン

この一連の流れでジャスティスマンがシルバーマンと並び正義超人側に立つ雰囲気も出てきた

「聖闘士星矢」の一輝とシャカの闘いに似た展開だよねこれ

闘いは終始シャカが圧倒してノーダメージだけど一輝の自らを犠牲にして闘う姿に「迷いが生じた」的なね

テリーマンは切ない表情で義足を見つめる・・・

そして「すまない爺や・・・お前にもらった大事な翼を壊しちまった・・・ジャスティスマンの言う通りバカげた行為さ、でも・・・これでよかったんだよな」と天に向かって微笑みながら今は亡きバックランド爺に語りかける

祖父と孫ほどの歳の開きもある相手を「お前」呼ばわりする関係性は日本人には理解に苦しむというか、老執事を雇えるようなマンガの中の金持ち限定の話だろうが、そんな金持ち現実にはあまり存在しないだろうに

すると突然ピキピキと妙な音がしてテリーマンもジャスティスマンも振り返る

その音の主は怒りに満ちて目が血走りまくって(これはいつもだけど)自らが入っていたロイヤルシートボックスのガラスを気の力(?)だけで砕け散らせたストロング・ザ・武道ことザ・マンこと超人閻魔

思えばコイツがこんなことを許すわけがない

武道は立ち上がり凄まじく充血した素晴らしい目で思い切りジャスティスマンに眼を飛ばす

80年代のツッパリでもここまで気合の入った眼を飛ばせる奴はいたんだろうか・・・?

どうやら明確にジャスティスマンがゴールドマン、シルバーマンに続いて完璧超人からの離脱の姿勢がはっきりしてきた

テリーマンは「だが、ジャスティスマンお前はこれから一体どうする?」と問うがジャスティスマンは無言でテリーマンを制止する

上階でブロッケンをまるで三沢光晴のようなエルボーのラッシュでボコボコにしているサイコマンが「とうとうこの日が来ましたねか~!いつか必ずあなたが裏切ることはわかっていましたよぉ~!」と絶叫する

さらにブロッケンをワンハンド・ネックハンギングツリーに捉えながら「それなのにあなたのやることは何から何までなぜこうも癪にさわるのか!?裏切るタイミングなどこれまで何億年もの間に山ほどあったでしょう!それなのによりによってなぜ今日、この日なんですか?」と下にいるジャスティスマンを睨みつけるサイコマン

いい日旅立ち

そしてサイコマンは「昔から常々思っていた事ですが改めて心をこめて言わせていただきましょう。あなたは天才です・・・本当に・・・この私の邪魔をすることにかけてはねぇーっ!」と、普段はクールなポーカーフェイスでヘラヘラ嘲笑して相手を挑発するばかりの糞野郎でありながら、ここでついに凄まじい形相になってめちゃくちゃ感情的になり取り乱して激昂するサイコマン

思えばアシュラマン戦後の会話でジャスティスマンのことは良く思っていない伏線は張ってあったわけだけど・・・

そしてサイコマンは取り乱した影響なのかあまりキャラ的に使わないような技であるゴッチ式パイルドライバーでブロッケンの脳天を石のリングに杭打ちにする

立ち上がったストロンゲスト武道はなんだったのかそっちのやりとりの方が興味あったのに、サイコ野郎が突然横やり入れてスッキリしないまま今回は終わり

つーかゆでたまご先生ってゴッチ式ドライバー好きだよね(笑)

いい日旅立ち

———————————————————————————–

結局テリーマンはジャスティスマンというゴールドマンやシルバーマンに匹敵するレベルの強者をさすがに正義超人入りはないだろうけど味方側に近いスタンスに引き入れる事に貢献したということか

さすがにジャスティスマンを倒すのは無理があるからこのような「勝利」という結果にしたのかな・・・

これでテリーマンのある意味「不敗(完全KO負けがない)伝説」も「不死伝説」も継続になったということで

しかしいかにもテリーマンらしいスカッとしないモヤモヤ感の残る結末

やはりすんなりテリーに大物狩りはさせないのか・・・でもさすがにジャスティスマンは大物過ぎだもんな

ただ、ジャスティスマンも「選手寿命を大きく縮める」と言及していたし、実際テリーマンの左足はもう再生不可能に思える状況

まだドクター・ボンベやフェイスフラッシュという「切り札」もあるけど・・・

ただ先のラーメンマンも「この闘いを集大成に」と口にしていた

さらに前のロビンマスクも弟子のウォーズマンに自らのポジションを禅譲する意向をネメシスにブッ殺される前に涙ながらに語っていた・・・

この「キン肉マン」という作品に於いて大きな・・・あまりにも大きなポジションを占めていたテリーマン・ロビンマスク・ラーメンマンという3大アイドル超人の「引退」を示唆する流れが出てきたように感じる

ウルフマンも引退させたわけだし、既成の人気超人に頼らず新しい人気超人を生み出すゆでたまご先生の挑戦なんだろうか・・・?

それともこのシリーズが終わったらⅡ世を再開させたいんだろうか?

Ⅱ世を再開させるならケビンとの兼ね合いもあるからロビンマスクは確実に生きているだろう

それにロビンマスクほどの人気超人まで引退させたら作品全体の人気に関わるのでは?

ぶっちゃけ今「キン肉マン」を読んでいる読者の下手したら7割くらいはロビンマスクかウォーズマンのどっちか或いは両方のファンだろうし

それにロビン・テリー・ラーメンを退場させてその後継アイドル超人がウォーズマンはともかく、ブロッケンJr.、ジェロニモ、ピークア・ブーではキャラ的にいろんな意味で弱すぎるのでは・・・

今からロビンマスクはもちろん、テリーマンやラーメンマンレベルの人気キャラを生み出すだけでも至難の業だろう

80年代の圧倒的な人気はまだないし、寧ろ新規ファンより既存ファン需要が高い作品だろうから

既存ファンはそれまでの思い入れをとても大事にする

思い入れのあるキャラクターが新しいファンに取って替えられて読み続けることはあるんだろうか

でもどんなジャンルでも「新陳代謝」が必要なのもわかるからこれはとても難しい問題である

ただ、皆体力回復カプセルから出たばかりなのに結局引退じゃ何のためにカプセル入ったんだって話でもある

行き当たりばったりで方向性も山の天気のように目まぐるしく変化する作品だけにこの3人の処遇はどうなるかはまだわからない

思えば「超人総選挙 2015」で1位となったキン肉アタルだって再登場させないわけにはいかないだろうし、完璧超人との闘いが描かれているこのシリーズで未だにネプチューンマンが出てこないのも不自然だし・・・

ただアタルが復活するってことは超人血盟軍再結成もあるのかな

バッファローマンとニンジャは生き残っている

アシュラマンは死亡濃厚だけど明言されてないからもしかしたらかろうじて生きているとか?

でもあれで生きてるならカーメンとか魔雲天も生きてなきゃおかしいよね

完全に死んだと判断できそうな描写はバラバラにされたスニゲーター、プラネットマン、スプリングマン、あとステカセキングもか・・・そして赤い目が完全に「消灯」したアトランティスくらいか

敵側はおおむねほぼ確実に死んでるっぽいけど、何度も言うけどシングマンだけは生きてるのではないか

空のかなたに殴り飛ばされて死ぬとか・・・

あんなギャグマンガみたいな退場の仕方じゃね・・・

それにしてもジャスティスマンの多重人格者ぶりは未だに引っかかるものがある

あそこまで性格が180度豹変するもんなんだろうか

あれほど「感情」に左右されるのを嫌がってた人物が結局思い切り「感情」を揺り動かされてしまうとは

「正義」に感化されたってことなんだろうね

こーゆーのは大抵キン肉マンと闘った相手がそうなるんだけど

次のネメシスもキン肉マンと闘って正義に目覚めるんだろうね

サイコマンはなんだか取り乱してるししかもグリムリパー時代を含めてこれが3戦目になる

ブロッケンが勝つ流れもかなりありそうだけどそれでもブロッケンがサイコマンクラスの強者を倒すなら相当な説得力が必要でもある

にしてもサイコマン喰いの栄誉を与えられるならブロッケン美味しすぎるな

ラーメンマンも負けてテリーマンも実質負けみたいな試合させられたってのに

ただこのキャラって「善戦マン」の状態だからこそ人気あったようなフシもあるよね

頑張ってるけど報われない所に反感贔屓票や母性本能くすぐられた票が集まったみたいなさ

ジャンプ時代の超人タッグ編で実施された人気投票じゃ最高位の3位を記録したけど、あのタッグ編ではブロッケンはただ地獄のねじ回しで腹貫かれて「ケジメさ!バッファローマン」とか言っただけなのに3位とか

思えばⅡ世の弟子であるジェイドもそんな感じだったし、師弟揃って傾向がそっくりだ

「試合に勝てる強い超人」になったブロッケンジュニアの人気はどうなるんだろうか・・・?

その前に必ずしもサイコマンに勝つとも限らないけどね

サイコマンまで負けたらもう完璧側は閻魔様とネメシスしかいなくなっちゃう

逆に正義・悪魔連合軍はキン肉マン、ウォーズマン、バッファローマン、サンシャイン、将軍様が残っている

バッファローマンの連戦はキツそうだがそれでもダメん時ゃ満を持してのアタル登場だってある

そう考えるとこのブロッケンJr.とサイコマンの試合結果って今後の展開に大きな影響を与えそう

でも勝つなら相当な説得力がいる

マグネットパワーやサンダーサーベルを使う化け物にベルリンの赤い雨だけでどうやって勝利するか

そういやナツコ結局来なかったね

そんなんで本当にテリーマンの事愛してるのかい?

翔んでるナツコ

だけど本当に空を飛ぶわけにはいかない

コンドルじゃあるまいし

尻は軽いから宙に浮く事はできるみたいだけ

大体、空を飛ばなくたって水道橋から信濃町なんて大して移動に時間かからないだろう

でももしかしたら鳥取に向かって、そしたらまた東京移動する展開になってそれに振り回されて今頃は東海道新幹線の車内とか?

超人みたいに空を飛ぶことができなければJR東海のお世話になるしかないもんな・・・

いい日旅立ち

いい日かにたま

キン肉マン 週プレ最新作 第150話 「永遠なる魂!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は11月30日発売です

タイトルとURLをコピーしました