キン肉マン 140話 闘将!ラーメンマン!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第140話 「闘将!ラーメンマン!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)

(半分自分でやったようなものの)満身創痍でボロボロの状態になりながらも立ち上がった闘将!!拉麺男

ネメシスは「ほざけ!何が希望を見失わない正義超人魂だ!その希望の先に絶望しかなければ人はさらに傷つくのだーっ!」と自身の屈折した正義に対する感情を露骨にさらけ出しラーメンマンをボコボコに殴りまくり、さらに垂直落下式のフロントスープレックスでまたもラーメンマンの脳天を硬い石のリングに叩きつける

「愚か者が為政者となれば結果的に多くのものがその絶望に苦しむことになる。オレが生まれた時のキン肉族のようになぁ」とついに父を愚か者呼ばわりしながらラーメンマンを宙に放り投げるネメシス

「だからこそ優秀な神の信徒たる我ら完璧超人が、この世を治めていかねばならんのだ」と、正直悪行超人と立場的に大差はない上に、その大半が「完璧」とは名ばかりの「とんだ一杯食わせ者」だらけの完璧超人をやたらと誇張しまくりながらついにキン肉族戦闘スタイルマスクを「ジャキィン」と装着してロビンマスクを死においやった(?)「完肉」バトルシップ・シンクの態勢に入ります

ウォーズマンもキン肉マンも「マズいぞ!」と絶望的な表情

しかも今度は石のマットだけに衝撃もさらに倍

倍率ドン、さらに倍

カットインしたラーメンマンとキン肉マンの絶望的な表情がスローモーションのような効果に

これでネメシスの勝利はもう決定的か?

これはもう「完肉マンGo Fight!」状態なのか??

すると何をトチ狂ったのかキン肉マンが「助けにきてくれメシアー!」とわけのわからないことを絶叫します

これはもう「キン肉マンGo Fight!」状態なのか??

ミートもウォーズマンも「ちょっと何言ってるかわからない」サンドウィッチマン富澤状態で顔を向けます

続けてキン肉マンは「今こそお前の出番じゃメシアー!こういうどうしようもない時フラッと現れて助けてくれる、それがメシアお前だろーっ!私には見えるぞ!ラーメンマンの中の内なるもう1つの魂がーっ!メシア甦れ!今こそ目覚めるんじゃ!」とまくしたてます!

ミートもついにキン肉マンが頭でもイカれたのかとドン引きした表情で「お・・・王子」と絶句

どうやらキン肉マンは完全に頭に血が上ってしまい、もはや「オレは炎のキン肉マン」状態

しかしそんなキン肉マンの熱い魂に触発されたのかラーメンマンも「救世主(メシア)・・・」とつぶやく

このマンガで「救世主(メシア)」と言えば7人の悪魔超人編でのラーメンマン(モンゴルマン)のこと

つまりラーメンマンは「お助けキャラ(救世主)」としての一面も持っていて、「お助けキャラ」ポジションが最もハマるキャラということなんだろうか

す・・・すると・・・

ラーメンマンの辮髪がほどけてサワサワと伸び始めてそれがネメシスの肉体に絡まり始めます

さすがのネメシスも「な・・・なんだこいつは!」と絶叫

そりゃ無理もない

ラーメンマンは「クフゥ~」とまるでイッた後のような声を漏らすと突然顔面にモンゴルマンマスクのクマドリが浮かび始め、目ん玉もなくなりマスクなしでモンゴルマンに変貌しちまいました!!

いくらなんでもこれはメチャクチャすぎるしご都合主義すぎる(笑)

ブラックホールが突然ペンタゴンになって得意技を一方的にガンガンぶちかまして、最後の最後でブラックホールに戻ってジャックチーを倒してしまった時と同じものを感じるし、そもそも顔面が突然モンゴルマンマスクになるとかもう救世主(メシア)とかどうこう以前にただの化け物だ(笑)

ただブラックホール×ペンタゴンと違ってラーメンマンとモンゴルマンは同一人物だからまだマシかな

作中の時は1990年でまだ世紀末だからこれがホントの「世紀末救世主伝説」って感じではあるのかな?(゜o゜)

思えば先の「超人総選挙2015 結果」でラーメンマンはモンゴルマンと票が割れたせいでついにトップ10落ちという屈辱を味わった

それは裏を返せばモンゴルマンに票を入れたファンがそれだけいたということでもあり、7人の悪魔超人編での活躍はそれほど素晴らしかったと言える

ラーメンマンとテリーマン(二代目キン肉マングレート)は票が割れなければそれぞれ9位と10位で代わりにアシュラマンがトップ10から圏外に落ちる結果が正しい順位でもあった

そんないろいろ複雑な立場のモンゴルマンがここにきて無理やりすぎる流れで復活

しかもネメシスの体に絡まった辮髪は80年代当時、それまではただの雑草にしか見られていなく、誰も触れようとさえしなかったエノコログサを一躍「小学生が最も好きな植物」にのし上げた「闘龍極意・ネコジャラシ」にて脱出する

いつ見てもなぜ髪が絡まっただけでネコジャラシの状態になるのか「物理的に可能なのか?」状態ではあり、今回に至っては腕のクラッチまで外してしまうというもう「何でもあり」っぷり(笑)

それにしてもラーメンマンの状態だと辮髪を使った技や攻撃を一切しないのはなぜだ?

逆にモンゴルマンの状態だとガウロンセンドロップをやるイメージもあまりない

ガウロンセンドロップはモンゴルマンの状態でも多分できるんだろうけど、

ラーメンマンの状態でももっと辮髪を生かして闘えばさらに闘いの幅が広がると思うんだけどなぁ

そしてやはりこの技はモンゴルマンの姿で放たないとサマにならないレッグラリアートが早くもここで炸裂

「バトルシップシンク破れたり」と言いながら放ったレッグラリアート

ただここで放ってしまったことでまだラーメンマン・・・いやさモンゴルマン優勢というわけではなさそう

決め技は最後までもったいぶるくらいに温存しなきゃ勝てないのよマンガは

このレッグラリアートもどう見ても「繋ぎ技」程度にしか見えない

とてもミスター・カーメンの首をヘシ折ってブッ殺した時ほどのインパクトもない

何はともあれバトルシップシンクでラーメンマンの脳天がカチ割られるのを阻止したキン肉マン

わけのわからない絶叫がそこまで効果を発揮するとは

まさに「キン肉マン 旋風(センセーション)」って感じではあるのかな

さっきまでドン引きだったミートも「王子の呼びかけに救世主(メシア)が応えてくれた!」と感涙

自分で自分を救う救世主(メシア)というのもなんだかアレではあるけれど・・・

ラーメンマンもケンシロウも「ほわちゃあ!」とか「アター!」とかよく言ってるもんな

「まさか・・・オレの“完肉”の技から脱出する者が現れるとは」と驚愕しながらコーナーに叩きつけられたネメシス

「不可能を可能にする・・・それもまた希望の力。私がキン肉マンに教えてもらった“火事場のクソ力”の神髄がここにある」とめっちゃ強そうなオーラを発しながら語るモンゴルマン

「ラーメンマンとして、そしてモンゴルマンとして・・・この闘い私のこれまでの超人人生の総決算の覚悟で挑ませてもらう」と「素顔」のラーメンマンの顔に戻りながら語る闘将拉麺男

「慈悲の心」から生み出されると思われる火事場のクソ力

一見完璧で天才であるネメシスもキン肉族の最大の利点である火事場のクソ力だけは持たない

その弱点がポイントとなるかどうか

とにかくネメシスは「下等がどんな覚悟を見せても完璧の前では無力-っ!」と闇雲に突進する

ラーメンマンに掌底を放つが全て紙一重でかわされネメシスは「速い」と驚愕

終始圧倒していたロビンマスク戦から通してもネメシスのこんな表情を見るのは初めてだ・・・

そしてネメシスの左わき腹に強烈な肘打ちを入れるラーメンマン

そう言えばネメシスはこの部分の除骨を折って負傷している状態

でもこの試合ここまで全く除骨を痛がる様子がない

この場面も除骨のダメージに気がイく前にラーメンマンが続けざまに後ろ回しスピンハイキックをネメシスにぶちかまし、さらにロープの反動を生かしてかつてプリズマンの胸部を砕いた心突錐揉脚(しんとつきりもみきゃく)をぶちかます

宙に吹っ飛んだネメシスにさらに追い打ちをかけるラーメンマン

空中でネメシスを肩車の体勢に捉える

こ・・・これはどう見ても九龍城落地(ガウロンセンドロップ)の体勢・・・

ついに先に最大最強の切り札(カード)を出してしまったラーメンマン

ここまでネメシスがあまりにも一方的にやられすぎていたしこれはもう完全に敗北フラグでは・・・

ネメシスはまだキン肉星奥義のマッスル・スパークが残っている

キン肉マンが「おおっあの技の体勢は」と絶叫する

ラーメンマンも「さぁ今こそ私の全身全霊をかけた集大成をお見せしよう!この一撃で・・・身をもって知るがいい。希望が繋いだ正義の魂の偉大さを!これが今のラーメンマンのすべてをかけた・・・九龍城落地(ガウロンセンドロップ)ー!」と思い切りフェイバリットの形に入るラーメンマン

次回予告の「次回、ネメシス、古代リングへ真っ逆さまに突き刺さる・・・!?」という煽り見出しが白々しいほど美来斗利偉・拉麵男(ビクトリー・ラーメンマン)の逆転負け感ハンパない流れで今回は終わり

————————————————————————–

この終わり方じゃラーメンマンほぼ確実に逆転負けだよね

バッファローマンのハリケーンギガブラスターの時はガンマンのエルクホルンを粉々にしている描写があったからもう勝ったも同然状態だったけど、こっちのネメシスはまだ「これで終わり」という雰囲気じゃない

まだマッスルスパークというとんでもないカードが残ってるし、地味にパーフェクトアセイラントもまだ出していない

逆にラーメンマンはすべての技(カード)を出しきってしまい残ってるのはピラミッドパワーくらいのものだ

つまり99%ラーメンマンの負けが確定したと言える

次回はラーメンマンがどんな最期を迎えるかを見届けるだけの回になるだろう

ただ「正義超人の魂」をあれだけ強調している状態なのに正義に背を向けて屈折した男を勝たせてしまうのもどうかなぁと思うんだよね

結局ネメシスを倒すのはキン肉族の因縁ってことでキン肉マンかキン肉アタルのどっちになるだろうけど、もう3戦目ともなると勝ったところで「ロビンとラーメンマンと闘った後だし・・・」という今更感も強い

このマンガは大抵の闘いで先に最大の切り札(カード)を出した方が負ける

例外もあるけどほぼこのパターン

特に話の終わりに決め技を出して回跨ぎして、次の回で破られるという展開が多すぎて展開が見えてしまうのもちょっと残念な部分ではある

2話前のキャメルクラッチもそうだし、ちょっとこの闘いは典型的ではある

それと突然顔がモンゴルマンになる超常現象も結局説明なしか・・・

まー・・・Ⅱ世では加圧トレーニングで骨が生えてくるマンガだから何でもありっちゃありなんだけどね

とにかくなんだかネメシスの勝ち(→次は3戦目)という展開はちょっとテンション下がるなぁ・・・

シューマイも泣いています

もう次の展開も見え見えで・・・おそらくね、ラーメンマンの目が「あの目」になるわけですよ

「ラーメンマンのあの目はどこかで見たことがある・・・」となる

ウォーズマンのスクリュードライバー、ヘル・ミッショネルズのクロスボンバーに続いて、

愛するキン肉マンの為に三度・・・今度はマッスル・スパークの実験台になるというわけだ

しかもそのキン肉マン自身も習得していて今の所最大の必殺技である技の攻略法を教えるというストーリー

硬い硬~い石のリングの上に「マッスルスパーク・地」をくらう・・・これはめっちゃ痛いよ~

ぶっちゃけそれやってもスクリュードライバーはともかくクロスボンバーは全く攻略法は発見できなかった

あれはキン肉マンが助けに突入していてじっくり見ているどころじゃなかったのもあるけど

そしてそのすぐ後に腕をぶった切られてそれどこじゃなくなっちゃったし

自身がめっちゃ苦労して習得し、テリーマンを決勝のリングに上がらせない原因にもなったほどの技であるマッスル・スパークの攻略法などキン肉マンだって研究したくもないだろうに(笑)

ラーメンマンといい、子犬を拾うテリーマンといい「あの目」はもうやめたほうがいい(笑)

まー嶋田先生もお気に入りと常々公言しているキャラクターを敗北(死)させるのは断腸の思いだと思う

ましてスピンオフ作品まで生まれてそっちでもアニメ化・ゲーム化もされ大いに印税収入を潤してくれたほどのキャラクターだから愛着もあるだろうし

そういえば80年代のマンガ家でゆでたまご先生は高額納税者トップだったこともあるくらいだもんね

そして次には今度は中井先生お気に入りのテリーマンもおそらく敗北濃厚な闘いが控えている

ゆでたまご先生それぞれのお気に入りキャラを敗北(死)させるのはそれぞれ相当な覚悟なんだろう

特にテリーマンはもし敗れるのであれば、シングルで完璧にKOされて敗れたり、敗死するのはジャンプ連載時代から一貫して初になるからね

ラーメンマンやテリーマンといった作品を支え続けてきた主要キャラクターを負けさせたり死なせたりする状況になってきたというのもなんだか複雑なものがある

闘えもしないのに中途半端に勝ち残らせたブラックホールやジャンクマン、そして人気はあるけどやはり弱いザ・ニンジャ、唯一ピンピンしているサンシャイン・・・これらを生き残していることに対してロビンマスクに続きおそらくラーマンマンやテリーマンを敗北→退場させる流れはどうなんだろうか

まーテリーマンはもちろん、ラーメンマンもまだ敗北が確定したわけではないからこれ以上断定口調であれこれ言うのも良くないけど、人気アイドル超人は「プロテクト枠」でも良いとは思うんだけどね

ただ7人の悪魔超人編のように主力超人の死が話を引き締める効果があるのも事実であり、今回はそれを狙ってのことかもしれないね

でもあの時はその後死人が様々な方法でポンポン生き返ったり、時には何の説明もなく生き返ってたり(ウルフマン、ザ・ニンジャ、ブラックホール、ペンタゴン、スフィンクス、ザ・キンターマンetc)、生きてたのにいつの間にか死んだり(ウルフマン)と死生観がめちゃくちゃなマンガになるなんて想像もつかなかった

生き返る事なんて想像すらつかなかったし・・・だから悲壮感が全然違ったんだよね

それもあるから「ただいまキン肉マン」の感動もあったと思うし

でもまた超人墓場が崩壊して一応生き返りの手段は途絶えたわけだけど

それでもロビンマスクは生きているor復活する感は読者の誰もが感じていることだろう

だからこそ生死をうやむやにするような「埋葬」方法をとられたわけで

かと言ってまた天から花が降ってきてフェイスフラッシュかましたら全員生き返るみたいな最終回だからこそ許された「荒業」を使うわけにもいかないだろうし

そうなると頼みの綱はもう・・・ドクター・ボンベの人工心臓だけか?

脳を蘇らせることも忘れるなよ?

そもそもバラクーダはロビンなんだから尚更な

そういやそういやアシュラマンはあれは結局死んだのか?

あとシングマンはあんなギャグマンガみたいな退場の仕方だと案外生きてるんじゃないかと思える

とにかくこれ以上のことは来週のストーリーを見てから話そうか

これだけ言っておいて結局そのまんま何のヒネリもなくガウロンセンドロップでネメシスの脳天が石のリングでカチ割られたりしたらいくらこんな糞ブログといえど言ってるこっちがアホすぎるし

でもさすがにそれはないよな?

ぶっちゃけアンタも「もうラーメンマンは負けだな」って思ってるべ?

そもそも決まるんだったらそのまま技が決まった瞬間まで描くはずだし、落下途中で話を切ったってことは「この後逆転されますよ」って言ってるようなもんだし、全身全霊をかけた技だったはずだからこれを防がれてしまったらもうバッファローマンみたいに新技でも温存してない限りほぼ100%敗北確実だもんね

まさか再びピラミッドパワーで状況打開するなんてことがあるわけがないし

まーバイクマン戦でもガウロンセンドロップは2回敢行してたけどさ

今回はとにかくラーメンマンも脳ミソかきむしりながら良く頑張ったってことで

新喜劇未知やすえ風に言えば「脳ミソチューチュー」しながら頑張ったってことで

「怖かった~」って言ってもネメシスの性格じゃコケてくれないだろうけど

王位争奪編のアニメ版ではゼブラがボケてラーメンマンがコケるシーンがあったけど

王位編アニメはラストの「みんなで牛丼パーティー」とかいろいろアレな描写が多かったからな・・・

コニタもうざいし

硬い石のリングでダメージもはるかに大きい中であのロビンマスク以上にネメシスを苦しめたのは立派

ネメシスの除骨も全く有利に働くこともなくほぼ実力で頑張ったからね

あのモンゴルマンへの変身は謎すぎるけどまーあれもペンタゴンと違って同一人物っちゃ同一人物だからね

どうせならおしゃべり大会に3話以上費やさずに闘いのシーンをもっと見てみたかったけど

とりあえず・・・おつかれさま

キン肉マン 週プレ最新作 第140話 「闘将!ラーメンマン!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は8月31日発売です

タイトルとURLをコピーしました