キン骨マンGo Fight!

キン骨マンというキャラについていろいろ思う事がある

思えば今本編でテリーマンの左足の義足がクローズアップされているが、

テリーマンの左足が義足になるきっかけとなったのはコイツなのだ

つまり「テリーマンの左足を奪った男」と言う事ができる

原作初期やアニメ版では超人タッグ編までず~っと目立っていた存在だったが、

2011年に完璧超人編がスタートしてもうすぐ4年になるが未だに登場はない

超人総選挙2013では54位81票

超人総選挙2015では61位74票

もうただただこのまま時の過ぎゆくままに消えていくだけなのだろうか・・・?

主題歌「キン肉マンGo Fight! 」では巨大な顔となりキン肉マンを追いかけて存在感を示していたのに・・・

アニメ版でコイツが目立っていたのは原作のペースにアニメ放送が追いついてしまう為の「引き伸ばし」コメディリリーフ役を担っていたから

アニメでは一回の放送で原作数話分を消化しちゃう上に、アニメ版は原作の初期にあった怪獣対峙編やアメリカ遠征編はほとんどバッサリこってりカットしちゃってるから、原作開始から4年のタイムラグがあってスタートしたアニメ放送と言えどそれほど余裕はない状況であった

だからこそキャスティングにも力を入れていたのか、「ゴールドライタン」で主役を演じる他、バイプレイヤーとして多数の作品に出演していた実力派声優の二又一成を起用

二又はその期待に応えてキン骨マン以外にもキング・トーン、スカイマン、レッドシューズマン、便器マン(ベンキーマン)、ステカセキング、スニゲーター、シルバーマン、聖子ちゃん親衛隊の1員他様々な役を器用にこなし存分にその実力を見せつけた

そして舎弟のイワオ、五分刈りの旦那、アデランスの中野さん、アナことアナウンサー(吉貝アナ)、与作さん、キン肉大王(真弓)、委員長(ハラボテマッスル)、カニベース、キン骨オババなど錚々たる糞キャラたちと一致団結して真剣な試合の最中に再三茶々を入れ茶化しまくって時間を引き伸ばしまくったのである

しかしそれは超人タッグ編までのこと

王位争奪編では登場こそするものの、既に原作は終了していることからペース配分に気を配る必要がない時期であったことから、牢屋にブチ込まれていて、看守も五分刈りの旦那ではなく与作さんで、どちらもかつてのように多くのセリフが用意されているわけもなく、1回戦の間はちょこちょこ出番があったが、2回戦以降は視聴者の不評を大いに買った「最ウザキャラ」のコニタ共々ほとんど登場する事もなくなり大幅に出番が減った

声優も二又一成から掛川裕彦に代わり(ちなみに王位編のウォーズマンやブロッケンJr.も掛川が演じている)、さらにⅡ世のアニメ版では初代ウォーズマンを演じていた堀秀行がキン骨マンを演じるというめちゃくちゃな展開になった

原作ではアメリカ遠征編を最後にほとんど出場がなくなるキャラだが、アニメでは後期まで出演が続いたのはやはり二又一成の声と演技力によるものが大きかったんではないかと思われる

後に二又はその演技力が評価されたのか「めぞん一刻」で主人公の五代君を演じる事になる

キン骨マンをやっていた時と五代くんをやっている時のギャップがすごい

演技力の幅が広い声優である

キン肉マン世代及びジャンプ黄金期世代であれば「めぞん一刻」は大体知っているとは思う

原作を読んでいた世代はもっと上だろうけどアニメ版が「ドラゴンボール(無印)」の後に放送期間もほぼ同じで放送されていたからドラゴンボールからの流れでそのまま見続けることも多かったと思う

実際このオレもアニメからめぞん一刻に興味を持ち、20歳過ぎたあたりで原作を全巻読破してヒロインの響子さんにガチ惚れして、このオレの中の「理想の嫁はん」の座がまりしゃんから響子さんに移りかけたほどハマったが、なんとかまりしゃんが踏みとどまって現在38歳独身・・・

そんな悲惨なこのオレのクソッタレ人生はともかく、この「めぞん一刻」でヒロインの響子さんを巡って五代と激しい恋の火花を散らす相手が「三鷹」というキャラで、この三鷹を演じるのがキン肉マンを演じている神谷明である

つまり「めぞん一刻」での五代と三鷹の争いはキン骨マンとキン肉マンの代理戦争みたいなものかもしれない

さらに、五代にとって最大の恋のライバルは実は三鷹ではなかった

ヒロインの響子さんは未亡人であり、いつまでもその心に残り続け五代を最も苦しめた存在は、故人である最愛の夫であり初恋の相手でもあった「音無惣一郎」であり、その声(響子さんの回想シーン内で)を演じていたのがテリーマンを演じていた田中秀幸だ

つまり「めぞん一刻」はキン骨マンとキン肉マンとテリーマンの三つ巴・代理戦争だったのである

いっそのこと響子さん役も島本須美じゃなくマリしゃんを演じた中島千里でもよかったんじゃないかと

彼女なら十分響子さんも演じられただろうし

ちなみにこの方はリアルでもめちゃくちゃ清純派の美形なんですわ

めぞんに話が大分逸れたが、キン骨マンというキャラクターの今後はどうなるのか

もうウルフマンみたいに完全に捨てキャラにしてしまうのか

Ⅱ世ではミートのコールドスリープ用超人保存装置の蓋をしめる役を仰せつかり、

さらにはボーン・コールドという強力かつ全然似てない息子までこさえていた

母親は一体誰だ?

オババか?

個人的にイワオが好きで好きでたまらない

結婚したいくらい好きだ

だからイワオがまた見たいからこそキン骨マンネタを引っ張り出してみた

イワオも王位争奪編に出てくるが、声が佐藤正治から川津泰彦に変更になりキン骨マン以上に違和感があった

しかもキン肉マンの神谷明とミートの松島みのり以外、旧キャストが軒並み外されたアニメ版王位争奪編にあって、佐藤正治は例外的にキャストに残っているにも関わらずだ

王位争奪編で佐藤が演じたのはマンモスマンやらマリポーサやら真弓やら結構大物ばかりで、もうイワオごとき小物は演じてられないということだったんだろうか

でもやっぱりイワオはあのダミ声あってのイワオであり、あの声優交代はとても残念だった

キン肉マンのこの新シリーズのアニメ化はあるんだろうか

あるならまたキン骨マンや与作さんやアデランスの中野さんの需要が高まるかもしれない

でも、五分刈りの旦那とコニタだけはカンベンな!

タイトルとURLをコピーしました