キング・ザ・100t

キン肉マン キャラクター(登場人物) キング・ザ・100トンについて

身長:270㎝

体重:1トンから100トン(自在に可変する)

超人強度:1000万パワー

年齢:18才

マリポーサチームの副将で、一回戦の相手としてはいろんな意味で規格外の超強敵

作中最重体重キャラであり、正直、2回戦で登場したゼブラチームの誰よりも強いんじゃないかと思われる

「誰よりも」ってもちろんゼブラよりも

だってマッスルインフェルノできないでしょこの体じゃ

同様の理由で王位編大活躍だったロビンマスクがもし1回戦で副将だったら相性悪すぎて負けていたかも

だってタワーブリッジもロビンスペシャルもできないでしょこの体じゃ

それどころかフェニックスチームのメンバーもほとんどが勝てないんじゃないだろうか?

フェニックスのマッスルリベンジャーもこの体じゃ無理

マンモスマンのノーズフェンシングもビックタスクもアイスロックジャイロもこの硬くて重い体には効果なし

サタンクロスのトライアングルドリーマーもこの体じゃ重すぎる上に硬すぎて無理

オメガマンのΩ(オメガ)・カタストロフドロップも重すぎて難しいだろうがこれだけはまだ不可能ではなさそう

逆にプリズマン相手には相性が悪すぎてモロにレインボーシャワーを顔面シャワー状態で存分に体いっぱい浴びてブッ殺されてしまいそう・・・

あと意外なとこではベンキマンにも相性最悪では

だって100tが球体に変化したらもうおしまい

だってそれはもうベンキマン(アニメ版ではベンキーマン)の大好物である肉ダンゴ(アリダンゴ)なんだから、自らダンゴをコネコネする必要もなく、「ごっつぁん」状態でそのまま気持ちよく便器に流すだけ

そして、大将のマリポーサにも相性最悪だろう

マリポーサのエセ・マッスルリベンジャーは相手の頭部にガンガンヘッドバッドを叩き込み最後はどうするのかはっきりしないがおそらく頭蓋骨陥没か首の骨をヘシ折る趣旨の技だろうから、この100トンはただでさえ頭部は脆いとテリーマンにも指摘されていることもありマリポーサと闘えば脳天カチ割られて即死するだろう

マリポーサには異常なほどの忠誠心を見せている超人だったが、あの忠誠心もこの相性の悪さから「オレにはとてもかなわない・・・雲の上のようなお方だ・・・」と思い込んだ結果なのかもやしれないね?

と、いうわけで大抵の超人には対処不能な規格外の強豪ではあるが、プリズマンとベンキーマン、そしてマリポーサにゃめっぽう弱いということが判明しました

どうもありがとうございました

そんなこんなで大半の超人には相性が良さげなチート超人ではあるが、

実際の対戦相手はどんな相手にも柔軟に対応して戦えるスタイルであるだけでなく、巨漢超人相手には負けなしでめっぽう強い「ジャイアント・ハンター」ことテリーマンだったのがある意味運の尽き

巨大シーソーやら変身プラカードやら心のプラカードやら露骨に自分有利な状況ばかり駆使して、

テリーマンの全身の骨をバラバラにするほど痛めつけるが、

テリーマンのテキサス四つ葉固め(クローバーホールド)でギブアップ寸前まで追い込まれ、

最後はテリーマンの頭脳的なカーフ・ブランディングによって全身粉々に粉砕されてしまう

しかし「犬死に」は厳禁のマリポーサチームの副将である矜持を見せつけ、

最後の力を振り絞って粉々になった肉体の中の拳の部分に意思を与え、

技が決まって放心して油断していたテリーマンの後頭部をしたたかにブン殴って10カウントによる両者ノックアウトの痛み分けに持ち込み絶命した

つーかまだ18才だったのかよッ!

嘘だろこれ・・・

アフリカ代表のザ・キンターマンはこいつをアレでリフティングすることはできるんだろうか・・・?

もしデキちゃったらもう・・・たマラない・・・

地味にテリーマンも「100トンのバーベル」状態になったコイツを持ち上げてるんだよね

非力な設定が与えられているテリー一族だが結構力あるじゃん

タイトルとURLをコピーしました