バイクマン

キン肉マン キャラクター(登場人物) バイクマンについて

身長:195㎝

体重:150㎏

超人強度:1200万パワー

年齢:24才

出身地:オーストラリア

担当声優:平野正人

名言:「道がなけりゃ作っていくまでよ」・「鯱が白鷺を銜える時 強者関の原に集う」

先鋒(ザ・マンリキ)、次鋒(モーターマン)とザコ続きだったゼブラ(技巧)チームの中堅で、やっと現れた強者である

ゼブラは金でメンバーをかき集めようとしたが超人は意外と金になびく奴は少ないのか、このバイクマンと副将のパルテノン以外はロクな超人が集まらなかったらしい

実質この2人と自分の3人で戦うしかないとある程度腹をくくっていたのかもやしれない

それもあってか姫路城に入場してなぜか女子にキャーキャー言われた時に真っ先にこの2人をお披露目したし

最初は姫路城に入場する前にラーメンマンの襲撃を受けて後頭部に中国拳法の蹴りを受けて失神してしまう

そしてなぜかラーメンマンはバイクマンのコスプレを都合よく事前に用意していて、それを着用してバイクマンに成りすましてスパイとしてゼブラチームの内情や弱点をキン肉マンたちに伝えようとしていた

最後尾を歩くのがバイクマンじゃなくパルテノンだったらどうやってパルテノンに化けるつもりだったのか

しかしイベントの真っ最中だってのに姫路城内をやたらとモップをかついで掃除にいそしんでいて、ロビンマスクのバラクーダコスプレにも協力した与作の糞野郎が甲冑置き場でめちゃくちゃ気持ちよさそうな亀甲縛りで吊るされていた本物のモータマンを発見してしまったからさぁ大変

どじょうが出てきてこんにちは状態で偽・モータマンことラーメンマンにゼブラメダルを投げつけて感動の「ご対面」となる

その後、目の前でモーターマンをめちゃくちゃにされ、いよいよ自分の番が来ると露骨なまでに自分有利なサンダードームデスマッチを試合場にしてバイクとしての性能を存分に生かしてラーメンマンを轢きまくる

そして一度はキル・ザ・スカイダイブでラーメンマンをブッ殺すものの、場内の観客の涙がなぜかサンダードームの金網に付着して「涙の雨」を降らせるというわけのわからない現象が発生し、ラーメンマンはそれでなぜか生き返ってしまう

姫路に住んでいる人間の涙は「せかいじゅのしずく」の効果でもあるんだろうか・・・?

しかし、コイツもコイツで試合中に電力が尽きたことでモーターマンの遺体から再び電力を充電して完全回復して試合をリスタートする

挙句にエレキリングが「電気の破片」とかいうわけのわからない地球上に存在しない物質まで生み出し、しかもそれが結集して円形ロードを作り上げるという「物理的に可能なのか?」な超常現象まで巻き起こす

さらにタイヤからバズソー(丸のこごり)まで発生させラーメンマンを切り刻みながら轢き殺そうとするが、ラーメンマンのメビュース・バンド・キックで円形ロードをメビウスの輪に変形させられて「コースアウト」し、オクラホマ・スタンピートをくらって脳天をマットにしこたま叩き付けられ大ダメージを負う

それでも言葉もろれつが回らなくなるほどのフラフラ状態で必死に立ち上がり、メビュース・バンド・キックで右足を負傷したラーメンマンを見て再度キル・ザ・スカイダイブを狙うが、これはラーメンマンがスカイダイブの自爆を誘う為にわざと負傷したもので、このスカイダイブの自爆によってサンダードームを支える6本の鎖のうち5本がブチ切れてしまう

しかもラーメンマンは6本のチェーンのうち5本が衝撃で切れてしまうことを事前に予見していて、そのために右足を故意に負傷してスカイダイブの自爆を誘うという化け物のような洞察力・・・と、言うより予見力を駆使したのである

もう人間技じゃないよこれ・・・

実際人間じゃないけど

この予見性こそ「物理的に可能なのか」と言いたくなるレベルだ

とにかく支える鎖が残り1本になったことで、ラーメンマンは内部からサンダードームの金網にガンガンぶつかってサンダードームを激しく回転させることでなぜか竜巻を発生させる「物理的に・・・」と言いたくなる現象のオンパレードみたいな試合となるが、その竜巻に飲み込まれサンダードームの天井を突き破り上空に投げ出されたバイクマンは、トドメの九龍城落地(ガウロンセンドロップ)をくらって死んでしまいました

観客の涙がどうやってサンダードームの金網に付着したのかとか、涙や愛の力で命が蘇るとか、「電気の破片」などという自然界に存在しない物質の発生とかオカルト色全開な闘いだったが、とりあえずラーメンマンの「死亡」は実際は単に一時的に失神状態だっただけと解釈するのが妥当ではないかと・・・

最初に登場した時はゼブラに「ライダーマン」と呼ばれていたが、単にまだネーミングやデザインが固まってない段階で登場させるというゆでたまご先生には非常によくありがちなことで気にすることはない

ちなみにコイツのフィギュアは昨今あまり出回っていないが地味にめちゃくちゃカッコいい

それはもうシビれるほどに・・・

このオレが大型バイクを好きで実際に乗ってるからというのもあるが

勃ってきた・・・

とにかくコイツは強かった

あからさまに自分有利なリングだったり、タイヤを使った卑怯な手段を駆使したり、試合中に充電してパワーを回復したりといろいろツッコミたいとこもあるが、技も多彩で十分強者だった

お疲れさん

得意技

・モーター・サイクリング・キック

ナナハンの大型バイクとなって相手を轢き殺すだけの単純明快な技

2発くらって立ち上がってきたのはラーメンマンが初めてとのこと

・サイクリング・カンガルーキック

モーター・サイクリング・キックをバックしながら後輪でやるだけのこと

バイクはバックできないと思ってる人多いけど、大型バイクはバックギアがあるものも多いからね

・パズソー・ドライブ

タイヤからバズソー(丸のこごり)まで突出させズタズタに切り刻んで轢き殺そうとまでするとんでもない残虐技

・マッドマックス・アタック

突進しての頭突きかショルダータックルか微妙な技

とりあえずヘルメットしてるから頭部は硬い

・一本足頭突き

ラーメンマンが涙雨やら愛の力やらで生き返ったとかオカルトチックな事を口にするから発狂して繰り出した技で、ちょうど連載当時この技を多用していた藤原喜明を彷彿とさせるフォームでヘルメットをかぶったまま放つから強力

・コントロール・タイヤ

プラネットマンのプラネット・リングみたいにタイヤを自在に転がして操ることができる

キャメルクラッチにとらえられ真っ二つにされる寸前だったところを、この技で背後からラーメンマンをタイヤで弾き飛ばし脱出に成功した

・エレキリング

体内に蓄電してある電力を輪っかにして放ち相手の動きを封じるだけでなく、いろいろアレな「電気の破片」とやらの謎の物質を大量に発生させ、結集しエレキロードによる「電気の道」を作り上げたりと地味にマグネット・パワー並に便利な特殊能力

ディスクシステムの王位争奪編ではこれを飛び道具として使ってきやがった

・キル・ザ・スカイダイブ

一度はラーメンマンをブッ殺した(一時的に失神してただけだと思うが・・・)バイクマン最大の必殺技

だがラーメンマンを殺した時のものはスカイマンのフライング魚雷をうつぶせに倒れている背中にブチかますものだったが、それ以降は単なるフライング・ボディプレスであり、どっちが正しい型なのかわからない

初期のテリーマンのカーフ・ブランディングみたいなもんか

タイトルとURLをコピーしました