キン肉マン 219話 武名を挙げよ!楓!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第219話 「武名を挙げよ!楓!!」の巻 感想(ストーリー詳細あらすじネタバレ含む)

ガラにもなく妙にシリアス路線なツラして「むざむざ殺やれるつもりはねぇけどよぉ・・・それでもみんな死ぬことくらい覚悟してこのリングに上がったはずさ!」と悲壮な決意を絶叫するカナディアンマン

確かにウルフマンあたりももう最初にオメガ・ケンタウリの六鎗客1人で立ち向かってイく時なんていかにももうこれから死にますみたいな顔して目も白目むいてたくらいだし・・・(あ、目が白目むいてるのは元々か)

でもそんなキャラ変したかのような悲壮なカナディアンマンを委員長も切なそうな表情で見つめる

そういやコイツらはキン肉マンVS悪魔将軍戦で最後までリングを支え続けた「実力者」仲間だったな

カナディアンマンはあの時「だけ」は輝いてたね

そのちょっと前に鬼畜極まりない「うすのろ」発言ぶちかましてたけど

そしてその時のカナディアンマンを黙らせたのがウルフマンだった

あの自己犠牲にカナディアンマンも心を入れ替えたわけでなんだかんだでいろいろ因縁のある面子だ

そのカナディアンマンで気が大きくなったのかさっきまで動揺してたカレクックもニヤリといやらしい笑み

「その通りだカナディアンマン!我々が今ヤるべきは仲間の死をただ悲観する事じゃあない」と絶叫

そしてマリキータマンの足を前回からしきりにローキックで攻め続けている

そしてそれに乗っかってウルフマンも「あぁこうなりゃ谷津への弔い合戦だぜ!」と絶叫

ルナイトを相変わらず張り手でバシバシとしばきあげ続ける

こいつもティーパックマンと同じで殴る一辺倒だな・・・

さらには前回セリフをハブられていたベンキマン・・・アニメ版ではベンキーマンもここでようやく登場

「フム!最初の勝利を誰が手に入れるか競争とイこうじゃないか」と喚き散らす

そしてギアマスターの左腕に飛びつき腕十字をキめている

そんな感じでザコなりにみな張り切っているご様子

そりゃこんな「晴れ舞台」はめったにない連中だからね

下手すりゃこれが最初で最後?

そんな2軍超人たちの奮闘ぶりに委員長(ハラボテボテ・マッスル)は感動したのか目に涙が浮かぶ

なんかコイツも完璧超人始祖との闘いくらいからずいぶん丸くなってきたな

ジャンプ連載時代は嫌な谷津ってイメージしかなかったけど・・・

と、いうわけでお次の試合は特設Eリングで行われているカナディアンマンとパイレートマンの試合

ちなみにティーパックマンとヘイルマンの試合は特設Cリングだったとのこと

どうでもいいかこんな情報は(笑)

パワー系超人らしくいつまでもダラダラと手四つの力比べを挑み続けているカナディアンマン

パイレートマンは相変わらず「ンマムマムマ」とかいうちょっとアレな擬音(口癖)を口にする

なんかアブねーよコイツ・・・

変態みたい

海賊船長コスプレをして赤ちゃんプレイしたいだけみたいなさ

たまりません

で、その変態野郎は「達者な口だ」と意味深な表現でカナディアンマンをコケにする

そして「だがお前ごときの超人が吾輩に勝てると本気て言っておるのか」と続ける

一人称が「吾輩」とか「おるのか」という堅苦しく上から目線のしゃべり方

ますますちょっとアレな人だな

ちょっとヤバいかこれは・・・

つーかそもそも何をする人なんだよこれ(笑)

コケにされたカナダ野郎も相変わらずプライドだけは高いようで黙っちゃいない

「ヘッ、何様のつもりだよ。今日会ったばかりの“お前ごとき”がオレのナニを知ってやがる?」と返す

するとパイレートマンは「ここまで組んでみた感想だ。確かにパワーだけはそこそこある。なのになぜお前はこれまで大した実績を残せていない。なぜこのパワーと体格がありながら正義超人軍の主力になれなかった?」と矢継ぎ早にたたみかけ、なぜかカナディアンマンが過去に何の実績もないクズであることまでしっかりご存知のようでなんだかんだで地球の超人についてはいろいろ調べていたようで・・・

カナダマンは「グッ・・・普段から人が気にしてることをズケズケと・・・」と痛いとこ突かれたご様子

人気がありゃゆでたまご先生がメインキャラに入れただろうけどね

結局人気がなかっただけのこと

パッと見はメインキャラ向けのデザインなんだけどね

いかにもヒーローっぽい風貌だし

しかし現実は超人オリンピック「ザ・ビッグファイト」では予選落ちして本戦すら残れなかった事実

それに超人タッグ編は参加したものの「弱体チーム」として大会参加をご遠慮願われたから仕方ないとしても、7人の悪魔超人編も黄金のマスク編も王位争奪編も参加しようと思えば「枠」はあったはずだ

悪魔超人編だって参加することはできたはずだし、王位争奪編も1回戦はキン肉マンチームにはキンとミートしかいなかったんだから参加すりゃ脚光浴びて名誉も回復できたはず

でもどれも参加しなかった

ビビってたのか?

一番酷いのは黄金のマスク編だ

こいつはプラネットマンに取り込まれてから解放されたことで生命維持装置なしでも平気な状態になった

しかしウォーズマンの体内へと続く井戸が現れても飛び込みもしなかった

これはもう完全に正義超人失格レベルである

確かにあの時ジェロニモが「このロープを掴めるのは5人までだ」と言っていた

するとテリーマン・ジェロニモ・ロビンマスクはすぐに躊躇なく飛び込んだ

その後「敵の罠だ」ということに固執していたブロッケンJr.も飛び込んだが少し間が空いていた

本当に勇敢で漢気溢れる超人だったらこの段階で「オレもイくぜ!」と飛び込むことはできたはず

さらにキン肉マンが飛び込むまでにはかなりの「間」があった

勇敢な心を持っているならばこの間の間に飛び込むことは十分できたはずだ

だが結局最後に飛び込んだのはキン肉マンだった

つまりコイツはキン肉マンが井戸に飛び込むのをジッと待ってたわけだ

「早く行けよ・・・オレはあんなおっかねーとこ絶対行かねーぞ・・・」とか思いながら

そうでなくてもコイツはパワーが吸い取られた時も「死にたくねー:とか取り乱したりしていた

キン肉マンがスニゲーターと戦っている時もキンがピンチになるたびにうろたえていた

だからテリーマンに「黙ってキン肉マンの勝利を信じるんだ」と叱責されてまでいた

黄金のマスク編終盤ではダイヤモンドリングを最後まで支え続けた事で少し名誉挽回できたが・・・

やはり前半の悪印象が強すぎる

井戸にも飛び込まなかったし

そもそもプラネットマンのパワーを吸収して復活したはずなのになんでまた生命維持装置に入ってたのか

生命維持装置に入っていたから将軍にリング下に移動させられたわけで・・・

まぁ・・・カナディアンマンが「復活」していたこと忘れちゃってたんでしょうねゆでたまご先生(笑)

あの黄金のマスク編の頃のゆでたまご先生はあまりの多忙で疲れ果てていた

同時連載で「闘将!!拉麵男」も執筆していたんだ

だから「ジェロニモの闘いを見つめるジェロニモ」なんてものまで描いちまった

もう意識が朦朧としながらカキ続けてたんだから細かな設定など覚えていられるはずもないんだ

もうミートくんとシューマイの区別もつかなかっただろう

ゆでたまご先生・・・一生ついてイきます!

とにかくカナディアンマンは「逃げ」続けたレスラー人生だった

だから汚名にまみれてしまったわけだ

自分で怖気づいて逃げまくっていたくせに「人が気にしていることをズケズケと・・・」とかあたかも真面目に闘っていたけど結果(実績)がついてこなかったみたいなニュアンスで怒るのはやめていただきたい(笑)

パイレートマンは「それを考えれば言わずもがな。答えは自ずと出る」と言いいよいよ力を入れ始める

互角状態だった手四つの態勢は一気にカナディアンマンが押され両腕を頭部の裏側にまで押し入れられる

そしてガラ空きになったカナディアンマンの顔面に「ムマーッ」とか言いながらヒザ蹴りを叩き込む

鼻っ柱に膝を叩き込まれたカナダ野郎は鼻血を出して「グゥゥ」と気持ちよさそうにのけぞる

パイレートマンは追い打ちをかけるように巨体に見合わず身軽にローリングソバットを横っ面に叩き込む

ロープまで蹴り飛ばされたカナディアンマン

しかしカナディアンマンはロープの反動を利用してパイレートマンのどてっ腹にストレートパンチ!

パイレートマンは「ムマ・・・」とか言って効いたのかよろめき始める

カナディアンマンはさらにもう一発ストレートパンチを叩き込む

だがパイレートマンは着ている海賊服のジャケットを閉じる「ジャケットシャッター」で拳を挟み込む

挟み込まれたカナディアンマンの拳は潰されてしまったのかジャケット内で出血している

呪いのローラーみたいな感じ?

そしてカナディアンマンの右腕をジャケットで挟んで飲み込んだまま後方に反るパイレートマン

そのままカナダ野郎を後頭部からマットに叩き付ける「トレジャーハントスープレックス」を敢行

ロビンマスクのジャーマン一発でKOされただけあって受け身が下手な(?)カナディアンマンは早くも大の字

「フン、お前の攻撃など吾輩にとっては凪のようなものだ。何の威力も感じぬ」とパイレートマン

そして「ムマー!」とか叫びながらストンピングというより顔面を踏みつぶそうとする

だがカナディアンマンはギリギリのところでかわす

さらにもう一発踏みつぶそうとするパイレートマンの足を取ったカナディアンマン

そのまま掴んで上空へ投げ飛ばす

それを追って宙へ舞ったカナディアンマンは上空でパイレートマンをパワーボムの態勢にとらえる

しかしパイレートマンは「お前はたまたま恵まれた体格とパワーに頼りすぎている」と指摘

そして状態を起こしてフライングボディシザースの態勢に入れ替えてしまう

ジャンボ鶴田でおなじみの「空中胴締め落とし」ってやつだ

これにより逆にマットに再びしたたかに後頭部を叩きつけられたカナディアンマン

さっきの「トレジャーハントスープレックス」よりどう見てもダメージ大きそうだがなぜか今度は平気そう

しかしパイレートは「この程度では大した実績を残せていないのも当然至極」と言いながらマウントを取る

そのままボコボコにカナディアンマンを殴りまくる

パウンドを落とされまくって顔が腫れまくるカナディアンマンだがブリッジだけでマウント状態から脱出

さすが超人・・・マウントポジションを取られてもブリッジだけで上空に跳ね飛ばせてしまうんだから

だがパイレートマンは相変わらず巨体に見合わず身軽で空中でクルリと回転して華麗に着地

顔をボコボコに腫らしてヨロヨロになりながら立ち上がり「かなわねぇな・・・」とつぶやくカナダ野郎

続けて「確かにお前の言う通りこのオレは超人強度だけを見ればあのロビンマスク(95万パワー)やラーメンマン(97万パワー)すら凌ぐ100万パワーの持ち主。しかしオレは・・・このオレは・・・それを活かす術を知らなかった・・・まさに宝の持ち腐れさ」と絞り出すとやはりダメージが大きいらしく哀愁をたたえた表情でロープにもたれかかってしまう

パイレートマンは「ムマムマ。ずいぶん素直に認めるな。殊勝なこと」と感心しているご様子

しかしカナディアンマンは顔が腫れて左目がふさがっていながらも精悍な表情を取り戻す

そして「昨日までのカナディアンマンはそうだった」とカッコいいセリフを放つ

「このオレがこの試合にどれだけかけているか、お前にわかるか?」と続けて問うカナダ

さらに「散々バカにされてきたんだ。好きな言葉は・・・捲土重来」とブツクサブツクサ語り続ける

そして「これ以上の恥を重ねられるかーっ!!」と絶叫して再びファイティングポーズを取るカナディアンマン

そんなカナダ野郎の背景にはこれまでも輝かしい「黒歴史」の象徴的シーンが描かれる

マックスラジアルのビッグラジアルインパクトでスペシャルマンとセットでヤられてるシーン

大会参加をご遠慮願われて地獄のコンビネーションPARTIでスペシャルマンとセットでヤられてるシーン

ウルフマン断髪式で突如乱入したブラック・シップにスペシャルマンとセットでヤられたシーン

黒光りするほど輝かしい黒歴史ばっかりだ

ブラックシップにヤられた時なんてどうやってヤられたのか描かれもせず「事後」として担がれてきた有様

そんな「キン肉マン」史上最大の「ヨゴレ」キャラだったカナディアンマン

常にスペシャルマンと「ワンセット」の通称「カナスペ」

そんなカナダ野郎がついに脚光を浴びる時がくるのか?

確かに超人強度100万パワーはもはや悪魔に戻ったこって牛を除けば正義超人最高の数値だ

上述の2人以外にもキン肉マン(95万)やテリー(95万)やキンターマン(30万)ら強力アイドル超人より上だ

そんなカナディアンマンの「覚醒」の予感を感じさせつつ今回は終わり

——————————————————————————

カナディアンマン勝つのか?

勝つのか?・・・勝つのか?・・・勝っちゃうのか?

なんかそんな雰囲気出てるよね

でも技は結局力押しのシンプルな技しかねーんだよな

言っちまえばプロレス技しかない

現状原作内で披露した技はカナディアンバックブリーカーとパンチだけ

プロフィール見ると「永久凍土落とし」とかアトミック・ボムズ・アウェーという技もあるらしい

アトミックボムは普通にプロレス技だからわかる(原作ではそれすらヤったの描かれてないけど)

もう1つの「永久凍土落とし」って何よ?

そんな技見たことーねし

調べたらゲームオリジナルの技でカナディアンバックブリーカーの態勢から相手をマットに叩き付けるそうな

そうか・・・

・・・ってそれ「涙のカリスマ」時代の大仁田厚のフィニッシュ技と一緒じゃねーか!

サンダーファイヤー・パワーボムってやつだそりゃ!

全く同じ技を名前だけ変えて使う元祖みたいな感じ?

とにかくどっちみち人間にもできるレベルの技だな

ブッ飛んだ人間離れした技はないのかな

なんだかテリーマンみたいな闘い方になりそうね

別に人間離れした技がなきゃいけないってわけじゃあないんだけどさ

なんかテリーマンが人気がない理由に人間離れした技がなくて地味だからとかいう意見あったから

でもそれだとブロッケンjr.が人気がある理由が説明つかないんだよね

ブロッケンだって長い事ただのチョップ(ベルリンの赤い雨)しかなかったが人気はあった

ロビンだって長い事アルゼンチンバックブリーカー(タワーブリッジ)しかなかったがものすごい人気だ

だから技が地味だとか人間にもできるプロレス技しかないとかはそこまで重要でもないのかなと

寧ろ一番「人間離れ」した技ばっか使ってたのが主人公のキン肉マンなんだよね

キン肉バスター、キン肉ドライバー、マッスル・スパーク、肉のカーテン、火事場のクソ力、地獄卍固め

48の殺人技に52の関節技を全て習得し果てはフェイスフラッシュという「超能力」まで駆使した存在

まさに人間を完全に超越した超人をさらに完全に超越した存在

「アルティメット・シング」というやつである

なのに人気は「超人総選挙 2017」で2位になるまではずっとなかったわけで技の派手さもあまり関係ないかと

とはいえ先のTバックマンみたいにティーバッグウイップ一辺倒すぎるのもどうかと

ラリアットだけにこだわった阿修羅原じゃああるまいし

マジでティーパックマンって試合に勝つときはどんな画になるのか想像つかないんだけど

ただひたすらティーバッグで殴って殴って殴りまくるだけ?

んで相手の脳天カチ割って頭蓋骨陥没させて惨殺して勝ち名乗りを受けるってこと?

そう考えると結局な残虐超人ねティーパックマンも・・・

とにかく首じゃなく違うトコ鍛えときゃよかったのににティーパックマン

しかも鍛えた首も結局最後はあっさり切り落とされちゃったし

無念・・・

とにかくカナディアンマンの闘いも結構アツくなりそうね

これは下手したら3話以上イきそうだな

そもそもフェイバリット(必殺技)はカナディアンバックブリーカーしかないのかどうか

それで「超人」を倒す画が浮かばないんだけどなぁ

でもロビンマスクだってアルゼンチンバックブリーカー(タワーブリッジ)だけで相手を倒してきた

カナディアンバックブリーカーで相手を真っ二つにヘシ折るとかそんな感じ?

それともゲームの技である「永久凍土落とし」とやらを原作にも「逆輸入」するとか?

それってキャプテン翼のゲーム盤限定の必殺シュートである「サイクロン」を原作でも撃たせるようなもの

それをゆでたまご先生がヤるのかどうか(笑)

いくら高橋陽一先生はタメだし同時期に活躍してきた「戦友」だからって・・・

そもそも高橋陽一先生は「逆輸入」はしなかったけどね

翼には「フライングドライブシュート」を日向には「雷獣シュート」を原作では与えていたからね

とにかく「引き出し」の多さは人気にも直結するからカナディアンマンもあれやこれやとヤらないとね

ラーメンマンみたいに1000万の技を持つのはさすがに極端すぎかもしれないけど

そもそも1000万の技なんてホントに持ってたとしても一生かかっても使いきれねーだろ(笑)

ただラーメンマンの技って人間でもできそうな技も多いんだよね

キャメルクラッチは言うまでもないしレッグ・ラリアートも木村健悟のはともかく人間でもできない事はない

まだ「プロレス技」の域から抜けきってない技だけでも人気を得ていたのがラーメンマンだった

持ち技のバランスが一番良いのもラーメンマンだよね

九龍城落地(叩き付け技)・レッグラリアート(打撃技)・キャメルクラッチ(絞め技)と揃ってる

ネプチューンマンもそうか

ダブル・レッグスープレックス(叩き付け)・喧嘩ボンバー(打撃)・喧嘩スペシャル(絞め)と揃ってる

主人公のキン肉マンは主人公だけに一番技が豊富だけど打撃系があまりないんだよね

打撃は大事だよ~

ただ近年の人気はもうビジュアル重視かつファン層の変化のなさから順位がある程度固定しちゃってるよね

超人総選挙2017 結果」でキン肉マンやシルバーマンが躍進した変化もあった

でもやっぱり超人師弟コンビと超人血盟軍は常に毎回全員トップ10入りしている不自然さ

ファン層が大して変わってないから人気うんぬんを語っても意味がないかもしれない

まして持ち技の種類や内容などね

2軍超人5人が今回の闘いでどれだけ人気を伸ばすか興味あるけど次の超人総選挙は2年も先・・・

でもサンダーファイヤー・パワーボム(永久凍土落とし)にはいろいろ思い出がある

初期FMWはよく見にイッてたからさ

ターザン後藤とかリッキーフジとかサンボ浅子とかミスターポーゴとかパンディータとか上田勝次とか

何でも詰め込んじゃえみたいな感じだったけどそれはそれでおもちゃ箱をひっくり返したみたいで楽しかった

そして工藤めぐみが可愛くてたマラなかった

つーか今でも可愛いし

そういや髪切った工藤めぐみと「キン肉マン女子」代表の元井美貴ってちょっと似てるよな

あの目の感じなんか特にさ

そうか・・・オレは・・・このオレはあの系統の顔が好みなのか・・・

そんなことを考えるともう・・・

やっぱり今回もこの展開になるのか・・・

なんで40にもなって毎回毎回こんな・・・

あぁでももうがまんできねぇ・・・めぐみ・・・みき・・・

めぐみん・・・ミキティ・・・

あぁ~もうダメだ!

くどめ!

ミッキー!

アーッ!

さて・・・こってり出してそして虚しくなったところで今回もこの辺にしとこうか?

でもはっきり言ってインフレ感がある完璧超人始祖の闘いよりこれくらいのレベルの闘いの方が面白いよね

この2軍超人たちを引っ張り出してきたのはゆでたまご先生の大ヒットだった気がする

なんか闘いのレベルが段々超能力漫画並みに異次元レベルになりつつあったからね

そもそも基本はプロレス漫画なんだ

もっとテリーマンとかカナダとかカレー食っくみたいなプロレス技で戦うキャラが脚光浴びるべきだよな

と、いうわけでキン肉マン 週プレ最新作 第219話 「武名を挙げよ!楓!!」の巻 感想(ストーリー詳細あらすじネタバレ含む)は以上

次回は10月2日発売です

タイトルとURLをコピーしました