王位争奪編のキン肉マンチームは本当は楽勝だった?(VSゼブラチーム編)

キン肉マン40周年を記念して、この糞ブログで2019年6月にテリーとロビンがいないマリポーサチーム戦を更新してみた↓
王位争奪編のキン肉マンチームは本当は楽勝だった?(テリーとロビンがいないVSマリポーサチーム編)
壮絶な不評を巻き散らかした問題作となり、今ではおそらくこんなの覚えてる読者は1人もいないだろう。
ついでにこんな糞ブログを見ている女性は1人もいないだろう。
それはともかくテリーとロビンが来なくてもマリポーサチームには勝てることが判明した。
それだけでもあの糞記事の価値はあったんだと思う。
ブロッケンジュニア、アシュラマン、こって牛などが助けに来てくれりゃね。

寧ろテリーとロビンの2人だけよりラクになるかと。
いざとなりゃラーマンマンやネプチューンマンだって体は空いてたわけなんだからね。
そもそもマリポーサチームって弱すぎじゃないかという話にもなってくるが...。
実際ミキサー大帝はネジ一本外されただけでアレキサンドリアごときにブッ殺されたわけだし。
強かったのは100トンだけだったな。
“とんだ一杯食わせ者”チームだったということだ。

そんなこんなで寄せ集めのメンバーでマリポーサチームを全員ブチ殺すことに成功した「仮想キン肉マンチーム」。
その闘いの過程で話の必要性からジェロニモとアシュラマンとブロッケンもブッ殺されて超人墓場行きになっていた。
だがこの漫画特有の「何の説明もなく生き返っている」現象で3人とも生き返って3日後のゼブラチーム戦に挑むことに。
既に十分なメンバーがいることからラーメンマンとウォーズマンもそれぞれ終点山と超人墓場でのんびり過ごすことに。
あくまでマリポーサチーム戦のメンバで勝ち抜けるか考察する。
止めても無駄だ。

ではまず先鋒戦のジェロニモVSマンリキからおっぱじめる。
ただジェロニモってサンシャイン以外の相手と闘って勝つイメージが湧かないのよ。
必殺技がアパッチのおたけびじゃ相手が砂じゃない限りどうしようもないべ?
根本的に設定面で無理があるんだよねコイツは。
生粋のネイティブインディアンなのになぜかコテコテの九州弁を喋る設定以上に、持ち技の設定が格闘向きじゃあない。
ただでさえ落下系の大技がなければ勝ちにくいマンガなんだから。

と、言うわけでジェロニモがどうあがいても砂じゃないマンリキには効きまへん。
トマホークチョップをどんだけぶちかましても。
どんだけウララウララと山本リンダみてーに雄たけびを喚き散らしても。
挙句には“真の必殺技”である心臓マッサージ(自分で)を敢行しても。
結局マンリキ相手にはどうすることもできずスクランブルバイスでギッチンギッチンと締めあげられます。
最後はキャメルクラッチやセントエルモスファイヤーみてーに体を2つ折りにされて姫路城の抜け穴から超人墓場へ。

ジェロニモが惨殺されたことでメラメラと燃えたぎる闘争心を植え付けられた残りの3人。
続いては“シューティング・マシーン”という聞いたこともない異名のアシュラマンVSマンリキ
そもそもこの漫画の闘いは全て命を賭けた殺し合いの真剣勝負なんだからシューティングマシーンもクソもないだろう。
とにかくアシュラマンとマンリキが闘うんだってさ。
当然アシュラマンの楽勝かと思うだろう。
だがマンリキはあのスクランブルバイスが邪魔でアシュラバスターも阿修羅稲綱落としも効果がない!

しょうがねーから万策尽きたアシュラマンはジェロニモの形見であるインディアンナイフで切腹。
これにてマンリキがまさかの2人ヌきという衝撃の展開へ!
と、いうかアシュラマンは続くモーターマンも頭のドリルが邪魔でアシュラバスターや綱落としができない。
モーターマンに改良阿修羅バスターをしかけたら自分の脳天にドリルを突き立てるという自殺行為に等しい。
当然ドリルで脳ミソチューチューされる未知やすえ状態になる。
こわかった~。

先鋒のマンリキごとき相手にとうとう中堅のブロッケンJr.まで引っ張り出された「真・キン肉マンチーム」
マンリキもさすがに2人と闘って疲労の色が色濃い。
ブロッケンはマンリキのスクランブルバイスをキャメルクラッチでヘシ折る。
そしてトドメのベルリンの赤い雨でマンリキを脳天から「ザギァ!」と斬り裂く。
マンリキは自らの心臓を握りつぶして自殺。
これでブロッケンがようやくマンリキの快進撃を止めた!

続いてブロッケンVSモーターマン戦へ。
ドリル・ア・ホール・スパークで体をグサグサ刺されまくってハチの巣になるが、相変わらずタフなブロッケン。
スパーク・リング・フラッシュのあまりの眩しさにトチ狂ってドクロの紋章を投げ捨てて人間に戻っちまったブロッケン。
足元まで光が及んでいないことを見抜いてスライディングカニばさみをキめる。
モーターマンをうつ伏せに倒したあとは、またもお得意のキャメルクラッチでモーターマンを真っ二つ!
人間になったブロッケンが奇跡の2人ヌき!

そしてブロッケンVSバイクマンの中堅対決。
雑魚とはいえ、マンリキ・モーターマンと2連戦だった上に、無駄に人間に戻ったことでブロッケンはいよいよ疲労困憊。
バイクマンに撥ねられまくり早くもボロボロ。
そしてボディプレスなのかヘッドバットなのか設定がはっきりしないキル・ザ・スカイダイブをモロにくらう。
たかがボディプレスかヘッドバッドなのになぜか殺傷能力があるこの技。
人間になっちまってるから仕方なくあの世(人間墓場)へ旅立つことにする。

続いてバッファローマンVSバイクマン
バッファローマンは金網リングにハリケーンミキサーを何度もかまして竜巻を発生させバイクマンを上空へ跳ね飛ばす。
そして落ちてきたところに超人十字架落としで金網に脳天からブッ刺す。
バイクマンのヘルメットがズリ落ちて頭蓋骨が剥き出し(ネイキッド)になり試合終了。
バイクマンは「鯱が白鷺を銜える時、強者、関の原に集う」とかわけのわからないことをほざくがこって牛はシカトする。
だがここで正史通り姫路城と名古屋城が関ケ原までぶっ飛んでドッキングする超常現象が発生。

名古屋城では真・ソルジャーチームがフェニックスチームと闘っていたが既に終わっていた。
サタンクロスが1人でウールマンら新ソルジャーチーム全員の胸を引き裂いて5人ヌきだ。
見てるこっちの胸も引き裂かれそうな気持にさせられる試合だった。
真・ソルジャーも1億パワーのくせに何の強さもない「とんだ一杯くわせ者」キャラだった。
真ソルジャーチームのあまりの弱さに名古屋城の観客はシラけきっていた。
プリズマンすら登場することなく終わってしまっていたのだ。

結局、城が合体した意味は全くなし。
アタルも登場せず、やるせない気持ちでキン肉マン&バッファローマン組VSゼブラ&パルテノン組のタッグマッチになる。
ゼブラが「オレ昔ボクシングヤッててさ」とか言いながらキン肉マンをタコ殴りにする。
しかしキン肉マンがトラースキックをするとなぜか自分のパンチが自分の顔に跳ね返ってくる不可解な現象が発生。
するとそこで3か月間時が止まるさらに不可解な現象が発生する。
3か月後に「時」が動き出すとバッファローマンは自分だけのんびりとヅラを外してハンモックで寝ていたことが判明。

キン肉マンはこって牛が自分だけラクをしていたことにショックを受けて不貞腐れてリングの上で大の字に倒れてしまう。
するとそんなキンに対してパルテノンが人体化石封じをおっぱじめる。
罪悪感を感じてタッチを求めるこって牛。
しかしキン肉は「どうせオレは偽の王子だったんだ。いいもんいいもん」的に不貞腐れて自殺願望全開。
しょうがねーからバッファロー野郎はハリケーン・ヒート用の長いロングホーンでキン肉マンの手に触れ強引にタッチ。
キン肉を蹴飛ばし自分の背中にドロドロしたスペルマみてーな液体が付着して柱ん中に閉じ込められちまう。

反省したキン肉マンはゼブラとパルテノンをセットでフロント・ネックチャンスリーで投げる。
さらに2人をセットでキャメルクラッチにキめる。
だが柱の中にいるバッファロー野郎も痛めつけられるからたまったもんじゃない。
しょうがねーからバッファローマンに火事場のクソ力を注入するキン肉マン。
バッファローマンは全身が燃え始めサタンと一緒に悶絶する。
しかしその火が柱の中のメタンガスの爆発を誘発して脱出に成功。

熱くてたまんねーからキンに火事場のクソ力はお返しするバッファローマン
そして「お前はギリシアでおとなしくしてりゃいいんだ」とバッファローハンマーでパルテノンの柱を全てヘシ折る!
ブチきれたゼブラが「パルテノンてめぇ30億超人ドル返せ!」と喚き散らす
パルテノンは「金だ・・・大臣・・・」とぶつやき上半身だけになりながらバッファローにまとわりつく。
バッファローマンは「くおりゃ!!」とか言いながら腕を振りほどきバッファローBOMBでパルテノンを完全KO。
しかしバッファローマンもメタンガスにやられたとか言って倒れてしまい引き分けに終わる。

残ったキン肉マンVSゼブラのシングルマッチ状態に。
ゼブラは「やっと2人きりになれたね」とかちょっとあぶねーことを言い出す。
身の危険を感じたキン肉マンはキン肉ドライバーを狙う。
こんなもん過去の遺物だとほざくゼブラ。
しかし火事場のクソ力があるキン肉ドライバーは誰も倒したことがないマッスル・インフェルノ以上の究極奥義だった。
フツーにマットに叩きつけられてホークマン同様にKOされるゼブラ。

マッスル・インフェルノのような欠陥奥義はシマウマだって簡単に破れると告げるキン肉マン。
ゼブラは「そんな・・・ひどい・・・」と涙を流してキッドの元へ旅立つ。
これにてキン肉マンチームの決勝戦進出が決定した。
いよいよ次はこのメンバーでフェニックスチーム戦だ。
さすがに今度はもう勝てねーだろ。
そもそもそろそろネタ切れ感が出てきてやるかどうかもわからない(笑)
タイトルとURLをコピーしました