キン肉マン 4話 “1vs7”の全面対抗戦!!の巻 感想

キン肉マン最新作 第4話「“1vs7”の全面対抗戦!!の巻」のネタバレレビューです

あらすじを感想を述べながらダラダラとあちこちに話が反れながら好き勝手に綴っていきやがります

前回のラストで仲間の超人達が傷つけられたり人間の姿に戻されたり

キレたテリーマンは武道に強烈なナックルパートをお見舞いします

これにはさすがの武道もたじろぎダメージを受けたようです

コレ以降武道の胸にはいつまでもこの攻撃によるアザが残る事になります

そしてジェロニモも顔面に穴が開いたような状態がいつまでも残ります

とりあえずテリーマンはその場にいる7人全員と戦う事になりました

舞台は1週間後、当時の最新鋭球場だった東京ドームでの試合となります

今では最も狭い部類で最もホームランが出やすい最悪なプロ野球場と化した東京ドーム

これでも当時は最も広くホームランが出にくい部類の球場だったことに驚き

それほど90年代くらいまでの球場はどこも狭かったんですよね

川崎・西宮・藤井寺・日生・平和台…

甲子園もまだラッキーゾーンがあった頃でしょうか

そのラッキーゾーン内で戦った便器マンが人間に戻されたのが先週…

時の流れを感じますね

今でも横浜や神宮や広島市民は狭いままですが…

話は戻ってキン肉マン

テリーマンの7人抜きマッチが始まりました

王位編のマリポーサチームに1人(ミートもいたけど)で立ち向かったキン肉スグル

そのことを思い出しながら「オレもアイツみたいに戦うんだ」と気合を入れるテリーマン

ミートもセコンドにつき「あなたが倒される事があったらこのミートが」と同じく気合を

真・完璧超人軍はカードで対戦相手を選べと言ってきます

武道の胸にはまだテリーマンのナックルパートの傷(へこみ)が残っています

まるでタッグ編のロングホーンボンバーを喰らったあとのネプや武道の胸みたい

あれは横一線のアザ(へこみ)でしたがこんどは左から右下への斜めのアザ(へこみ)です

ボロボロで全身包帯のジェロニモもセコンドにはついています

結局テリーマンの相手はカナ・スペを両肩の巨大タイヤでめちゃくちゃにした奴です

そう、「完裂」ことマックス・ラジアルです

7人の中でもズバ抜けてデカい奴

そう、「ジャイアント・ハンター」設定が登場します(笑)

もうテリーマンは今後デカい超人としか戦わせてもらえないんでしょうか(笑)

ただ、何度も言うけど、アシュラマンを巨漢超人の部類に入れるのは無理がある!

身長190cmのテリーマンを「お~い、チビ超人よ」と言い放つマックス・ラジアル

人間界では考えられない発言です

あ~でも「人間山脈」・「1人民族大移動」こと大巨人/アンドレ・ザ・ジャイアント(公称226cm)も猪木(公称190cm実寸185cmほど)をチビ呼ばわりしてたらしいですけどね

でもテリーとラジアルは見詰め合った時の身長差描写から奴の身長350cmはありそう

たまりません

一方、所変わってキン肉星

大王とママとビビンバがスグルに大王としての「公務」のスケジュールを煽ります

しかしスグルは部屋に閉じこもっているのか出てこない

一体どうしたのか

部屋の内部に視点が切り替わります

過去の名場面の数々が写真として収められています

確かⅡ世の設定では過去の戦いの映像や写真など全て焼き払ったはずですが…

そんな10年以上前のこと、僕らのゆでたまご先生が気にするはずもありません!

個人的に「お!」と思ったのは悪魔超人編でスグルがステカセ・ブラックホールとの戦いでボロボロになり、それを気づかせまいと入場時に着てきた頭に花を挿したような派手なインディアン(?)コスチュームみたいなのとそのオーバーマスクがショーケースの中に飾られていたことです(笑)僕は悪魔超人編が一番好きなシリーズなんで、これにはちょっとそそられました(笑)悪魔超人編フェチなオレです。

まーそんなこんなで、部屋の窓が開いていて外から風がヒューヒュー吹いていて、

ベッドの上にはスグルの王冠と杖とマントが置かれていてもう部屋にはスグルはいません

誰がどう見てもテリーマンの危機に地球へ駆けつけたと想像するのが自然です

痺れる描写です

登場まではもう2,3週かかるんでしょうが、やっぱりテリーマンの救援は主人公が勤めるようですね

正直、正義超人・アイドル超人としてのキン肉アタルや、おそらく正義超人入りしたフェニックスやマンモスマン(復活したか?)、サムソンティーチャーなどの戦いも見られるんじゃないかと期待はしてるんですけどね

ついでに言えばオメガマン(復活したか?)はネプと組んで真・完璧超人軍と戦うような気もしますし

ただマンモスマンもオメガマンも存在消されてる状態ですからね

スグルのフェイスフラッシュの恩恵にあずかれたかどうかでしょうか

でもあまり正義側のコマを増やすとⅡ世の時のように個々の活躍を描ききれなくなるし…

そういや体力回復カプセルに入ってる描写もないウルフマンやメイビアはかけつけてこないですね

正直今更こいつらを描くよりは読者も正義超人・アタルや正義超人・フェニックスを見たいか

ただ、サムソンティーチャーは寄生虫がいないからもうトライアングル・ドリーマーできないなぁ

阿修羅稲妻落しだけか

唯一真っ二つに引き裂かれたザ・ニンジャが不憫…

とりあえずこんな感じでテリーマンとデカい超人の戦いが2話くらい続いてキン肉マン登場でしょうか

テリーも1人くらいは倒してほしいかな

王位編では見せ場がほとんどなかったし

どっちにしてもテリーも終盤にはまだ大きな戦いがあるでしょうけどね

なんだかんだで正義超人のNO2みたいなもんだろうし

ロビンやラーメンマンもいるけど

とりあえず登場間近なスグル

主人公不在状態が4話続いていますからね

ただあと2週くらいはテリーの孤軍奮闘物語で引っ張るような気もしますが

でボロボロになった所でスグル登場

「ドジ超人の代わりにはなりきれなかったぜ」とテリー

「ホントにお前は大バカ野郎だよ」と泣くスグル…

こんな感じ?

でも最も肉体を酷使しているスグルこそ体力回復カプセルに入るべきでは

入らずに戦うなんて主人公も辛いね…

入ってもいないでピンピンしてる(と思われる)ウルフやメイビアは知らん顔してハワイで遊んでる(と思われる)というのに

スカイマン…どうしてるんだろうな…

一時はあんなにテリーマンを苦しめたほどの超人だったのに…

以上、キン肉マン最新作 第4話「“1vs7”の全面対抗戦!!の巻」のネタバレレビューでした

これで年内のキン肉マンは終わりです

次回は1月9日発売になります



タイトルとURLをコピーしました