キン肉マン 5話 たったひとりの正義超人軍!!の巻 感想

キン肉マン第5話「たったひとりの正義超人軍!!の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)です

あらすじを感想を交えながら更新していきます

ついにテリーマンの「たったひとりきりの闘い」が始りました

セコンドのジェロニモは口がまだ変形(?)したまま

元々目も鼻もなく口しかないような顔の超人ですが…

客席には人間に戻された便器マンやカレクックまでいます

カレクックはカレーを手に観戦という人間になっても「カレー依存症」状態です

ダルメシマンは「オレがテリーマンをめちゃくちゃにしてやりたかった」とほざきます

コイツそんな強いんでしょうかね

コイツだけやたら弱く見えるんですが…

テリーマンはゴング前に奇襲をかけてナックルパートの嵐

武道に「卑怯なマネしかできない」、「だから奴らは下等超人」とコキ降ろされます

得意技のナックルパートもスピニング・トー・ホールドもカーフ・ブランディングも強敵マッスルラジアルには効きません

原因はテリーマンの試合勘が鈍っている為

何しろテリーマンは王位争奪編でモーターマンに完全KOされていらい1年ぶりの試合です

あの試合はテリーマンは体調不良でまともに戦ってもいない為、実質は100t戦以来でしょうか

ついにマッスルラジアルのドリフト・タックルをくらっちまいます

ダメージを追うテリーマン…

試合の流れ的にはこんな感じですがそれよりも今回は「外野」が豪華!

まず武道の胸のアザが年を跨いだことで消えたか?

でもその後ついに登場悪魔将軍!!

どうやらコイツも戦いに絡んできそうです

悪魔城(?)みたいなとこで「透視池」みたいなものを通してテリーマンの戦いを観戦

しかも無量大数軍の中にとても厄介な超人がいるとの指摘

やっぱりそれは超人を人間化させる能力を持つ武道でしょうか?

それとも別の誰か?

ダルメシマンだけではなさそうですが…

そしてJR総武線高架橋下にある牛丼屋

ハンチング帽(?)を目深に被りコートで顔を隠すように牛丼をおかわりする男…

どうせ顔は出ないだろうなと思いつつも誰もがこれがキン肉マンであることは明らか

「まだ大丈夫じゃ」という言葉まででこのページは終る

この「じゃ」でもスグルなのは明らか

しかし最後のページの見開きで堂々とキン肉マンの精悍な表情(マスクだけど)が現れ、

「テリーマンなら!」とテリーマンを信頼している様子を描きます

この演出はシビれました!

今回はここで終わりです

今後はどうなるのかな

テリーマンも苦戦はするけどラジアルくらいは倒すのかな

ラジアル1人倒せずにスグルに交代じゃテリーマンも単なる引き立て役になってしまうし

試合勘が原因ということだけど100t戦だって試合間隔結構あったはずなんだけどなぁ

そして悪魔将軍

どう絡んでくるんでしょうか

正義VS真完璧の闘いになっている中悪魔まで絡んでの三つ巴?

悪魔将軍の背後に使える2つのシルエットは1人はサンシャインで確定

もう1人は…誰だろこれ…

ニンジャとアシュラマンのミックスさせたような後ろ姿…

新超人かな?

そもそもニンジャとアシュラはもう正義寄りだからここにはいるわけないし…

そもそもアシュラマンは「不可侵条約」に調印してたくらいですからね

今更シルエット状態にして隠すのは不自然でしょう

とにかく徐々に盛り上がってきましたね

ボチボチとスグル以外のアイドル超人もカプセルから出てきてほしいとこですね

以上、キン肉マン第5話「たったひとりの正義超人軍!!の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)でした

次号は1月16日発売です!!

タイトルとURLをコピーしました