キン肉マン 読み切り 奇跡の救世主伝説の巻

キン肉マン グランドジャンプPREMIUMプレミアム) 読み切り ~奇跡の救世主伝説の巻~ 感想あらすじネタバレ含む)

リニューアルされたグランドジャンプPREMIUM(プレミアム)の新創刊号の表紙と巻頭カラーで「キン肉マン」が掲載されてキン肉マンファンとしては嬉しい限り

表紙及びそれをめくると出てくる扉絵のキン肉マンの肉体は両腕に血管が浮き出てボディービルダーのようにパンパンムキムキの肉体でございます

地域によっては入手困難な上にWEBじゃ読めない作品ですから細部までより詳細なあらすじを出します

表紙には「正義の超人レスラー衝撃リングイン!!」というなんだか微妙なキャッチコピーで、

それをめくった扉絵では「涙あるところに この男あり!!!」という熱いキャッチコピーと共に「正義の超人、見参!!!!」と明らかにキン肉マンを知らない読者層へ向けたような表現が並びます

扉絵にはキン肉マンの他にテリーマン・ロビンマスク・ラーメンマン・ウォーズマン・バッファローマン・ブロッケンJr.の他にジェロニモまで描かれています

今年は1979年に漫画家デビューしたゆでたまご先生の漫画家デビュー35周年のアニバーサリーでもあります

今回の特別読切の時間軸は夢の宇宙超人タッグ編からキン肉星王位争奪編までの間のお話です

Ⅱ世の究極の超人タッグ編もそうでしたが、この期間に話を挿し込むのが好きですねゆでたまご先生は(笑)

ちなみに来月キン肉マンのパチンコ版の新作「夢の超人タッグ編」(京楽)がホールでデビューしますからその宣伝も兼ねてのことかな(笑)

このパチンコの方も原作にはないコンビが多数登場するのがなかなか面白そうな感じ

串田アキラ大先生の新曲も聴けるみたいでちょっと運試し程度に打ってみようかなとも思っているけど・・・

それはそれとして今回のストーリー

舞台は「田園調布に家が建つ」を果たしたキン肉ハウス

夢の超人タッグ編が終わり平穏な日々を過ごしていたキン肉マン

マスクにシューズを洗濯して外の物干しに干したまま寝ちまってます

なぜか顔にタオルをかけて横になって寝ているキン肉マン

もしかして「素顔のままで」寝ているのか?

それとマスクもやはり後ろで紐を通すタイプのマスクだったんですね

これまでただ被るだけのマスクだと思っていましたが

実際後頭部に紐を通してある部分なんて描かれたこともなかったわけで

タイガーマスクのマスクと同じような仕様なんですね

1990年に二代目タイガーマスクがタッグマッチの最中にパートナーの川田利明に命じて後頭部の紐をほどかせてマスクを投げ捨てて素顔の「三沢光晴」としての戦いをスタートさせたシーンを思い出させるマスクだなぁ

そんな大いなる謎は脇へ置いといて

まるでサイヤ人やギニュー特選隊が乗っていた丸型宇宙船を大きくしたような球体の宇宙船が地球の、日本の、東京の、大田区の、田園調布の、美波里公園にあるキン肉ハウスのすぐ近くに狙ったかのように着陸

キン肉スグルを狙ってやってきたのは明らかです

中から出てきたのは少年のようなイケメンのような微妙な異星人です

その微妙な異星人はハァハァ言いながら「とうとうたどり着いたぞ・・・ここは地球・・・探し求めた“ミュースマン”が住むのはこのあたりのはず」とつぶやきます

ハァハア言ってるからって興奮してるわけでもヘンな事をしていたわけではありません

「ミュースマン」とは誰の事?

薬用せっけんじゃああるまいし

ウォーズマンなら知ってるぜ??

しかしその微妙な異星人はキン肉ハウスを見て「あれだ・・・あれがミュースマンの住みかに違いない!」とおそらく壁面のキン肉マンの顔をイメージした「壁画」を見ての判断

どうやらこいつの頭ん中ではミュースマン=キン肉マンで確定のようです

しかしすぐに上空に今度はフリーザ父子が地球を滅ぼしにやって来た時のような巨大宇宙船がやってきます

「あれが地球だよ・・・パパ」ってやつですね

すぐにトランクスにぶっ壊されるわけですが

「観念しろ小僧~っ誰かに助けを求めるために逃げ出したんだろうがそうはいかん~っ。おとなしくクッピン星に戻るんだ~っ!」とその微妙な異星人に告げます

まだハァハァ言ってる謎の異星人

宇宙船で地球に来る間は走ることもなかったから息はそんな切れるわけはないでしょうに

それともどこか痛めているんでしょうか

そして中から出てきたのはどうも最近微妙にちらほら描かれるようになってきた週刊ジャンプ時代にボツになった読者応募超人の中でも屈指の有名超人のハンマーヘッドと土偶マンみたいな目をした謎の超人です

「ここでおまえを殺すのは簡単だが死体を残しておくと誰にも発見されていない我がクッピン星が・・・知られてしまうことになってしまうんでな!」と襲い掛かります

その謎の異星人はとっさに物干しに干してあるキン肉マンマスクを掴みとります

そのまま連れて行かれちまう謎の異星人

巨大宇宙船からマジックハンドみたいなもんが出て丸型宇宙船も一緒に連れてっちまいます・・・

そして、そんな「大騒動」があったのに目が覚めないキン肉マン・・・

そして翌朝

「悪いなミート、夜通しのトレーニングに付き合ってもらって」とテリーマン

「いいんですよ、ボクも最近運動不足だったんで!」とミート

この時点では特に大きな闘い(王位争奪編等)が控えているわけでもないのに徹夜でトレーニングするストイックなテリーマンとそれに付き合うミート

王位編でのミキサー大帝戦の勝利はこの弛まぬ努力の賜物だったのかもやしれませんね

ミートは「王子はまだ眠ってるかな?」とキン肉ハウスの中をのぞきます

するとミートは「覆面(マスク)は?そのマスクはどうしたんですかーっ!?」と喚き散らす

なぜかパンクラス時代の船木や鈴木みのるみたいにタオルを頭に被ったまま寝てるキン肉マン

「おお!キレイだろ。なにせゆうべ下着と一緒に洗濯したばかりだからな」と語ります

「せ・・・洗濯!?」と驚くミート

「心配せんでも命と同じくらい大切なマスクは失くさんわい。盗まれんようにちゃんと部屋干しして乾いたからこうやって被っておるわけで・・・」と自信満々のキンちゃん

しかしミートは「お・・・王子、そ・・・それマスクじゃありませんよ」と指摘

テリーマンも「オーノー!鏡をよく見ろキン肉マン!」と優しく諭します

「え?」と船木みてーなタオルを取って全身鏡に姿を映すキン肉マン

するとかぶっていたのはマスクではなくパンツでした

寝ぼけていてマスクと間違えてパンツを被って寝てしまったようで

目の部分だけうまい具合に穴が2つ空いていて見えるようになっています

一方は破れていてミートくんが縫っておこうと思っていた部分の穴で被ったら目の位置になる都合の良さ(笑)

そもそも普通こんな部分破れるか??

そしてもう一方はどのパンツにもあるアレを出す部分が開いていて空いている穴です

男物のパンツなら必ず空いている穴ですよ

しかしアフリカ代表のキンターマン級の巨根だとこの程度の穴からは出せないのではないでしょうか

とは言っても女性には男物のパンツに全てアレを取り出すための穴があるなんてことは知らないウブなお嬢さんもいるかもしれませんね

まして何の関係もないアフリカ代表のキンターマンの話まで持ち出してちょっとお下品ですねこの糞ブログは

今この糞記事を読んでいるあなたが女性だったら思わず引いてしまっているかもやしれません・・・

でもこんなこ汚い下ネタ満載クソッタレブログなんて女性はまず見ないでしょうから大丈夫かな

アンタ男だよな?

男の中の男だよな?

お前は男だ!!

それにしてもパンツはただ被るだけですがマスクは裏に紐を通して縛るタイプです

いくら寝ぼけててもその違いに気づくもんでしょう

そもそもマスクを洗濯している間は何を頭に被ってたんでしょうか

寝ている間被っていた90年代パンクラスみたいなタオルでしょうか

そもそもキン肉マンは金太郎飴マスクや7人の悪魔超人編で元気さを装う為に用意したチューリップ付きマスクなどいろいろ「サブマスク」を持っているはずですけどね

とにかくキン肉マンは慌てて外の物干しに干してしまったんだと外を見ます

しかしマスクがない!

「おわぁぁここにもない~っ!」と一瞬慌てふためきます

しかしすぐに「急いては事を仕損じる。寝て考えよっと」と言ってまた寝てしまうキンちゃん

当然怒り出すミート

キン肉マンの余裕の理由はキン肉王族の掟では素顔を晒したら、命を絶たなくてはならないものの、覆面(マスク)を失くしたからって素顔を晒したわけじゃないんだから平気だろというもの

挙句には「こうなりゃ新しい覆面(マスク)を買えばええわい!よし!今度はあんなブタ面ではないもっとハンサムなマスクを買おう」とパンツの穴から見えるにやけた目で語ります

背景にはまるで永井大のような濃い目かつ微妙なイケメン風マスクが描かれています

するとミートは「王子、素顔を晒すのと同様一度血のつながる大王様により選ばれた覆面(マスク)は生涯それを着用し続けなければならないというキン肉王族の掟があります。もしも“与えられし覆面(マスク)”を失くしてしまった時は24時間以内に探し出さなければやはり自害しなければなりません」と語ります

思いっきり後付設定ですねこれは(笑)

たまりません

「えぇ~そんな掟初めて聞いたぞ~っ!」とここでようやく事の重大さに気づいたキン肉

今考えたような後付ですから聞いたことないのも無理はありません

「早く早くマスクを探し出さねば~っ!」とミートをゆさぶってせかすキン

ミートはマスクが盗まれたものと判断し「では110番通報しましょう」と電話をかけます

テリーは「スーパーヒーローがポリスメンに頼るのか・・・」と嘆きます

そもそも宇宙にもっていかれたもんを田園調布署管内の警察官で見つけ出せるわけがありません

しかし「待ったミート!」とそれを静止するキン

「マスクのありかはわかった・・・」と上空を指さします

「何やらあそこの方向と私の素顔が引き合うんじゃ!」と語ります

そして黄金のマスクと銀のマスクの時のような昔懐かし「キィィン」という反響音が発せられます

まーあれはニセモノのマスクでも引き合って反響しあってましたけどね・・・

「ほんとかよキン肉マン?」となんかテリーっぽくない口調で聞くテリーマン

ミートは「キン肉王族の“与えられし覆面(マスク)”はマスクといえども装着(つけ)られた時より肉体の一部も同然となります。引き合ったとしても不思議はありません」と語ります

キン肉はただひたすら引き合う方向を指さしたまま何もしゃべらずピクりとも動きません

またスニゲーターに生命を引っこ抜かれて死んだのかと思いました

そして・・・遠い遠い宇宙の彼方・・・

その辺境に浮かぶ小さな星クッピン星

暗黒物質(ダークマター)に包まれている為他の惑星の知的生物からはまったくその存在が確認されることはなかったというさっきハンマーヘッドが話していた通りの設定

その為にクッピン星の住人たちはなんぴとの干渉も受ける事なく堂々と独自の文化歴史を育んできたとのこと

でもそれって地球も同じなんですけどね

異星人の干渉なんて地球にもないですから

星全体で独自の文化歴史を育むってこの星には「国家」という概念がないんでしょうか

「しかしその星の平和に今亀裂が生じようとしていた」という導入で星の惨状が描かれます

どう見ても少年少女と思われる惨殺された死体がが転がっています

そして「お願いですt・・・助けてください!」と逃げ惑う少年2人

しかし先ほど出てきたハンマーヘッドが「逃がすかーっ!」とそのハンマーで頭頂部をグシャッとクラッシュします

おそらく頭蓋骨陥没で即死かと・・・

さらにさっきタイラントと一緒に出てきた土偶マンみたいな目をしたヤツがもう1人をベアハッグからそのまま胴体をねじ切ってしまうゆでたまご先生お得意な惨殺描写

おおっとここで昔懐かし読者投稿ボツ超人がまたも描かれる(笑)

まずは「ウォーズマンスマイル」のモデルとなったと思われるスマイルマン!

さらに7人の悪魔超人編であのプリプリマンを筆頭にアームストロングやらミスター・アメリカンやらフラッシャーバルーンやらミリオン・ヘルやらとホント1コマだけ登場したクモノコチラスまでここで登場!!

このクモノコチラス

他の連中と比べて登場は1にも満たない0.5といったところか

なぜってその登場しているわずか1コマの中でも「たのしかったはずのファン感謝デーが7人の悪魔超人の乱入によって地獄デーに・・・」という吉貝アナと思われる実況のセリフ吹き出しによって1人だけ半分隠れてしまっているたださえ不遇な中の超人達の中でもっとも不遇な超人なんです

たまりません

そのクモノコチラスは一般人と思われる男性の額にそのぶっとい腕で脳天エルボーをかましおそらくこれも頭蓋骨陥没で即死・・・

さらにスマイルマンは女性を2人殺す寸前です

「女子供だけは助かる」というマンガは多いですがキン肉マンや北斗の拳ではそーゆーことは一切ないですね

そして土偶マンみたいなやつが言ってた「食料や財宝は全てタイラント様に献上するんだーっ!」と言っているその「タイラント」とは??

その現場になぜかリングがありそのリングの上の玉座みたいなとこで足を組んマンガ肉みてーな骨付き肉をグシャグシャとほおばりながら眺めている実に「わかりやすい」悪党風貌の超人こそタイラント

「万太郎」といい「タイラント」といい、ゆでたまご先生はウルトラマンタロウが好きですねぇ

ちなみにタイラントの異名は「暴君怪獣」でした

暗黒物質(ダークマター)もタロウのパチンコ版「暗黒の逆襲」から得たヒントだったりして(笑)

メーカーもキン肉マンのパチンコシリーズを出している同じ京楽(KYORAKU)だけに

世代的には初代ウルトラマン世代(ウルトラマン第一世代)だと思われるゆでたまご先生ですが、

第一世代は第二期世代の作品(タロウ・レオ・エース・帰って来たウルトラマンね)は嫌うらしいですが

逆にこのオレみたいに80のみかろうじてリアルタイム世代でそれ以外の昭和ウルトラシリーズは全て再放送世代になると昭和期のすべての作品はリスペクトの対象になっちゃうんですけどね

平成期の作品までは全て見きれていませんが

とにかくそのタイラント

「逆らう者は皆殺しだ!」とこれまた悪の親玉の「ステレオタイプ」そのものなお言葉

なんでも100万年もの間暗く冷たい織にずっと閉じ込められていたとのことで

そして3か月前にようやく抜け出すことができたとのこと

だから「これから100万年は好き放題やらせてもらう」と妙に「100万年」という数字にこだわるタイラント

完璧超人の始祖やラージナンバーズでもなさそうなのにアンタは寿命ってもんはないのかい?

キン肉マンやテリーマンなどアイドル超人たちは人間達同様に寿命があり、衰える年代等も人間のそれと同じっぽい

超人ではあるけれど、ドラゴンボールのサイヤ人(悟空・ベジータ)みたいに50代になっても若い容姿のままで衰えもないということはないようで

でもスプリングマンや便器マンなど人間体ではない超人では人間をはるかに上回る年齢の超人もいる

ドラゴンボールでも亀仙人・鶴仙人・桃白白・占いババアなどは人間を大きく上回る寿命の持ち主だったけど

アイドル超人でも唯一人間体じゃないウォーズマンは永遠に歳も取らず死ぬこともなさそう

いや・・・何回も死んでるか・・・

とりあえず歳は取らないのはⅡ世で描かれた

ネプチューンマンのようにトレーニングと生活次第では老化せず強さを増すこともできるタイプもいるらしい

カメハメなんかも50代の時点ではほとんど衰えはなかったと思われる

超人の年齢設定や、それによる影響などは各キャラクターによって行き当たりばったりぶりが存分に発揮されていて、やっぱり「キン肉マン」なんだなぁって思えるわけですよ

そのうちⅡ世のバリアフリーマンのジージョマンみたいに老人の強豪超人とか出てくるかも

そーゆーのがいてもいいんじゃないかな

亀仙人的なさ

でもセメントスだけは勘弁な!!

そんなことを考えていると都合良く次のコマで杖をついた老人キャラ(おそらく普通の人間)がタイラントに噛みつく

「おまえはその昔何千人もの民を殺してきた最悪の残虐超人じゃ!悪は決して栄えぬ!あの100万年前と同じくおまえは必ず鎖に繋がれる!」・・・ともう「さっさと殺してくれ」と言ってるに等しい罵詈雑言をタイラント様に存分にそそりかけます

タイラント様はマンガ肉を放り投げ、「この平和ボケジジィががーっ」と相手の肉体を腕の力だけでタワーブリッジ・ネイキッドのような状態で頭上にしならせ、そしてそのまま背面へスープレックスで腹部を思い切り叩きつけるなんとも説明しがたい技でそのお年寄りを惨殺しちまいました・・・

ベンキマンの読み切り「失われたインカの記憶」でも、ヒガンテマンが「ヒガンテ・クラッシュ」というキン肉バスターの態勢に捉えてそのまま後方にスープレックスで叩きつける技使ってましたが、今度は「腕だけタワーブリッジ・ネイキッド」の体勢から後方にスープレックスで叩きつけるという技で、どうも「キン肉マン」の読み切りに出てくる超人のフェイバリットはこのようなパターンが続きますねぇ

相手の足は交差させてるけどタイラントの腕は交差していないからタワーブリッジ・ネイキッドとも厳密には体制が違いますが

とにかく祖父を目の前で惨殺され「おじい!」と叫ぶ坊主頭の孫にハンマーヘッドがまたもその坊主頭ごと頭蓋骨を砕いてブッ殺そうと襲い掛かります

しかしタイラントは「待て!若者はこのオレの星にとって将来の大切な力だ。地下牢に入れておけ」と静止

ハンマーヘッドは「ハッ!ハイ!」と完全服従の主従関係のようで

若者の労働力を重要さをわかっているとはこのタイラント・・・ダテに100万年以上生きてはいませんね

ここでタイラントの回想へ

「本来ならオレは100万年前にこの星を征服できたのだ・・・やつさえ出てこなければ・・・」と内心つぶやく

シルエット状態のキン肉王族戦士らしき超人がタイラントの攻撃を肉のカーテンで防御し、スープレックスでタイラントを叩きつけている姿が描かれる

これが「ミュースマン」なんでしょう

タイラントのつぶやきは続く

「だがそんな偶然など万にひとつ・・・いや億にひとつも起こりはしない・・・」

「刑務所は既に壊滅させ、忠実な軍隊を作り上げた」とつぶやきその軍隊は恐怖によって支配されたような若者の兵士たちが鎧武装している姿が描かれる

先ほど若者が「将来の大切な力」と言ったのは労働力ではなく兵隊としての駒の役割を期待してのことだったようで

そしてその救世主・ミュースマンと思われる石像を裏拳でぶっ壊してしまうタイラント

「そういえば逃亡したバラックとかいうガキはどうした?」とハンマーヘッドに問う

「ご安心あれ、バラックは無事に捕縛し地下牢に閉じ込めました」と返すハンマーヘッド

「二度と同じような逃亡者をだすな」とタイラント

「ハイッ!タイラント様」と跪いて頭を下げるハンマーヘッドと土偶マンもどき

・・・ってこれ土偶マンなの?

表記は「ドグーマン」だったっけか

ドラクエで地味に強かった敵キャラの土偶(どぐう)戦士を思い出すなぁ

そして地下牢

後ろ手に錠を課された若者たちが「早く出してくれ~」、「タイラント、あんたにはもう逆らわねぇから~」と泣き言をほざきまくってます

すると冒頭で登場した微妙な異星人=バラックが「みんなそんな簡単にこの星を明け渡すのか!みんなあきらめるな!きっと100万年前のように必ず“奇跡の救世主”ミュースマンが現れボクたちを助けにきてくれるさ!」と鼓舞します

しかし連中は「そんな奇跡が今の時代に起きるわけないだろ」とネガティブ思考が蔓延しているようで

「信じるんだよみんな!」とバラック

そこにポロムという小学生低学年くらいの風貌の少年が語り掛けます

ベンキマンの読み切り「失われたインカの記憶」に登場した少年・マルコとほとんど顔が同じ

そばかすまで一緒です(笑)

そんなマルコポロムは「お前、ミュースマンはおとぎ話なんかじゃなくて本当にいるとか騒いで何か月も前にこの星を出ていって・・・結局見つかったのかよそんな救世主なんて本当に?」とバラックよりかなり年下に見えますが同い年みたいな口の聞き方で攻めてきます

発達障害なのかなんなのか、幼児並の体系のくせに妙にこのマンガにはありがちな上から目線です

これがホントの「上からマルコ」って感じ?

あ、マルコじゃなくてポロムか・・・

しかしそんな糞ナマイキなポロムに対してもバラックはまるでアイドルのように笑顔キープで「あ・・・ああいたんだよ本当に!やっと・・・やっと苦労して探し出したんだ!」と大嘘をコキます

「え!?本当にいたのか!」とポロム

バラックは「う・・・うん・・・でも・・・」と嘘ついてるだけあって返答がしどろもどろ

たまりません

「伝説の救世主ミュースマンがおいらたちを助けにきてくれるんだな?」と鋭い眼光で再確認するポロム

「ポロム」って名前は子供の時だけは可愛いけど将来ゴツいオッサンになったら滑稽な名前になるのでは

キラキラネームって流行ってるみたいだけど中年以降になったら恥ずかしくなるような名前多いよね

とにかくポロムの鋭さに動揺しまくりのバラック

盗んできたキン肉マンマスクに目をやります

しかし「大丈夫、必ずミュースマンは現れる!」と言い切っちまいました

するとポロムは「それならミュースマンにも手助けが必要だよね」と針金みてーなもんを使って手に課されている錠を外しちまいました

「おいらこう見えても錠前はずしはお手のものなんだぜ」とのこと

手が自由になったところでクモノコチラスがさっき祖父を目の前で惨殺された坊主頭の孫を連れてきます

孫は苦痛にゆがんでいる顔をしているところを見るとかなり痛めつけられたようです

クモノコチラスが牢屋のカギを開けて坊主頭の孫を「さぁ、今日からここがお前の寝ぐらだ」と中に入れようとするスキに不意をついてクモノコチラスにショルダータックルをキメて脱走するバラックとポロム

「今だ!みんなも早く逃げて!」と言っていますがヘタレネガティブ腑抜けどもは後に従った様子はなし

ポロムは「お・・・おいそれでミュースマンはいつ現れるんだ?」と核心を問う

バラックは「そ・・・それは・・・」とまたテンパる

「バラック・・・ひょっとしておまえ、ウソついたのか?」とずっとバレバレなしぐさだったのに今頃になってやっと気づくポロム

錠前外しなんて潰しが利かない無駄な特技より洞察力を磨く必要がありそうです

バラックは「もう少しで会えたのに・・・やつらに捕まってしまって・・・。でも半分は本当・・・」と語り「証拠にこれを持ち帰るのがやっとだった」と盗んできたキン肉マンマスクを見つける

そしてそのマスクをそのまま被るバラック

顔が小さいからかブカブカでまるでⅡ世の50代になってしなびたキン肉スグルみたい

しかし首から下がまんまバラックだから結局こんな“変装”してもバレてしまうのでは・・・?

キン肉マングレートのマスクを被っても首から下はテリーマンそのまんまだったのに気づかなかったみたいな

とにかくバラックはこの変装で押し通すようで「ミュースマンはお前の目の前にいる!」と告げる

そしてさらに「ボクがミュースマンになってこの星を守るんだから!」とついにトチ狂ったことをほざき駆け出します

部下のハンマーヘッドやドグーマンもどきにすら勝てなかったのにどうやってタイラントやその部下たちを1人で倒す気なんでしょうか・・・?

そもそもバラックは超人じゃなくてただの人間なんじゃないの??

広場では土偶マンもどきがどこぞの母親から財宝を奪い上げようとしています

「やめて下さいこれだけは」と泣きつく母親と息子

そこに「やめろーそこまでだーッ!」と颯爽と登場する正義のヒーロー

「こ・・・このボク・・・いや私“奇跡の救世主”ミュースマンがやってきた限りはこれ以上おまえたちの横暴は許さん!」と担架を切ります

それはもちろんブカブカのマスクを被ったバラック

正体がばれないようにパンツ一丁になってこの星の住人の証明っぽい円形の紋章みてーなもんも取っています

後ろではポロムも弱いくせにいっちょまえにポーズを取っています

たまりません

タイラントは「オレが闘ったミュースマンはもっと体格が立派で鋼の筋肉を持っていたが、代替わりしたってわけか?」と語り「しかしその覆面(マスク)だけは威厳と風格を感じさせるな」と指摘

タイラントはリングの上にあるテーブルを蹴飛ばし戦闘態勢に

バラックはいきなり先制攻撃でカチあげドロップキックを放ち、パンチのラッシュをかます

しかしタイラントには全く効いていないご様子・・・

するとそこに何者かの足が描かれ「フ~やっと見つけたぞ。あいつか覆面(マスク)ドロボウめ!」とつぶやく・・・もちろんキン肉マンです

タイラントは「なんだ~そのヘナチョコパンチは」とバラックを組んだ両腕で叩きつけます

それでも反撃を試みるバラックを見てなぜか「!」と驚愕するキン肉マン

結局この驚愕がなんだったのか最後までわかりませんでした

「これならどうだーっ!」と膝蹴りを狙うバラック

簡単に蹴り足をキャッチし片腕でバラックを逆さ釣りに持ち上げ「フム・・・お前のその声聴き覚えがある」とタイラント

そしてマスクをひっぺがしちまいます

あっさり正体がバレたバラック・・・

そして切なそうなマルコ・・・じゃないポロム・・・

「てめぇ~あの餓鬼じゃねぇか!たばかりやがったな?」と引っぺがしたマスクを都合良くキン肉マンの足元に放り投げちまうタイラント

もう牢屋に入れるのはやめだ!ここで殺してやる」と逆さ釣りにしたまま左手一本で張り手のラッシュをバラックの顔面に叩きこむ“暴君怪獣”タイラント

みるみるうちにバラックの顔が腫れあがっていきます

すると再度本日二度目の「そこまでだー!」の声

そこには頭に男物のパンツを被った変態・・・ホモの変態仮面のようなガチムチの変態が突っ立っています

寧ろテリーマンがセンターを務めた方がこの場面は良かったんじゃないのか

後ろではミートも弱いくせにいっちょまえに身構えてます

たまりません

キン肉マンは都合良く自分の足元に投げられたキン肉マンマスクを拾います

顔面が大阪城ホールのスタンドから身を投げた時のビビンバのようにボコボコに腫れあがった顔になっちまったバラックが「も・・・もしや・・・あなたはミュースマン!?」と問いかけます

「いあ、残念ながら私はそんな名ではないが・・・」と語り掛けながら変態穴あきパンツを引っぺがすとフェイスフラッシュが発動して辺り一帯が眩しくなり、そのスキに正体を見られずにキン肉マンマスクを被る事に成功したキン肉マン

あぁ・・・マスクの紐を通す部分は首元周辺部分のものなんだね

後頭部全て紐を通すタイプのマスクかと思ったけどトサカあるんだからムリだよね

とにかくこれでマスクの謎も2代目タイガー→三沢光晴の思いも断ち切れたとこで、

キン肉マンの「人の涙あるところには必ず駆けつけ、泣かせる相手は必ず叩き潰す、それがこの私、キン肉マンだ!!」と最高にカッコいいセリフにシビれる憧れるぅ~

タイラントも「グッパ~」というゲッパーランドみたいな奇声を発しながら「似ておるわ~そうかおまえがあの時オレを獄につないだやつの子孫だな!長生きはするもんだ!」とミュースマンの子孫であると確信

そもそも「長生きはするもんだ」ってアンタ寿命あるの?

今まで100万年も生きてきてまだこれから100万年以上生き続ける気みたいだけど

「鶴は千年、亀は万年」って感じではあるのかな(´・_・`)

ミートは今のタイラントの発言だけで「どうやら大昔にそこにいる残虐超人が暴れた時・・・キン肉族の祖先がやってきてそれを一網打尽にしたようですね」と弱いくせに完璧な解説をほどこす

ハンマーヘッドは「パミュー!」という奇声を発しながら土偶マンもどきとおそいかかる

しかしテリーマンが「キン肉マンの邪魔だてはミーが許さない!」とナックルパートのラッシュで二人まとめて迎撃し、さらにスマイルマンにはテキサスコンドルキックを叩きこむ!!

「キン肉マン、ここは任せろ!おまえはリングで暴れてこい!」と1対3(ハンマーヘッド・土偶マン?・スマイルマン)のハンディキャップマッチに挑むテリー

クモノコチラスはどうしたんだ?

まさかバラックのショルダータックル一発でKOか?

たまりません

「頼むぜテリー」とキン肉マン

ジャンプして都合良く用意されていたリングにリングインしてそのままいきなりニールキックをタイラントにブチかまします

都合良くバラックはバウンドしてリングサイドのポロムの元に落ち着きます

「スリャ!スリャ!」とセピアようにチョップのラッシュをタイラントに見舞うキン

そして100万年前にミュースマンがタイラントをKOしたジャーマンスープレックスへ

しかしタイラントは「待ってたぜ~」と前回の弱点を完全に克服していたのか、

投げられる途中で体勢を入れ替えて全体重を乗せたエルボーでキン肉マンを押しつぶす

「奇跡の救世主にやられた100万年前の恨み、その子孫であるお前に!晴らさせてもらうぜ!」と恍惚の表情で絶叫します

獄中で鎖に繋がれ自由に身動きもできない悠久の年月の中でイメージトレーニングだけで強くなったということでしょうか

「死ねーっ!奇跡の救世主よーっ!」とタイラントはついに先ほどご老人を惨殺したファイバリットの「暴君暴風落とし」というホントに自分を「暴君」と認めてしまった何ともアレなネーミングの技に入ります

頭上で腕の力だけでタワーブリッジ・ネイキッドもどきの態勢にキンを捉えるタイラント

そのまま後方にブリッジして腹部を叩きつければ技の完成です

この技効くんでしょうか?

くらったのが超人でもない人間のしかもよぼよぼのおじいさんだったから判別不能

キン肉マンは何のヒネリもなくあっさりとその体勢から逃れ、「タイラントとやら、おまえが100万年の間怨念の力で技術研鑽を積んできたというなら・・・私たちキン肉王族及び・・・このキン肉マンは友情の力で技術進化を遂げてきたという誇りがあるー!」と逆にタイラントをキン肉バスターの態勢に捉える

背後には北斗の拳の「強敵(とも)背景」が描かれ、ロビンマスク・ラーメンマン、ウォーズマン、バッファローマン、そしてなぜか師匠のプリンスカメハメ、そして・・・こーゆー時しか登場しないウルフマンが描かれます

現在プレイボーイ誌上でもこの「強敵(とも)背景」は何度も描かれていますが、通常の戦いの場には出てこないくせにこの手の背景や回想には必ず描かれるウルフマン

そして・・・逆に・・・あの超人が描かれていません

超人総選挙第4位の人気超人

個人的には活躍度の割に人気が理解しがたいキャラクターでもありますが・・・

そう、あのブロッケンJr.がこの背景に描かれていないんです!!

「戦力外」のウルフマンや友情ではなく「師匠」の立場であるカメハメが描かれたのに外されるブロッケン

でもブロッケンはウルフマンと○モ疑惑があるんで愛するウルフマンが描かれたならオレが描かれていなくてもいいさと納得するかもしれませんね

Ⅱ世の究極の超人タッグでの話ですが、ウルフマンはタッグ編で「謎(時間差)の死」を遂げたパートナーのウルフマンの写真をロケットペンダントの中に忍ばせて時々見つめていましたからね・・・

こんなこと恋人か家族でなければしません

ただでさえドイツ人や角界は「そっち系」が多いという噂なのに・・・

あとは扉絵では描かれていたジェロニモもこの背景では外されていますね

ちなみにブロッケンは扉絵では無事に描かれてしっかりとベルリンの赤い雨のポーズでキメています

たまりません

そんな様々な思惑が交差する背景をバックにキン肉バスターがタイラントに豪快に炸裂!!

何のヒネリもなくそのまんま「グバガァ」とか言って血を吐いてKOされるタイラント

死んじゃったかな?

「億にひとつもない奇跡が起こったー!」と喚起するクッピン星の人々

リングを降りたキン肉マンの背後に100万年前のミュースマンの銅像が重なり始めて描かれますがそのマスクはなんと銀のマスク!!

つまりミュースマン=シルバーマンってこと?

シルバーマンなら50億年以上生きてるんだから100万年前なら「ついこないだ」の話なんだろうけど・・・

でも・・・これがシルバーマンだとするといろいろ矛盾が・・・

いやもうやめておこう

矛盾を楽しむのがこのマンガなんだ

加圧トレーニングで骨が生えてくるマンガなんだ

たまりません

バラックに向かって「困ったときにはまた来いよ!覆面(マスク)ドロボウ!」と最高にカッコいい言葉を投げかけるキン

「ありがとうミュース・・・いやさ、キン肉マン」と返すバラック

あとはただ民衆みんなで「キン肉マン!」コールを繰り返しそれに答えながらまるでキン肉ハウスのようなデザインの宇宙船に乗り込むキン肉マン・テリーマン・ミート君の3人でこの特別読み切りは終わり

——————————————————————-

それにしても一番働いたのに群衆に何の声もかけてもらえないテリーマンが切ない

だからなのかテリーマンだけ背中を向けて手も振らずそそくさと宇宙船に向かっている

ミート君だって弱いくせにに手を振ってるのに

「ノーコメントだ!」ってやつ?

そもそもハンマーヘッドとかスマイルマンとかどうしちゃったの?

死んじゃったかな?

キン肉マンは戦った相手を殺さず、戦った相手と必ず友情を通わせるという設定があるが、

ボス格だけでも悪魔将軍にネプチューンキング、その他ステカセキング・ブラックホール・アトランティス・スニゲーター・プラネットマン・ペンタゴン・ブラックホール(2回目)・ホークマン・ミスターVTR・キン肉マンゼブラあたりは普通に殺してる上に友情が通い合った描写もない

オメガマンも友情が通い合ったかどうか微妙だがそれらしき描写があるけど殺してしまったのは同じ

そんな中今回のタイラントだがやっぱり死んだのか

それに外道中の外道みたいで友情が通い合う雰囲気も全くなし

ルックス的にも正義超人入りは無理があるキャラだったし

それにしても民衆どもも「億にひとつの奇跡」なんて大げさな・・・

この程度の強さなら他にも方法はいろいろあったんじゃあないのか?

この時点でのキン肉マンのフェイバリットはキン肉ドライバーだが、

そのキン肉ドライバーすら出さず既に攻略されまくって「欠陥フェイバリット」となっていたキン肉バスター一発で即死する程度とは・・・

まー初見じゃキン肉バスターを破るのは難しいだろうけどね

ただ100万年以上も生きて、この先も100万年以上生きると豪語するほどのタイラント

案外完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)に匹敵する強さがあるのかも?

単にキン肉マンが強すぎるだけで

地獄の断頭台一発で即死したミラージュマンくらいならいい勝負できるかも(笑)

そこまではさすがに難しいかな^^

結局、このクッピン星には超人がいなく人間しかいないから対抗のしようがなかったということなのかな

そりゃ人間じゃどんなに逆立ちしたって朝勃ちしたって超人相手には勝ち目はない

ベアハッグくらえばそのまま胴体ごとブチ切られてしまうほどの力の差があるわけだから

異性の人間を宇宙船で助けるための冒険活劇って感じのストーリーだったね

けっきょく南極大冒険

そういえばこのバラックというキャラクターは何者か

ハンマーヘッド1人倒せないのにタイラントとその部下全員に単身挑むのは勇気でもなんでもなく「自殺行為」以外の何物でもないと思うんだけど

そもそも人間なのか超人なのかもわからない

ジェロニモとか二世のカオスみたいな感じ?

なんとなくカオスっぽいし案外将来「狭間の救世主」になるかもね・・・ってカオスは超人だったんだけどね

そもそもどうやってキン肉マンの居場所を突き止めたのか

そのあたりが思いっきりスルーされてるな

キン肉星で聞いたとか

そもそもタイラントもどうやって獄から抜け出したのかとか、

ハンマーヘッドなどはどこから湧いてきたのかとか、

あれは土偶マンで良いのかどうかなどいろいろ読者置き去りな展開が今回は多かったかな

敵が弱かったのと他のアイドル超人の登場もなく、闘いも短かったんで盛り上がりにいまいち欠けましたが、

それでもこのグラジャン新創刊号ははどこ行っても売り切れで入手するのにめっちゃ苦労したほどキン肉マン人気は絶大なようで結構なことでございます^^

キン肉マン 読み切り 「奇跡の救世主伝説の巻」 感想(あらすじネタバレ含む)は以上です

次は5月12日発売の新作を期待しましょうね

タイトルとURLをコピーしました