キン肉マン 90話 地獄の鬼教官、最後の課題!!の巻 感想

キン肉マン 週プレ 90話 「地獄の鬼教官、最後の課題!!」の巻 感想あらすじネタバレ含む)

「地獄の鬼教官」こと、悪魔騎士スニゲーターの最期が描かれた今回のストーリー

ガンマンのエルクホルン・テンペストでバラバラにされてしまったスニゲーター

本体の表情は教え子の死を嘆いているのかバラバラにされて痛くて泣いているのかわけがわかりません

しかしスニゲーターはまだ戦う気です

この体はどんなにバラバラにされようがトカゲのように再生されていくわけです

またもT-レックスの足の形に戻り始めています

しかしガンマンが「この死にぞこないが!おとなしく死ね!」と強烈に蹴り飛ばす

その勢いでスニゲーターの本体肉片はバッファローマンのデカい顔がさらにデカデカと映る巨大モニターに激突します

そのまま転落しさすがに力尽きたのか動けなくなるスニゲーター

ここでついにゴングが乱打され決着がつきます・・・

・・・ってここでアンタも不思議に思ったよな?

「このゴング誰が鳴らしてるんだ?」と

そもそも実況も誰がやってるのかと

現地からの映像を見て吉貝アナが実況を突然始めたというのか?

臨時ニュース番組のようだが

吉貝アナも古舘伊知郎アナみたいにフリーに転身したのかな??

瀕死のスニゲーターにモニター越しに声をかけるキン肉マン

スニも「懐かしいな・・・そのダミ声は・・・」と返します

思えばキン肉マン戦はたかがフロントスープレックス一発で死んじまったスニゲーター

それに比べると今回はかなりタフネスさを増して頑張りましたね

「執念深い悪魔」という悪魔霊術・血縛りの元となった表現まで用いています

たまりません

キン肉マンは「お前は本当に恐ろしい敵だった。そのお前がここまでやられるなんて・・・」と嘆きます

スニゲーターは「お前も見ただろう。あれが完璧超人始祖(パーフェクトオリジン弁当)、かつて将軍様と肩を並べる存在だった。それが奴らの力だ」と告げます

「将軍と同格」と聞きさらに怯えてしまうキン肉マンの「将軍トラウマ」は相当なもの

でも地獄の断頭台一発でおっ死んじまうミラージュマンとアビスマンはそれほどじゃないと思うけどね

人間だったジェロニモでさえ死なずに耐えきった技なのに

さらにスニゲーターはバッファローマンとブラックホールにも声をかける

「お前たちは手のかからない優等生だった。生き残ったのも頷けるメンツだ」と勝利を称えます

そもそもバッファローマンはお前より強いと思うんだけど・・・

その背後ではサンドバックを殴るだけのことなのになぜかサンドバッグに跳ね飛ばされているステカセキング

逆にサンドバッグにドロップキックを見舞って貫いちまってるBHが描かれる

そしてステカセキングとスプリングマンが棒でぶっ叩かれてるシーンまで

めっちゃ痛そうに頭を抱えているスプリングマン

でもスプリングマンって7人の悪魔超人の中じゃ副将格だと思うけど

こんな弱々しいスプリングマンの姿は初めてみたな

それにしてもこのシゴキ描写はまるで佐山聡のシューティング合宿みたい

自分でやる気になる事、それも技術のうち!!

スニゲーターは「特に手間がかかったあの大人のオモチャ二人(ステカセキング&スプリングマン)は死んだか・・・。死んだやつらはオシオキだ・・・あの世でもう1回死ぬほどシゴいてやるぜ」とどこまでも心に浮かぶのはオモチャ2人のことばかりで、アトランティス・ミスターカーメン・魔雲天の事は完全無視を決め込む教官どの

大人のオモチャでシゴくとは・・・

スニゲーターは最後の力を振り絞って生き残ったバッファローマンとBHに「最後の遺言」を残す

「あのひとつ目野郎を含む完璧超人始祖を必ずブチ倒してオレを超えたと証明してみせろ!」と

「これが・・・このオレがお前たちに与える最後の課題だ」と告げるとゲホォとこのマンガのお約束のように死ぬ間際に血を吐くムーブのスニゲーター

いやだから・・・BHはともかくバッファローマンは明らかにアンタを初登場時点から超えてたでしょ

そもそもアンタがバッファローマンをシゴくという構図がおかしいのよ

まだ超人強度が1000万に満たない頃のバッファローマンなのかもしれないけどさ・・・

そもそもさっきのゴングは誰が叩いたんだ・・・

そんなこのオレの想いなど完全無視で最期にもう一言「期待している・・・」と言葉を発し事切れたスニゲーター

バッファローマンとBHは久々のウルフキッスみたいな指の形を作り「スニゲーター、アンタの想いは受け取った」と返す

オモチャたちと同じ弟子の立場なのに全く口にしてもらえず浮かばれないのはアトとカーメンと魔雲天・・・

一部始終を見ていたガンマンはここでモニターに向かって「なるほど次に粛清されたいイレギュラーどもはお前らか!?どいつもこいつもゴールドマンにそそのかされた哀れな連中どもよ!」とコケにします

さらに「そこのモニターの前のイレギュラーども!お前らの崇めるゴールドマンのせいで超人墓場が半壊した今、私は当面我らが総本山“完璧の塔(トゥール・パルフェ=まっすぐになったピサの斜塔)”の中で暮らすつもりだ!」と宣言

さらに自らの持つ神器“土のダンベル”を体内から取り出し、これがほしければ・・・つまり私と対戦したければいつでも来い的に「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」の猪木的スタンスで待ち構えるワイルド・ガンマン

「しかし、それがお前らの命日となるだろう」と脅しも忘れず

そしてガンマンは塔の中へ消えていく・・・

と、言うより塔の前で消えたような描写・・・

それに驚くキン肉マン

「あぁ今すぐ行ってやろうじゃないか!」とボロボロでもう戦えないくせに珍しく血気盛んなBH

しかしバッファローマンだけは「今の姿の消し方は・・・あの時と同じ」と何か思う所がある様子

ここでモニターはまたも吉貝アナの臨時ニュースを映す

突然宇宙のかなたから3本の強烈な光が地球に向かって照射されているとのこと

するとここでまたキン肉星先代大王の真弓上皇が「それはキン肉星から放たれてるものじゃ」とモニター内で吉貝アナとまたも画面の取り合いをするというこのマンガならではのコント的な描写

真弓が押し切ったその画面では銀のマスクがまばゆいばかりに光っている様子が映し出される

ミートくんは「王子、あれは銀のマスクが我々に何かを伝えようとしているのでは?」と問う

王子も「そ・・・そうか銀のマスクの正体はゴールドマンの弟シルバーマン。なら悪魔将軍が今回の騒動にいち早く気づいたのと同じく、何かを知っていることは大いにある!」と語る

ここでまた吉貝アナが画面を取り返しその光は地球の3つの地点を指し示すかのように照射されていることを映像で伝えます

それを見たバッファローマンが「これらの地点はもしや・・・!?」と気づきます

1本目の光は今スニゲーターが戦っていたイタリー

2本目の光は超人墓場のある北極海近郊

そして3本目はバッファローマンの故郷のスペインだと指摘

キン肉マンは北極海付近に超人墓場があると知らされまた恐怖におののきます

するとスペインへ照射されている光がGoogleマップのようにどんどん拡大ズームされそこがバルセロナであることが判明

アントニ・ガウディが残した世界遺産であるサグラダ・ファミリアが大映しになります

するとバッファローマンはその塔の上空にいる何者かに気づき驚愕します

「どういうことだーっ、な・・・なぜあいつが・・・あんなところに!?」と呻くこって牛

そこで現れたのはロングホーンで胸を貫かれて死んだと思われていたグリムリバー

相変わらずニュガニュガ言ってます

「おやおやもう見つかってしまいましたか。これはこれはごきげんよう」と相変わらず紳士的雰囲気のグリム

なぜ生きているのか・・・

そもそもなぜ再登場するのか・・・

読者を大いに悩ませる衝撃の展開で今回は終わり

———————————————————————-

やはり生きていたグリムリバー

最後死に方が「消滅」という曖昧な描写だったことや妙にバッファローマンに自らを殺すよう求めていたのが気になってはいたんですよね

そもそもまだこの超人は全てを出しきっていない底知れないものを感じましたし

フェイバリット的なものも出してないと思うんですよ

それだけにここでの登場は納得

無量大数軍(ラージナンバーズ)の中でもやっぱり武道・ネメシスに次ぐ存在感がありましたからね

でも、ここで再登場するということはグリムリバーは完璧超人始祖(パーフェクトオリジン)の1人だったということ?

武道=超人閻魔がラージナンバーズの1人として戦ったことを考えればそれもありうる展開

だとしたらネメシスもオリジンの1人ということじゃないとあの強さの説明がつかないような

でもバッファローマンだってどう見ても悪魔騎士より強いのに平悪魔だったりするからな・・・

とにかくグリムリバーが再登場ということは当然このまま戦うでしょう

そしてわざわざ再登場させてすぐにまた負けさせる意味もなく、

次にグリムと対戦する悪魔騎士は当然「負けバトル」なのは必至

順番的にはどう考えてもプラネットマンっぽいけど・・・

ルックス的にしっくりくる組み合わせはニンジャでもあるけどね

ニンジャが敢えてまた戦って・・・そして散って4戦4敗4惨死の「滅びの美学」を貫くのもありかもね

でもニンジャはついに人気ランキングでベスト10入りするほどの人気超人になっているからなぁ

それにしてもスニゲーター

「悪魔はひとりでは死なないかならず道連れをともなう」を実行しませんでしたね・・・

なんとなくキン肉マンもそのことを示唆するような伏線も試合中に描かれていましたが

でもこれやっちゃうと話が締まりなくなっちゃいますからね

バラバラにされて負けといて突然ワイルドガンマンが動かなくなってパタッと倒れて死ぬとか(笑)

キン肉マンのフェイスフラッシュ同様何か理由付けて封印しとかないと話が面白くなくなっちゃう能力です

とにかく続きがとても気になる展開になりました

そして衝撃の展開の時は更新の間隔が開くのもお約束ですね(笑)

次回は4月28日発売です

そして!

ついに明日、4月23日(水)にリニューアル新装刊されるグランドジャンプPREMIUM(プレミアム)発売!!

表紙と巻頭カラーで「キン肉マン」の特別編でもある「キン肉マン~奇跡の救世主伝説~」が掲載されます!!!

1月の発表以来待ちに待ったこの瞬間

愛するキン肉マン人気を証明する為にもみんなで買おうぜこの新刊!!

タイトルとURLをコピーしました