キン肉マン 25話 “急成長超人”の実力!!の巻 感想

キン肉マン最新作 第25話 「“急成長超人”の実力!!の巻」のあらすじネタバレ感想レビューです

前回のラストでピークア・ブーにキン肉バスター返しをされたキン肉マン

リングが衝撃でロープが弛み摩擦熱が発生しているほどです

これでキン肉マンは完全にダウン

大抵の超人はこれで死ぬかKOなんですが無事なのはさすが主人公

キン肉バスター返しの元祖であるバッファローマンが呻きます

あの頃のキン肉バスターより精度が増していて簡単には「6を9に」できないはず

新(ネオ)キン肉バスターで返すことだってできたはず

それさえもできなかったということは恐ろしい超人だということです

しかし楽天家(?)のスプリングマンは「いいじゃねぇかキン肉マンがどうなったってよ」とお気楽ノリノリ

しかもピークア・ブーを「殺(や)る」とまで言います

とりあえずアトランティスはアトランティスドライバーが不発のまま死んじまって超・消化不良なんで、

スプリングマンのデビルトムボーイは必ず炸裂させてくださいねゆでたまご先生

できれば誰かバラバラにされる超人も用意してください

そして、スプリングマンにそう言われても心配そうに見つめ「あ、あぁ…」と曖昧に返すバッファローマン

早いな(笑)

もう正義の心が戻ってきたか(笑)

どっちみち悪魔に逆戻りしたなんて全ての読者が思っていなかっただろうけど

それにしても「真の姿」を出しちゃうのが早すぎなバッファローマン(笑)

やっぱり悪魔に戻ったのはポーズだったのね

で、「あのお方」って誰?

やっぱ将軍?

意表突いてキン肉アタル?

そしてピークア・ブーはついに赤ちゃん言葉から「成長」して大人の言葉を喋れるようになりました

これなら下ネタも言えそうですね

顔は二世のイケメンマッスルみたいな暑苦しい顔です

ミートはキン肉マンに大技を出すなと指示

しかしそれを無視してニールキック(大技か?)を出すキン肉マン

ローキックとか(二世だけど)浴びせ蹴りとかニールキックとかキン肉マンっぽくない技を使わせるなぁ

蹴り技なんてほとんどやってなかったんだしそれでいいと思うんだけどなぁ

先生はキン肉マンをそんなに総合格闘家やU系レスラーみたいに仕上げたいんだろうか

で、ニールックを当然のようにかわしたブーはなんと48の殺人技の未公開技を出しちまいます!

48の殺人技の第13番「キン肉壊体固め」です

最初体勢見た時は地獄卍固めでもやるのかなと思ったんだけどそれを上回る衝撃でしたね

未公開の殺人技まで読み取って学習してしまうなんて…

しかし先生も良くこんな技思いつくなぁ

プロレスラーからアイデア料取って新技のアイデア屋でもやればいい小銭稼ぎにはなるかもね

でも今のプロレス界にもうそんな景気の良いレスラーいないか

キン肉マンはなんとか脱出

もう技が出せないとようやく悟るが結局打つ手なく自暴自棄に胴回し回転蹴り(浴びせ蹴りでしょ?)へ

それをブーはボディーのハンドゲート(つまり手ね)を開いてキャッチして胴体を捉え、

両腕はキン肉マンの両腕を捉え受身を取れなくしてそのまま空中からスーパーパワーボムの要領で叩きつける

技名は「ビッグベイビー・ボム」

ついにキン肉マンは頭部から出血し白目を向いて失神

こいつも腕が4本あるようなもんですね

サタンクロスと戦ってるようなもんか

失神したキン肉マンに「トドメは何がいい?」、「キン肉ドライバーという手もあるな」と語りかけるブー

そこにモニター越しに武道が「久しぶりだな」的に話しかける

魔雲天に魔雲斗(マウント)取られパウンド落とされまくってるのに全然余裕の武道

そしてついに腕をとられて体を逆転させて武道が上になっちまいました

でもまだ足は魔雲天の胴を捉えていないから逆マウント状態ではありませんが

で、ここからブーと武道の名前に「ぶ」が付く同士の過去のものがたりが始ります

どうやらブーは過去も戦いの度にこうして成長して文字通り完璧な超人になるわけですが、

その度に武道に額を突かれ「リセット」され赤ん坊に戻ってしまうようです

このリセット能力といい、超人を人間にしてしまう能力(そんな設定あったの覚えてる?)といい、

武道の超能力的な力は底知れないですね

オーバースーツの下の正体が気になります

ブーはそれが気に入らないようで

せっかく最強の超人になったのに毎回毎回赤ん坊に戻されるのが許せないとの事

しかし武道はブーの強さは赤ん坊の状態の時に相手の技を受け・学習し、それを上回ることが秘訣だと

つまり「成人後」にはその成長能力・学習能力は機能しないから、次の相手には負けるとのことでしょう

とは言ってもブーも聞きません

宇宙最強と言われるキン肉マンの能力を全て(?)身につけた以上もう誰にも負けないと自負しているようで

そして武道をも倒すと宣言

顔だけでなく性格もかなり暑苦しいタイプのようです

たまりません

そんな2人のやりとりの間にキン肉マンが蘇生

しかしもうかなりダメージが蓄積されてフラフラです

ブーは「キン肉マン、お前には死んでもらうぜ」と飛び掛ります

するとキン肉マンはブーのその体をキャッチ

ブーは「何をする気だ?フィッシャーマンズ・スープレックスか?エクスプロイダーか?」と先読み予告

そして「なにやったって返してやるぜ」とまた豪語

ただどっちの技もこの体勢からじゃ無理でしょ(笑)

普通にボディースラムで叩きつける前の抱え上げた状態なんだから、

ここからできるのはオクラホマスタンピートか、ボディーを捉えてのツームストン・パイルドライバー…

で、キン肉マンは「そうしたいのはヤマヤマだが…」とダメージの大きさで結局単なるボディースラムを放つ

しかしブーはそれを読めず受身に失敗し頭部を強打する

キン肉マンは「ボ、ボディースラムがかかった…!」とつぶやきます

どうやら「何か」を掴んだ様子

今週はここでおしまいです

それを言っちゃあおしまいです

————————————————————————————————-

う~ん、これも「どこかで見たような…」的な流れになるんですかね

ダメージが大きくやりたい技ができず体の反応だけで放ったボディースラムをブーは読めなかった

まるで残虐超人時代(相手の次の攻撃を読める)のウォーズマンとの闘いのような設定になってきました

無意識に放つ技、本能で放つ火事場のクソ力は普通にブーに発動できそうですね

それにマッスル・スパークはどうなんでしょうか

あれほどの必殺技であってもあっさりブーは「学習」できるのか…

それともうブーは「成人」したからここからは「成長」と「学習」はないわけです

現時点でマッスルスパークやカメハメ100殺法全てを「習得」しているのかも怪しい

なんだかんだでキン肉マンの勝ちが見えてきたかな

そもそも主人公と言ってもキン肉マンは誰と戦っても苦戦するキャラ

「圧勝」とか「余裕の勝利」ってほとんどないキャラだからね

聖闘士星矢みたいなもんで

それにしても武道は底知れないですね

一体正体は何物?

人間にされたカレクックと便器マンは今頃何を?

以上、キン肉マン最新作 第25話 「“急成長超人”の実力!!の巻」のあらすじネタバレ感想レビューでした

来週は6月18日発売です

タイトルとURLをコピーしました