ブラックホール

キン肉マン キャラクター ブラックホールについて

身長:201㎝

体重:110㎏

出身:バミューダ海域

超人強度:200万パワー

ブラックホールとは「7人の悪魔超人」の1人で、キン肉マンと2戦目に闘い、キン肉マンを四次元空間に吸引することに成功するが、

脱出され、その脱出時のエネルギーを付加した強力な肉弾エルボー弾を頭部に喰らい、

頭部をカチ割られて死亡

その後は悪魔霊術やアシュラマンの腕などで暫定的に登場

そして超人タッグ編で何の説明もなく生き返って復活

キン肉マンと初代・キン肉マングレート(カメハメ)のマッスル・ブラザーズと闘い、

マッスルドッキングをくらい再度死亡

2011年に再開された新シリーズで再度何の説明もなく生き返り復活

完璧超人のダルメシマンに全身を食いちぎられながらも、

新必殺技「フォーディメンション・キル」(四次元殺し)というマッスル・リベンジャーのほぼパクり技でダルメシマンをKO

その後、完璧超人の掟に従い自害しようとしたダルメシマンを自らの手で首を跳ねて殺し、

悪魔超人復活の目的は完璧超人を殲滅させることだと宣言

その際に利用したのはいつも着用しているマントを鋭利な刃物へと変貌させる「赤き血のマント」という技だった

その後、ジャック・チーとの対戦

やたらと同日二戦目の不利を強調されるが、同日二戦目なのは敵側のターボメン・クラッシュマンも同じ立場であり、その後の完璧超人始祖との闘いでは正義超人側も始祖側も連戦するキャラは続出し、サイコマンに至ってはグリムリパーの時から1日に3試合もこなした事になりさすがに言い訳にはならない

挙句にペンタゴンに突如入れ替わってペンタゴンが一方的に得意技をキメまくって、最後のトドメの段階でブラックホールにパスをするというこれ以上ないお膳立てまでしたことで、二戦連続フォーディメンション・キルをキメてジャック・チーをペンタゴンと実質2人がかりで倒す逆・ハンディキャップマッチ状態で勝利

元々強さの割にビジュアル面が強い事から人気があるというザ・ニンジャと似た特製のあるキャラであり、子昨年発売されたフィギュアの売り上げもかなり良く、アマゾンなどを見ても未だに売れている

この現行シリーズではバッファローマンとこのブラックホールは激推しされている状態である

ゆでたまご先生は当初、悪魔超人のリーダーとして描くつもりだったが、

方針変更によりそのバッファローマンにトップの座を奪われ、

自身は2戦目でキン肉マンにヤられることとなった

これはブラックホールの闘い方がすぐ浮かんできたので早い段階で闘わせたかった意向だったようで

バッファローマンとは不仲という設定もあるが、

どうやらこれはもう消えたらしい

「誰と誰が仲が良い悪い」議論は当人同士にしかわからないことでありましてマンガキャラじゃ・・・

ちなみにペンタゴンとは従兄弟とのこと

もう思いっきり後付けです(笑)

出身地は当初は異次元だったが、今はバミューダ海域とこれもまた…アレな出身地である(笑)

アニメ版の声の担当はロビンマスクやアシュラマンと同じ故・郷里大輔である

タイトルとURLをコピーしました