キン肉マンゼブラ

キン肉マン キャラクター(登場人物) キン肉マンゼブラ(パワフルマン)について

身長220㎝

体重154㎏

超人強度:1億パワー

通称:銭ゲバ

名言:「グッバイキン肉ドライバー」

元々は「パワフルマン」という本来ならキン肉マンビッグボディの元ネタにした方がよかったような名前の貧しい農民超人だった

「偉い超人」になる為に人が嫌がるような超絶肉体労働をクワ一本と唯一の親友であった超優秀なシマウマの「キッド」と共に年中無休で、例え暴風雨の日であろうとえっちらおっちらとこなし続けて数年で90億超人ドル(90億円と考えればよろしい)を稼ぎ、しかもそんな激務の合間にキン肉星3大奥義の1つであるマッスル・インフェルノまで習得してしまうという天才ぶりも示す

しかし偉い超人(正義超人)になる為には、正義超人教会に属さなければならず、どうもその所属はおそらくハラボテ・マッスル率いる宇宙超人教会の承認かなにかが必要なんだろうけど、その正規のルートでの所属は三大奥義を使いこなせるほどの達人であるパワフルマンでもムリなようで、結局彼は超人教会に裏口入会させてくれるいかにも中東悪徳商人風なおっさんの元へえっちらおっちらと出向くことになる

それまでは裏口入会に必要だった金は90億超人ドルだったが、ちょうどパワフルマンが出向いたときから100億に値上げされてしまっていて10億足りない状態になる

しかし一緒に連れてったキッドの美しい毛並を見てこの馬をブッ殺してこの馬の毛皮を引っぺがして敷物を作りたいと言われ、その条件を飲めば90億で超人教会に入れてやると提示される

残り10億くらいまた1年程度働けば稼げるだろうに、パワフルマンはすぐにでも超人教会に入りたいあまりにずっと苦楽を共にしてきた愛馬キッドの毛皮を糞ったれ悪徳商人に差し出す為、安楽死すらさせずご丁寧にキン肉星三大奥義であるマッスル・インフェルノを駆使して壮絶な苦痛を与えた上でブッ殺す鬼畜畜生ド外道ぶりを見せる

「親友」を名誉のために裏切りブッ殺したことで、その後は「この世は金が全て」、「自分の野望の為なら友も裏切る」という鉄の精神を身に付け、超人教会に入会する

時系列的にはそれくらいの時期に邪悪神である技巧の神に憑依されて「キン肉マンゼブラ」に転身するが、王位争奪編冒頭ではまだキッドは生存していて超人教会へ裏口入会する前の段階で憑依されているのに対し、自らの回想シーンではキッドを殺す時はまだ「パワフルマン」のままであり、現実と回想にズレが生じている

フェニックスの母であるフェニックスシズ子の生死も、王位編冒頭で死んだはずなのに、王位編最終版で生きていて突然登場してきたりと、王位編冒頭の5王子誕生シーン描写はいろいろおかしなことになっていて、ぶっちゃけゆでたまご先生が王位争奪編序章で描いたストーリーを多忙のために失念してしまっていたと考えるのが妥当であり、そんな矛盾の数々が「キン肉マン」という素晴らしい作品を作り上げていると考えるべきである・・・男なら・・・お前は男だ!!

とにかく「キン肉マンゼブラ」となったパワフルマンは、早速超人ボクシングのスーパーヘビー級のチャンピオンとなり、稼いだ金でゼブラチームの構成員になるメンバーを買収して「技巧(ゼブラ)チーム」を結成

王位争奪編に参加し、1回戦はシードで2回戦から無傷のノーダメージで闘えるという、冷静に考えるとかなり有利なシードに組み込まれていたものの、相手は主人公が属するキン肉マンチームであり、一回戦のダメージでリングに上がるのもやっとだった相手にアドバンテージを生かせず金で買ったチームメイトはことごとく敗れ散っていった

作中の闘いは実質「殺し合い」でもあり、試合での敗北は大抵はそのまま「死」に直結する世界

1回戦がシードになるということは蓄積ダメージがないどころか、チームメイトを死亡で失う事もないという王位継承を賭けた闘いとしては不公平極まりない措置であり、考えれば考えるほどありえない待遇差である

結局シード無しで一回戦から闘って勝ち抜いたキン肉マンチームとフェニックスチームが決勝に進んだからよかったようなものの、仮にマリポーサがあのままロビンマスクに勝利して(実際、テリーマンの叱責がなければロビンはもう試合を投げていたし、そのまま「偽・マッスルリベンジャー with fire」によって脳天を砕かれるか首をヘシ折られるかして敗死していた)二回戦に進出したらマリポーサは1人でゼブラチーム5人を相手にしなきゃいけないような状況もありえたわけだ!!
いくらマリポーサが身軽で1億パワーの持ち主で0歳なのに地球のイギリスのロビン家の屋敷からアノアロの杖を盗むことができるほど早熟な戦士だったとしても、マンリキとモータマンを倒すまでがやっとで、せいぜいバイクマンかパルテノンあたりにブッ殺されるか相打ちで死ぬかだろうし、1人じゃとてもゼブラ戦までたどり着くことすらできなかっただろう

とても公平な闘いによる結果とは言えないだろうしどうしてもあと2チーム・・・ゼブラチームとソルジャーチームの1回戦の相手として必要だったのではないだろうか

ザコ呼ばわりされてるモーターマンだがマリポーサにはめっちゃ相性いいんじゃないだろうか?

だってモーターマンの頭部はドリルである

ドリルに「偽・マッスルリベンジャー」を敢行したら・・・

普通にマリポーサの自殺行為である(笑)

逆にドリルで脳ミソチューチューされる未知やすえ状態だろう

怖かった~

ちなみに、ゼブラ自身もチームメイトが全員おっ死んじまったんで、決勝戦に進んでもチームメイトが1人もいない状態になってしまい、仮にキン肉マンを倒したとしても、決勝ではたった1人であの超強豪集団であるフェニックスチームと闘わなければいけなかった状況に陥った

1人1人が運命の5王子クラスの強さであるフェニックスチーム相手じゃ・・・そもそもゼブラじゃサタンクロスかプリズマンを倒すのがやっとで、とてもマンモスマンやオメガマンは倒せないだろう

先鋒はサタンクロスだろうから、1人じゃディフェンドスーツもロクに取れず敗北すらありうるし、良くても相打ち・・・勝てたとしても大阪城の地下迷宮を1人では抜けきれないのではないだろうか

血縄縛りの門は逆に苦労することなく突破できるだろうけどね

容赦なくサムソンもブッ殺すだろうから・・・

そうしてサタンクロスをやっとこさ突破しても、次の相手は自らの遺体を「わたしはレフェリー」状態にしちまったプリズマンである・・・

サタンクロス戦や地下迷宮突破の疲弊もあり、ピラミッドパワーなんて脳ミソ筋肉なゼブラじゃ知る由もないだろうから、プリズマンのレインボーシャワーをモロに全身に浴びて原作通りにキン骨マン状態にされて敗死

フェニックスどころかマンモスマン戦にすらたどり着けないだろう・・・

それでも奇跡的な踏ん張りでプリズマンにマッスルインフェルノをキメて粉々に粉砕したとしても、もうさすがにマンモスマンと闘う体力など残っているはずがない

マンモスマンもサタンクロス戦・地下迷宮を経て、さらにカピラリア毒素に全身を侵されボロボロのゼブラを倒す事など赤子の手をひねるがごとき容易いこと

まさに「いただきマンモス」状態・・・

それをわかっていたのだろうが、ゼブラはキン肉マンが失神している間に試合中にも関わらずロビンマスクとラーメンマンに買収を持ち掛け、バイクマンやパルテノンなどのメンバーの買収金額は1人30億超人ドルだったが、「お前達になら1人50億払ってもいい」とまで言い切り露骨に引き抜きを図る

キン肉マンを倒していたら、おそらくテリーマンとウォーズマンにも声をかけたんだろう

ただどっちみちゼブラもマリポーサもまだ「補充候補」はいたんだろうけどね

しかし2人には50億より手にできたタコの方が大事だと拒まれ、世の中金が全てではないということを知る

ぶっちゃけロビンは十分金持ちで金に困ってないだろうし、ラーメンマンは終点山に籠って修業するのが生き甲斐みたいなもんだから物欲皆無であり、まるでインドの山奥で修業するレインボーマン状態であり、買収する相手が悪かった

テリーマンやウォーズマンに声をかけたってテリーマンも牧場経営主で十分金持ち

ウォーズマンはロボ超人だから金に興味ない

どっちみちこの2人も買収には乗らないだろう

冷静に考えても金に釣られそうな正義超人なんてせいぜいカナスペかザ・キンターマンくらいのもんだろう

フランスのルピーンは天下の大泥棒だから自分で「調達」できるだろうし

50億超人ドルなんてオレのポケットには大きすぎらぁ

そんな決勝戦でどっちみち詰むのは明らかな状況でキン肉マンと大将戦を闘うが、火事場のクソ力もキン肉星3大奥義もカメハメ100殺法もこの時点では有していない状態で、しかも最初はゼブラにビビりまくってたキン肉マンの未完成極まりないマッスルスパークで即死しちまいます

挙句に死亡後は次の試合のプリズマンのレインボーシャワーの「流れ弾」が遺体に直撃してしまい全身が溶解して白骨化してしまう酷い最期・・・

まぁ・・・ずっと苦楽を共にした親友(馬)をあと1年働けばいいものをブッ殺しちまうんだから因果応報

さらに言えばゼブラチームのメンバーはマリポーサチーム同様に全員死亡という壮絶な結果になってしまった

他には真・ソルジャーチームも偽・ソルジャーチーム(超人血盟軍)も結果的には全員死んでいる

ビッグボディチームはマンモスマンの「プロレス」に付き合わされたキャノンボーラーが首の骨をヘシ折られてなければ生き残ってる可能性が若干あるし描写的にも失神KOみたいな描写でもあったけど・・・

あ~でもマンリキはもしかしたら生きてるかもしれないね

パロスペシャルって基本ギブアップを奪うか両腕をヘシ折るかもぎ取る技だしあれで死ぬのもおかしな話

その立ち位置や雰囲気、そして超人強度1億パワーにキン肉星三大奥義の習得者という諸々の設定から相当な強豪超人に思われがちだが、決してザコとは言わないけれど言うほど強豪なのかという疑念も強い

「奥義」であるマッスル・インフェルノはフルパワーでこそ決めたことはないが、自身が2度、技巧の神を取り込んだフェニックスが1度、さらには復活したステカセキングが1度と、作中で合計4度敢行されているが、それをくらったキン肉マン(2度)もターボメンも大したダメージすら受けずに生存している

フルパワーの完全版マッスル・インフェルノが決まれば相手は必ずKOされるとの見解もあるかもしれないが、そのフルパワーの完全版マッスル・インフェルノがキン肉マンの「ロデオ・スキップ」に破られてしまった

キン肉星三大奥義は絶対に攻略が不可能とされているが、結局あっさり阻止されてしまっていて、挙句にシマウマであるキッドでさえ攻略することは余裕だった(が、キッドは愛するパワフルマンの為に敢えて犠牲になるためにそうしなかった)とコキ降ろされるほどの「欠陥奥義」である

技巧の神が憑依したフェニックスやゼブラの超人大全集を使用したステカセキングが使用したマッスル・インフェルノが完全版だったのかどうかははっきりしないが、どちらにしても相手を確実にKOする「必殺」の奥義でなければならないはずのキン肉星三大奥義の1つであるにも関わらず、まるで「繋ぎ技」や「痛め技」のように軽々しく使用されてしまっているばかりか、その技自体も簡単に阻止できてしまうのであれば寧ろマリポーサ同様に「天罰」の対象になっても良いのではないかとさえ思えるパチモン奥義である

寧ろ、オメガカタストロフドロップとか火事場のクソ力ありのキン肉ドライバーの方がよほど究極奥義に近い完璧な技ではないだろうか

そのキン肉ドライバーを破ったゼブラだが、それも95万パワーのキン肉マンが放ったそれを破っただけで、火事場のクソ力が加味された状態のキン肉ドライバーなら破る事は困難だったのではないだろうか

そしてパルテノンによる「影の衣」がなければその強さはさらに疑問符がつく

もちろんノーマル状態でもそれなりの水準の強さはあるが、それでもキン肉マンや上位アイドル超人達(ロビンマスク・テリーマン・ラーメンマンら)に勝てるとは到底思えないし、影の衣をまとって全身鋼鉄化したところで凶器攻撃をするわ、完全版からすれば1/4程度の状態の未完成極まりない足だけで敢行するマッスル・スパーク「天」(もちろん火事場のクソ力もなし)をくらっただけで即死してしまうモロさなど、その強さは白い時も黒い時もいろいろ疑問符が尽きない描写が多い

とはいえ、超人教会に入る前に「独学?」で一応正規版として天罰の対象にもならなかったマッスル・インフェルノを習得するなど超人レスラーとしての天性の才能は素晴らしいものがあったのは言うまでもなく、これほどの実力者があんだけ這いずり回ってやっと正式に超人教会に加入できているのに対し、カナスペやザ・キンターマンやフランスのルピーンやカニベースなどがのうのうと加入できているとか正義超人教会の加入資格はどうなってるのかと言いたくなる

キン肉マンⅡ世の「ヘラクレスファクトリー」の設定のように、名家に生まれた選ばれた血筋の者でないと超人教会には入れないのかもしれないが、糞弱いイロモノ超人ばかりを優遇して、優秀な実力者の入会にはすさまじく高いハードルを設けるなど閉鎖的で排他的な体質じゃどんどん衰退していくだけだ

救いとしては最後に自らの過去を反省し、キッドに懺悔の言葉を述べて死んでいったことくらいか

あとはキン肉マンのパチンコを出している京楽(KYORAKU)メーカーの機種は激熱予告の1つとして「ゼブラ柄」の各種予告を用いていて(パチンコ業界はサミーならキリン柄、平和なら虎柄などメーカーによって様々な「激熱柄」予告が用意されている)、当然このキャラが予告に引用される事もあった

とりあえずゼブラ・・・

強いのかなこの超人

ロビンマスクやテリーマンやラーメンマン・・・オメガマンやマンモスマンやサタンクロス・・・バッファローマンやアシュラマンやネプチューンマン・・・これらの超人に勝てるとは思えないんだけどなぁ・・・

得意技

マッスル・インフェルノ

散々上述したキン肉星三大奥義の1つであり、“欠陥奥義”疑惑が極めて強い技

作中でこの技でKOされた超人は皆無であり、それどころか大したダメージすら与えられていない

ロデオ・スキップという回避手段さえ開発されてしまった

とりあえずロープ最上段を高速で走り回りリング中央にいる相手の背中にドロップキックをぶちかまし、その勢いのまま上昇して相手をサーフボード波乗り状態にして壁に頭から叩きつけるという単純明快・奇想天外・摩訶不思議アドベンチャーな技でございました

後にバッファローマンの新技「ハリケーン・ギガブラスター」のヒントにもなった??

タイトルとURLをコピーしました