キン肉マン 153話 すべてを知る者の出現!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第153話 「すべてを知る者の出現!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)

サブタイトルの「すべてを知る者」って誰なんだ?

なんか・・・気になるな・・・

アタルなのかシルバーマンなのかそれともアヤしい関係が疑われるウルフマンなのか?

ただでさえドイツ人と角界にはそっち系が多いってのに・・・

たまりません

とにもかくにもブロッケンJr.はサイコマンに両手の骨を指がめちゃくちゃに変形するほどグシャグシャに砕かれてしまい、「完幻殺法・スピアドレス」で全身を切り刻まれながらも出血はないというわけのわからない状態で絶望的にダウン

しかし、アイドル超人が絶望的な状況で話の最後を締めた場合は逆にチャンスフラグ

寧ろブロッケンの勝利濃厚ではないかという展開に思える

負けるなら前回で決着まで描いただろうからね

しかし持ち技は全て出し尽くした上に両手を失い、あげくにマグネットパワーにファントムキャノンという2本の矢を残しているサイコマン相手にどう逆転勝利を描くのか

ましてサイコマンはネプチューンキングの師匠でもある

勝てばネプチューンキングやネプチューンマン超えという極端な躍進となる

説得力ある展開が描けるんだろうか?

白目をむいてダウンしているブロッケンの顔面にまるで藤田和之のように蹴りを入れようとするサイコマン

失神しているのかと思ったが格闘家の本能なのかすぐに察知して腕でサイコマンの足をガードするブロッケン

するとサイコマンは藤田のように本当に蹴ろうとしていたわけでなくまだ意識があるかどうかを確かめるだけだったようで、足を寸止めする

「やはりまだ息がありましたか。下等超人にしてみれば“闘う魂”とか言うのでしょうか。私たちにしては、それは“往生際が悪い”って言うんですよー!」と言いながらサイコマンはブロッケンの両胸をまるで巨乳とばかりに「ムンズ」と鷲掴みしてその握力で体を持ち上げ宙に放り投げる

そしてなぜか空中でまたも手四つの力比べに持ち込むサイコマン

ブロッケンはこれも格闘家の闘争本能なのか条件反射的にグシャグシャになった両手で応じてしまう

「もしかしてまだ掴もうとしたのですか?その全て折れきった10本の指でどうやって?」とコケにします

そしてサイコマンは「おやめなさいもう無理です」とブロッケンの折れた人差し指と中指をさらにメキメキと逆方向にへし曲げて痛めつけ、ブロッケンも「グアァァ~ッ!」と絶叫

サイコマンは「少し特別な力を手に入れたら何でもできると勘違いしてしまう。あなたたち下等超人はみんなそう」と語る

寧ろアンタら(エセ)完璧超人どもの方が中途半端な力を手に入れただけで「完璧」だと勘違いして結局その「下等超人」に全滅寸前まで追い込まれているのをお忘れ?

そしてここでサイコ野郎はマジ面になって「その身の程知らずでどれだけ滅びかけたことか」と“本音”らしきことを語り「それをずっと見張り続けて、散々救ってあげてきたのが私たちなのです」と言いながら今度はブロッケンの薬指をさらに強烈に「グキィン」とヘシ折り、ブロッケンはさらに壮絶に悶絶する

そしてついにサイコマンは最高のカードを出す・・・

ブロッケンの足を装束の裾で飲み込んでいき、「ファントムキャノン」の体勢に入る

「私たちは今日もそういうあなたたちの思い上がりを挫くためにここへやってきたのです。その本文を忘れて感化された3階のバカとは違います」と3Fにいるジャスティスマンに思い切り暴言を吐きかける

バカ呼ばわりされてもジャスティスマンは無表情のまま見つめ返す

試合が終わって結構たつのにテリーも未だに左足が外れて転がったままでまるで時が止まっているかのよう

「私は淡々と業務を遂行するのみ。いいですか、それではイキましょう」とブロッケンに告げるサイコマン

ブロッケンは「業務を遂行」という言葉に反応したのか「うぅ・・・オ・・・オレは・・・」と声を漏らす

「ブロッケンジュニアの最大の魅力は、いかなる困難・障害があろうとも、おのれの仕事は絶対に遂行する責任感だ!」と“すべてを知る者(と、思われる)”偽・キン肉マンソルジャーことキン肉アタルがかつて絶叫したことがあった「業務を遂行」というフレーズに反応したわけである

しかしそんなことは知ったこっちゃないサイコマンは「“完幻”ファントムキャノン」を発射!!

ブロッケンは硬い石のリングに思い切りたたきつけられる

しかしプラネットマンみたいにバラバラに砕けることもなくブロッケンはただダウンするだけでおそらくこれはもちこたえている

マグネットパワーは使うかどうかわからないがこれでますますブロッケンの勝利期待度UP!!

さすがタフネスだけならアイドル超人トップクラスのブロッケンJr.

クラッシュマンの“完掌”アイアングローブをくらっても生きていたし、五重の塔リングでも悪魔騎士4人にマワされて最後はジャンククラッシュを受けてもその後普通にピンピンして闘ったり、地獄のネジ回しをウルフマンの前で受けてより深く腹を貫かれエグられたのに生きていて、逆に後ろで受けて傷が浅いはずのウルフマンが死んでしまう(最初生きてたのに)不可解な現象まで引き起こした驚異的なタフネスぶりは健在

テリーマン・ブロッケンジュニア、人間だった時のジェロニモのタフネスぶりはアイドル超人の中でも際立っている

逆にややモロいのはアトランティスドライバー一発で即死したロビンマスク

めっちゃモロいのはダブルレッグスープレックスくらっただけで失明して、マグネットパワーなしのクロスボンバーで即死したウォーズマンかな

バカなサイコ野郎はニャガニャガ言いながら「しかしまぁよくやりました。ここまでやるとは思いませんでした。すごかったですよあなた。拍手モノです」と言いながら上から目線で見下しながらコケにするようにパンパンと拍手をして完全に勝った気になっていやがる

「オ・・・オレはまだ仕事をしなきゃ・・・ニンジャの代わりに・・・アシュラの分まで・・・」とここにきて未だに超人血盟軍の同志の名前を口にするブロッケン

あなたはそれ以前に正義超人じゃないの?

ロビンマスクやラーメンマンの名前より先にそっちが出るの?

でもアシュラマンは「代わり」じゃなくて「分まで」という表現だからやっぱり死んだんだね

そしてバッファローマンも「ブロッケン・・・お前そんなに・・・」と完全に正義超人状態に戻っている

と、言うかここで超人血盟軍ムードを出したってことはやはりこの後出現するであろう「すべてを知る者」はシルバーマンでもウルフマンでもザ・キンターマンでもなくキン肉アタルであることは決定的か

おそらくまた「ブロッケンJr.の最大の魅力は、いかなる困難・障害があろうとも、おのれの仕事は絶対に遂行する責任感だ!」を口にするんだろう

そんな予感を打ち砕くかのようにサイコマンは石のリングを砕きながらブロッケンの頭部をグシャッと踏みつぶしブロッケンは頭部から大出血

「おあきらめなさい。ゲームセットです」と言い放つサイコ野郎

「あきらめなさい」の頭に「お」を付ける奴フィクションの世界であっても初めて見た

キン肉マンはラーメンマン戦の時のように「このままではブロッケンが殺されてしまう」と委員長にゴングを要請する

しかし、委員長は試合はまだ終わっていないと見抜いているようで「すまんがそれはできん」と拒絶

「ブロッケンJr.にまだ戦闘の意思が認められる以上、我々からのドクターストップはありえん。それが超人レスリングだ」と無駄にカッコつけるハラボテ・マッスル

するとサイコ野郎はなんと・・・

「やれやれそれでは出しましょうか。これまで無量大数軍(ラージナンバーズ)としての「完幻」の技で留めておきましたが、確実に息の根を止める為に“完璧・拾式(パーフェクト・テンス)”としての奥義をね」とんでもないことを口にしやがる・・・

こ、こいつ・・・まだ奥の手や隠していた実力があったのか?

つまりまだすべてを出し切っていなかったのか??

あ~あこりゃブロッケンの勝利フラグが一気に消えたな

これまでにない展開だな

新しい斬新な・・・

完全にブロッケン勝利の展開かと思わされてしまった

「ま・・・まだあるのかそんな技が!?」と問うキン肉マン

「ありますよ。私も始祖(オリジン)なんですから拾式(テンス)の奥義は当然あります。とはいえ本当は私としてはあなたがた“正義超人”は殺したくないんですがね」と返すサイコマン

その発言を聞いて「何っ!?」と驚愕するバッファローマン

「どうしたバッファローマン?」と問うキン

こって牛は「気づかなかったか?今ヤツが下等超人ではなく“正義超人”と言ったのを・・・」と返す

サイコマンは「ニャガニャガ、よく気づきましたね。えぇ、言いましたとも。下等は下等でも、そこのゴールドマンの流れを汲む本当のクズども(悪魔精進)とは違う」とまで言い放ち悪魔将軍とサンシャインの方向を見つめるサイコマン

将軍様は依然として無表情ポーカーフェイス

そしてキン肉マンを指さし「あなたたち“正義超人”は私の信頼するシルバーマンさんが私たちの為に作り上げた勢力なんですから」と言い放つサイコマン

キン肉マンは「はぁ?私たちの・・・ため?」と声を漏らし、ちょっと何言ってるかわからないサンドウィッチマン富澤状態に突入

「ニャガニャガニャガ、そりゃ知りませんよね。いい機会です、キン肉マン。子孫のあなたにシルバーマンが超人墓場を出た本当の理由を教えてあげましょう」とキン肉マンを「さん」付けせずに呼び語りかけるサイコマン

サイコマンが誰かの名前を「さん」付けせずに呼んだのはこれが初めてだしプラネットマンなんて「惑星さん」と呼び本当の名前すら口にしてあげなかったほどなのに

「もともとシルバーマンは超人墓場を自ら好んで出たわけではありません。先に墓場を出た兄(ゴールドマン)を説得するため、私と閻魔さんが白羽の矢を立てたのが始まりです。彼は兄と違って聡明でしたからね。そして密かに送り出した。つまり、シルバーマンは我々の放った・・・スパイだったんですよ」とおぞましい表情で目を見開いて衝撃のカミングアウトをするサイコマン

サンダーサーベルの為に発生させた雷雲がうまいこと雷鳴を轟かせる演出効果(笑)

それにしても炎を上空にちょっとばかり噴出しただけで雷雲が発生するメカニズムがホント理解に苦しむ

マジで「物理的に可能なのか?」な世界だ

もしかして火山で落雷が発生する現象のことを言ってるんだろうか?

ただあれも確か火山灰同士の摩擦で発生する静電気のスパークのはず

やはり「サイコマン流」の雷雲プロセスがいまいちはっきりしない

まー城が空を飛んで合体し、Ⅱ世では加圧トレーニングしただけで骨が生えてくるマンガですから・・・

それにしてもキン肉族および正義超人の開祖であり、100万年前にクッピン星を救った英雄“ミュースマン”であり「完璧なる正義」かと思われたシルバーマンがスパイだったとは・・・

「ご先祖様」がスパイ野郎だったと知り、ショックで顔面が青ざめるキン肉スグル

サイコマンの「悲しいむかしばなし」は続く

「しかし、地上に出たシルバーマンはゴールドマンの説得が不可能なことを悟りました」と語る背景でシルバーマンが説得し腕を掴んでいるもののそれを振り切って行こうとするゴールドマンの姿が描かれ、ゴールドマンの胸部には悪魔将軍の鎧らしきものが装着されている

「その後、彼はどうしたか。ゴールドマンの勢力が拡大しないよう、対抗勢力を作り上げたわけです。それが今の“正義超人”の源流となった。つまりね、あなたがた正義超人は、我々完璧超人の代わりに、ゴールドマンを地上で抑え込むために組織された、いわば尖兵のようなものだったのですよ。これが真実、あなたたちの本来の存在理由だったのです。ニャガニャガニャガ」と長いおしゃべりを終わりにするサイコマン

キン肉マンは「嘘つけ、屁こけ、おならこけ」と小学生みたいな返しで噛みつく

「我々が完璧超人の手先だったなんて・・・そんなことあってたまるかっ!私たちは独自の正義の信念と誇りを胸に生きている!お前達のために生きてるだなんて考えたこともないわい!」と激昂するキン肉マン

サイコマンは冷たい目で「ええ、それでいいんです」と言い放つ

「いわば巧妙な傀儡ですよ。私たちの意図も気づかぬままに、私たちの為に働いてくれている。それがあなたたちだったのです。ところが・・・少し力を持ちすぎてしまいました。そのたびにこうやってお仕置きにくるんですよ。本来のあなたたちの管理者である私たちが・・・ね」と、またつらつらと喋りつづけるサイコマン

そして「さて、ではゲームは終わりましたがそんなあなたに最後のお仕事。エンディングです。見せしめになってもらいましょう」と頭を踏みつけたままのブロッケンに語り掛けるサイコマン

「私たち管理者に逆らうとどうなるか、これもまた教育です。そのための犠牲となるのですから光栄ですよあなた」と続け、手に気を溜めているのか両手が赤く発色し始める

そして「さぁイキましょう!これが最後の技です」とその両手でブロッケンの今度は背中を鷲掴みしようとするサイコマン

しかしここで「お待ちなさい」といういかにも天から降り注ぐような声が

・・・これは・・・アタルじゃないな・・・シルバーマンしかいないなこんな登場の仕方と言葉使いでは

サンダーサーベルの為に呼び寄せた雷雲をかき分けまばゆい光が発せられる

「あなたがあの奥義を出すまでもありません。すべての責任は私にある。その者の処理、私に任せてもらえないかな」とサイコマンのような慇懃無礼で不快なだけの丁寧語ではなくいかにも感じの良いお上品な言葉づかいで空から降臨してくる戦士・・・

その声の主はもちろん、今年1月に戦闘スタイルになった様子が描かれたもののそれから年末まで何の音沙汰もなく「どんだけ引っ張るんだ?」、「あれは何だったんだ?」、「ついでにアシュラマンは結局死んだのか?」など様々な思惑を醸し出したシルバーマンが初めて肉体を得た姿で登場する

さすが「守り」重視の戦士だけに聖闘士星矢の龍星座(ドラゴン)の紫龍みたいな盾を左手に装着して胸部にも妙な鎧を装着してやがる・・・

完全にアタルだと思っていた「すべてを知る者」の思惑が外れ、さらにブロッケンの逆転勝利の思惑も思い切り外れ、なんとも言えない気分にさせられて今回は終わり・・・

必ず業務を遂行する責任感はどうなったんだ・・・

——————————————————————————-

万を持しまくってやっとこさ登場しやがったシルバーマンは敵か味方か?

もう完璧側も駒も少ないし、ジャスティスマンが正義超人入りっぽい状況を考えると敵になってくれないと逆に盛り上がらないような状況になってしまっている

ぶっちゃけ、この闘いが始まってから急に正義超人ムード出し始めたバッファローマンや悪魔騎士の生き残りや将軍様も敵側に立ってくれていいような気分にさえなりつつある

もちろん、アタル・ネプチューンマン、オメガマンの再登場も必須で

伏線発動から登場するまでに1年近くかかったシルバーマン

前回の闘いから2年半闘いが描かれていない主人公・キン肉マン

とても大きいキンターマン

みんな焦らすのが好きなのね

それにしてもサイコマンの真のフェイバリットは何だったんだろうか

ちょっとそれは見て見たかったかな

マグネットパワーもこの闘いでは見せなかったし

完全にブロッケン勝利フラグかつブロッケン格上げシリーズだと思ってたんだけどまた「善戦マン」にもどっちゃったブロッケン

パチンコで言えば信頼度UPの予告演出が次々出たのに結局リーチの最後でハズレみたいな展開かな

サイコマンがここまで奥が深いとは読者の誰も予想はつかなかっただろうけど、冷静に考えれば手をあんなめちゃくちゃに粉砕されたらもうほとんどの技の発動は無理か

ラーメンマン級の足技でもあれば別だったが

ブロッケンはⅡ世では隻腕になってしまいそれを補う「ブロッケンの帰還」という技を生み出したけど・・・

次回、結局シルバーマンはブロッケンをどうするのか

スパイだったサイコマン

ただ元々シルバーマンは完璧超人時代は最も多くの超人を虐殺した殺人鬼だったこともサイコマンに明かされているし、聖闘士星矢の双子座(ジェミニ)のサガみたいに二面性が両極端な人物なのかもやしれないね

次回が年内最終更新なのは濃厚

シルバーマンが何をするのか、そもそもどこから肉体を手に入れたのか・・・謎だらけの行き当たりばったりな展開は確実か?

お前は男だ!

キン肉マン 週プレ最新作 153話 「すべてを知る者の出現!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は12月21日発売です

タイトルとURLをコピーしました