ターボメン

キン肉マン キャラクター(登場人物) ターボメンについて

身長:215㎝

体重:180㎏

超人強度:4000万パワー

出身地:シリア

鳴き声:ボシュー

「完遂」のキャッチコピーを持つ完璧超人・無量大数軍(ラージナンバーズ)の1人で、実質雑魚だらけだったラージナンバーズの中でもネメシスやグリムリパー(サイコマン)に次ぐほどの強さを誇った強キャラ

まずその造形だが明らかにネプチューン・キング率いる1000人の弟子の中にいた「ターボマン」そのまんまでWEB版の1話では登場する

しかしWEB版の2話以降では現在の造形になり、プリプリマンやアームストロングらの「誤植(?)」を頑なに修正しないゆでたまご先生がコミック版ではあっさり1話でも現在の姿に修正している

同じく1000人の弟子の中にいたビッグ・ラジアルがマックス・ラジアルに進化したように、このターボメンも元ネタは明らかにターボマンだろうし、両ラジアル異常に酷似している

ただ、ターボマンは愛知県の都築くんによる読者応募超人であり、ターボメンも宮城県の田中青志さんによる応募超人であり、それぞれ別の「考案者」がいることになる

この両者のアイディアを元にゆでたまご先生が完成させたキャラクターと考えるのが妥当だろう

酷似キャラと言えばこの作品にはミスター・カーメンとスフィンクスマンという先例もあるわけで

ちなみに「ターボマン」のスペックも一応比較参照できるようにここに掲載しておく

嬉しい?

身長:210㎝

体重:310㎏

年齢:20歳

超人強度:60万パワー

出身地:ドイツ(ただでさえドイツ人と角界は・・・)

必殺技:ターボ・タックル

まーこんな感じで超人強度の差が圧倒的なターボメンとターボマン

でもこの作品じゃ超人強度なんてあってないようなものだからね

結局バッファローマン戦だけだったね超人強度の大小が大きく戦況を左右したのは

王位争奪編じゃ超人強度100万前後のキン肉マン・ロビンマスク・キン肉アタルらが1億パワーを倒してるし

逆に1億パワーもあるはずのビッグボディやソルジャーマンがあの弱さだし

おてんこてんてん

ちなみにターボマンは超人タッグ編のラストで人狼煙で自害したネプチューンマンを生き返らせる超人再生術のを施したメンバーの1人でもある

ジャンプ連載時はキャッチマン・グレートハリケーン・フィッシングマンの3人だけだったが、Ⅱ世で新たにこのことがネプチューンマン本人の口から語られた時にアモイマンと共にこのターボマンも加わっていた

ちなみにこのキャッチマンは超人強度4600万、グレートハリケーンは「テキサスハリケーン」みたいな名前だけあって超人強度6500万、フィッシングマンに至っては7450万パワーも有していて皆それなりに強いのでは

それでいて後から超人再生委員会に加入したアモイマンは340万パワーでターボマンは上記の通りたったの60万ぽっちだ

なんだろうこの格差・・・

アモイマンはそのバカでかい顔と頭でどうやってロビンマスクのマスクを被ったんだか・・・

で、肝心のターボメンは初戦で復活した7人の悪魔超人の1人、ステカセキングとモスクワの赤の広場で対戦

「超人大全集」のストックを大幅に強化したステカセキングによってネプチューンマンのダブルレッグ・スープレックス、マンモスマンのノーズ・フェンシング、挙句にはキン肉マンゼブラによるキン肉星三大奥義の1つであるマッスル・インフェルノまでモロにくらうがピンピンしていたほどのタフネスぶり

ステカセキングを全く寄せ付けず、<完遂>リボルバーフィンでステカセキングを破壊して完全勝利を遂げて無量大数軍の強さを大いに見せつけた

続いて鳥取砂丘のピラミッドリングで当初はバッファローマンとのシングルマッチだったが、都合よくピラミッドが崩壊して下の階で闘っていたステカセキングVSグリムリパー(サイコマン)戦と合流

バッファローマンとスプリングマンのタッグ「ディアボロズ」が見たいが為の強引な展開によりタッグマッチとなる

「オモチャ超人」仲間のステカセキングを殺されて復讐に燃えるステカセキングの猛攻及び、さらに残忍に強化されたデビル・トムボーイをくらうがアースクラッシュでスプリングマンの肉体から弾性を奪い鉄クズと化してスプリングマンを絶命に追い込むが、スプリングマンの最期の執念で放ったロングホーン・トレインからの~バッファローマンによるロングホーン・ミサイルで肉体を貫かれスプリングマンの執念で相打ちとなる

死後はグリムリパーに遺体からアースユニットを奪われたり、プラネットマンの人面プラネットで召喚されたものの、サイコマンに顔面を叩き潰され再び殺され、なんだかんだでサイコマン(グリムリパー)には酷い目に遭わされている

ー得意技ー

・アースクラッシュ

相手の攻撃のダメージを体内のターボチャージャーで増幅させて還元するおぞましい技

これによって「オモチャ超人」のステカセキングやスプリングマンは共に甚大なダメージを受けることになる

ただステカセキングもスプリングマンももう子供じゃなく大人なんです

大人のオモチャです!!

・リボルバーフィン

両腕のシリンダーから針を突起させ、回転させた上で相手を串刺しにする

ウォーズマンのスクリュードライバーみたいなもの

・完遂刺し(コンプリート・スティング)

上空でボストンクラブの体勢に入りそのままマットに叩き付ける荒業

これでステカセキングをぶっ殺した

タイトルとURLをコピーしました