キン肉マン 224話 光明たる便器 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第224話 「光明たる便器!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)

ベンキマン・・・アニメ版ではベンキーマンのエースクラッシャーがギヤマスターに豪快にキまった

なんか便器がエースクラッシャーって似合わないような(笑)

パイルドライバーとかやってそうなイメージだからさ(笑)

ジョニー・エースも複雑な気持ちなのかもしれない

ちなみにテリー・ファンクはテリーマンのモデルに使用されたのに印税が入ってこない事をボやいてたらしい

でもテリーマンってテリーとドリーを足して二で割ったようなキャラだよね

テリー・ファンクだけのイメージではないでしょ

短い時の髪型とか顔とか頭髪の色なんてモロにハゲる前のドリーをイメージしてるし

つーか寧ろドリーの方がイメージに近いんじゃ?

スピニング・トーホールドとか

ナックルパートのラッシュや長髪時の髪型はテリーっぽいけど

それはともかくベンキーマンのエースクラッシャーが豪快に炸裂したんだ

ギアマスターは「ギュハァ」とか言って悶絶

「そのギヤさえ止まってしまえばお前など恐るるに足りん」と調子に乗りながら蹴りを入れまくる便器

この優勢感は完全に負けフラグっぽいけど・・・

ギヤマスターはギュワギュワ言いながら苦悶の汗まで浮かべて完全に効いているご様子

オメガ・ケンタウリの六鎗客(ろくそうかく)メンバーでここまでダメージ描写を見せたのはこいつが初だ

「そもそもギヤとは精密機械。そこでお前の最も嫌がることを考えてみた。それはその精巧に噛み合った歯車を狂わされる事だろうとな」と主張し頭脳派超人アピール前回の便器

ギヤマスターの弱点はその攻撃の要というか「それが全て」状態のギヤそのものだったというまさに灯台下暗しって感じ?

そしてさらに調子に乗る便器野郎は「そらどうした」とか言いながら細身の体でギヤマスターの巨体を軽々持ち上げ強烈なワンハンドバックブリーカーをカチくらわせる

しかし、そのワンハンドバックブリーカーの土台としたのが前回ギヤに巻き込まれて負傷した右足だった

このワンハンドバックブリーカーの衝撃で痛みが走りベンキーマンもダウン

ギヤマンはギシュギシュ言いながら「その足ではそれ以上の攻撃は無理だな」と便をコケにする

しかし便ちゃんは「これしき・・・」といいながらギヤマンのバックを取る

描写的にギヤマスターは体格で身長も体重も倍以上は明らかにある

便ちゃんのプロフィールは190cm125kgと身長185㎝体重87㎏の2つあるが後者なら人間の格闘家でも軽量級だ

委員長(ハラボテマッスル)は便器がギヤマンをジャーマンで投げるつもりなのかと驚愕する

この圧倒的体格差に加えて右足をクラッシュされている状況でだ

菊地毅がスタン・ハンセンやテリー・ゴーディーをジャーマンで投げようとするに等しい

そういや菊池と体格的にはそう大差ないダイナマイト・キッドがハンセンにジャーマンした映像みたことある

ほとんど「後ろに転がした」レベルのもんだったけど

でも高速ブレーンバスターはそれなりにキめていた(もちろんハンセンも飛んで協力したが)しすごいよね

で、ギヤマスターも「ナメるなよ。お前のような小柄で非力、そして手負いの超人にオレが持ち上げられるとでも?」と結構余裕のない表情で強がる

だが便ちゃんは「いや、今ならできそうな気がする。私も正義超人のはしくれ。死んだ仲間の無念の想いを力に変えて・・・」とまで言うとブッ殺されたティーパックマンとカナディアンマンの姿が背景に描かれる

そしてなんとアイドル超人の専売特許である「発光(潜在能力・火事場のクソ力解放現象)」がモロに2軍正義超人であるベンキマン・・・アニメ版ではベンキーマンの体からも発せられた!

思えばティーパックマンの「死のティータイム」もカナディアンマンの「リビルト・カナディアンバックブリーカー」もその技にプラスアルファする「動力」となるべき潜在的パワーの不足でヘイルマンもパイレートマンも仕留めきれなかった

だが超人強度わずか40万パワーの便器はその「動力」を得ているようで、これがあれば実質1000万パワーにも1億パワーにもなるわけで、これがあるからこそロビンマスクは97万パワーしかないのに1億パワーの超人を倒すことができたわけだ

アイドル超人(一応)の一員であるジェロニモやウルフマンですらまだ発現していない発光現象

それを便器に先越されちまうとは・・・

あ~でもジェロニモも超人タッグ編の1回戦でサンシャインをジャーマンで投げた時光ってたよね

「オラのパワーアップの方が勝っていたようズラ」とか言って

でもアンタは人間だった時の方が一番輝いてたよ

心臓が止まったのに自分で心臓マッサージして蘇生するとかやってることはもう人間じゃなかったけど

で、ついにベンちゃんはジェロニモがサンシャインにやったようなジャンピング・ジャーマンを敢行

これにはさすがのオメガマン・アリステラも冷や汗かきながら「ほう、こいつは!」と驚愕

ヘイルマンとマリキータマンまで冷や汗かいてビビりまくりちょっとオメガ・ケンタウリの六鎗客ヘタレ気味

「ただの非力と侮るなかれ。これが正義超人の底力だー!」と絶叫する便器

そしてマットにギヤマスターを叩き付けるかと思ったが叩き付ける場所はコーナー鉄柱だった

しかも頭部ではなくギヤの中央部分を叩き付け串刺し状態にするちょっと予想の斜め上をイく展開

しかしオメガマンのアニキは「見たかお前達!とうとう出たな。間違いない」と口にする

パイレートマンが「ディクシアの報告書にあった例の力・・・地獄に眠る膨大な“マグネットパワー”とやらと並ぶもう1つの大きな力があれか?」と連中の目的がマグネットパワーだけでなく火事場のクソ力まで含まれていたことを示唆する発言

ヘイルマンがカキカキ言いながら「ギヤマスターめうまくやりやがったな。オレが引き出そうとしても全然引き出せなかったのによぉ」となんとティーパックマンからすら火事場のクソ力を引き出そうとしていたご様子

アリステラが「おそらくあの力を使うにはそれなりのトリガーが必要なのだろう。谷津らの立場からすれば犠牲への代償。やはり先ほどの抹殺指令が効いているようだな」と得意気に語る

パイレートマンがムマムマ言いながら「お前はヤることにヌけ目がない。そこまで読んでのパフォーマンスだったということか?」と問う

アリちゃんは「パフォーマンス?フォ~フォフォフォどうだか。惨殺は既定路線さ。ただこれで確信が得られた。我らのお宝はこの地下に眠る秘密だけでは不十分。もう1つの鍵はあの力だ」と返す

そして天に向かって「お前の諜報活動、役に立ちそうだぞディクシア」とつぶやくアリステラ

もうブッ殺されて預言書も燃やされて存在まで消されて完全に空のお星さまになっちまった弟に対して・・・

ただそこまで諜報活動してたか?

その報告書を作成する前に95万パワーのキン肉マンに地獄卍固めとかヤられてあっさり瞬殺されたような

王位編の前から活動してたのかもしれねーけどよ

なんつったって「超人ハンター」だからな

ヘイルマンは「しかしギヤマスターめ。いつまでああしているつもりだ」と口にする

マリキータマンは「ムマムマ黙って見ていろ。そろそろ動き出すぞ」と口にする

ギアマスターはかなり苦悶の様子まで浮かべていたがあれらは全て便器の力を引き出す為の「演技」だった!

なんという演技力だ!

ゴールデングローブ賞並みの演技じゃねーか!

まるでリチャード・ギアだ!

ベンキマンは「お前がまだ生きているのはわかっている。鉄柱はギアの隙間にねじ込まれているだけだ。しかしおかげでそのジェノサイドギアはもうボロボロで使えまい。観念しろギアマスター」と勝ち誇りながらリチャード・ギアに語りかける

しかしリチャードは「ギュイギュイ、笑わせる」と強がりながら鉄柱がブッ刺さったままそのまま引っこ抜いて立ち上がり「そういえばお前はさっき文化がどうこうとか言ってたな。だがそもそもその言い草からして片腹痛い」とコケにする

「お前の言うインカ文明などたかだかここ数百年の文化だろ。だがオレの体を構成するギヤの歴史はもっと古い。“アンティキティラ島の機械”というものを知っているか?紀元前の古代ギリシャ時代に作られたというそのギヤの集合体は時代にそぐわぬあまりの複雑さと精巧さを持つことから人間どもの間では出所のわからぬ“オーバーパーツ”と呼ばれているらしい。だがそれこそまさに我が“Ω(オメガ)の民”の反映の証!」とか言いながらブッ刺さった太くて長くて硬い鉄柱をギヤの逆回転で引っこ抜いて再び戦闘(虐殺)体勢に入ったギヤマスター

なんで遠い遠い宇宙人のギヤマスターが地球の紀元前のことをそんな詳しく知ってるのか、そもそもなんで地球にそんな古くから関わっているのか突っ込み出したらキリがないが、とにかくインカ文明よりも古い歴史があるってことなようで

ただそのインカ文明自体はもうとっくに滅んじまってるんだけど・・・

便器がそれをただ1人現代まで継承しているとかそんな感じ?

それはそれで尊いことではあるけれど

歴史ロマンだね

そんな悠久の歴史に思いを馳せながら今回は終わり

馳浩

————————————————————————–

次回はいよいよベンキマンが粉々に粉砕されちまうのかな

ベンキマンの優勢展開もまさかギヤマスターの「三味線」だったとはね・・・

ただベンキマンもまだ「必殺技」を出してはいないんだよね

そう・・・あの便器流しだ!

しかしこんなギャグ丸出しの技がシリアス一直線のリチャード・ギヤに決まるわけがないんだよね

ギャグキャラを無理やりシリアス展開の「戦闘員」として引っ張り出しちゃったようなもんだからなぁ

どうせギャグキャラを引っ張り出すならフランスのルピーンとかアフリカ代表のキンターマンでも良かった

なぜコイツらを出してくれないんだ(泣)

そんなゆでたまご先生・・・一生ついてイきます!

それはそうと今「キン肉マン ベストバウト総選挙」なるもんが実施中のようだな

更新の最後にその告知があるから気づいた

2013年の超人総選挙は告知全くなしでこのオレはそれが開催されてる事に気づかず投票できずに終わったから

今回も結構ギリギリだな

↓にて11月15日いっぱいで投票は終了だからアンタもまだ未投票なら投票しとこうぜ?

キン肉マン ベストバウト総選挙

ちなみにこの「ベストバウト」は完璧超人始祖編の28試合のみが対象だ

テリーマンVSマックスラジアルから始まって悪魔将軍VSストロング・ザ・武道(超人閻魔/ザ・マン)まで

こん中のどの試合が一番面白かったかってことだな

どの試合がトップなのかね?

普通に将軍VS閻魔になりそうな気もするが個人的にはあの闘いはインフレ感がハンパなくてついてけなかった

寧ろ最近のカナディアンマンVSパイレートマンのようなコテコテのプロレスバトルの方が面白かったな

異次元バトル漫画よりコテコテプロレス風バトルの方が良い・・・

歳取ったら煮物が美味しく感じるみたいなもんか

このオレももうすぐ41歳だ

もう完全に変態だ

だけど明るく正しく激しくイきているんだ

勃ってきた・・・

キン肉マン 週プレ最新作 第224話 「光明たる便器!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)は以上

次回は11月13日発売です

好きです

タイトルとURLをコピーしました