キン肉マン 253話 不公平な神 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第253話 「不公平な神!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)

ビッグボディVSギヤマスターはビッグボディのメイプルリーフクラッチでビッグバディの勝利となり観客から「ビッグバディ」コールの嵐

客席には中国のアデランスの中野さんや悪魔騎士編まで登場していた「ドクター(コイツ名前あんのか?)」もいる

この「ドクター」はアニメ版の悪魔超人編では与作さんに差し替えられてたな

アニメ版の与作さんは何でも屋みてーにあらゆる職業をこなしてやがったからな

このキャラの存在意義はよくわからんがとにかくすごい自信だった

このアデランスの中野さんや「ドクター」は日本からたまたま観光で紫禁城に来ていて居合わせたってことか?

そもそも「闘将!!拉麵男」の英雄面山に中野の野郎の顔が刻まれてやがるから元々中国にもこの顔をした谷津がいたってことかもしれねぇな

世の中には自分と同じ顔の人間が3人はいるって言うからな

でも中野って世界中で試合観戦してるよな

なぜだ・・・?

しかも前シリーズで質に入れちまった妻の公子は今どうしてんだ?

公子がどんな店に売り飛ばされたかはともかくビッグボディは「これが・・・勝利というものか・・・」と初めての(?)勝利をかみしめる

・・・ってお前1億パワーのくせに今まで勝ったことなかったのかよ!

それでも開拓者ストロングマンかよ!

まぁそれが普通なのかな

邪悪の神(強力の神)にいきなり憑依されて王位争奪編に突入した流れなんだから

寧ろゼブラみたいに超人ボクシングのタイトルを獲得してる時間がある方がおかしいわけで

で、虫の息のギヤマスターがか細くギシュギシュ言いながら天を指さす

軒轅星が金玉みてーにブラーンブラーンと激しく揺れている

ビッグボディは「お前まだ気にして・・・」とコケにする

ギヤマスターは「情けないか?そう見えるだろうな。だがオレたちにとってはそれは大きなことなんだ」と息も絶え絶えになって語り出す

「はるか昔・・・あの星は本当に降ってきた。オレたちの祖先の頭上にな。だがそれは太古の話」となんか意味深なセリフ

要するにこの軒轅星が完璧超人始祖(パーフェクトオリジン)ってことを言いたいのか?

ギヤマスターはつらつらと喋り続ける

「たとえそれが罪に対する罰だったとしても、これだけの時を経たんだ。とっくに許されてしかるべきだ。そう信じてオレたちは今再びこの地球にやってきた。それなのにあの星は今もなお激しく揺れ動いている。じゃあ教えてくれよ。オレたちの罪は未来永劫許されないってことなのか?」と泣き言めいたことを口にし始めるギヤマスター

ビッグボディは目を閉じて首を振り「すまんな。それについてはオレからは何とも言えん」と冷たく突き放す

すると軒轅星を支えていた太くて硬くて長い棒みてーなのがボキッと折れちまった

ギヤマスはそれに気づくと「神という谷津はつくづく不公平だ。なぁ、お前もそう思わねぇかビッグボディ」と急に馴れ馴れしく語り掛ける

ビッグバディはそれに答えず背を向けたまま無言

ギヤマスは「あぁ星が降ってくる・・・せめて流れ星には願いを叶えてもらえる身分になりた・・・かった・・・ぜ」と口にする

そのつぶらな瞳に軒轅星の金玉がモロに映っている・・・

次ページに進むと金玉が思いっきりギヤマスターの肉体を押しつぶしギヤマスターは「ギャッボ~」と歓喜の雄たけびをあげる

その衝撃で中国のアデランスの中野さんのヅラがめくれてしまう(これ描きたかっただけなのね)

ビッグは自分の背後にそんな巨大な金玉が降ってきたとは知らず大慌てで大丈夫かギヤマスターと金玉をどけようとする

「ギヤマスター!まさか本当に振ってくるとは。おいしっかりしろ。聞こえているのか。返事・・・!?」とまで語ると絶句

ギヤマスターは魔雲天みたいな面してお陀仏になっていた

それを見てさすがに憐れに思ったのかビッグボディは「ギヤマスター・・・あぁオレも思うぜ」と語り掛ける

軒轅星があった空間の亀裂を眺めながら「本当に不公平だ・・・神という谷津はな」と最高にカッコ良く語るビッグボディ

なんかめちゃくちゃカッコいいシーンなんだけど・・・いけないなぁ神のことを悪く言っては

と、ビッグバディのあまりのカッコ良さにちょっとホロっとしているのもつかぬ間舞台はイタリーのデルモンテ城へ

ここではキン肉マンゼブラとマリキータマンが戦っているわけで

ゼブラの「超人ボクシングヘビー級チャンプ」の肩書の乗っ取ってかボクシングのようなパンチの応酬の激しい殴り合いが展開されている

マリキータマンもパンチはよく使ってたからどっちも殴るのがお得意みたいね

ギヤマスターがヤられたのを見て「また1人減ったな。これではお前達も高が知れている」とまるで悪魔超人みたいなセリフでコケにする

どう考えてもゼブラが勝つのが見え見えすぎる試合ではあるがこんなセリフを吐くのって負けフラグじゃないのかなとも思う

ゼブラは「もう少し期待してやって来たのだがこうあっさり連敗されては・・・ガッカリだなぁ!」とマリキンターマンの顔面をブン殴る

だが殴られたキンターマンも「これが超人ボクシングスーパーヘビー級チャンピオンのパンチか!屁でもねぇ」と強がる

そして「ボクシングはオレも得意でなぁ」と殴り返す

くらったゼブラはふらつく

そこにキンターマンがキャミキャミ言いながらフライングボディアタックを敢行する

だがゼブラも同じくフライングボディあたっくを敢行し空中でフライングボディアタック同士が激突してちょっとアレな展開に

さらにお互いドロップキックを放ち足の裏と裏がくっつくほどの相打ちに

ゼブラは「フン、お前はやつらのようにはいかんとでも言いたげだな」とマリキンを挑発する

マリキンは「力なきものは淘汰され、力ある者だけが生き残る。それこそが古代からこの超人界で繰り返されてきた理(ことわり)」と返す

ちょっとカッコいいキンターマン

さらに「力不足でこの戦場から消えた者を今更ウエットにどうこう擁護するつもりはない」とドライな発言を続ける

結構カッコいい金玉

ゼブラはそんな金玉に「冷たいんだな」と言葉を投げかける

親友のキッドをブチ殺した鬼畜のくせにコイツも随分丸くなったもんだ

マリ金玉は「なんとでも言え。これがオレの性分だ」と開き直る

そして「だが甘く見るなよ。何の勝算もなくオレ達がここまでやって来たと思うな。たとえ六鎗客の半分が失われても残り半分のオレたち3人でオメガの野望は達成する!アリステラ、パイレートマン、オレの3人ならそれができる!」とオメガケンタウリの“三鎗客”になっても闘い続ける意思を示したマリキンがゼブラにパンチを入れる

しかしゼブラにはあっさり交わされ「キャミ!」と悲鳴を上げる

金玉はキャミキャミ言いながら闇雲に腕を振り回すがゼブラには全てかわされちまう

ゼブラは「お前のパンツは全て見切った」と言うと「次はオレだー!」と絶叫しながらブンブン腕を振り回すがこれも全てかわされる

「オレは今から全局面においてお前を圧倒してやるつもりだ。それがさっき死んだ同志を侮辱する発言をしたお前に対する報復だ」と金玉

そしてカレクックに散々ヤられたローキックを今度はマリキータマンがゼブラにお見舞いする

ボクサーらしく足を攻められるのは弱いのか「グゥ」と苦痛の声を漏らすゼブラ

そこにマリキンがアッパーを入れようとするがゼブラは体をそらしてそれをかわす

そして体を反転させてトラースキックをその拳に入れるとマリキンターマンは自分自身の面をブン殴っちまうどっかで見た事ある描写

次回予告煽り見出しは「次回は3か月後・・・ではありません!!」ともう完全に新規ファン無視のネタ投稿で今回は終わり(笑)

—————————————————————————————————————–

なにもそこまでオマージュしなくても良いと思うけどなぁ(笑)

にしてもキンターマンがゼブラを圧倒できるとも思えない

カレクックごときにあんだけ苦戦してたのに

この闘いは結果が見えすぎていてこれもいまいちのめりこめない感が早くも出ちまってるのが残念

とにかくマッスルインフェルノで誰かをKOするのを初めて描きたかっただけみたいな闘いだ

この試合場は叩き付ける壁がないからマットか鉄柱に叩き付ける感じ?

とにかくお楽しみは次のキン肉マンvsパイレートマンとフェニックスvsアリステラなんだろうね

前回の将軍様vs閻魔様で「ラスボス対決」に味をしめたのかアリステラとフェニックスを激突させた展開

これは相当な勝負になりそうだからめちゃ楽しみではある

それにしてもオメガ側はもう3人まで減っちゃったけど「援軍」は来ないのかね

サタンはナニをしてるんだろうか・・・

そういやアタルはいつになったら出てくるんだろう・・・?

キン肉マン 週プレ最新作 第253話 「不公平な神!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)は以上

次回は7月30日発売です

タイトルとURLをコピーしました