キン肉マン 392話 激動の予感 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第392話 「激動の予感!!」の巻 感想(ストーリーあらすじ含む)レビュー。
スクリューキッドはネメシスには「ネジ超人」としか呼んでもらえない程度のポジションらしい。
「1000人の弟子」と立場は同じようなもんだろうからな。
しかもケンダマンの威を借るキツネ状態だったし。
だが何の説明もなく復活したことで無料大数軍に格上げされたようで。
ってことは不老不死になったのか?

スクリューキッドは「完抉」なんだと。
こじってどうすんだよ(笑)
ハナクソじゃねーんだから(笑)
でもこじるだけかコイツは。
「完刺」はマーリンマンがいるからな。
こじるの大好きこじるりか。

そしてケンダマンもやっぱり何の説明もなく復活していることが明らかに。
2人して地球上のどこぞへ偵察に行ったがそこにいた何者か1人に2人揃ってヤられたようだ。
その様子が描かれてるが相手は例によってフードだしよくわからん。
超神か?
閻魔様の言葉だと超神じゃないようにも思えるし。
ルピーンか?

そもそもケンダマンは何という屋号を与えられたんだろうか?
「完玉」とか?
それなら寧ろキンターマンの方がふさわしい気がするが。

でも超神ももう残り3人か。
なんだかんだで結局全滅寸前じゃねーか。
閻魔様レベルの強さを持つ超神何て1人もいなかった。
これじゃもう話が終わっちまうからな。
新勢力が出てこねーとアリステラやマリポーサたちの出番もないし。
ネメシスも闘いたくてウズウズしてるだろう。

そして次の闘いはロビンVSランペイジマン。
予想通りすぎる展開。
ランペイジマンは2戦目だし100%負け役だ。
王位争奪編ではキン肉マン以上の活躍だったとかやたらとロビンを持ち上げるセリフといいロビンマスク信者の接待試合になることは間違いなさそう。
しんがりはこって牛とキン肉マンか。
行動を共にした2人が連戦になるとはね。

閻魔様の「タイミングとは一気に押し寄せてくるものだな」という発言から判断すると新勢力か?
超神以外にも地球を狙う奴らがいると?
地球にピンチがやってくる?
でっかい未来があぶないぜ?
なんだか超新星フラッシュマンみてーな展開になっちまったな?
でも「何かを言う前にぶつかる」のは大事なことだよな。

キン肉マン 週プレ最新作 第392話 「激動の予感!!」の巻 感想(ストーリーあらすじ含む)レビューは以上。
次回は9/12発売です。

タイトルとURLをコピーしました