キン肉マン 124話 出現!サイフォンリング!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第124話 「出現!サイフォンリング!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)

「駒は揃った」とばかりににらみ合う正義・悪魔・完璧の3陣営

三つ巴かと言えばそうでもなく、実質正義・悪魔連合軍VS完璧陣営という構図

しかし正義・悪魔連合軍で五体満足なのはラーメンマン・悪魔将軍・サンシャインの3人のみ

あとは試合などとてもじゃないけど無理っぽい連中ばかり

信じられないことかもしれないがテリーマンVSマックス・ラジアルからまだ半日も経過していないのである!!

「SLAM DUNK」の全連載がわずか3か月間のストーリーだったことに匹敵するかのような気の遠くなるような時間の流れ

まるで「ドラゴンボール」の精神と時の部屋の中で闘っているかのようだ

これほど濃密な1日というのもなかなかないだろう

登場キャラクター達はまさに精神の時の部屋のように1日で1年分の闘いを経験している気分じゃなだろうか

そして「聖闘士星矢」で主人公の星矢が半年間作品に登場しなかったよう2年以上闘いが描かれない主人公

ジャンプ黄金期を支えた超人気漫画の数々を喚起させるような展開の中、ここ2話ほど空気状態になっていたハラボテボテ・マッスルこと大会委員長がのそっと顔を出す

「確かに・・・これで各陣営残る戦力は出そろったようじゃな」とほざく委員長

アタルもネプも何ならジャンプ最終回で仲間になったっぽいフェニックスだってまだ出てきてねーだろうが

銀のマスクの戦闘スタイルはなんだったんだ?

片腕ジャンクマンとブラックホールとアシュラマンの生死はスルーか??

商売根性丸出しの委員長は「ここは日本の国立競技場。この地で今後の超人界の未来を決める重要な闘いの挽歌が行われるというのなら、その運営は我ら宇宙超人オリンピック委員会が仕切らせて頂くということでどうかな皆の者?」と「超人界の未来」とか言いながら本当はその大会の入場料や放映権料でガッポリ儲けようとしているのが露骨すぎる提案

委員長の片腕みたいな変な髪型したシシカバブーを貧弱にしたような奴が「我々の所属は正義超人ではありますが、試合の裁定はどのようなことがあろうとも公平に行うと誓います」と追従

「アルティメット・シング」かつ「究極のイレギュラー」でありながらいつまでたってもビビりのヘタレ病からは抜けきれない主人公・キン肉マンはテリーマンの陰に隠れて「わかってるな?テリーマン、闘いはもう・・・な?」と格闘マンガの主人公が「絶対に言わない事」をサラッと言ってのけます

そんなキンを燦然とスルーして「私たちはもちろん構わんが」とおそらく甘くせつない田中秀幸ボイスで答えるテリーマン

キンは「ヒャァァ!」と寺尾聰のアイスのCMみたいな声を出して驚嘆します

委員長より何十億歳も年上の超人閻魔や悪魔将軍もすんなりご了承してくださいました

委員長は「おお(これで委員会もガッポリ潤うから)ありがたい!ではさっそくリングの設営手配を」と言いかけると閻魔さまがまた血走った充血した目で「その必要はない」と突きつける

さらに「リングは既にここに用意されている」とさらに瞳孔見開いてその血走った充血ぶりを見せつける超人閻魔ことザ・マン

何もそんな目ん玉充実させんでもええやねん・・・

すると“許されざる世界樹(アンフォーギブン•ユグドラシル)”の中央塔サイフォン状態部分の火照った花びらがくぱぁと開き、中から完璧超人始祖大好きな古代リングを囲む透明ドームが現れます

ロープの素材は蔦なのか、マットの素材は石なのか未だ材質(マテリアル)がはっきりしないあのリングです

作ったのは「下等超人始祖」の連中なんでしょうが

古代のリングはホント謎だらけ

火照った花弁がクパァってね

それを見てサイコマンがニャガニャガ言いながら「う~んやはり美しい。もっとも、以前見たのは遠い昔の事ですが」と語ります

するとサイコマンと仲が悪い設定のワイルドガンマンもシャバババ言いながら同調し、「あの裁きの日だな。あれは痛快だった」とのこと

何やら昔にここでナニかあったようで

たまりません

ストロング・ザ・武道はグロロロ言いながら「安心するがよい。ここの開いたリングの花はもともとお前達下等超人がここに作ったもの。我らにとっては寧ろアウェイの戦場となる」と口にする

「アウェイじゃと?」と委員長が訝しむ

ストロンゲスト武道は「そうだ、生き残った下等超人どもはこの地を拠点にして勢力を伸ばしていった。これはその特訓の為のリングだったものだ」と続けます

最初は我らもそこに干渉せず、ただその成長を静観したのだ

しかし、やがてその中で力をつけた強き者が、また弱き者を見つけては虐げ始めた

そう語る背景にはゆでたまご先生の大好きな残酷描写の数々

タワーブリッジや巨大ショベルで胴体から真っ二つにされるというロビンマスクにとってはどっちも(巨大ショベルはアニメ版のアトランティス戦ね)目を背けたい描写や首をもぎ取られてる超人など地獄絵図の数々が描かれる・・・

そんな惨状ではカピラリア大災害の前と何も変わらない・・・何も成長していない・・・な状況だと

やはりどんなに時が流れても下等は下等なんだと

そう判断した完璧超人始祖は「この世を管理する者」としてこの地で“見せしめ”を行ったとのこと

下等超人内の「強者(悪行超人)」どもを完璧超人始祖が直接手を下して粛清という名の大虐殺に及んだのだ

ザ・マン自らもココナッツクラッシュで顔面を砕いたりしていますね

クソ弱かったミラージュマンも弱い相手の時はここぞとばかりに暴れています

これに悪魔将軍・・・いやさゴールドマンが「・・・あぁ覚えている。完璧超人の罪の歴史はあの虐殺の日から始まった。思えばあの日がザ・マンの命日だったのかもしれんな」と反応

するといかにも性格悪そうなサイコマンが「おやおや、何をおっしゃることやら。あの日の虐殺王は確かゴールドマンあなただったでしょう」と揚げ足を取ってきます

するとゴールドマンは「そうだな、私とシルバーの2人だ」と答えます

これに正義超人勢が「あの銀のマスクが虐殺王だって?」と驚愕します

サイコマンはオカマみてーに手の甲を口に当てて「ええ、それはもう凄まじいものでしたよ」と認めます

「力の差は歴然だった。下等超人どもは我らの存在に震え上がり、以後は愚行を慎むようになったのだ。あれが私の“超人閻魔”としての初仕事」と語り充血した血走った目でドヤ顔する閻魔様

「そして時は巡り・・・今日ここで再び私が“超人閻魔”としての仕事を行おうというわけだ!思い上がったお前達を相手になぁ!」と例の万能竹刀を振り上げて許されざる世界樹(アンフォーギブン•ユグドラシル)の根元に変な白くてネバネバして気持ちよさそうな光線を放ちます

つか正義超人達が思い上がったとか愚行を働いてるとかおかしいよね

地上の平和を守るために闘ってきたわけで、大昔に粛清された悪行超人どもと一括りにされるのは無理がある

そんな違和感はともかく、妙なカルピスを浴びた世界樹の根が4本の触手のようにキモくせり出してきて、トンネルのようになりました

その4つの穴は現れた4つのサイフォンリングに直結されているとのことですが、あまり大きな穴じゃなさそう

サンシャインやハラボテ・ザ・マンじゃ入れないのではないだろうか?

するとサイコマンが頼まれてもいないのに穴の中に入ってリングに出られることを実演

まさに「サイフォンの原理」で木が幹の中の水を頂上まで運ぶかのごとく、サイコマンを一番上の先端の先っちょの気持ちよさそうなリングまでせり上げました

てっぺんまで登って気持ちがデカくなったのかサイコマンは委員長を見下し「そこのメタボな下等委員長さん」と声をかけ、委員長も「メタボは認めるが誰が下等じゃあ~!」と言い返します

50億歳以上の年寄り(サイコマン)が「メタボ」なんて言葉使うのか

そもそも1990年当時に「メタボ(メタボリックシンドローム/内臓脂肪症候群)」なんて言葉はなかったでしょうが(笑)

てっぺんとったんで!

そしてサイコ野郎はニャガニャガ言いながら「この勝負、確かにあなた方に仕切ってもらいます。(バブル崩壊したばかりでまだ庶民の財布の紐が緩い時代で莫大な入場料・グッズ飲食売店売上・放映権料その他もろもろのあぶく銭で稼がせてやる)その代わりに約束してください。私たちがここで闘っている間、リング外では誰も閻魔さんに手出しはさせないと!」と委員長に求めます

委員長は何も急にそんなマジ面にならんでもええやねんと言いたい気持ちをグッと抑えながら「当然じゃ、リング外での乱闘は絶対に認めん」とキリッとした、それでもブサイクな顔で即答します

・・・ってアンタ

別に閻魔さん=ザ・マンの強さならそんな心配しなくても誰かが襲ってきたところで返り討ちできるでしょうに(笑)

それほど強い「ヒットマン」などアタルかシルバーマンくらいしか残ってないし

そもそも超人委員会のロボット兵どもでそんな強い奴を抑えられるわけがないだろ

サイコマンもトチ狂ってきたかな・・・

それでもサイケデリック野郎は「ニャガニャガ安心しました」とご満足

そして残り3つの穴にもジャスティスマン・ガンマン・そしてアバラ折れてるネメシスが入り、ちょうど都合良く4つのリングにオリジンと無量大数軍(ラージナンバーズ)の4人の生き残りとピッタリ数が一致

対戦相手を待ち構えることに・・・

やっぱりいきなりヤるの?

十分にPRしてからじゃないと集客効果が満足に現れない・・・とかより正義超人はほぼ全員ボロボロだけど

サイコマンが大見得を切る

「さぁ、下等超人さんたちへせめてものハンデです!好きな相手を選んで頂いて結構ですよ!」とてっぺんから絶叫します

ハンデとか言う割にボロボロの弱い時に叩いておきたいという魂胆を感じずにはいられない展開

もう1度言うがテリーマンVSマックス・ラジアル戦から作中時間はまだ半日も経過していません

そんな状況での連戦にどんな「ご都合主義的展開」が待っているのか複雑な気持ちになりながら今回は終わり

——————————————————————————-

てっきり宇宙超人オリンピック委員会に大会の仕切りを任せるというから、闘いは5日後とか1週間後とかになるかと思ったのにいきなり即開始とか

それじゃ無観客試合だし委員会とか必要ないじゃん(笑)

そもそもこのマンガはリングでしか闘えない世界なのか(笑)

劇場版ではリングのないとこでも普通に闘ってるのに

にしてもどうすんだろ

五体満足なのはラメーンと将軍とサンシャインくらいか

あ~こって牛もそんなにダメージはないのか

でもなんだかんだでターボメン・グリムリパーの2人と闘ったようなもんだよねあれ

タフだなぁ・・・

完璧側は花がハンデとかわけのわからないことをストロンゲスト武道が言ってたが、さらにサイコ野郎もバッファローマン戦・プラネットマン戦に続いて1日3試合目

ジャスティスマンは強敵アシュラマンとの激戦を終えたばかりで即連戦

ネメシスはロビンマスクとの闘いを終えさらにアバラにヒビ入ってる状態

ワイルドガンマンはどうせここで負けるだろうからどうでもいい

なんだかんだで完璧側も結構皆ハードな状態ではある

一応完璧側だって「相手の得意技は全て受け切った上で倒す」というプロレスのお約束を踏襲した上で勝ってるけど、なぜか敵側の超人はダメージが少ない

これはステカセキングを倒したターボメンやミスター・カーメンを倒したクラッシュマンの連戦でのダメージや疲弊が全くなかった事に対して、一番弱いダルメシマンを倒して全身食いちぎられまくってヘロヘロだったブラックホールの2戦目にも似たものがある

「こっち側」のキャラは勝っても大ダメージみたいなさ

この傾向はジャンプ連載時代でも7人の悪魔超人編や王位争奪編で良くみられた

でも黄金のマスク編や夢の超人タッグ編などは1日で連戦とかこなしてたりしてたんだよね

でもこのシリーズではキン肉マン・テリーマンのダメージはかなり深刻で鳥取砂丘では闘えなかったはず

それがその後さらに数時間経過しただけで「超回復」したとかご都合主義的展開になるんだろうか

テリーマンのむき出し(ネイキッド)になったはずの肘の骨まで肉が復元しているようだし・・・

ただ悪魔側もバッファローマンは今度こそサイコマンを倒すと出るだろう

ただもう同じ組み合わせの同じ闘いは見たくないんだよね

将軍様もオリジン相手なら闘うみたいだから行くんだろう

サンシャインも1人だけぽつんと下で指をくわえて見てるのもアレだから行くんだろうか

そうなるとそれだけでもう3つ穴がふさがる

それじゃバランス悪いから将軍様は閻魔様を睨む役目として地上に残るのか

そうなると残り2つの穴に正義超人側の誰か2人が突っこんでイクことになるわけで・・・

一体誰がズンズンと奥に奥に突き進んでイき、木のてっぺんまで昇天することになるんだろうか?

ズッコンバッコン

一番ダメージが薄いラーメンか

ご都合主義的な「超人なら数時間もあれば体は元に戻る」的展開でキン肉マンとテリーマンか

ブロッケンとウォーズマンはダメージ絶大っぽいからムリだろう

ブロッケンはまた全身に穴が開いているようなものだし

穴が穴に突っ込んでどうするみたいなね

そろそろ主人公として闘いを描かないと「このマンガの主人公は一体誰なんじゃあ~!」な展開になりそうだからキン肉マンはネメシスあたりと闘うんだろうか

戦闘態勢に入ったシルバーマンはどうなるのか

アシュラマンは死んだのか生きてるのか

ネプはアタルはオメガは・・・

そもそも敵4人のうちガンマンはまずここで消えるのは確定としても、

残り3人はどれももうちょっと引っ張っても良さげなキャラではある

一番強いのはジャスティスマンだろうからジャスティスマンがサンシャインあたりを返り討ちにするのかな

相棒(アシュラマン)の仇みたいな感じでサンシャインが挑みそうだから

砂は風に弱い

タービンストーム

サイコ野郎とネメのどっちかはヤられちまうんだろうか

ネメはまだキン肉族としての謎も多いし、アバラのハンデもありながらなんじゃかんじゃで生き残りそう

そうなるとやっぱりサイコはヤられるのかな

ただどっちみちもう敵側のコマが少なすぎるのよね

もうこれで最後は将軍VS閻魔という展開になって相打ちで終わって「ありがとう」とか言って最終回とかやめてほしいし、このシリーズをもっと引っ張るにはキーマンが「ネプチューンマン」及び敵の追加では?

ただオリジン以上の敵がまだいるのかという話にもなるし

完璧超人編は見切りをつけて新シリーズかな?

とにかく正義超人はともかく悪魔側を無駄に勝たせすぎたな

こんなに敵側の駒が少なくなるならブラックホール・ジャンクマン・サンシャインは負けて良かった気がする

読者の大半はアイドル超人達の闘いを見たいんだからブラックホールに2試合も戦わせたり、勝っても次闘えないし意味ないだろ状態のジャンクマンとかを生き残したメリットが感じられないなぁ

とにかく次週はめっちゃ注目

誰が戦うのか

それによって今後も見えてくるだろうし

ただこって牛VSサイコ野郎の2試合目は勘弁な

違う組み合わせでヨロシク

キン肉マン 週プレ最新作 124話 「出現!サイフォンリング!!」 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は4月13日発売です

タイトルとURLをコピーしました