キン肉マン 299話 祈る者にのみ与えらし力 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第299話 「祈る者に与えられし力」 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)
アリステラのことを「お前は呪いだ!」とコケにしながらかんぬきスープレックスをキめたキン肉ソルジャー
アリステラは受け身が下手くそなのか脳天をモロにマットに叩きつけられ「グォハァ」とか言って吐血
三沢光晴の受け身を見習ったらどうなんだ?
田上明のかんぬきスープレックスだけでなく鶴田やウイリアムスの殺人バックドロップもしのいだほどだ
どんなに鋭角に叩きつけられても平気だったんだ

マリキンが「アリステラー!」とかめっちゃ心配そうに絶叫する
だがすぐ立ち上がったアリステラは鶴田のようなジャンピングニーを狙う
しかしアタルソルジャーはその膝を踏み台にしてカウンターのシャイニング・ウィザードをキめる
空中で飛んでいる状態の膝の上に乗ってシャイニングウィザードってそんなこと・・・物理的に可能なのか?
まぁ漫画ですから
加圧トレーニングで骨が生えてくるマンガですから

さらにアタルちゃんはブレーンバスターの体勢からジャンプしてノーザンライトボムで叩きつける
また「フォガァ」とか言って吐血するヤられ放題のアリステラ
マリキンタマが「お前やっぱりその指の負傷が」と指摘する
しかしアリステラは気丈に「大丈夫だ」と返す
それよりもせっかく得た業火のクソ力が機能しないことに愕然としているご様子
なぜなのか?

アタルが「言っただろう。お前の願いは“呪い”だと。それは火事場のクソ力と最も相性が悪いものだ」と告げる
そして「我らキン肉族の力の源泉は“慈悲の心”にあるのだから」と言いながら妙なストレッチ技に固めるアタル
なんだこりゃ
説明がめっちゃ難しいな
バックブリーカーをやって膝の上で相手の身体をそらせる技あるべ・・・膝の上で弓矢固めするみたいな
コブラクラッチをしないジャイアントバックブリーカーみたいなさ・・・あれ技名はなんて言うんだ?

でもこの技はその右ひざをアリステラの首の上にギロチンの要領で乗せている
そして左ひざ(足)で背中を支えて反らせるストレッチ技なんだ
また嶋田先生ずいぶんこねくりまわした技を...
とにかく例の技名を調べるのに30分以上費やしたけどわからないままでなんだか気持ち悪いなァ
奥歯に物が挟まったような
谷間にモノが挟まったような

で、その妙なストレッチをかけているアタルの背後に歴代キン肉族の雄姿が描かれるわけよ
開祖・シルバーマン、キン肉タツノリ、ネメシス、真弓、卓とね
でもネメシスに慈悲の心はねーだろ(笑)
それと真弓だけ場違い感ハンパねーし1人だけ浮いてんだよ(笑)
ガラにもなくちょっと二枚目風な表情しやがって
顔の半分がアリステラのちぎれた指で隠れてるけど(笑)

それにしてもアタルが「我らキン肉族」って言うのは珍しいな
どっちかってともう自分はキン肉王家の人間じゃない的立ち位置を取っているように見えるし
実際王位争奪編の後もキン肉星に戻らずどっかでくすぶってたんだろ?
血盟軍の連中と一緒に過ごすわけでもなく
ブロッケンなんか「オレと一緒に暮らそう」とか言われたらめっちゃ喜んだだろうに
いろんな意味でね

でもⅡ世じゃフツーにキン肉星にいたよな
あれはもうパラレルワールドみてーなもんだからな
まさかこの本編からあの世界観に繋げたりはしないだろう
するかもしれないけど(笑)

とにかく慈悲の心がわからなきゃアリステラに火事場のクソ力は使えないんだと罵りまくるアタル
もうがまんできずマリキンがリングに飛び込み田上明のようなジャンピングハイキックを横っ面に叩き込む
コーナーにフッ飛ばされたアタルにタッチしてブロッケンがリングに入る
ベルリンの赤い雨なのかどうかわからないチョップの乱れ打ちをするが相変わらずマリキンにはかすりもしない
マリキンはボクシングの心得があるようでスウェーの技術が素晴らしい
池袋で“殴られ屋”でもヤればいいんだ

で、ウイングラッピングシャットでブロッケンの肉体を包み込む
そしてキャミキャミ言いながら上昇し、なんとゼブラを倒したマリキータ・デッドリーライドをここで出してしまう
ブロッケンもゼブラ同様「グハーッ」と吐血
だがKOされた感もなく単なる「繋ぎ技」的印象しかないこの場面
そしてマリキンタマは「何も知らないお前らごときがこれ以上アリステラを罵るな!」と絶叫する
ブロッケンはダウンしているがマリキンに試合の権利がないことでダウンカウントを取らないと委員長が判断する

アリステラは「オレは神に近づいたはずだった」とぶつくさつぶやく
「一度は異常なまでに跳ね上がった力が己でも気づかぬうちに安定をなくし今やその力は完全に失われている。これは神を超える無敵の力ではなかったのか?」とマリキンに問うアリステラ
そんなことマリキンに言ったってわかるわけねーだろ(笑)

するとここでブロッケンが「へへへ、そんなただ都合のいいもんなんてあるかよ」とヘラヘラ笑いながらコケにする
つーかゼブラをブチ殺したマリキータ・デッドリーライドを受けてもまだ余裕じゃねーか
タフネス度という点ではテリーマンがすごいがブロッケンもタフネス度はかなりのもんだな
クラッシュマンのアイアングローブ受けても普通に闘い続けて勝っちまったし

アタルが「慈悲の心とは友情に始まりあらゆる他者を認めるに至る心。今のお前達のただ排他的な思想ではその力の神髄に至ることは決してない」と例の左腕の古傷をさすりながら語る
そして「そう、オメガが“呪い”を捨てない限りな」と言ってまた肉体がスーパーサイヤ人みたいにボォっと光り始める

するとなんとゼブラを倒したマリキータ・デッドリーライドをくらったブロッケンがピンピンして勃ち上がり、しかもブロッケンまで発光している
だからこの火事場のクソ力のバーゲンセール状態やめろって
主役であるキン肉マンだけが使える力だからこそ尊いもんだったのに、いまや便器やカレーでさえ発動できるとか

とりあえず、これでブロッケンジュニアがキン肉マンゼブラを超えたってことでいいのかな?
そもそもこの糞ブログはキン肉マンゼブラの過大評価に徹底反論するスタンスだ
王位争奪編から見ていてどう考えてもゼブラは大して強くはない
ロビン・テリー・ラーメンと戦えばゼブラは絶対負けるだろう
だけどブロッケンだと微妙なんだよな
とりあえず未完成マッスルスパーク一発で即死するゼブラよりタフネス度ではブロッケンの方が上で間違いないだろう

アリステラは「ザマンに対する恨みを捨てる以外にオメガを救う道はないと?」とアタルに問う
中は黙って頷く
男はだまって残酷ラーメン
マリキンが「できるのか?お前にそんなことが」とアリステに問う
アリステは「わかっていても・・・無理だ」とまた殺し屋みてーな面になって答える
わかっちゃいるけどやめられない状態で今回はおしまい

———————————————————

一度抱いた恨みを忘れるって難しいことだからね
普通は一生抱き続けるもんだし
頑なに閻魔様を憎むアリステラの心をほだすのは中と言えど苦労するだろうね
そもそも主人公じゃないんだしそんなことできるとも思えない
それができるのはやはり主人公である卓なんだよ
中じゃダメだろうさすがに

キン肉マン 週プレ最新作 第299話 「祈る者に与えられし力」 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)は以上
次回は11月25日発売です
タイトルとURLをコピーしました