キン肉マン 415話 最上階から見た景色 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第415話 「最上階から見た景色!!」の巻 感想(ストーリーあらすじ含む)レビュー
ヌルいヌルいバベルの塔の闘いがすべて終わりこって牛とサンシャイン60以外は最上階で再会を喜びあう・・・
というほのぼのした雰囲気もなく相変わらずロビンがとがりまくってギスギスムードがハンパない
めっちゃウォーズマンが切なくて寂しそうだしそれを察したキンまで切なそう
ロビンもあれだけの自己主張をしてしまった後だから今更引っ込みつかないだろうし、間違っても「玉子とみそ汁もつけてな」なんてもう言えないだろう
一貫性の法則ってやつだ

逆にアシュラマンはオラオラな喋り方をやめて妙にしおらしくなっている
まるで王位争奪編の時のような好青年ぶり
正義超人のために「魔界のプリンス」が4本の腕で腹をクロスにかっさばいて釣り天井の下敷きになって蜂の巣になる壮絶な自己犠牲を見せたあの頃に
未だに「なんで悪魔超人が正義超人のためにそこまでするんだ」と
矛盾の多いこのマンガの中でも特にこれは象徴的だった
その後プレイボーイ誌上ではそんなことなかったかのようなオラついた性格になりキャラがブレすぎている・・・というか初登場から40年を過ぎても未だにコイツはキャラが固まっていないのか?

しかし最上階から見える景色がまさかこんな展開とは
どこまでもまつわりつくアポロンウインドウ
ゆでたまご先生ホント前方後円墳好きね
どちらも堺市出身ではないのに
とにかく地球がめっちゃやべー状況ってことね
この星から消えかけてる精子を見せてくれ

キンはアポロンウインドウを活用しまくったネプチューンマンにあれは何だと聞くがネプも見たことも聞いたこともないとちょっと何言ってるかわからないサンドウィッチマン富澤状態
そもそも完璧超人は凶器を使ったらダメとか言うけどお前のそのチョッキのトゲとかサンダーサーベルとかビッグ・ザ・ブドーの竹刀は凶器になんねーのか?
ケンダマンのけん玉やネジ超人のネジみたいに「体の一部ならセーフ」みたいな謎のルールはあるみたいだけど
境界線が曖昧過ぎるぞ
やっぱネジもけん玉もキンタマも全部「凶器」と判定しなきゃダメだろ
キンターマンは股間にとんでもねー凶器を隠し持ってるということだ

とにかく超人がいるせいでこの世に歪ができちまったんだとよ
正義のために一生懸命闘ってきたのに歪ができちまったとか悲しいよな
多分キンターマンが超人オリンピックの月往復マラソンで8位入賞のゴール前で旋回飛行している時に一気に歪ができたんだろうな
その後のバトルロイヤルで全員死亡したにも関わらずスフィンクスマンはその数話後には何の説明もなく生き返って彼女とメリーゴウランドに乗って旋回している時に歪が決定的になんたんだろう
このマンガ自体が歪(矛盾)の塊みてーなもんだからな
加圧トレーニングで骨が生えてくるマンガなんだから

ザ・マンがホログラフ状態で登場し仮にも閻魔様を「ちゃん」付けで呼ぶキン肉マン
相変わらず太い足を組んでるが普通あんだけ太かったら組めないと思うけど
ディエゴ・マラドーナだったか足が太すぎて足が組めないサッカー選手もいたね
とにかく最上階にたどり着いた連中には「知る権利」があるってことなんだとさ
相変わらず頬杖つくのが好きな閻魔ちゃん
ちょっとワクワクする展開になってきた

キン肉マン 週プレ最新作 第415話 「最上階から見た景色!!」の巻 感想(ストーリーあらすじ含む)レビューは以上
次回は5月15日発売です

タイトルとURLをコピーしました