キン肉マン 7話 執念のテキサスブロンコ!!の巻 感想

キン肉マン最新作第7話「執念のテキサスブロンコ!!の巻」の感想(あらすじネタバレあり)

ついにテリーマンとマッスル・ラジアルの闘いに決着がつきました!!

前回のラストでリング上に落ちていた破片

これはマッスルラジアルの双肩巨大タイヤの破片と判明

そしてそれを指摘するやいなやタイヤにヒビが入っている事が目視できるようになります

ぶっちゃけテリーマンがそれを指摘するまではタイヤは黒光りしてましたよ

なのにそれを言ったら突然ひび割れ

なんというご都合主義(笑)

そもそもあのタイヤって普通にゴム製だったんですね

超人のボディーを切り裂くくらいだから鉄製か何かだと思ってたのに

なんか変にこういうところ「人間的」だなぁ

この「変な所で人間的」についてはまた後述します

とにかくゴムだったのかよと

まー、そんなわけなんでテリーマンはそのヒビの入ったタイヤにエルボー入れるわけですよ

もうガンガンと叩き込んで、テリーマンの左ヒジの皮がはげて骨が露出してきているのに

さすがに焦ったラジアルは「二度と左腕が使えなくなるぜ」とテリーマンを挑発します

しかしテリーマンは「正義の二文字の為なら使えなくなっても結構」と最高にカッコいい

そしてついにラジアルの右肩のタイヤが破裂してなくなりました

すかさずカーフブランディングの体制に入るテリーマン

ラジアルは「さっきそれは失敗したはずだ」と挑発

しかしテリーマンは「黙ってくらえ!」と敢行

何もかも悟ったような意味深な武道のカットイン

そして片方のタイヤを失った事でカーフブランディングは見事決まる

ラジアルは「しまった!」とか言ってるけどタイヤない時点でそれくらい気づけよ(笑)

だがそれだけではKOにならず残ったもう片方のタイヤで反撃を試みるラジアル

テリーマンは空中に跳ね上げられますが急降下テキサスコンドルキック!!

ついに出ましたオレの一番好きな技!!

そしてフィニッシュは魔雲天戦を彷彿させるブレーンバスター

投げきった後の満足そうな表情で「やったぜ…」はあの時の「終った…」のオマージュか

さらに両者ノックダウン状態になった為ダウンカウントが数えられます

ロープを掴み必死に立ち上がろうとするテリーマンは100t戦のオマージュか

オマージュばっかりだ!!

しかし今度はあの時のように右手が後頭部をゲンコツすることもなくテリーマンは立ち上がる

ラジアルは「ハラッゴ~」という斬新な断末魔の雄たけびを挙げて力尽きます

10カウント入りテリーマンの完勝です!!

ラジアルは多分KOされたものの死んではいないでしょう

しかしテリーマンが立ってすんなり勝ち名乗りを受けるのっていつ以来かわかりますか?

それじゃテリーマンのシングル戦結果をちょっと遡りつついっこいっこ挙げていこうか?

まずはジャンプ誌上では「ラストマッチ」となってしまったモーターマン戦

100t戦のダメージがあったとは言え手も足も出ず完敗

「3日前の試合のダメージが残っていた」は人間ならともかく超人なら言い訳できません

こういう所も「変に人間っぽい」んですよね

ただそれだけモーターマンが強かったということもあるんでしょう

そのモーターマンを大会最短タイムで瞬殺したラーメンマンの強さがすごすぎるということ

その前は100t戦

これは100tをバラバラに砕いたんだから勝ったも同然でしょう

しかし100tの「執念の右腕」に後頭部をガツンとやられて裁定上は両者KO

その前はアシュラマン戦

これはもう引き分けですね

これはもう…なんとも言えない闘いでした

その前は魔雲天戦

これはテリーマンの勝利です

シングル勝利はここまで遡らなきゃいけないわけです

正義超人NO2の立ち位置なのに扱い悪いっすよゆでたまご先生(笑)

ただこの試合もリングが秩父セメント山麓奈落の底に落ちてしまった

だからすんなりリング上で勝ち名乗りを受けていません

結局両方転落死したと思われたくらいですから

その伏線があって「ただいま、キン肉マン」の感動に繋がるわけですが

そうなるとシングル戦で綺麗に勝って勝ち名乗りを受けたのはいつ以来なのか?

その前は超人オリンピックのラーメンマン戦

これはラーメンマンが狂乱ファイトで反則しまくったから難なく(?)反則勝ちです

でもこんなもん綺麗な勝利でも何でもないです

しかもその後のラーメンマンの「血の涙」で話持ってかれちゃったし

そうなるとさらに前の試合

ロビンマスクとの戦いです

キン骨マンに足を撃たれて戦える状態じゃないテリーマン

結局その足を逆片エビ固めに捕らえられてナツコのハンカチも破けてギブアップ負け

ちなみにナツコはこの頃の画の方が絶対可愛い

今週もナツコは出てますがもう全然可愛さがなくなっている

そしてその前の試合…

やっとです…

やっとテリーマンが「最後に綺麗に勝ったシングル戦」にたどり着きましたよ…

誰がどう見ても「仮面貴族」ミル・マスカラスをモデルにしたメキシコ出身のスカイマンです

このスカイマンに見事なオクラホマ・スタンピートを決め勝利を果たしています

そして堂々と試合後にリングに立ち続け観客の声援シャワーを慢心に浴びているわけです

それにしてもスカイマン

テリーマンをあれだけ苦戦させた強豪超人なのにその後へタレたというより「消された」

これはなぜ?

とにかくそこまで「昔懐かし」状態まで遡らなきゃいけなかったテリーマンの「ラスト勝利」

それ以来久々に勝利の瞬間もリングに立ち続けるテリーマンがいました

ある意味感慨深い(?)シーンです

とは言え…もうボロボロ

つーか痛々しい…

全身タイヤの跡なのか肉がはげた跡なのか曖昧なほどグロテスクな状態

そして言葉もたどたどしくしか話せない状態

なのに「さ、さぁ…次は…誰が来る?ぜ、…全員を相手にしてやっても…いいんだぜ…?」と

よくもまぁそこまで虚勢を張れるもんです

雑魚のダルメシマン(やっぱりコイツは格落ちなのが明らか)が「次はオレだ!」と吠える

しかしまたも意味深な武道が何も言わずにダルメシマンやターボメンを静止

やはり武道は格が違います

そしてさらに謎の「完全なる恐怖」を標榜するピーク・ア・ブー…

で、案の定テリーマンはやはりダメージが大きくダウンしました

う~ん…久々に綺麗に勝ったとは言えまたも「即ダウン」か…

まぁ…100t戦や魔雲天戦みたいなケチのつく勝ちじゃなかっただけいいけどね

あ、ごめんなさい

ダウンはしていません

倒れる寸前に謎の男が支えます

いつのまにか客席にいた帽子とコートの謎の男(言うまでもなく誰かわかりますね?)です

そう、キン肉マンです!!

「よくやったのぅ、テリーマン」と言葉をかけるキン肉スグル

今週はここでおしまいです

ついに主役が登場ですね!!

テリーマンも見事に勝利

やっぱりこの2人のツーショットはイイ

来週はキン肉マンが闘うのかな

でもキン肉マンが出てきたら出てきたでまた何かゴチャゴチャ起こりそうな気もするな

先週復活したバッファローマンはまだ地球の裏側マドリードにいるから間に合わないし

キン肉マンはあんなに牛丼食いまくった後なのに即試合できそう

Ⅱ世ではジェイドが試合前に差し入れのソーセージを試合に影響すると拒否していた

スカーフェイスに至っては前日の段階で「明日試合だから」と肉を食べようとしなかった

こういう変な所で人間っぽいんですよね

超人だったらどんだけガツ喰いした後でもすぐ闘えと

「食べたあとですぐ動くとおなかいたくなる」超人なんて嫌だ!!

それはテリーマンもそう

超人オリンピックでは2トンの怪獣を持ち上げた

100tとの対戦では100tのバーベルを持ち上げた

そもそも新幹線や電車を止めるほどの怪力

それがなんで350kgのラジアルを持ち上げるだけであんな苦しそうにするのか

ラジアルが踏ん張ったと想定したとしても変に「人間に近い」レベルの描写に落ちる

ジェロニモ・サンシャイン戦でも「アキレス腱が切れたんだ」とか超人にしては軟弱な…

まーその時のジェロニモは人間だったんだけど…

とにかく空飛んだり巨大化したりできる設定は消えたとしても、

超人が「常人」みたいな発言は控えたほうがよろしいかと思います

上で挙げたモーターマン戦のテリーマンは確かに全身の骨がバラバラということでしたが…

だったら決勝戦前のキン肉マンのスパーリングパートナーも難しいのでは?

そもそもバラバラになった後も100tと結構普通に闘ってたし

何しろ走ってくる電車を止めたり加圧トレーニングで骨が生えてきたりする強者達なんです

「常人」であってはならないと思います

と、ケチをつけてコケにしまくりましたが今回は素晴らしかったです

来週はキン肉マンの戦いが見られるか?

テリーマン同様キン肉マンも主人公で最強の存在とは言え「誰と戦っても苦戦」キャラです

ステカセキングもそうだし、かなり強くなっていた王位編でもホークマンやVTRに苦戦

そうなるとやっぱり今回も苦戦かな?

相手がダルメシやターボくんだったら圧勝しそうだけど

もうスグルはマッスル・スパークにカメハメ100殺法に火事場のクソ力と完璧な状態

アルティメット・キン肉マンなんです

ただ試合勘の鈍りはどうか

それと一番激戦をしてきているのにも関わらず回復カプセルに入っていないハンデ

このあたりどうなるかですね

そして何度も言いますけどアタルとかフェニックスも出しましょうよ先生

ネプやオメガはこの話の流れならきっと絡んでくるでしょうね

それにしてもテリーマンの「全員でもいいんだぜ」は笑ってしまった(笑)

武道じゃなくても「もう闘えるわけがない」のは誰の目にも明らか

なのに荒ぶるダルメシとターボくん…

それにしてもあのテリーの発言は昔いた虚勢を張るヤンキーをすごく思い出した

実際全員でかかってこられたら絶対負けるのにそう言い張るヤンキーいたなぁと思い出す

懐古主義オヤジでごめんなさい

なにしろオレが中学くらいまでは「ボンタン」とかあった世代なんでね

前髪を真ん中だけ垂らしたりとか(笑)

まーそれにしてもテンポ良く連載が進んでいるのも良いですね

1試合に3話くらいがベストでしょう

1試合に10話とか1年とかやってると他の超人達の戦いが描けなくなってしまいますからね

以上、キン肉マン最新作第7話「執念のテキサスブロンコ!!の巻」の感想でした

次号は1月30日発売です!!

タイトルとURLをコピーしました