キン肉マン 8話 壮絶!完璧超人の掟!!の巻 感想

キン肉マン最新作第8話「壮絶!完璧超人の掟!!の巻」の感想レビュー(あらすじネタバレ含む)

ついに登場、主人公・キン肉マン!!

ミートが「王子」ではなく「スグル大王様」と呼んでいます

これでもう大王なんだよなぁと実感

でもナツコは相変わらず「キンちゃん」と呼んでいてこれはこれで嬉しいような…

マッスルスパーク、カメハメ100殺法、そして火事場のクソ力を備えた完璧な状態のスグル

真の完璧超人を上回る「アルティメット・シング」状態のはず

さらに言えば「何でもあり」のチート技「フェイス・フラッシュ」まであります

仲間が死んだってそれ使えば王位編ラストのフェニックス同様に生き返らせます

ザオリクを使えるのと同じ状態なのです

あぁ…フェニックスだけじゃないな

空からなぜか花が降ってきてそれらにフェイスフラッシュで全員生き返ったんだった

存在を消された超人までも…(汗)

そう考えると「フェイス・フラッシュ」はもう神の領域に入っているチート技ですよね

最もこの世界の超人の神は1億パワーというわりには大したことなかったわけですが

とにかくこれは「なかったこと」にしとかないと話が成り立たない気がします

例えば今のボロボロのテリーマンにフェイスフラッシュ浴びせれば即復活でしょう

ジェロニモにもそう

便器やカレーを超人に戻すことさえできそう

ザオリクとベホマを自由に使いこなせる状態

これじゃ話に緊迫感がなくなります

王位編ラストの「フェイスフラッシュ大盤振る舞い」はやりすぎましたね(笑)

「最終回」のはずだったからこそあそこまでしたんでしょうけど

とにかく、今や究極生命体状態のキン肉スグル

恐れるものなど何もない…はず

なのに昔のスグルのように失禁してビビリまくります

まーホークマン戦も漏らしてましたからね

さらに脱糞までしますが、これはラーメンマン戦以来でしょうか

KOされていたラジアルが意識を取戻します

テリーマンに負けた事で「完璧超人の掟」に従います

武道が投げた「光る竹刀」がリング上におっ立ちます

ラジアルはハイジャンプ

そのまま竹刀の上に落下してボディーを貫通し自害

完璧超人の掟は「敗北=死」でしたね

これでケンダマンとスクリューキッドもネプ&武道(先代)に処刑されたわけで

未だにオーバーボディーを砕いただけでスクリューキッドが粉々になるシステムが謎だが

ラジアルの自害に感傷的になり「死ぬ事ねぇじゃねぇか!」と叫ぶテリーマン

ラジアルは明らかにテリーマンを殺そうとしていたのにとことん優しいお人よし

完璧超人軍も「甘い」と一刀両断

ラジアルが死んで残り6人の無量大数軍

どうやらバッファローマン以外のアイドル超人の復帰も間近だと判断

ここで6人は自分のボディーパーツを宙に放り投げます

すると巨大なマシンガンが出来上がります

6人はそのマシンガンの弾倉の中に入りぶっ放されます

完成してまだ間もない東京ドーム(当時)に「6つの巨大な穴」が空きました

「好きな地獄を選べ」ってか?

もう言うまでもなく黄金のマスク編のオマージュで今週は終わりです

————————————————————————————-

う~ん先生…

ここまであからさまな「焼き直し」はどうかと思いますが…

拳銃がマシンガンに変わっただけじゃないですか~

これはもうわざとやってるのかな

ここまで8話のほとんどで「どこかで見たような」シーンばかりです

電車止め、ブレーンバスター、ダウンカウントの中ロープを掴んで立ち上がる…

キン肉マンファンに「あぁこの場面懐かしいなぁ」と思わせるための狙いなんでしょうか

それくらい「オマージュ」が多いです

既存キン肉マンファンだけに向けて描かれているような感覚に陥ります

これは島田先生の意向なのかプレイボーイ側の意向なのか

「当時のキン肉マンファンが喜ぶ内容なら良い」的なね

新規ファン開拓を完全無視してるような気がしないでもないけど…それもないかな

思えば「シティーハンター」や「キャッツアイ」で有名な北条司先生は、

「シティーハンター」の続編作・「エンジェルハート」を「単なる焼き直しは嫌だ」として、

香を殺したり美樹の存在を消したりなど「シティーハンター色」を完全に消してます

香や美樹がかもしだすほのぼのとした雰囲気を完全に排除して暗い話にしています

ゆでたまご先生と北条司先生では真逆の考え方ですね

かといって北条司先生と一緒に新たに漫画会社を立ち上げた原哲夫先生

ゆでたまご先生の1つ年下の後輩になりますが、この原先生は「焼き直し」系作者ですね

「蒼天の拳」は完全に「北斗の拳」のオマージュ作品です

漫画家先生皆それぞれの考え方はあると思います

実際「キン肉マン」も「北斗の拳」も既存ファン向けだけに描いて売れる作品です

それだけ元のパイが絶大ですからね

とにかくこのオマージュ連発が「新しい設定を考えるのが面倒だから」でない事を願い、

あくまで「キン肉マンファン」へのサービス描写なんだと思うようにしています

でも、仮に新しい設定を考えるのが面倒だからであっても、

結局読み続けてしまうであろう自分がいます

なんだかんだでキン肉マン大好きだし、

過去の焼き直しならそれはそれで徹底してくれた方がいいし(笑)

さて、闘うのは6人ですが誰になりますかね・・・

キン肉マン

バッファローマンは確定

あと4人…

ロビンマスク

ウォーズマン

ラーメンマン

ブロッケンjr

あ、ピッタリじゃん

あっさり決まってしまいました(笑)

テリーマンは怪我の療養でしょう

フェイスフラッシュ浴びせてやれば一発で済むことですが(笑)

勝敗はどうなるのかな

VS悪魔六騎士のように皆苦戦しながらも勝つんじゃないかなぁ

カプセルに入って体力回復して復活したばかりなのにいきなり死ぬというのはなさそう

ただ武道やピーク・ア・ブーに当たった超人は黄信号でしょうね

これに確実に勝てるのはスグルくらいじゃないでしょうか

バッファローマン、ロビンマスク、ラーメンマン…誰が当たってもこの2人はヤバそう

逆にダルメシ&ターボ君の雑魚コンビに当たった超人はラッキーですね

「ボーナスステージ」じゃないでしょうか(笑)

ダルメシはテリーマンに「キャンキャンよく吠える犬野郎」と揶揄されてましたね

とりあえずこの7人は真の完璧超人の中で先遣部隊だと言ってました

つまり「本体」があるわけです

「本体」には当然もっと強い超人がいるわけで

どんな強い超人がいるんだろう

そしてさらにその先に「首領」がいるでしょう

完璧超人風に言えば「ドン」ですか

ラスボスですかね

さらに悪魔将軍やらが絡んでくればますます…

だから先遣部隊は全員負けるような気もしますね

そして本体との戦いで誰かアイドル超人の中から犠牲者が出ると

犠牲者も出ないと話が盛り上がらないですからね

ウルフマンやニンジャなど「噛ませ犬系」超人を使う手もあるかもしれませんね

既にジェロニモは噛まれまくりました

実際ダルメシは本当に噛み付いてたし

ニンジャはⅡ世設定通りなら今頃アタルと宇宙超人警察みたいなのやってるのかな

そしてコクモがハンゾウに殺されると…

ウォーズマンは近年人気が高くもう酷い扱いができなくなった超人ですからどうするか

逆に近年はラーメンマンの扱いが酷くなってきてるからラーメンマンがヤバそうだな

ブロッケンは新・フィニッシュホールドが絶対必要ですよね

Ⅱ世の世界感から「ブロッケンの帰還」を引っ張り出してもフィニッシュにはならないような

また道連れ地獄的な勝ち方ばかりじゃ萎えるからなぁ

タワーブリッジ・キャメルクラッチ・パロスペシャル

ロビンスペシャル・九龍城落地・スクリュードライバー

キン肉バスター・キン肉ドライバー・マッスルスパーク

やっぱりそれが出たらファンがワクワクする必殺技って大事ですよ

プロレスだってそうでしょう

・アントニオ猪木の延髄切り、卍固め

・ジャイアント馬場の16文キック

・長州力のリキ・ラリアット、サソリ固め

・ジャンボ鶴田のバックドロップ

・スタンハンセンのウエスタン・ラリアット

・ハルク・ホーガンのアックス・ボンバー

・ブルーザー・ブロディーのキングコング・ニードロップ、ギロチンドロップ

超一流レスラーにはそれが出たらファンが大きく湧くフェイバリット・ホールドがある

客はそれを見に会場に足を運ぶと言っても過言でないほどの

ブロッケンjrにはそれがない

ベルリンの赤い雨はプリズマンに「ただのチョップ」とコケにされてますからね

ハンブルクの黒い霧…

あとはアタルとフェニックスの活躍も見てみたいですね

マンモスマンはどうかなぁ…

そこまで仲間に加わると完璧軍側も余程強くないとパワーバランスが取れないような…

とりあえず、完璧絡みでネプとオメガの戦いは見てみたいですね

あとはアシュラマンとサムソンティーチャーの師弟タッグとかね

いろいろ夢は広がりますね

ウルフマン…

以上、キン肉マン最新作 第8話「壮絶!完璧超人の掟!!の巻」の感想レビューでした

次週は2月6日発売です

タイトルとURLをコピーしました