キン肉マン 48話 第5ステップ、崩壊!?の巻 感想

キン肉マン最新作第48話「第5ステップ、崩壊!?の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)です

1月7日に最新作が更新されまた1週間休載を挟み次が21日

年末の中井先生の体調不良や年末年始休みなどがあり、

掲載ペースがかなり落ちてきて、

それに合わせるかのようにオレの更新も遅くなってきちまいました

ここらで新規一転して極力「月曜更新」を心がけるよう年の初め(もう16日だけど・・・)に星に誓う

星に願いをm(゜- ゜ )

で、展開としてはブラックホール&ペンタゴンVSジャック・チーの2対1のハンディキャップマッチは当たり前のように「数の利」でBH組が勝利(笑)

そしてジャックは自ら間欠泉の上に立つとなぜか全身がバラバラになるわけのわからない肉体のようで、

見事な自害を遂げたわけです

しかもジャックが粉々バラバラになるとなぜか間欠泉も止まりました

BHも「今度ばかりは疲れた、少し休ませてくれ」とリングでダウンします

そのダウンしたBHのリング下に妙な亀裂が走っています

今回のタイトルと相まって「何か」を予感させますねぇ

ちなみにオレの地元の田舎にも間欠泉があって、毎日同じ時間に定期的に熱湯が吹き上がるんですよ

ただ時間にして2,3分のはずだからこんなに長くは吹き上がらないですけどね

そんなどーでもいいオレのバックボーンの話よりも今後の展開の方が気になるわけで

例の亀裂はピラミッド壁面までピキピキ言いながら走り出します

もう「崩壊しまっせ」と言っているのは小学生にもわかる展開です(笑)

そんな「今、そこにある危機」を他所にBHの「悪魔超人魂」とやらを絶賛するバッファローマンとスプリングマン

正義超人の飛び入り乱入&助太刀のおかげでほぼ「ごっつぁん」勝利だったことを知らないのでしょうか

そしてここまで妙にやられっぱなしだったターボメン(ちなみにコイツも2連戦)が「ステカセキングのように破壊してやる」と反撃

バッファローメンにサマーソルトキックをブチかましてアゴを強烈に蹴り上げます

このサマーソルトキックは初代タイガーマスク(佐山聡)のものよりストⅡのガイルのものが近いですね

人間じゃガイルみたいなサマーソルトキックは難しいでしょう

バク宙さえできれば技自体はできるかもしれないけど危険すぎてプロレスとしては使えないでしょうし総合なら当たらないし

そんな「超危険技」をくらってピヨった(?)バッファローメン

ターボメンは間髪入れずにその場飛びからのフライングボディーアタックを敢行

作中では「フライングボディプレス」ですが相手はダウンしてないしボディアタックですね

しかしバッファローメンはそれを何なくキャッチします

そして背後へ投げっぱなしのバックフリップというかブロックバスターですねこれも

とにかくやはりバッファローメンはターボメンに対して終始優勢

やっぱり強いんでしょうねバッファローマンは突出して

するとピラミッドのヒビ割れがいよいよシャレにならんレベルになってきちまいました

するとさすが物知りテリーマンはすぐに原因がジャック・チーの間欠泉掘り当て行為であると察知

地域おこしに悩む自治体からは垂涎のダウジング・採掘能力ではありますがこの場面では大迷惑(笑)

バッファローメンもついに「異変」を察知

しかし劣勢で半ばムキになっているのかターボメンは背後から抱きつきスリーパーへ

バッファローメンは「今それどこじゃねーだろ!バカかお前は?」的に状況を告げますが、

無駄に矜持だけは強固なエセ完璧軍団は「一度廻り始めた水車は水が尽きるまで廻り続けなければならぬ」というネメシスが放ったキン肉族の諺を用いて「完璧超人はどんな状況になっても戦いはやめない」とほざきます

いつまでコイツらは「完璧完璧」と上から目線なんでしょうか

負けまくってるくせに

モンゴルマン風に言うなら「おまえたち、いつまで完璧超人の気でいやがる!」です

コイツらよりケンダマンの方がまだ強かったような・・・

・・・もう全滅していいよ(´~`)

そしてついに第5ステップ(5階ね)は崩壊しリングごと第4ステップ(4階ね)へ落ちていきます

下ではスプリングマンとグリムリバーが試合しているその上に

そして崩落の過程で5Fのリングは都合よくご都合主義的に粉々になってリングの脇に破片になりました

つまり結果的には4Fのリングの上にバッファローメン・ターボメンの2人が降ってきただけの形に

これにて強引過ぎる「タッグマッチ方向転換」が実現しました

もう見事なまでの強引な展開に笑ってしまった(笑)

でも姫路城と名古屋城が空を飛んで合体し関が原に落下するSFマンガよりはいいか(笑)

委員長が悩んでいる中ターボメンはまた「水車」を強調しバッファローメンに突進

バッファローマンの背後に飛び回りそのまま回転してパイルドライバーを敢行

「ツームストン」となっていますが通常のパイルドライバーです

技の呼称も微妙に違ってることがほとんどなんでどうしても気になっちまう細かい性格です

まープロレスの実況アナも技の呼称間違えて呼んでること多かったですからね

90年代田上や蝶野のバックフリップを「ブロックバスター」とそれぞれ若林・辻両アナが呼んでいたのも懐かしい・・・何もかも・・・

ダウンしているバッファローマンにターボくんはムーンサルトプレスを敢行

するとスプリングメンが「勃て!バッファローメン!」と声をかけます

そして「オレを体ごとロングホーンで飛ばせ」と指示

バッファローマンは全てを察知し昔なつかし「超人ドッヂボール」でターボメンを迎撃!

今週はここで終わりです

———————————————————————–

それにしてもバッファローマンとスプリングマンのタッグをどうしても描きたかったようで

個人的にはこのタッグって結局スプリングバズーカーだけだろと思うしそこまで見たくもなかったが・・・

デビルトムボーイのバラバラだけ見たかったんだけどタッグだとそれもなさそうだな

ペンタゴンの復活とかディアボロズ再結成とか噂として囁かれた事が次々実現する・・・

「予定調和」すぎると話の展開が読めてしまうんでほどほどにしてほしい気持ちもあります

読者が「こうしてほしい」と思う願望をそのまま答えて描くだけではオリジナリティもないし

まーこれを喜んでるファンも多いだろうし何とも言えないんですけどね

悪魔超人の再登場まではオレも狂喜してたんですけどねぇ・・・(´~`)

それにこれでまた完璧側は負けるんだろうなぁと見えてきましたね

ピラミッド決戦に入り完璧側は全敗モードバク進中です

最後のネメシスとポーラマンもツープラトン見せてた以上絶対これでタッグになるんでしょうね

ウォーズマンが3ヶ月以上ピラミッド内部に潜って出てこないからどうタッグに持ち込むか悩むとこでしょう

ポーラマンも待ちくたびれて今頃はハンモックの上で寝ているでしょう

完璧側は全敗できちまってるんで、最後にネメシスとポーラマンで超人師弟コンビを粉砕するのかな

そうすることで「他の奴らは単なる偵察要因だ」的にオレ達は強いと誇り、

そこに武道がグランドキャニオンから舞い戻ってきて「三匹が斬る」みたいな流れになるのかな

とりあえずこのピラミッド決戦もこんな感じで流れが見えてきた感じがしてしまいます

この予想を良い意味で裏切ってくれる斬新な展開があれば楽しそうですけどね

とりあえずウォーズマンがどう登場するかを待ちましょうか

以上、キン肉マン最新作第48話「第5ステップ、崩壊!?の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)です

次回は1月22日発売です

タイトルとURLをコピーしました