キン肉マン 119話 悪魔将軍の狙い!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第119話 「悪魔将軍の狙い!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)

延々と続く悪魔将軍とネメシスのおしゃべり大会

超人墓場の奥深くに突如現れた「真実の口」もどきな祭壇

全部で10あるダンベルの挿入口の内、既に4(肆)つが気持ちよさそうにハメられています

綺麗に順番通り1(壱)から4(肆)までハメ込まれましたね

この後ジャンクマンが持ってくる5(伍)とサンシャインの8(捌)ザ・ニンジャの9(玖)が入る予定

悪魔将軍ことゴールドマンが所有していた「天」のダンベル(壱)

シルバーマンが所有していた「地」のダンベル(弐)

ミラージュマンが所有していた「氷」のダンベル(参)

アビスマンが所有していた「焔」のダンベル(肆)

天には星・・・大地に花

SHI・NO・BI ’88・・・串田晃

「まさかこれが・・・きさまの狙いだったとは・・・!?」と格上であるゴールドマン様を「きさま」呼ばわりするネメシス

そんなゴールドマン様はここに全てのダンベルを気持ちよくハメこむとどうなるかを説明してくださいました

“超人閻魔黙示録 終末の章”

——この世から全ての超人という種が失われてしまった、もしくは超人という種が成熟を果たしたと全ての始祖(オリジン)が認めた暁には、始祖(オリジン)は各々の所有するダンベルを閻魔の部屋に捧げるべし。祭壇に全てのダンベルが掲げられたその時、10名の始祖(オリジン)及び超人閻魔はこの世から消滅する—–

と最後の「消滅する」という部分だけネメシスが口にする流れで結構衝撃な事実が明かされる

将軍様は自らや弟のシルバーマンの存在を消してまでも超人閻魔をこの世から消滅させようとしている・・・

「この世から消滅」というのはどういうことなんだろうか?

超人預言書を燃やされて存在を消されたって結局フェイスフラッシュ一発で元の世界に戻れるマンガだ

そこまで深刻に考える事もないとは思うけど・・・

そもそも50億年以上も生きてるんだからもう死んで(消えて)も思い残す事などないだろう

と、言うか死んだ上に存在も消されてるジ・オメガマンの復活・再登場の方を切に願うんだけど

もちろんネプチューンマンもね

まーそもそもあんなコーマン(変換ミスです)高慢ちきで選民思想の塊で常に上から目線の傲慢アロガント軍団のオリジン弁当連中がそう簡単に超人のという種の成熟を認めるわけがない

ワイルドガンマンやサイコマンが自らの消滅と引き換えに超人達を認める画がとてもじゃないけど思い浮かばない

つーか急にしおらしくなられてもそれはそれでつまんないし

とことんあの憎たらしい嫌味なスネ夫みたいなキャラのまんまでいいよ

将軍様は自らや弟のシルバーの存在を消してまでも全ての根源である「あやつ(超人閻魔)」を消す矜持を口にし、手にした気持ちよさそうなロウソクを握り潰します

当然手に熱い蝋がいっぱい垂れたはずです・・・

低温蝋燭なんでしょうか?

たまりません

ネメシスは「正気とは思えん!なぜ自ら己の存在を消すようなことをする!それもきさまほどの超人が」とごもっともなご意見

将軍様は「あやつと何億年も同じ釜の飯を食った同志として、あやつの人生に決着をつけてやること。それが私の最期の仕事だ」と将軍様はもう自らの最期を悟って動いているのである

そもそも首を跳ねられた時とキン肉ドライバーの二度死んだはずなのにどうやってまた肉体を得たんだ?

悪魔将軍は二度死ぬ

するとそこに「ズオーン」とか「シュターン」とか変な音を立てて何者かが入ってきます

「ズオーン」でよかったよ・・・

「ズコーン」だったらどうしようかと思ったよ・・・

入って来たシルエットはどう見ても1人は忍者で、もう1人は砂嵐だからどう見てもサンシャイン

ニンジャが「シュターン」でサンシャインが「ズコーン」じゃなくて「ズオーン」

ズッコンバッコン

ついに肉体が現れ始めたサンシャインはお馴染みの「グォッフォッフォ」と口にする

読者的には夏以来だねサンシャイン

ニンジャは「タァアー!」とか言ってるし

そしてハッキリと姿が具現化するお2人さん

砂の肉体のサンシャインは無傷だけどニンジャはもうボロボロで血まみれ・・・

「おまえたちご苦労だった」と将軍様

「ハハーありがたき幸せ」とありがちな「部下としての返答」返すお2人さん

ニンジャが「一人一殺を目指しましたが、ダッシュに成功したのは半数の3名。ジャンクマンは奪取こそできましたが動けぬようでしたので拙者が預かって参り申したこのダンベルを」と戦況報告

片手を失ったジャンクマンは動けないとのこと

だからジャンクマンはあれ以上闘いの幅が広がりそうもないし無理に生き残す意味ないと思うんだよね・・・

とりあえず将軍様は「うむ、ではさっそく」とMr.マリックもビックリのハンドパワーでダンベルを引き寄せて手にする

「ペインマンにシングマン、カラスマンのダンベルか」と旧知の仲である敗れ去った弱小オリジンの名前を口にする将軍様

そしてそれぞれの番号にダンベルをハメ込むとその3か所からまばゆい発光

「残るは陸式(シックス)、漆式(セブンス)、拾式(テンス)・・・あと3人か」とめちゃ倒すのが厄介そうなな3人を残してるのに他人事のようにつぶやく将軍様

「ハハーッ」と答えるニンジャとサンシャイン

だけどお前らや片手を失ったジャンクマンじゃガンマンはともかくジャスティスマンとガンマンはどうあがいてもムリだろ・・・

将軍様自ら闘うか正義超人達におまかせか・・・

そのまばゆい光を眩しそうに見つめながら突然「フリーズ」したようなコマを挟んでネメシスの回想シーンへ

なんで映像でもないのにこんなコマを挟むんだ(笑)

挟むは挟むでも違うものを挟んでくれるなら気持ちいいんだけどさ・・・

それはともかく超人閻魔扮するストロング・ザ・武道とネメシスの2人を中央に無量大数軍(ラージナンバーズ)の第1陣・2陣が勢ぞろいしているまるで「歴代ヒーロー大集合」の集合写真みたいな画が描かれる

そしてストロンゲスト武道が「ネメシスよ、もし此の度の闘いで完璧超人界に不測の事態が起こった時はこの私も姿を消してしまうことになるかもしれぬ」とネメシスに語り掛ける

ネメは武道の正体を知ってるのか知らないのかいまいち定かではないけど「ハハハ武道、きさまともあろう者が何を・・・」と茶化そうとします

すると武道=超人閻魔独特のあの血走った恐ろしい目で「黙って聞け」と一喝する武道

さらにネメシスに顔を近づけて・・・キスでもするつもりなんでしょうか?

「その際にはおそらく残った者の中ではおぬしが最も適任となるだろう」と充血して血走った眼をさらにギョロつかせてネメシスに完璧超人の残った勢力を導くよう跡目相続的なやりとりがネメシスの脳裏に思い浮かべられる

ここでまた「ザー」とフリーズのコマが入り回想シーンはあっさり終了

そして将軍様とニンジャとサンシャインの背中を見つめるネメシス・・・

将軍様は「動き出したか」と意味ありげに入口の方を振り返る

しかし入り口は扉が開いたままになっているだけで何もいない

何なんだこの演出は・・・?

意味があるんだろうか・・・?

まるで瑪羅門(バラモン)の家族の7人の仲間のうちの全ての動物と仲良くなれる能力の奴並みに必要性が疑わしい演出だった・・・

そんな切ないこのオレの複雑な思いを感じ取ってくれたのか、コツコツとアスファルトを刻みながら階段を降り始めた将軍様に対してネメシスが「待て!超人閻魔様を護(まも)る、無量大数軍(ラージナンバーズ)のこのオレがそれを聞いてきさまを放置すると思うかー!」とジャンプして将軍様の背後にまわりバックを取ってしがみついて「ここで死んでもらうぞ」と、武道に言われた言葉を胸についに将軍と対決意思を示す

ただいくらネメシスでも1対3は難しいだろう・・・

80年代に猪木が国際プロレス軍団相手にやったらしいが・・・

将軍様はしがみつかれた腕をあっさりと取り外し、「あいにくだが今回の闘いでは私はお前たち今の世代の超人を相手にするつもりは一切ない。私の狙いはあくまで始祖(オリジン)ども、そしてその先にある・・・あやつの命それだけだー」と言ってネメシスを強烈な一本背負いで投げ飛ばす

足で着地すると思われたネメシスだがあっさりと床に打ち付けられてしまう

あんなに強かったネメシスなのに将軍様相手だとこんなものなのか・・・

「行くぞおまえたち!」とニンジャとサンシャインに声をかけて歩を進める将軍様

「ハッ」と従って追従するお2人さん

ただニンジャはもう連戦できる体ではないと思うんだけど・・・

これで閻魔やジャスティスやサイコ野郎やワイルドガンマンと闘うものなら1勝4敗4惨死(Ⅱ世ハンゾウ戦含む)は免れないのでは・・・?

ネメシスは起き上がるがロビンマスク戦でタワーブリッジ・ネイキッドから逃れるために自ら折った肋骨がお痛むようで弱々しい声で「待て・・・いかせてなるものか・・・」と後を追います

なんかなぁ~

ネメシスもこんなもんなのか・・・

ちょっと今回のストーリーはネメシスの株が落ちてしまう展開だったな・・・

そしてまた「ザー」とフリーズコマが入り画面が切り替わる

これかなり多用しますねゆでたまご先生(笑)

そこは誰がどう見てもグランドキャニオン峡谷

死んでるわけがないことくらい全ての読者がお見通しだったあやつことストロング・ザ・武道こと太古のやたらゴツい超人の神こと超人閻魔がもはや「トレードマーク」である血走った充血した目を見開いて「グロロロ~」とグランドキャニオンのそこで吠えています

あれで武道が魔雲天と一緒に死んだと思う素直な性格の持ち主がいるとしたら、それはとても性格が良いことであり、くだけた言い方をすれば「とてもいい奴」であると思う

このオレも「友達になろうぜ?」のキメセリフが出てしまいそうだ

だが・・・そこまで素直だと詐欺に騙される可能性も極めて高いだろう

メールに届いた「1000万円受け取ってください」とか「私は○KBの○ゆゆです。1晩だけ抱いてください」とかの詐欺メールに返事しちゃうタイプだと思われるんで、そこはもう少し世の中を勉強しましょう

そんなこんなで2年ぶりの登場となるストロンゲスト武道ちゃんにテンションMAXな展開で今回は終わり

いよいよ次回から怒涛の新連載突入だ

ネプチューンマンとオメガマン待ってますよ~\(^o^)/

————————————————————————–

結局はおしゃべり大会に終始したしアシュラマンは死んだのか生きてるのか、マスクが変化して戦闘態勢に入ったシルバーマンは結局どうなったのかなど読者置き去りな展開のまま本編は3月2日(月)まで2週間お休み

ゆでたまご先生もこの2週間で新しい構想を練られる事でしょう

そもそも完璧超人側が閻魔・ジャスティス・サイコ・ガンマン・ネメシスの5人しかいない

正義悪魔連合軍はキン・テリ・ラーメン・ブロ・ウォーズ・将軍・バッファ・BH・忍者・サンシャイン・片手ジャンクと駒が圧倒的だし病院からジェロニモはともかくピークア・ブーも復帰するかもしれない

当然、数が圧倒的に不利だし、闘いからあぶれてしまう超人ばかりになってしまう

新キャラとして「援軍」の登場は不可欠だろう

ただ完璧超人の頂点としての「完璧超人始祖」が既に全員出てしまった

そしてその大半は大して強くもなかった

これ以上の存在がいるのだろうか・・・?

ここで何度も言ってるジ・オメガマン

ジャンプ連載時代から超人閻魔の片腕として超人墓場からの脱走者の首を狩ってきていた「くびかりぞく」だ

現在このシリーズに参戦しているサンシャインもジャンクマンや死んだスニゲーターなど悪魔騎士も3人も首を「ハント」されてしまっている

ある意味サンシャインやジャンクマンにとっては「リベンジ」の相手でもある

登場してきたらいろんな意味合いで面白いと思う

しかしこれも何度も指摘しているがこの超人はキン肉マンのマッスルスパークでブッ殺され、さらにその上でフェニックスによって預言書のページを燃やされて存在まで消されている「二重の復活」が必要な状況だ

まだ死んではいなかったと思われるが存在は消されたマンモスマンより復活への道のりは遠い・・・

また空から花が降って来て、ザッと「2年以上闘いが描かれていない主人公」ことキン肉マンのフェイスフラッシュを浴びせてもらえれば何もかもが有耶無耶に復活できるかもやしれない・・・

あとは完璧超人お得意の「超人再生術」とかねッ

とにかくせっかく完璧超人のシリーズなのにネプチューンマンもオメガマンも出てこないのは面白くない

ミイラになってドロドロに溶けちまったけどネプチューンキングとかケンダマンとかスクリューキッドとかもまだいるし

でもスクリューキッドって単体だとめっちゃ弱いからなぁ

とにかく新キャラ及び再登場が願われるキャラはまだまだいるわけで

アタルだってフェニックスだっている

とりあえず来週と再来週はウルトラジャンプに連載されたウルフマンの読み切り『キン肉マン超人列伝・ウルフマンの巻 前編・後編』なんだってさ

つかこの連載のことオレぜんっぜんしらなかったぞ?

年末年始の忙しさにかまけてたのもあるけど知ってたら絶対買ったのにさ・・・

もうちょっと週プレ上でもわかるようにPRしてほしかったな・・・

思えばこのオレは超人総選挙も知らずに投票できずに終わっちまったし・・・

やっぱりキン肉マンの情報を交換できる友達がほしい

そりゃキン肉マン世代だけど「今になっても」キン肉マン読んでる友達っていないんだよね・・・

割とマジで友達になろうぜ?

もう二度と下ネタなんて言わないからさ

お前は男だ!

キン肉マン 週プレ最新作 第119話 「悪魔将軍の狙い!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)レビューは以上

次回は3月2日発売です

タイトルとURLをコピーしました