キン肉マン 267話 怒涛の関節地獄 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第267話 「怒涛の関節地獄!!」の巻 感想(ストーリー詳細あらすじネタバレ含む)

長いこと新技が披露されなかったカメハメ52の関節技の1つ「シャットダウンクラッチ」がパイレートマンにギッチンギッチンと決まる

パイレートマンは股をおっぴろげて辱めを受けながら悶絶するのみ

マリキータマンの「マリキータデッドリーライド」で股おっぴろげてブチ殺されたゼブラみたいに恥ずかしい負け方をしちまうんだろうか?

そんなわけがあるはずがない

「ムマ・・・ムマハハハ・・・ハハハ」 と突然笑い始めるパイレートマン

「何がおかしい!?」 と問うキン肉マン

「おかしくなどない。嬉しいのだ。そう・・・これだ・・・この力が見たくて我々は・・・ここまで・・・来たのだからな」 とパイレートマン

とにかく「力」がほしくてほしくてたマラないようだ

そして「さあ いよいよだ。お前のその全力に吾輩もまた全力で応えねばならない。謎多きその力・・・オメガの民のために真に役立つものかどうか試させてもらうぞ」 と言うと力づくで脱出を試みるパイレートマン

全身発光状態はずっと継続中のまさにスーパーサイヤ人みたいな状態であるキン肉マンも「させるか~」とか言って腕のクラッチをL字にひねってまで必死にそれを阻止しようとする

そしてついに「これがオメガの底力だーっ!」と絶叫して足のクラッチを自らの脚力にモノを言わせて外してしまい、難攻不落とされるカメハメ52の関節技の1つからあっさり脱出してしまいさらに腕のクラッチまで力ずくで解かれちまう

だが技を破られても心が折れなかったキン肉マンは「そうは問屋が卸さないぜ」とパイレートマンをそのまま逃がさずすぐに次の関節技へ移行

これも52の関節技の1つであり本邦初公開(で、あろう)新技「骨破筋交い絡み(こっぱすじかいがらみ)」という技

これもなんとも口で説明するのが難しい技だがほぼ「キン肉マンⅡ世」のハンゾウの必殺技である「釣鐘割り」みたいな技

アレは相手の膝と自らの膝で挟むように相手の頭部をクラッシュして頭蓋骨を砕く趣旨の技だがこの技は膝で頭部をクラッシュはしない

さらにはアレは右腕は相手の左足を反るようにクラッチしているがこれは相手の左腕を背後にクラッチするあたりが違うが口で説明は難しい

「口でシテあげる」って気持ちいいけど難しい

とにかくこんどは効果音が「グワァキィ!」とまるで試合が決まったクラスの大仰な音であり「シャットダウンクラッチ」以上の威力なのか?

なんだか結構スキだらけの技にも見えるんだがかなりメキメキゴキゴキドピュドピュと決まっているようで

パイレートマンも「ムマ・・・」と悶絶している

実況の吉貝アナ(?)も「極まったーっ」とまるでギブアップ確定みたいなフライング気味の実況をしてしまう

80年代とか昔のプロレス実況って今見て見ると「もうこれで試合は決まりでしょう」とか勝手に断定口調で勝敗言及しちゃってるの多いよね

これがホントの「ギブUPまで待てない!!」って感じ?

その「ギブUPまで待てない!!」での馳浩激怒事件もどうなのかね?

オレはリアルタイムでは見てないから何とも言えないけど今見てみると別にそこまで「激怒」ってほどでもないような

馳浩はその後「プロレスニュース」でふざけまくった福澤朗にも「あのアナウンサーふざけすぎだよ。会ったらブン殴ってやると発言

さらに安藤優子の番組に出た時も「ショーとしてのプロレスを・・・」とか言われて「プロレスはショーじゃない」と激怒したり

とにかくプロレスというものにものすごくプライドを持っていたし「プロレス」というものの幻想を守ろうという意識が強かったタイプ

橋本が小川にセメントしかけられて実質KOされた時に他団体の立場から「あれじゃレスラーが弱いと思われる」と苦言を呈した三沢光晴もそう

この国ではアメリカみたいに完全にショーであると公言できない土壌があるんだろう

今でもプロレスは真剣勝負の設定で実況も解説も喋っているしレスラーの試合後の喜び方とかコメントとかもそう

「闘い」であるというスタンスを取らないと経営(ビジネス)が成り立たない部分もあるんだろう

もう80年代と違ってほとんどのファンはショーであることを理解している時代ではあるが・・・

パイレートマンの試合はカナディアンマン戦も妙に「プロレスバトル」になりがちだから余計に日本のプロレス界の現状に思いを馳せてしまう

馳浩

だがパイレートマンはこの技も力ずくのヘッドシザーズでキン肉マンを投げ飛ばし技から逃れちまった

しかしここで足が「ズキィ」と痛みパイレートマンは呻く

やはり骨破筋交い絡みは結構な威力だったようだ

足がイかれちまったらしい

ノーダメージとはいかず

さすがカメハメ師匠が残してくれた技である

キン肉マンはそれを見ると「さあ、このまま仕上げといこうじゃないか」と口にして再びパイレートマンに突進する

そしてここで見せたのはカメハメの「卒業試験」であるバックフリップ破りの際にノーヒントから披露した「グローバルプレーンスピン」だ

正直どこがどう苦しいのかそもそもこれは「関節技」なのかも怪しい技だがあのプリンス・カメハメですら立っていられなかったほどの技だ

さすがのパイレートマンもこれからは脱出できずついにダウンする

やはりこの技は別格か

カンガルークラッチやマッスルスパーク・マッスルリベンジャーの後半部分などこの漫画はノーヒントでも奥義を見出してしまうことがすごい

ダウンしたパイレートマンに対して「まだこれで終わりじゃない!」と喚き散らして上空へJUMPするキン

そしてまるでアポロンウインドウロックの時のように左腕をまっすぐ伸ばしてダウンしているパイレートマン目掛けて真っ逆さま

「狙いは外さん!あの一点!カナディアンマンの仇はこいつで・・・」と喚き続け48の殺人技の1つ「フライングパンチ」を敢行する

まさかブラックホール戦の冒頭で唐突に出して当たり前のように顔の穴にすっぽり包み込まれただけのこの技を今更ここで引っ張り出すとは(笑)

そもそもヒネりが全くない技だなこれは

こどもが2体の人形を戦わせて遊んでいてそのトドメに使いそうな技みたいなさ・・・

だが心なしか全身の発光状態もさらに輝きを増しているようだ

火事場のクソ力MAXパワーってことなのかな?

実況する吉貝アナ(?)も「矢のような勢いで」と表現しているからウォーズマンの光の矢みてーなもんなのかな?

しかもアポロンウインドウロックのオマージュみてーな技だし

ウォーズマンの光の矢は1200万パワーだった

こっちは最低7000万パワーはあるぜ?

パイレートマンの胸に残るカナディアンマンが遺した傷跡

そこ目掛けて一直線の光の矢(フライングパンチ)

しかしパイレーツは「あの輝きに偽りはない・・・つまりここが正念場だ。あれを吾輩が受け止められるかどうかで決まる!」と悲壮な決意

そしてMr.マリックのハンドパワーみてーに両手を開いて受け止めようとする

しかもパイレーツマンの両手が火事場のクソ力が「帯び」始めたのか発光し始めていてこれはもう「フライングパンチ」失敗は見え見え

だっちゅ~の

そしてパイレーツマンはキン肉マンの左腕を両手で掴んで受け止めちまった

火事場のクソ力と落下加速も加わっていた(一応)48の殺人技の1つである「フライングパンチ」を

胸の傷に少し拳が当たったようで多少出血はあるがその程度

火事場のクソ力が完全に抑えられちまったわけだ

そういえばパイレーツの深夜番組のコーナーで「パイレーツパンチ」とかいうのあったな

今やどっちかは脱いだりAVに出たりと苦労しているようだが・・・

火事場のクソ力をフル稼働させて放ったフライングパンチも受け止められたキン肉マンは「まさか・・・そんな」と絶句

海賊は「受け止めきれぬ力であってほしかった・・・しかし、これが現実。お前の全力のその力・・・受け止めきれてしまった!」 と嘆く

負けたかったのかよ!

「火事場のクソ力でさえそんなものか・・・ じゃあ 我らは一体・・・なんのためにここまでやって来たというのか?」と続ける海賊野郎

「パイレート・・・マン・・・」 とつぶやき相手が勝ちたいのか負けたいのかわけがわからなくなってきたキン肉マン

パイレートマンの底知れぬ強さと底知れぬ情緒不安定さが露呈して今回は終わり

————————————————————————————————————

とにかくパイレートマンは相当に強いってことだ

こりゃ相当なもんだろう

ネメシスよりも強いんじゃあないだろうか

「ビッグ3(将軍様・閻魔様・ジャスティスマン)」クラスじゃないんだろうか?

8000万パワーはダテじゃねーってことだ

たまりません

キン肉マン 週プレ最新作 第267話 「怒涛の関節地獄!!」の巻 感想(ストーリー詳細あらすじネタバレ含む)は以上

次回は12月3日発売です

タイトルとURLをコピーしました