キン肉マン 277話 埋めきれない差 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第277話 「埋めきれない差!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)レビュー

アリステラの放ったドロップキックに対してフェニックスもドロップキックで応戦

アリステラはパワーの差でフッ飛ばしてやろうとするがフェニックスは空中で足を絡ませて足四の字の体勢に持ち込むめちゃくちゃな展開へ

空中で足四の字ができるなんてもう人間じゃねぇよコイツは・・・

実際人間じゃねーけど・・・

元ラスボスだけど・・・

そしてフェニックスは空中で足4の字の体勢から横回転でスピンしてアリステラを投げる

だがアリステラはマットに手をついてすぐに立ち上がる

一方フェニックスはついに95万パワーの限界がきたかゼェゼェと息が切れ始める

アリステラはフライングボディアタックを敢行

フェニックスは脳内でまたあれやこれやと計算するがスタミナ切れからかついに計算能力まで低下し始める

結局このフライングボディアタックは間一髪のルッテンジャンプでかわす

アリステラは「避けたな?今お前は頭で計算して避けた。それがどういうことかわかるか?」と問い詰める

確かにこれまでのフェニックスなら相手の技を瞬時の計算によって弾き出された瞬時の返し技で反撃していた

だが今回はそれができず間一髪かわすという流れに

アリステラは「わかっているよな、お前なら~!やはり力の差は知性だけでは埋められぬ限界があるということよ~!」と突進

そして再びフォーフィンガースプラッシュでフェニックスの胸を大きく切り刻む

フェニックスは「アグァ・・・」とか言って悶絶

アリステラはフォフォフォと笑いながら「足もとがおぼつかなくなっているじゃないか」と指摘

そして「これで決めてやる~!」とだんだんバカの1つ覚え状態になってきたフォーフィンガースプラッシュを再び狙う

するとフェニックスの目が光る

「それでは証明してやろう。力の差だけで押し切れるものばかりではない闘いがあることを」と言い突進するフェニックス

フェニックスは自らアリステラの懐に入りタックルをキめることでフォーフィンガースプラッシュを回避する

そしてそのままショルダースルーでアリステラを宙に跳ね上げる

そして下から次々と頭突きを繰り返す・・・

あぁ・・・こ・・・この技は!

アリステラも同様に「この技は!」と驚愕する

フェニックスは「そうとも。決まれば 一撃必殺のこの技ならまさに力の差など関係ない!」と言い技の体勢に入る

キン肉星三大奥義の1つで今んとこKO率100%のマッスル・リベンジャーである

ついに「最大の切り札」を先に出したフェニックス!

「さあ オメガ退治の総仕上げだ!先祖の描いた夢と共にこの地で安らかな眠りにつくがいい」と告げるフェニックス

アリステラは「オレもいつかは眠りにつく。だがそれは今ではない」と言うとオメガハンドを起動してフェニックスの大腿部を両側刺す

ラーメンマンがブロッケンJr.にキャメルクラッチをかけられた時にブロッケンの足のこの部分を指で突いて脱出してたね

そのブロッケン同様フェニックスも「ングァ」と悶絶して両手のクラッチをあっさり放してしまう

え・・・そんなあっさり失敗しちゃっていいの・・・?

でもこの部分は確かに指で突かれただけでもものすごい激痛走るんだよな・・・

技から脱出したアリステラは「決まれば一撃必殺・・・なら決まる前に抜ければよい」と言いまたフェニックスの肉体をオメガハンドで鷲掴み

フェニックスの肉体を逆さまに鷲掴みし剥き出し(ネイキッド)になった頭部のアゴの部分を両手でクラッチして肩に乗せる

ショルダー式ネックブリーカーみたいな体勢のままマットに落下する「ジャイガンテグローブカッター」という大技がドゴーンと豪快にキまる

これもよっく見りゃ一種のバスター系の技とも解釈できるかな

それにしてもこのオメガハンドはさすがに便利すぎてチートすぎるぞこれ

弟のディクシア(ジ・オメガマン)でもここまでオメガハンドに依存した闘いはしてなかったぜ兄貴!

フェニックスはうつ伏せにダウンするが、アリステラは「手応えが薄かった・・・また可能な限りの受け身を取ったか? 普通なら今ので即死だった。一定の評価は与えるがそれがお前の知性の限界だ」と告げる

フェニックスはゼイゼイ言ってるが確かにまだKO状態ではなく立ち上がろうとしてくる

しかしΩ(オメガ)・アポカリプスクラッシュといいこのジャイガンテグローブカッターといいどちらもよくKOされなかったもんだ・・・

アリステラは「防御力は認める。しかし・・・決定力に欠ける!オレのような相手には特になァ!」と勝ち誇る

確かに防御力(タフネス度)はすごい

わずかなポイントをズラしたりすることでダメージを軽減する受け身や防御法が身についているんだろう

それがスポーツ力学や高等数学の方程式を駆使した「科学的レスリング」とやらの力なんだろう

だが攻撃力が弱く防御力ばかり高いというRPGで防具ばかり優先して買うタイプのユーザーが育てるキャラみたいになりつつある(笑)

思えばテリーマンも打たれ強さ(タフネスさ)はおそらくアイドル超人NO1だろうけど攻撃力の弱さに泣いてる部分があるなぁ

アリステラに攻撃力の弱さをコケにされたフェニックスは「谷津の言う通りもし以前の1億パワーがあれば今のマッスル・リベンジャ―で決まっていた。だが・・・そこに頼ってなんとする。もはや谷津の力は借りぬと決めた。そうでないとこんなオレすら許してくれたあの男に・・・二度と顔向けできない」とぶつくさつぶやく

キン肉マンもマッスル・スパークやキン肉ドライバーが95万パワーだと最大の力を発揮できないでいたが(ディクシアはフツーにブチ殺したけど)、フェニックスもやはり最大の必殺技には膨大なエネルギーが必要でありそれが1億パワーだったわけで、それを失っていなければアリステラを倒せていたと断言しちまっている

そうなのかな・・・

どっちみちアリステラを倒すのは無理な気もするし

そもそも話の流れ的にここでアリステラが負けたら話が進まないしここで終わっちまう(笑)

とにかくフェニックスはもう谷津(おそらく知性の神)には頼りたくないようだ

さらに自分を許してくれた「あの男(おそらく・・・いや間違いなくキン肉マン)」に義理立てしている心理まで描かれる

許すことなど・・・何もない

するとモコモコと暗雲が立ち込め始めその中から「ハッハッハッ。だから言ったであろう」と声がする・・・

次ページに進むとそっから出てきたのは言うまでもなく知性の神

ディスクシステム版の「キン肉星王位争奪編の道中ステージでプレーヤーを何度も苦しめたこの忌々しい表情・・・忘れねぇ・・・

このいかにも性格悪そうな面構えといい(笑)

このオレ様の心ん中まで暗雲が立ち込めてきやがる・・・

勃ってきた・・・

「素直に我を受け入れればよいのにと!」とニヤニヤしながら告げる知性の神

フェニックスは誘惑に負けて憑依を受け入れるんか?

いや絶対拒むでしょこれ

そしてキン肉マンへの義理立てが「友情パワー」として火事場のクソ力を発動する展開になるのかな?

そのタイミング次第じゃもしかしたらフェニックスが勝つパターンもあるかもしれない

とりあえず今回はここで終わり

—————————————————————————————————

さすがにフェニックスもこのまま負けるわけないし必ずもう1波乱起こすだろう

それがおそらく「友情パワー(火事場のクソ力)」だろうしそれが1億パワーに匹敵するものなのかどうか?

それがアリステラの持ち技全て引き出した後に出ればフェニックスの勝ちもありうるな

アリステラもあと1つフィニッシュホールドを持っているはず

それはやはり弟と同じでキン肉星三大奥義に勝るとも劣らない究極必殺技である「Ω(オメガ)・カタストロフドロップ」なのか・・・

あとサグラダ・ファミリアで自らの肉体に触れた名もなき若手超人をバラバラにした妙な力もあるな

でもあーゆー技ってザコ(モブ)キャラにしか通用しないんだよね

ラーメンマンのキャメルクラッチとかウォーズマンのスクリュードライバーとかザコにしか決め技にならないのと一緒で

マンガを変えりゃ聖闘士星矢のペガサス流星拳なんかもその典型的な技だし(笑)

数コマで仕留められるレベルの相手にしか通用しない技というものが確かにある

だからアリステラのあの妙な技もフェニックスには通用しないだろう

そもそも終わり方があんな大した動きもないわざでフェニックスがバラバラとか後味悪すぎるしそもそもこの試合で使うとも思えない(笑)

キン肉マン 週プレ最新作 第277話 「埋めきれない差!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)レビューは以上

次回は3月18日発売です

タイトルとURLをコピーしました