キン肉マン 282話 神を宿した者の言い分 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第282話 「神を宿した者の言い分!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)

オメガマン・アリステラはザ・マン(超人閻魔)が実は味方だとフェニックスに指摘され激しく動揺する

そしてちょっと何言ってるかわからないサンドウィッチマン富澤状態に突入する

「今お前は何と言った?」と再度フェニックスに問い直すアリステラ

「戸惑うだろうな。だが何度でも言ってやる。お前達は大きな誤解をしている。ザ・マンはお前達の味方・・・」とフェニックスは返す

何度でも言ってくれるってことは命は無事なのね?

アリステラは「ありえん!谷津がオレ達の味方だと?ふざけるな!そもそも地球からオレたちオメガの民を追放した張本人がザ・マンではないか!その事実に嘘はない。それがどういう思考回路を辿れば我らの味方だという解釈に至るの確認。どう考えてもありえないだろう!」と激昂してまくしたてる

フェニックスは「大昔のことは知らぬ。だが今は状況が違う・・・。長い歴史の中には繋がるはずのなかったものが繋がってしまうこともある。今のお前達はもっと大きな存在のせめぎ合いの中で踊らされている哀れな道化(ピエロ)のようなもの。その犠牲に選ばれたことに関しては同情の余地があると思っている・・・」とつらつらと息も絶え絶えになりながら返答する

アリステラはフェニックスをワンハンドネック・ハンギング・ツリーの状態で吊し上げ「黙れ!これ以上喋るな!我らを錯乱させようとしているんだろうがそうはイくか!万が一にもお前の言葉通りザ・マンが心変わりをして我らの味方になったとしても我らの紡いできた歴史が谷津を許すことは絶対にない!絶対にだ!味方になることなど求めていない。我らはただ、その命で贖罪しろとトドメを刺しにイくまでだ。わかったか!」と偏屈な主張をまくしたてる

フェニックスは「神をその身に宿したオレだからわかることもある。全てが明らかになった時お前達を含むこの世の超人達はあまねくザ・マンに感謝することになるだろう。谷津の超人への愛は・・・モノホンだったと・・・わかるはず・・・だ」とまで言い切るとオメガハルマゲドンアベンジャーのダメージなのかネックハンギングで頸動脈を絞められて落ちたのかガクッと夕日をバックに事切れちまいました

で・・・これは結局死んだのか生きてるのか・・・

ゼブラもそうだしどうもはっきりしない

そもそも憑依した知性の神もどうなったのかさっぱりわかんねーし

ジャンプ時代なら負ければ大抵は死を意味したわけだけどプレイボーイ誌上に移ってからそれが曖昧になったからな

ジャンプ時代じゃロビンマスクがアトランティスドライバーにウォーズマンがハリケーンミキサーやクロスボンバーで即死してたほどだった

近年はそういうのはロビンがネメシスに完肉・バトルシップシンクをくらった時くらいか

ちょっとあの状態のアシュラマンが生きてたのはさすがにどうかと思っちゃったわけなのよ

顔3面全てが思い切り潰されて腕6本全てもぎ取られて試合後ジャスティスマンの言葉に何も返すことができなかった状態なのに

あれでも実は生きてました~とか無茶苦茶だ

普通に惨殺遺体にしか見えない有様だったのに

だから死んだと描写された悪魔超人達みたいにバラバラにされるとか余程決定的な描写じゃないと生きてるか死んでるかもわからない

アシュラマンの場合は超人総選挙常にトップ10入りの人気超人であるだけでなくおそらく次シリーズで超人血盟軍復活の可能性もあるからか?

でも今のオレ様オラオラ状態な性格のアシュラマンとソルジャー(アタル)の絡みは見てみたいかもしれない

王位争奪編のアシュラマンはなんかもう別人みたいにあいい子ちゃんになっていてちょっと違和感がありすぎたからな

キン肉マンⅡ世でリボーン・アシュラマンとして登場したあたりからこの性格が定着したような感があるが

王位争奪編は完全に「正義超人」みたいな性格だったし最後も悪魔なのに正義の為に切腹して釣り天井でハチの巣になる自己犠牲を果たすとか

むしろそこはジェロニモが代わりに犠牲になった方が後々のこと考えりゃ役に立っただろうし(笑)

実際ジェロニモはサンシャインと闘っている時もいきなりトチ狂って腹かっさばこうとしたくらいだし三島みたいに切腹大好き人間なんだろ

とにもかくにも王位争奪編のアシュラマンのあの不自然極まりない丸くなった性格は薄気味悪いくらいだった

バッファローマンも悪魔から正義になったことでヘタレ化したとソルジャーに指摘されたりやっぱり悪魔は悪魔じゃないと輝けないのかね

それもあるからバッファローマンは悪魔超人に戻したってことなのかもしれねぇな

そうしたことでバッファローマンは再びキン肉マンと比肩するほどの強さを取り戻した感がある

キン肉マンやネメシスと共に超人から神の域に到達する可能性のある超人と将軍様に言及されてもいるし

「強敵が仲間になったら弱体化」は少年マンガの定番だけどやっぱり丸くなっちまったらダメなんだなとこの2人を見ててつくづく思わされる

バッファローマンは正義超人として闘っていた間はあまりパッとしなかったのもあるし

そもそもキン肉マンとは結局常に敵対する立場にあったからあまり仲間感もなかったし

せいぜい超人タッグ編の決勝で角を貸してくれたくらいか

そういやあれも生きてるのか死んでるのかあいまいな描写だったなぁ

サンダーサーベルで刺された箇所もいまいちはっきりしねーし最後は「ガクッ」といかにも事切れたような描写だった

しかも決勝戦では亡霊超人としても登場したのに王位争奪編では何の説明もなく生きていたしⅡ世じゃその一週間後にピンピンして闘っていた

そう考えるとジャンプ連載時代も生死の描写なんていいかげんなもんだったか

逆に生きてたはずのウルフマンがいつの間にかブチ殺されていてそれでいて王位争奪編ではやっぱり何の説明もなく生き返っていたりとね

安定して死んでたのはウォーズメンただ1人という・・・

しかもウォーズマンだけは生き返るのにやたら苦労させられてるし

人生いろいろ

男もいろいろ

そんなあれやこれやを考えるとフェニックスとゼブラの生死はどうなるのか

2人だけ殺してマリポーサとビッグバディだけ生きてるっていうのもおかしいから多分生きてるんじゃないかな

バラバラにでもならない限り死んだと判断できないからね今は

ましてゼブラなんて白骨化させられても何の説明もなく復活してきたくらいなんだから

なんでもありだよな

加圧トレーニングで骨が生えてくるマンガなんだから

VSジャスティスマン戦の描写比較だとアシュラマンの方がダメージは与えていたようにも見える

だがアシュラマンの方が明らかにダメージが大きかった

逆にテリーマンは攻撃がほとんど通用しなかった

唯一の「非人間業」であるテキサス・ツイスターくらいしか効いてなかったような・・・

でもダメージ自体はアシュラマンよりかなりセーブできていたし腕をもぎ取られることも顔を潰されることもなかった

ジャッジメントペナルティも義足を犠牲にしたこともあるが耐えきった

RPGで例えるとアシュラマンは攻撃力は高いけど防御力は低いキャラクターなんだろう

逆にテリーマンは攻撃力は低いけど防御力は高いキャラ・・・

いや違うな

テリーマンは防御力というより最大HP(タフネス度)が高いタイプだな

だからいつもボロボロになりながらも最後はなんだかんだ逆転勝ちとか引き分けとかに持ち込んでとにかく「負けない」キャラだ

逆にロビンとかウォーズマンは攻撃力守備力は高レベルなんだろうけど意外と最大HPが低くモロさもあるみたいな感じ?

特にロビンはアトランティスドライバーとかバトルシップシンクで即死してしまう脆さが目立つ

バトルシップシンク以上の決め技がマッスルスパークやペルフェクシオンバスターなどまだネメシスにはあることを考えるとやっぱりね・・・

ウォーズマンもジャンプ連載時代はダブルレッグ・スープレックスで失明してクロスボンバーで即死したりかなりモロかった

逆にブロッケンJr.なんかはテリーマンほどじゃあないけど最大HPが高いタフネスタイプだよな

ガッツ系のキャラはそういうことになりがちか

ジェロニモは人間時だったら最大HP最強キャラだったんだけどなぁ・・・(心臓が止まったのに自分で心臓マッサージする人間って・・・)

そう考えるとラーメンマンなんかは一番攻撃力・防御力・最大HPと高いレベルでバランス取れてる

さらにコイツはピラミッドパワーを使えばそれまでのダメージも回復できちまうかもしれねぇ

あんなもんはプリズマン戦の一回こっきりでもう二度と使用しないだろうけどさ(笑)

正義超人もいろいろタイプがあって面白いもんだ

バッファローマンなら攻撃力・最大HP・防御力と更にハイレベルで高いし

なぜサンダーサーベルで背中ブッさされたくらいで死んだのかわかんねーけどそれはもう話の都合かな

話を本編に戻すとアリステラは事切れて不死鳥なのに生きてるのか死んでるのかわからないフェニックスをゴミのようにポイ捨てする

「まぁいい。最後の話はともかく闘い終えてみればコイツはコイツで思った以上にまともな谷津だった。元からそういう素養があったのか?それとも先のキン肉マンとの闘いが変えたのか?いやその両方か?とにかくあのディクシアがかしずく気になっただけのことはあったようだ」とブツクサ独り言をつぶやくアリステラ

するとそこになぞのワープゾーンを使ってイタリーからマリキンターマンがやってきた

「なんてことだ・・・勝ち残ったのがオレとお前の二人だけなんて」とまるで7人の悪魔超人編のブロッケンJr.みてーなセリフを吐くマリキン

アリステラは「すまないマリキンタ。これまでの犠牲を強いられるとは・・・指示を出した者として慚愧に耐えない。セキニンは大いに感じている」とそれまでの横暴かつ冷酷なボス気取りの姿勢が急に消えて胸に手を当てて殊勝な喋り方でマリキンタを迎える

マリキータは「何を言っているアリステラ。オレたちは皆お前に命を預けてここまでやってきた。死は常に覚悟の上で行動している。だからルナイトもヘイルマンもギヤマスターも死してなおお前を守ろうとした。谷津らは役目を果たしたんだ」とまで言うとアリステラのオメガハンドが鬱陶しい左肩に手を置いて「お前がそれを気にしちゃいけない」と優しい言葉で罪悪感で押しつぶされそうなアリステラをいたわる

アリステラはガラにもなく泣きそうな目をして「マリキンタ」と嬉しそうにつぶやく

マリキンタは「それに敗れはしたがパイレートマンもまだ生きている。オメガ・ケンタウリの六鎗客は半分になったがまだヤれるさ!オレとパイレートマンとお前がいる限りオメガの希望の火は消えない!消えやしないんだ!」と松岡修造みたいに熱く語る

アリステラはコクリと頷くと「そうだな・・・パイレートマンもいる。特に谷津は先の闘いで例の謎の力についての重要なヒントを得たはずだ。その話も・・・」とモニターを見ると・・・

スワローズネストで腹かっさばかれてブッ倒れていたはずのキン肉マンが意識を取り戻して起き上がろうとしているところでフェニックスがKOされているのをモニター越しに見て愕然としていた

日本じゃまだ夕暮れ時だが日本より高緯度のクリミア半島はもう完全に日没後であり空は漆黒の闇をキャンパスにして美しい星空が輝いている状態だった

空をキャンパスというと80年代のジャンプに「空のキャンパス」ってマンガあったよな

今泉伸二先生の作品ね

あれは泣けたよなぁ

あれほど泣けるマンガは未だにないんじゃあないだろうか

確か全7巻くらいのマンガだけどストーリ的には濃厚だったし

今泉先生のマンガは泣けるマンガが多いし「涙」を売りにする漫画家って感じではあったよな?

とはいえ我らがゆでたまご先生だって泣けるシーンはいっぱい描いてきた

・植物状態のラーメンマンがキンの手を握るシーン

・ただいまキン肉マン

・だってオラは人間だから・・・

・この世で唯一完璧なもの、それは正義超人の友情だ

・ロビンマスクの消滅

・許すことなどなにもない


アンタならここに挙げたものは全てわかってくれるよな?

他にも挙げてたらいっぱいある

それを当時まだ20代前半~中盤の若さで描いていたゆでたまご先生ってすごいんだよね

天才だよマジで

もっと尊敬すべきだよなゆでたまご先生

それなのに加圧トレーニングで骨が生えてくる漫画とか散々コケにしてしまいすいませんでしたゆでたまご先生

好きです

それはともかくキン肉マンはフェニックスがブッ倒れて生きてるのか死んでるのかあいまいな状況に動揺する

「嘘だろ・・・おい・・・ミート、これは・・・」と「嘘だと言ってくれ」とばかりにミートに言葉を求める

ミートは「残念ながらフェニックスは王子が目を覚ます僅か前にオメガマン・アリステラに敗北を・・・」と真実を語る

キン肉マンは「嘘だ!お前は何を言っておるのだ!あのフェニックスだぞ?私が一世一代の大勝負を繰り広げてなんとか奇跡的に倒す事のできたあのフェニックスがそんな簡単に負けるわけがないんだ」と泣きそうな顔になりながらまるでダチョウの竜ちゃんみたいに激しく取り乱す

辛そうに眼を閉じてうつむくミートに「ハハハ、なぁ嘘だろ?私は夢を見ているんだ。そうだよな。そうだと言ってくれ。そうでないと・・・私は・・・私は・・・」と語り掛け何も答えないミートに絶望してリングに両肘をついて悲しむキン肉マン

そしてモニター越しに「お前か~!フェニックスをヤッたのは!」とアリステラに口撃開始

アリステラは「いかにもこのオメガマン・アリステラ。お前とこうして再び会話ができて光栄だ」と紳士的に返答する

続けて「今では敵同士という立場ではあるが、それでもオレはお前という超人に大いに興味があるからなぁ。それはもうファンといっても差し支えないほどに」と「ラブコール」を投げかけるからキン肉マンもどういうリアクション取って良いのかわからず「グヌヌヌ」と歯ぎしり

アリステラは「そしてたった今ご承知の通りお前が最大限に評価しているキン肉マン・スーパー・フェニックスはこのとうりオレが倒した。これで少しは興味を持っていただけたかな?パイレートマンと闘っていくらか既に実感しているかもしれないが、これが我らオメガの民の力!その事実をオレはお前にまずはよく知ってもらいたいのだキン肉マン」とメッセージを投げかける

キン肉マンはなぜか左手で指差しながら「待ってろよアリステラ!フェニックスの仇は必ず私が取ってやる!」と宣戦布告

アリステラは「素晴らしい!100点満点の答えだそうこなくては」と返答

そして最後のページは大きく2コマに分けてにらみ合うキン肉マンとアリステラで尺を稼いで今回は終わり

———————————————————————————————————————————

結局アタルも閻魔様もキンターマンも誰も登場せずただ既存キャラによる試合後のおしゃべり大会だけで終わってしまった今回のストーリー

令和になって最初の更新だったしもうちょっと「空のキャンパス」のような濃密なストーリー展開を見習って頂きたいものではあるが・・・

次回の終わりくらいでようやくアタルが出てくるのかな

まさか次回も一話全てお喋り大会で費やすなんてことは・・・ないよね?

でももしそうなっても・・・

ゆでたまご先生・・・一生ついてイきます!

オメガの民はマリキータマンの言葉からしてもう「援軍」もなさそうね

元々オメガ・ケンタウリの六鎗客の6人が唯一無二の最強の6人だったということか

それ以上の戦士はいないってこった

そしてそれを焚き付けて利用しているのがサタンってことなのかな

最終的にはサタン軍団との闘いになると

それを助けることで閻魔様はみんなから感謝されようやくどろろんと世を去りこれがホントの「ドロロンえん魔くん」って感じになるのかな?

“キン”肉マンとか“えん”魔くんとか子供向けのマンガは難しいと思われる漢字をカナのまま作品タイトルにするんだね

このドロロンえん魔くんってオレは見たことないけど主人公の声優は野沢雅子なんだね

すごいな野沢雅子って

主役どんだけこなしてきてるんだ

ドラゴンボール・鬼太郎・999・釣りキチ・ど根性カエル・トムソーヤ・ダッシュ四駆郎・伊奈かっぺい対象・・・

声優として1人でこんだけ主役こなしてきたのって彼女が唯一無二じゃあないのか?

それにしても釣りキチの主人公の名前が「三平三平」って苗字も名前も同じなのはどーよ?

両親はもう少しネーミングを考えてやれよ(笑)

こんなの現実にいたら絶対イジめられるだろ

いつかの「悪魔」くんのほうがまだマシだ

なんなら「えん魔」くんのほうがまだいいんだぜ?

そういや「悪魔くん」というマンガもあったしいかにも主人公は野沢雅子が演じそうなキャラだがさすがにこれは別の声優だな

でもそんな野沢雅子もジャンプ黄金期漫画って主役やったのドラゴンボールだけなんだよね

ドラゴンボールがあまりにもヒットして他やる余裕もなかったのもあるだろうけど

ただドラゴンボール開始前に既にジャンプ黄金期のアニメ化の流れは到来していたわけで

でも彼女ができそうなものってキャプテン翼くらいしかなさそうかな

でもやるなら翼じゃなくて石崎って感じだな

そして大空翼を演じた小粥よう子は後に高橋陽一先生と結婚したそうな

肝心のキン肉マンだと野沢雅子が演じられそうなキャラないもんなぁ

ミートくんくらいか

ナチグロンでもいいが脇役すぎるし

しょぼい役で起用できるわけもないからな

コニタなんていかにも彼女向けのキャラだろうけどあんなもんに彼女を使うのはカンベンな!

五分刈りの旦那はもっとカンベンな!!

ストーリーが全然進まなかったから話が逸れまくった今回の更新

次回は中身の濃い内容だと嬉しいね

次はどことどこが闘うのかすらまだはっきりしてないもんな

オメガ・ケンタウリの六鎗客は3人残ったとはいえパイレートマンはもう牙を抜かれたも同然

実質残ってる戦士は2人だけな気もするし

いきなりキン肉マンVSアリステラとかやっちゃたらそれでシリーズ終わっちゃうしやはり何かしら「援軍」が必要ではないのかな?

キン肉マン 週プレ最新作 第282話 「神を宿した者の言い分!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)は以上

次回は5月20日発売です

超人総選挙2019の結果も同時発表だ(結局オレはイワオをどうするか迷ってたら締め切り過ぎて今回投票できなかった・・・)

タイトルとURLをコピーしました