キン肉マン 286話 両の眼を閉じた時 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第286話 「両の眼を閉じた時!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)

注目のキン肉アタルが指名する超人とは誰か?

多くの読者が楽しみにしていた部分である

アタルん中では「協力を仰ぎたいその人物はもう心にキめてある」とのこと

そのセリフを言い放つアタルを見つめるネプチューマンが1コマ使ってカットイン

意味深・・・

キン肉マンも「兄さんが選ぶたった一人の人物とは・・・一体・・・?」と誰なのか見当もつかない様子

邪悪の神は殺し屋みてーな顔しながら「ではさっそく始めようぞ。キン肉アタルよ。サタンの結界から出したいというそのひとりを頭に思い浮かべるがよい。準備ができたら合図しろ。お前のタイミングでいつでも結界に穴を開けてやる!」と告げる

アタルは目を閉じ深呼吸をすると「今だ!」と叫ぶ

邪悪の神は「心得たー」とか言って妙な球を口から吐き出す

仮にも神ともあろうもんが「心得た」とか言うかな普通(笑)

いやそれ以前に神様というものが本当に存在するかどうかという話だけど

でもそれ言ったらあらゆる宗教否定しちゃうからな

神の存在について語るのはこれっくらいにしとこうか

とにかくアタルはその吐き出された妙な球を「スリャー」とかいってキャッチする

なんとなく金色っぽいから「金玉」ってことで良いのかなこれは?

しかもその金玉は都合良く形が槍状に変化し始めやがった

なんかこの球が変化するシーンでジャングルの王者ターちゃんでトーナメント組み合わせ抽選の玉を握って文字を変えた谷津を思い出した

強い相手に当たっちゃってごまかそうとして

そして「なわけないでしょ」と笑顔で突っ込まれてたシーン・・・ってこの説明だけでそのシーンを思い出せる男ん中の男は何人いることやら

とにかくアタルが投げたその槍のおかげで空間に亀裂が発生した

そしてその穴の中に腕を突っ込んで「さぁ来い!掴んだぞー!絶対に放さない」とか妙にそっち系っぽいセリフで誰かを掴んだアタル

「オレがここに召喚したいのは・・・この男だー!」と絶叫しながら亀裂から何者かを引っ張り出したアタル

シルエット状態の何者かが引っ張り出されると邪悪の神は何も言わず消えちまった

消えていいけど

いつまでも空中に残っていられたら鬱陶しいし

そして明らかになったその超人は・・・

なんとブロッケンJr.だった!

結局超人血盟軍から選ぶのかよ!

1人だけ選ぶのは角が立つんじゃないかと思いなんとなく超人血盟軍からのチョイスだけはないと思ってたが・・・

しかもあんだけネプチューンマンをこれみよがしに思わぜぶりに描いておいて・・・

結局ブロかい!

う~ん・・・

個人的にはかなりテンション下がったこの人選

まず個人的にブロッケンJr.の闘いで面白いと思えたもんがほとんどない

よかったのはクラッシュマン戦くらいかな

それ以外は道連れ地獄みたいなスッキリしない闘い方ばっかりだったし

意外と完璧KO負けみたいな試合はなかったがそれも前シリーズのサイコマン戦でモロに描かれていた・・・

そもそもブロッケンが何であんなに人気があるのかも個人的にはわからない

ジャンプ時代からブロッケンはずっと人気投票で5位前後をキープしていたし

女性ファンが多いとのことで

ただブロッケンを好きになる女性は女性としてとても魅力的とかいわれてるね

安易にロビンマスクやウォーズマンみたいな超ミーハーキャラを選ばず未熟で実力不足なブロッケンを敢えて選ぶその性格

母性に溢れ愛情深い女性だとか・・・

キン肉マン女子代表の元井美貴さんもそんな女性なんだろうか・・・?

確か彼女は初恋の相手がテリーマンでその後はロビンマスクとかのマスクマン系が好きだとか言ってたか

これも結構なミーハーか?

いや今やテリーはもう超絶不人気超人に成り下がったからミーハーとは言わないか(笑)

でも彼女の初恋時は普通にテリーも人気キャラだったからなぁ

いや次点ばっかりで「ノーコメントだ!」とか不貞腐れてたか(笑)

とりあえずミーハーでもなんでも良いから元井美貴さんをオレもアタルみてーに指名して時空の亀裂から引っ張り出してぇなぁあああああ!

そしてその後は・・・

美貴さん・・・

ミキティ!

ミッキー!

アーッ!

う~ん・・・スッキリはしたけどブロッケン指名はまだモヤモヤが残る

ムラムラは消えたけどモヤモヤ感は残ってるみたいなさ

ネプでいいじゃねーかと・・・

つーかネプが見たかったんだよな

味方側で闘って勝利するネプチューンマンの姿が見たかったわけだ

それにネプチューンマンってタッグでしか闘えないみたいなとこあるからここで選ばないと当分また見れないんじゃないかと・・・

まぁ後にネプチューンマンのシングル戦を描いてくれるならそっちでも良いんだけどさ

寧ろシングルでどう闘うか見てみたい

でもフィニッシュ技の「クロスボンバー」は使えない

マグネットパワーだろうとオプティカルファイバーだろうと受け止めてくれる相手がいなきゃあね

でもサイコマンが鉄柱を使ってヤッてたか

1人クロスボンバーってもんを

あ~ネプチューンマンの闘い見たかったなぁ

ブロは前シリーズで2試合も描かれてるからそこまで鮮度もないし

それに未熟超人を引き上げるならそこはブロよりジェロニモだろう

もうゆでたまご先生はジェロニモを引き上げる意思はないのかな?

引き上げようとするだけの人気もないけど

これじゃもう何のためにいるのかわからないキャラになりつつある

でも今シリーズのウルフマンみたいに忘れた頃に突然引っ張り出してプッシュすることもあるからなぁ

ゆでたまご先生の展開はなかなか予想がつかないものになっている

ウルフマンも人気がある超人じゃないのに一度引退までさせていながら復活させ大金星を獲得させていた

ジェロニモもいつか唐突にプッシュされる時がくるかもね?

きたらブレイクするかもね?

人生変えちゃう夏かもね?

西田ひかるの現状はともかく・・・パートナーはブロッケンJr.に決まった

結界の外に引っ張り出されたことで「恋人疑惑」のあるウルフマンとの絡みもあるかもしれないな

「久しぶりだなブロッケン」と語り掛けるキン肉アタル

かつて超人血盟軍としてブロッケンを指名して成長させそして見事に死なせた責任感に満ちた眼差しでである

ブロは「ソ・・・ソルジャー隊長(キャプテン)。あまりに久々で・・・突然で・・・いろんな気持ちが交錯しすぎて・・・」と戸惑いまくり

まるで生まれて初めて告白された女子中学生みたいなブロッケン

そして「一体何からしゃべればいいか わからねぇが・・・しかし、どうしてオレを?」と問う

これは王位争奪編の「オレよりもずっと実力のあるテリーマン、ロビンマスクなどの超人がいる中でなぜオレを?」の質問のオマージュか?

あの時アタルはテリーやロビンは確かに魅力だったが彼らは完成品でありまだ完成されてない(伸びしろのある)ブロッケンがよかったと

そして有名な「いかなる困難・障害があろうとも“己の仕事は絶対に遂行する”という責任感だ」のセリフに続いたわけだ

今回のアタルは「フン 知れたこと。お前はこの世で誰よりオレの思想を理解している。だから呼びだした」と返答する

これも王位争奪編でアタルの口からは提案しにくい3対3のタッグマッチで決着をつける提案をアタルに代わってしてくれたことがあるか

ブロッケンは「思想・・・超人血盟軍の!」と返す

いや別に「超人血盟軍」なんて言葉アタルは一言も口にしてないだろ(笑)

どんだけ超人血盟軍かぶれなんだ

アタルは「ブロッケンよ。タッグというのはもちろん個々の力も大事だが、何よりお互いの信頼関係がものをいう。1+1の答えの値が無限に存在する闘いだ。その意味ではお前ほどオレのことを信頼してくれている超人はこの世にいない。もしかしたらそれは・・・スグル以上に深いところまで理解してくれているのかもしれないと思えるほどにな」 と弟のキン肉マン以上にブロッケンを信頼する発言

ブロッケンはまたも初めて告白された女子中学生みたいに「そ・・・そこまでオレを?」と戸惑い胸キュン状態に

「そ・・・そこまであたしのこと好きなの?」みたいな感じ?

桃色片想い?

ホモ色片想い?

いやこの状況は両想いか

ウルフマンは嫉妬中?

そもそも本来超人血盟軍の先鋒は普通ならニンジャじゃなくウルフマンだったはず

しかしゆでたまご先生はなぜかニンジャをチョイスした

多分人気があったからなんだろうけど

どっちみちサタンクロスに胸を引き裂かれてブチ殺される役目なんだからどっちを選択しても同じことか

そういやサタンクロス(サムソン・ティーチャー)は再登場しないなぁ

普通に生き残っているはずなのに

アタルは「ああ、間違った評価はしていないと思っている。その判断のもとに共に闘うベストパートナーとしてお前を選びこうしてここに呼び寄せた。まさかとは思うが不服か?」と問う

ブロッケンは「とんでもない 不服だなんて。いやむしろこれ以上光栄なことはない。尊敬するアンタに選んでもらえて誰が不服だなんて思うものかっ!?」と返答

だが「しかしそれでもたった1人選べた相手が本当にこんな・・・」とまだ「オレなんかでいいの?」とどこまでも自らを卑下するブロッケン

女子中学生の「ホントにあたしなんかでいいの?」みたいな感じ?

そしてモニターを見る

するとなぜか結界の中にあるはずのキン肉星にいる仲間たちの姿が都合よく映ってやがる

どんだけ超次元的高性能なんだこの世界の放送技術は(笑)

結界の中はもちろん地球外惑星のキン肉星や魔界ともモニターで繋がって双方向受信・会話もできるんだから

存在するかどうかもわかんねー魔界はもちろんキン肉星も月や冥王星やバルカンみたいな近くにある惑星のイメージあるけど全然違うからね

キン肉星は地球から500億光年も離れているウルトラの星(300万光年)よりさらに圧倒的に遠い遠い場所にある惑星なんだ!

冥王星やバルカンの話はともかくそのモニターの中にいるラーメンマンがここでクローズアップされる

言わずと知れたブロッケンのお師匠様だ

そのラーメンマンが目を細めて(元々細いが)頷く

要するに「ヤッてこい、ブロッケン」的なことね?

このラーメンマンといいアタルといいブロッケンって「男惚れ」しやすい性格だよな・・・

そんなんだからウルフマンと「いい仲」になっちゃって「男掘れ」してたわけか・・・?

キン肉アタル同様に心酔する存在であるラーメンマンの無言の頷きにようやく腹をくくったブロッケン

「わかったソルジャー。アンタの判断は正しい。アンタにこうして選んでもらった以上、それを絶対に後悔させないのがオレの仕事だ。そのためならオレはなんだってヤッてやるさ!頼んだぜ隊長(キャプテン)!」と相変わらず責任感が強そうな言葉を口にするブロッケン

つーかまだブロッケンはアタルのことを「ソルジャー」という偽名のままで呼ぶのか(笑)

もう偽ソルジャーだと知られてるわけだし「アタル」と呼べば良いのに

そもそもアタルもアタルでなんでまたソルジャーのマスクをかぶったのかわからない

それ以前にソルジャーのマスクをかぶる前は何のマスクをかぶっていたのかそっちの方が気になる(笑)

まさか「奇跡の救世主伝説」の弟みたいにパンツを被ってすごしてたわけじゃああるまいし

それじゃーソルジャーはまるで変態仮面じゃあないか!

ソルジャー(アタル)のプライベートマスクのデザインが気になるもののアタルは「決まりだな」と言ってブロッケンとガッチリ手を組む

そしてアリステラに対して「お前たちの次の相手はオレたちフルメタルジャケッツが引き受けよう!!依存はあるか?」と告げる

あ~そういえばアタルとブロッケンの共通点は軍服着用って点があったね

「フルメタルジャケッツ」というネーミングに関してはとやかくいうのも野暮ってもんか

そしてアリステラも「いいだろう。認めてやる」と返答

マリキーターマンはまたも一言もしゃべらず今回は終わり

——————————————————————————————————————————————-

ちょっとテンション下がったブロッケンJr.の人選だがこれはもしかして負けることもあるのかな?

指名されたのがネプチューンマンやバッファローマンやロビンマスクだったら負けはなさそう

だけどブロッケンだと「噛ませ」にはちょうど良いキャラでもある

でもこれはブロッケンJr.の格上げマッチにも思える

前シリーズでサイコマンにボロ負けしたことを不憫に思ったのかここで大きく飛躍させようという

ウルフマンにすらあれだけ活躍させたわけだから

ただオメガ側もこれで負けちまえばもうそこでシリーズが終わっちまう

アリステラはキン肉マンと絡むことなく終わる

そんな中途半端な終わり方があるんだろうか?

そう考えるとやっぱりオメガ側が勝つのか?

でもマリキータマンを3度も勝たせるんだろうか?

それともⅡ世の万太郎&ケビンマスクVSリボーン・アシュラマン&ボルトマンみたいに双方パートナーが脱落して最後はシングルになるとか?

結末がかなり読みにくい闘いである

当然また10話引っ張ることになるんだろう

先は長いから気楽に読みましょうか

もう日没なのにホントにこんな時間からヤるもんなんだろうか?

マリキータマンは1日で3試合か・・・

カレクック戦だって散々カレーを顔面に塗りつけられたり腹をブッ刺されたりと結構ダメージあっただろうに

今シリーズでのマリキータマンの意外なタフさと強さと無言さには驚かされてばかり

でもこのキャラここまでプッシュしてもあんま人気出なそうなんだよね

アリステラやパイレートマンの方が人気出そうだからなぁ

せっかく活躍しても人気出ないのは辛いねぇ

名前がダメなのかな?

“あの超人”と似た名前だし・・・

とにかくタフなマリキンターマン

股間がタフなキンターマン

とにかく明るいシルバーマン

キン肉マン 週プレ最新作 第286話 「両の眼を閉じた時!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)は以上

次回は6月24日発売です

タイトルとURLをコピーしました