キン肉マン 311話 感想


キン肉マン 週プレ最新作 第311話 「聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)への案内人!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)

突然「一緒に超人墓場へ行こう」と怪しい誘いを投げかけるジャスティスマン。

キン肉アタルが残虐の神から聞いた話の真相は直接閻魔様から聞いた方が良いと提案するジャスティスマン。

さらには「私もザ・マンと話をしたいと思っていた」となんだか意味深なセリフも残す。

「お前たちが希望するなら同行を許すがどうする?」とアタル・ブロッケン・アリステラ・マリキータマンの遺体に問う。

マリキータマンはもうとっくに魂か何かは超人墓場にイッてんじゃねーのか?


キン肉マンはジャスティスマンに「お前はザ・マンに反旗を翻した立場なのに会いに行って大丈夫なの?」と心配してあげる。

するとジャスティスマンは初めて見せるニヒルな笑顔で「心配してくれるのか?キン肉マン」と答える。

「あのような行動をとったが、私とザ・マンの関係はそんなヤワじゃない。ゴールドマンとも闘って、あの男の考えも変わったはずだ。私はそれを確かめにイきたいと思っていた。」とも続ける。

そして「ハワー!」とか言って両手から〇ペルマみてーな妙なビームを天に向けてドバドバドピュドピュと放つ。

空間からクパァといやらしい亀裂が開けて、ジャスティスマンお得意のワープゾーン(旅の扉)が現れた。

作中で1か月ほど前に東京からバルセロナまで走って移動しようとしていた頭のおかしい2人組にも作ってあげたものだ。



ジャスティスマンは「我々に変わり、未来を担う超人達よ。もし覚悟ができたならこのワープホールが消える前にくぐりぬけるが良い」と告げ、さっさとクレバスの中へズッコンバッコンと突き進んでゆく。

ソルジャーも我慢できなくなったのか「さぁどうする?オレはイくつもりだ」と問うと、ブロッケンも「もちろんオレも一緒にイくぜ!兄貴隊長」と相変わらずイキりまくる。

アタルソルジャーは「アリステラよ、急展開となったがザ・マンと話す覚悟はできているか?」と3Pにもちこもうとする。

アリステラは「ああ当然だ。ヤツととうとう話ができる。こんな機会を誰が逃すものか」と返す。

そして足元のマリキータマンの遺体に「マリキータ、オレはイッてくる。オメガの代表として、ザ・マンと話をつけてくる」とささやきかける。

ず~っと閻魔様をブッ殺す気満々だったくせに「話をつけてくる」とかもう牙を抜かれてんじゃねーか(笑)



すると・・・しょ、衝撃の展開が!

ここでなんとキンターマンが突然キャミキャミ言い出して口を開いた!

「頼むぞアリステラ!オメガの未来・・・すべてはお前の思うままに・・・お前がオメガだ!」とまるで高田延彦みてーな口調で返答する。

お前まだ生きてたのかよ!

サタンに心臓を太くて長くて硬い杭でモロに貫かれたのに生きてるってどーゆーこっちゃ?

人間時代のジェロニモかお前は!



あの後、確かにこと切れてたよな。

つくづくこの漫画のこと切れる描写はアテになんねー。

王位争奪編冒頭のフェニックスシズ子といい、超人タッグ編のバッファローマンといい。

もういいかげんにしてほしい(>_<)

生きてるのか死んでるのかはっきりしてくれないと!!

ウルフマンは特にそう思っているだろう!!



しかしマリキンターマンあまりにもタフすぎだろ。

そもそもコイツはこの日3試合目だった。

カレクックに散々傷口にカレー粉を塗り込まれて、

ゼブラに脳天から壁に叩きつけられまくって、

そしてフルメタル・ジャケッツのナパームコンビネゾンまでくらって、

挙句にサタン様に心臓をブチ抜かれて。



それでもまだ生きてるとかタフにもほどがある。

しかも「お前がオメガだ」とか言える余裕があるとか。

お前、男だ!



とにかくアリステラは「行こう!キン肉アタル、ブロッケンJr.」と初めてブロッケンを「小僧」ではなく名前で呼びかけ出陣を促す。

そして3人揃って空中にくぱぁと開いたビラビラの中に突き進み、気持ちよさそうに昇天。

ジャスティスマンが作ったワープホールは、都合よくスワローズネストまで現れている。

キン肉マンは「私とミートはもちろんイくが、パイレートマン、お前はどうする?」と問う。

するとパイレートマンはピンピンして立ち上がり「吾輩も行こう」と夏目漱石みてーな口調で返答する。

そしてまたも3人揃って空を飛び昇天。



ジャスティスマンは73話で将軍様がしていたように、聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)の対岸にある岩に片足をついて腕を組んで向こう岸を見据えている。

そこに、昇天してスッキリしてきた6人がやってきた。

「これで全員だな?」と問うジャスティスマン。

さすがにキン肉星にいるアイドル超人や悪魔城にいる悪魔超人どもは来ないか。

そんなに呼び寄せたら描くのめんどくせーか。

ただでさえ中井先生は描くのめんどくさいキャラはさっさと負けさせたり登場を少なくするからな(笑)



キン肉マンはモン=サン=パルフェの造形のおぞましさにまたも失禁。

この失禁描写ホント好きだよねゆでたまご先生。

何度も言うけど大の大人が失禁してる姿を見ても引くだけなんだけどなァ(笑)

〇カトロフェティッシュじゃああるまいし、こーゆーのが楽しくて仕方ない読者もいるんだろうか?

ゆでたまご先生って下ネタ大好きそうだもんね。

うんちとかおしっことかおなら(実際コンビ名の由来はおならの臭いが“ゆでたまご”だったから説が有力とか。




ジャスティスマンはキン肉マンのお漏らしを見向きもしないで、モン=サン=パルフェに続く「天への道(ロード・トゥ・ヘヴン)」は完璧超人にしか開くことはできないと告げる。

するとここで失禁したてホヤホヤのキンの野郎が何をトチくるったのか、超人オリンピックのザ・ビッグファイト以来のキン肉泳法をおっぱじめる!

尺稼ぎにはもってこいのネタですねゆでたまご先生(笑)

実際泳いで渡ろうとした名もなき超人が火だるまにされる描写があったから、ザ・ビッグファイトの時みたいにバタ足の力で火を止めるか?

しかしジャスティスマンは「アンジンロッソ・・・アンジンロッソ・・・」と妙な呪文を唱えながら「目覚めよ!そして我を受け入れるがいい!裁きの門よ!」と、73話の将軍様と同じセリフを放つ。

すると、73話同様にまたも海がモーゼのようにクパァと開いて道が出来て、泳いでいたキンの野郎はビターンとインリンみたいに倒れ込む。




そういや、キンの野郎はアタルと何年かぶりに再開したのに全然絡みねーな。

散々モニター越しに話していたとはいえ、「直接対面」は2,3年ぶりだろうに。

ジャスティスマンは「たった今“天への歩道(ロード・トゥ・ヘヴン)”は開かれた!ようこそ聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)へ!」と完全にツアーコンダクター状態のセリフを吐く。

しかもその背後で小さく倒れたままになっているキン肉マンがなんか面白い(笑)

そして相変わらずブロッケンと会話シーンがほとんど描かれないし。

キン肉マンとブロッケンジュニアの関係が、まさに『ドラゴンボール』の悟空と餃子(チャオズ)状態であると再認識させられて今回は終わり


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

・・・ってこれで終わりか~。

全然話が進んでいない。

せめて超人墓場の内部までは進んでいてほしかった。

しかも次回更新が4月6日だ。

2週間更新が空いて、次が3週間後とは。

その間がこんなに話が進まない展開じゃさすがにしんどい。



こりゃ次回も閻魔様の元まで行かないかもな。

天への歩道を歩いて、門を開いたあたりで終わりかな次回も(笑)

たまりません。



とにかく今回はキンターマンのタフさだけが目立ったストーリーだった。

あれでまさか生きてるとは。

ジェロニモみてーに自分で心臓マッサージでもしたんだろうか?

あれで生きてるとかわけわからん。

バッファローマンがマンモスマンのノーズフェンシングとビックタスク2本の合計3本で体を貫かれてもピンピンして生きてたのもすごいけど。

それでいて悪魔超人編ラストの「制裁」は大したことなさそうだったのにお陀仏になっちまったし。



312話のマジな予想は、やっぱり超人墓場内で誰かと会うと思うんだよね。

すんなり閻魔様の元に行っても面白くないし。

カメハメとかドクター・ボンベあたりが出てきてほしいかな。

アタルとカメハメの絡みとか見てみたいべ?

あとはブロッケンマンくらいか。

とにかく五分刈りの旦那だけはカンベンな!



キン肉マン 週プレ最新作 第311話 「聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)への案内人!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)は以上。

次回は4月6に日発売です!

3週間辛いです(>_<)








タイトルとURLをコピーしました