キン肉マン 155話 サイコマンの願い!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第155話 「サイコマンの願い!!」 感想(あらすじネタバレ含む)

年末年始を挟んでビシッと指さしポーズをキメながら火事場のクソ力の脅威を語るサイコマン

その「ハタ迷惑な力」が下等超人の間で蔓延してきている上に、まだ不安定であるもののそれが爆発的な力を秘めている事は今日ここに集まった「イレギュラー」のサンプルどもが実証したと続け、「情けない事に完璧超人の精鋭と呼ばれた者たちがここまでの体たらくを晒してね」と語り、その背景には無量大数軍の一員でありながら下等超人に敗れ去ったダルメシマン・マーリンマン・ポーラマンの姿が描かれ、ふがいない部下を嘆いている様子

無量大数軍(ラージナンバーズ)もネメシスとグリムリパーと死んだネプチューンキング以外は完璧とは名ばかりの「とんだ一杯食わせもの」の集まりだったが、その上位種族であり完璧超人界の頂点である完璧超人始祖(パーフェクトオリジン)もサンシャインやニンジャやましてジャンクマンごときに負けたり、地獄の断頭台一発で即死したりとザコ揃いで、半分は「とんだ一杯食わせ者」だったわけだけれども

おかげでもう完璧超人側で残っているのは超人閻魔(ザ・マン)とサイコマンとネメシスしかいない

シルバーマンとジャスティスマンの立ち位置はおそらくニュートラル(中立)を守るだろうし

サイコマンは「下等超人」が下等ゆえに分不相応な力を身に付けた者がどんな末路を辿ることになるか知らないと指摘し、今の彼らは歩き始めた赤ん坊が棒切れどころか日本刀を振り回しているようなものだと例えて「お~こわいこわい」と不安を煽る

ここは日本刀より拳銃と表現したほうが的確だった気がするが

とにかくサイコマンは「下等超人」が大きな力を持つことは自分達の立場も脅かされる事を恐れるというまるで王位争奪戦を招いた邪悪の神5匹みたいは発想ではなく、宇宙の秩序をものとして危険視している様子

そしてサイコマンは自分がいくらいっても聞く耳を持たないだろうから、シルバーマンの口から諭してやってくれと告げる

ず~っと無言のまま何の同調も見せず何も答えず聞いていたシルバーマンはここで「あぁわかった」と答えてブロッケンJr.をお姫様抱っこしてサイフォンリングを包んでいたガラスが割れた箇所からバサバサとマントをなびかせながら舞空術で外に飛び出し4Fの高さから飛び降りる

もう完全に空を飛ぶのがあたりまえなドラゴンボールチックなマンガになってきたね

シルバーマンは4Fから地上までふわりと着地し、子孫であるキン肉マンの元へ

キンは簡易な木柵を飛び越えシルバーマンの元へ駆け寄ろうとする

すると超人教会(?)のいかにも超人ではなく人間らしき役人どもが「ダメだそこから出る事はルール違反だ!」と血相をかえて駆けだしてくるが、既に試合は終わったのになにがルール違反なんだこの石頭どもは

シルバーマンはその無駄にお堅い役人2人を手で制止する

いきなり現れてどこの馬の骨のこって牛ともわからないシルバーマンの制止に素直に従う木っ端役人ども

対峙するキン肉マンとシルバーマン

身長差がすごい・・・

身長185㎝のキン肉マンが思い切り見下ろされるほどだから250㎝くらいありそう

でもこのマンガの身長描写のいい加減さはキン肉真弓の身長が217㎝(ロビンマスクと一緒)もあるのにどう見ても身長165㎝のハラボテ・マッスル(委員長)と同体型にしか見えないことからもあまりアテにならないが

設定のいい加減さはザ・キンターマンが「アフリカ出身」と国でなく大陸全体の出身だったのも見逃せない

そしてシルバーマンの下半身・・・

タイツなのかパンツなのかノーパンなのか「安心してください、穿いてますよ」状態

これ大丈夫なんだろうか?

そんな、とにかく明るいシルバーマンに3年近く闘いが描かれていない主人公・キン肉マンは「シルバーマン、まさかあなたが我がキン肉族の偉大なる開祖その人だったとは今回の闘いで私は初めて知りました。かつて正義超人と悪魔超人の抗争の際はあなたには本当にお世話になった。私があの恐ろしい悪魔将軍に勝つことができたのもすべてあなたの助言があったからこそ。あなたがいなければ今頃正義超人は悪魔超人に駆逐されていた。このキン肉星58代大王・キン肉マン、決してそのご恩は忘れません」とご先祖様に手を合わせて珍しく長セリフをつらつらと語り掛ける

しかしここで「だがしかし」とグッと溜めてから語気を荒げて「それは我ら正義超人のためではなく、本当は全て完璧超人の為だったのですか?危険なゴールドマンを抑え込むために、私たちは利用されたいただけだったというのですか?答えてくださいシルバーマン!いやさ、 完璧・弐式(パーフェクト・セカンド)シルバーマン!!」と将軍様を指さしながら激昂して詰め寄るキン肉マン

するとシルバーマンはブロッケンJr.の体をまるでゴミのようにキン肉マンに向かって放り投げる

「おわっ」とか懐かしい声を挙げてキャッチするキン肉マン

それが正義超人の開祖がやることかシルバーマン!

しかもブロッケンをお姫様抱っことかある意味アブねーだろ!

ただでさえドイツ人と角界は“そっち系”が多いってのに・・・

そしてシルバーマンは子孫であるキン肉スグル新大王に「あなたたちは本当によくヤッてくれました」とねぎらいの言葉をかける

「その結果、私の目指した“正義”の形。見事ここに体現してくれました」と言いながらまた両手をおててのしわとしわを合わせてしあわせ状態にしてそこに浮かび上がらせたKINマークの原型(?)みたいな変なマークをキンの胸に押し当てます

たまりません

そしてシルバーマンは戦闘スタイルマスクをシャキィンと外して柔和な笑みをたたえながら「完璧超人のためというのは私の用意した方便。あなたたちは誰にも利用されていないし間違ったこともしていない。胸を張るのです。そのことはキン肉スグル、あなたが一番わかっていることでしょう」と語り掛ける

「わ、私が?」と、ちょっと何言ってるかわからないサンドウィッチマン富澤状態に陥るキン肉マン

「そう、正義の魂が決して特定の誰かの為だけに利用されるような脆いものではないことを。私が超人墓場を出た最初の理由は確かにサイコマンが先ほど話したようなものでした。すべてがそこから始まったことは否定しません。ですが・・・兄の観察と説得を続けるうちに私もまた兄と同じく下等超人と呼ばれる者たちの秘めた可能性に気づいたのです。とはいえ兄のやり方では急進的で強引すぎる。もっと穏やかな道が必要だ。そう考えた私がたどり着いた新たな地平・・・それが“正義超人”という枠組みでした」とお釈迦さまみたいに両手を広げて御高説をのたまうシルバーマン

「で・・・では、私たちが完璧超人の手先だというのは・・・?」と恐る恐る問うキン肉マン

とにかく柔和なシルバーマンは「安心なさい、穿いてますよ」的に切り出して「我々は誰にも縛られた存在ではありません。正義の誇りを胸に1つ。私は今日、ようやく始祖(オリジン)を倒すほどの成熟を果たしたあなたたちにそれを伝えにきたのです」と馴れ馴れしくキンの肩に手を置いて語りかける

う~ん・・・正義超人はまだ1人もオリジン弁当を食ってはいないんだけどなぁ・・・

せいぜい「半分正義」状態である、こって牛とニンジャくらいかな・・・はんぶん不思議

シルバーマンがそこまで喋ると背後からモワァ~っと妖気が漂ってくる

妖気の主はもちろんとにかく根暗なサイコマン

最初のうちはうんうんと頷いてシルバーマンの話を聞いていたが、途中からシルバーマンの話も正義(下等)超人寄りの内容になったんで、唯一心を通わせて信頼していた相手であるシルバーマンにまで裏切られた怒りと悲しみ負のオーラを全開にしながら「そんな下等の者どもにこの世の未来を任せられると本気で言っているのですかぁ~!」と左手でめっちゃ指さしてきて激昂する

シルバーマンは「サイコマン、もう彼らは下等じゃない。キミが言うような赤ん坊の時代はとうに過ぎ去り、まさに今、立派に成熟を果たそうとしている。それを見据えて認めなければやがて立場は逆転し、墓場自体が時代に取り残されむしろ下等へ堕ちてしまう。いや・・・そうなりかけているからこそ兄と僕は動いたのさ」とちょっと芝居がかってカッコつけた口調で返す

そもそもオリジン弁当連中が全滅させられかけているってのにまだ「下等」とか言って上から目線の選民意識をふりかざして見下す事ができるのがおかしい

サイコマンは両手を顔に当てる西洋人チックなジェスチャーをしながら「あなたまで何をバカな!万が一にもそう思うなら・・・それこそむしろそうしないためにあなたの帰還が必要なんじゃないんですか!」とちょっと異常な完璧超人始祖としての帰属意識を示し始める

さらにサイコマンは両手を文字通り「おててのしわとしわをあわせてしあわせ」状態に合わせてから両手を組んで懇願するような形になりながら「あなたの部屋もあの日のままにしてあります。いつでも安心して還ってこれるように。あなたの居場所はこんな品性下落な地べたではない。真に優秀な私たちこそ本物の神になろうといつか誓ったあの超人墓場こそが私たち11人の永遠の約束の地です!」と必死の形相でめっちゃイキりながら自分に酔った発言を力説する

「下等」超人に全滅させられかけてるくせに真に優秀とか神になるとかもうめちゃくちゃだ

さらには「いや、他の始祖(オリジン)すらどうでもいい。11人もいりません。閻魔さんとあなたと私さえいれば・・・その実現はまだ可能です。ねぇそうでしょ。すべてリセットしてこの3人でもう一度・・・“神”をやりなおしにあの時代へ戻りましょうよ!」と泣きそうになりながら語るサイコマンはどうやら神様気取り、神様ごっこがしたいだけのご様子

そして無量大数軍(ラージナンバーズ)唯一の生き残りかつ、強豪正義超人のロビンマスクとラーメンマンを連破までしたにも関わらず思いっきり無視され戦力外扱いされたネメシスの心中やいかに・・・

ここはネメシスをカットインしてほしかった(笑)

その11人の中でも真ん中位の強さはあるだろうに

11人の強い順(もちろん個人的推測)

閻魔様→シルバーマン→将軍様(ゴールドマン)→ジャスティスマン→サイコマン→ガンマン→シングマン→アビスマン→ペインマン→カラスマン→ミラージュマン・・・かな

シルバーマンとゴールドマンのどっちが強いかだけど、普通なら兄である将軍の方が強いと思いがち

でもなんとな~く「正義の力」の利でシルバーがやや上じゃないかなと思っちゃうんだよねぇ~

「兄より優れた弟などいねぇ~!」とかいつか誰かが言ってたけど・・・・普通にいるし

しかもそいつと「弟」は血の繋がり全くないし

「北斗の文句は俺に言え!」くらいのことは言えないとねぇ

口先だけの「エセ北斗」野郎(ジャギ)と口先だけの「エセ完璧」野郎(下位完璧超人ども)

なんだか似てるよね

下ネタの文句はオレに言え!

ジャンクマンごときに負けた上に対した必殺技もないペインマンはもっと下げたいけどあれも結構攻略困難なチートな肉体してるし、サンシャインごときに負けたシングマンはさらにチートぶりが高く特異体質のサンシャインじゃなかったら誰も勝てないんじゃないかという雰囲気もあるからなぁ・・・

とりあえずシングマン以下の超人よりは強いであろうネメシス

ペインマンはともかくシングマンをどう倒すかは厄介だけどそれは誰が闘っても同じだろうし・・・

ワイルドガンマンとどっちが強いかも・・・ロビン・ラーメンを連破して、1つ格下のヒエラルキーに所属しながら生き残っていることを考慮してネメシスが上としとくか

とにかくそこまで強いのに無視されたネメシス

怒れ!

ここは怒っていいとこだぞネメシス

お前は男だ

そしてシルバーマンは「すまないサイコマン。やっと芽が出たんだよ。ザ・マンをはじめあの頃のみんなが望んでいた芽が。だから僕はあそこに戻るつもりはない」とキン肉マンの肩に手をかけながら無情にもサイコマンのお誘いを拒否

サイコマンは「シルバー・・・マン・・・!」と不倫相手に捨てられた貴婦人みたいな絶望の極みの表情

「それに僕らは神じゃない。僕らもまた超人なんだ。それをキミたちは忘れてしまっている」と真理を突くシルバーマン・・・いいぞ、よく言った!!!

エセ完璧連中の勘違いを粉々に砕く素晴らしいお言葉です

ただところで・・・お前どうやって肉体を得て生き返ったんだ??

さらにシルバーマンはザ・マンことあやつことストロング・ザ・武道こと太古のやたらゴツい超人の神こと超人閻魔様を見つめながら「特にあの人は自ら神をも捨てて超人になったにもかかわらず・・・ね」と結ぶ

まーサイコマンに関しては空を飛べて、天候・落雷・磁力を操れて、さらに不老不死の肉体を持って何十億年も生きていれば神になった気分も味わえるんだろうけど

完全にフられたサイコマンはなんと歯を食いしばって泣いちまってやがるぜ!!

フられて元気

そしてジャスティスマンの裏切りにブチ切れて以降ずっと竹刀を肩にかけて突っ立ったまま無言だった閻魔様が「シルバーマンよ、久々に姿を見せて最初にかける言葉がそれか。この私から改めて聞こう。本当にそれがお前のみつけた道だと言うのか・・・我らの最終目標がどこにあるのか承知の上でそう言っておるのか?」と重い口を開いてシルバーマンに問いただす

シルバーマンは「お言葉ですが、ザ・マン。それを見失っているのはあなたです」とコナン君みたいな口調で返す

「裏切り者の汚名を着せられた兄も。先ほどそうなったジャスティスマンも。あなたやサイコマンと別の方法で“それ”を模索してきただけにすぎない。どれほど道は違えても目指す先は同じ。その意味では我ら始まりの11人は常に同志であったと僕は信じています。しかしその目的地を最初に見失ったのは、ザ・マンあなただったのではないですか?」と閻魔様を指さし「犯人はおまえだー!」チックに問いかけるシルバーマン

妙に芝居がかったシルバーマンの口調

何十億年も生きてるのに「僕」という妙に青臭い一人称を使うなんとも言えない違和感

そしてどうやって肉体を得て生き返ったのかの謎

なんか喋って話に入ってこいよと思わずにはいられない将軍様(ゴールドマン)とジャスティスマン

ドイツ人と角界の関係について・・・

様々な謎を張り巡らせながら今回はおわり

——————————————————————————

年末にハブ酒に興奮して調子に乗って暴れてたら風邪ひいちまってさ・・・

寝込むほどの事じゃないからそのまま油断してまた暴れ続けて裸で変なことしてたら体冷やして一度治りかけてたもんがブリ返して現在に至り、ダルい体の中やっと新年一発目の更新をキメたぜ・・・

途中まで更新してたんだけどダウンしたりしてやっとな・・・

ハブ酒なら酒にも効くかと思ったけどセキは止マラねぇんだよな・・・

体調悪いのにあっちのほうはザ・キンターマン状態という「下半身ばかり元気いっぱい」状態・・・

アンタは快適な新年を迎えてるのか?

そうか・・・

それならいいんだ

さすがだな

やっぱ男だぜアンタは・・・

でも五分刈りの旦那だけはカンベンな?

そういやこないだの金曜にルパンの新作TVスペシャルやってたべ

あれで出てきたジェームズボンドもどきの敵なのか今後味方になるのかあいまいなままで終わった007チック野郎ってテリーマンに似てなかったか?

イギリスの・・・女王陛下の007(MI6)なんだからロビンに似ていてほしかったけどロビンの素顔はなぜかいつも血まみれで目しかはっきり見えないからな

フランスのルピーン

とにかくサイフォンリングでの闘いも終わった

ジャスティスマンの裏切りの時点でブチ切れて立ち上がったものの、突然ブロッケンジュニアとサイコマンの試合が盛り上がってしまい前に出ていくタイミングを失ってしまったままになってしまっていた閻魔様

そう考えるとちょっと可愛いが、その閻魔様がついに動くんだろうか

とはいえ再三言ってる事だが敵さんの駒はあとわずか

閻魔様・サイコマン・ネメシスの3人だけ

そしてネメシスと対戦するのはいよいよ3年近くぶりに闘いが描かれるであろう主人公・キン肉マンだろう

まさかここですぐ試合が始まるなら連戦になり一時はラーメンマンに殺されかけたネメシスは不利すぎる

もうサイフォンリング及び国立競技場でこれ以上試合する意味もないし日を改めるだろう

ただまだ将軍様もウォーズマンもサンシャインも残ってる

次が4戦目となるサイコマンの相手はなんとなくウォーズマンか?

まだ最大の切り札を残してるとはいえさすがにサイコマンが4回も勝つとは考えにくい

案外サイコマンは裏切ったシルバーマンかジャスティスマンに戦いを挑むかもしれない

完璧超人始祖(パーフェクトオリジン)の上位同士の闘いは面白そうだ

そしてある意味「最強対決」の雰囲気もある閻魔様と将軍様の闘いが描かれるんじゃないだろうか

正直閻魔様と闘えるスケールのある超人ってキン以外じゃ将軍様しかいないもんね

それとも裏切り者の2人であるジャスティスマンかシルバーマンが「かませ犬(生贄)」になるんだろうか

それともまさか閻魔様にウォーズマン当てちゃう?

さすがにサンシャインVS閻魔様なんて結果見え見えの闘いだけはカンベンな

五分刈りのダンナもカンベンな

う~ん・・・敵さんの駒を増やす必要もないっちゃないけど、増やしてほしい気持ちもぬぐえない状況

完璧超人であるネプチューンマンにジ・オメガマン・・・

この2人が絡んでこないのももったいない

オメガマンは死んでる上に預言書の灰も燃やされて存在まで消されてしまい復活するには「二重苦」状態だけど、シルバーマンが何の説明もなく肉体を得て復活してるくらいだからどうとでもなるでしょう

そして人気NO1超人であるキン肉アタル・・・

出てきてほしい超人はまだまだいる

まさかこの残り3人の敵だけで今年1年引っ張るつもりもゆでたまご先生にはないだろう

そもそも既にサイコマンは3度も勝ちネメシスも2度も勝っているキャラでありこれ以上勝ち続けるのも無理があるし地味に閻魔様だって魔雲天と闘ってブッ殺してるわけだから・・・

そういや閻魔様の「零の悲劇」でカレクックや便器が人間にされたことなんてもう誰が覚えているのか

次回予告煽り見出しは「次回、サイコマンご乱心・・・」といかにも正月チックな表現(笑)

歯、食いしばって泣いてたからねサイコマン

そりゃ暴れるわな

発狂して会場中にサンダーサーベル乱れ打ちでもするのかな

そういやテリーマンの選手生命の今後もどうなるのか

そもそもテリーはまだ片足でポカーンとしてリングに倒れているままなのか

ロビンマスク・テリーマン・ラーメンマンの進退問題もなんとなく気になるままだもんな

みんな引退ならロビンマスクは生き返る意味さえなくなっちまう

生き返るとすれば超人再生術+ネプチューンマン再登場は濃厚だと思うんだけどなぁ

そういやジャンクマンも片腕失ったままずっとほったらかしか・・・

いろいろあるけどさ・・・

今年も一緒にキン肉マンをあれやこれやと楽しもうや

友達になろうぜ?

キン肉マン 週プレ最新作 第155話 「サイコマンの願い!!」 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は1月18日発売です

タイトルとURLをコピーしました