キン肉マン 341話 壊れてこそ築けるモノ 感想

キン肉マン 341話 「壊れてこそ築けるモノ!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)レビュー
マンモスマンの復活をモニターで見つめて嬉しそうな超人血盟軍。
つってもマンモスと絡みがなかったアシュラとニンジャはかなり温度差がありそうだが(笑)
とにかく嬉しそうな世界一暑苦しい男・ブロッケンジュニア(笑)
ソルジャーはサブタイトルの「壊れてこそ新たに築けるモノもある」と賢者っぽいセリフ。
そして「ここからがヤツの本領だ」と語る。

マンモスマンはこんどはフライングクロスチョップをお見舞いする。
コーカサスマンは真下の地獄の門に落ちそうになるがロープを掴んで留まる。
どっちみち飛べるんでしょ?
とにかくこのフライングクロスチョップで胸の鎧の部分が破損した。
フライングクロスチョップって軽い技のイメージがあるけどマンモスマンがやると重い攻撃になるのかな?
プロレスでもマスカラスのフライングクロスチョップが決め技で試合が終わることってあったのかな?

さらにマンモスマンはジャンピングニーを叩き込む。
これはヘビー級のジャンボ鶴田もやってた技だしそこまで空中殺法って程でもないが。
しかしコーカサスマンも小林邦明を彷彿とさせるフィッシャーマンズスープレックスで叩き付ける。
コーカサスマンはバックフリップとかエクスプロイダーとか自分の背後へ反り投げる系のスープレックスが好きね。
そして再びマンモスマンを軽々リフトアップして「いくら修練を積ませようが超人が超神を超えることなど不可能」と選民思想を主張する完璧超人みたいな性格。
さらに「夢見がちな慈悲の神、ザ・マンよ、余はおぬしに再び逢いその現実を突きつけるためあの日のおぬしと同じ道を・・・この地上へと降りてきたのだ」と50億年も昔のことを蒸し返す。

しかし頭上のマンモスマンが「何をブツブツ言ってやがる」と脇固めでマットに伏せさせる。
さらにそこから相手を仰向けに反転させ、両腕と両足を逆方向にそらせるルチャ系の「マンモスジャベ」をキめる。
グキグキ音がしてコーカサスの骨が折れているのか?
次ページに進むとなぜかお互いハァハァ言って向かい合ってるだけでどう脱出したか描かれていない。
最近こーゆーの多いよね。
とりあえずマンモスマンは「強い・・・こんな強いヤツがいるから闘いはやめられねぇ」と真剣勝負を存分に満喫しているご様子。

コーカサスマンは「空中殺法なら余が上だ」とマンモスマンの胸を斬り裂いたムーンサルトクエルノを狙う。
だがマンモスマンは「マンモスオレイユ」とか言ってダンボみてーにマンモスの巨大な耳をおっぴろげてコーカサスマンを包みこんでしまう「ブラインドアリー・イヤー」を敢行。
しかしコーカサスもその腕力でマンモスの耳から脱出してドロップキックを叩き込む。
「わかったであろう。力も空中殺法も余が最終的には上だと」と言いながらコーカサスマンの角もついに1本折れる。
マンモスマンはなおも立ち上がり「オレも鼻と片牙の2本、お前も残った角は2本。これで勝負は五分と五分」と言って再びリング中央で激突。
コーカサスマンは「なぜなのだ。おぬしはなぜそこまで」とつぶやく。

マンモスマンは現地の中野さんたちのコールを受け「響き渡るこの声がこの闘いのオレの最後の武器だ!」と絶叫し、ついにコーカサスマンのセンターの角をビックタスクでヘシ折ってしまう。
マンモスマンは「お前は気づかず見過ごした。オレのお前を倒すための予備工作を!」と言うと、残ったビックタスクに鼻を巻き付けて突き刺す「サンクション・ノーズ・フェンシング」を敢行。
フライングクロスチョップで破壊していた部分を狙ったのか、ついにコーカサスのカブトムシの硬い鎧をマンモスの鼻と牙が貫く。
「キバ+キョダイバナ+セイエン=最強」というかつての「オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ=友情」みてーな煽り見出しが妙に引っ掛かる。
マンモスマン逆転勝利か?
しかし回跨ぎになったことで微妙な流れで今回は終わり。

——————————————————————-

なるほど、やっぱり最後はマンモスマンと言えばノーズフェンシングか。
これで決まりなのかな?
コーカサスはメインの角も折られたしもう反撃の余地がなさそうだが...?

キン肉マン 341話 「壊れてこそ築けるモノ!!」の巻 感想(ストーリーあらすじネタバレ含む)レビューは以上。
次回は3月29日発売です。
タイトルとURLをコピーしました