キン肉マン 45話 闘いに美学はいらない!?の巻 感想

キン肉マン最新作第45話「闘いに美学はいらない!?の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)です

第44話と第45話の史上初(このブログ内でのね)のダブルヘッダー更新に老体に鞭打って挑みます(笑)

あ~45羽じゃなくて45話だったね

ちょっと「羽」という言葉が今頭ん中強烈によぎってるんでつい・・・ね

つまり今回のテーマは「羽」だってことだ

わかるな?

それにしても今回のタイトルは何か嶋田先生っぽくない表現だなぁ(笑)

前回のラストで温泉を掘り出してその蒸気で太陽光を遮っちまったジャック・チー

全国地域おこし委員会からの熱い注目を他所にクールにブラックホール(通称BH)にトドメを刺しにイキます

またも壁にボイリング・ショットを放ちその反動でムーンサルト・プレス

だけど「HOLDOUT」時代の武藤敬二のラウンディング・ボディプレスほどの華麗さはありません

それでも「カカッ」と痛そうなBH

ここでリングが切り替わり、グリムリバーにSTF(?)のような技をかけているスプリングマンが登場

これも「FANTASTIC CITY」時代の蝶野正洋ほどの鮮やかさはありません

さらに相変わらず一方的にターボメンをボコッてるバッファローメンも登場

しかし今度は久々にターボメンの反撃を「ボシュー」と食らっちまいます

共に「BH!」とブラックホールを妙な略称で呼び心配している様子

ジャックは首相撲からボディへの膝蹴り連打

BHはそれから逃れロープにもたれかかる

しかしすぐにジャックが初代タイガーマスク(佐山聡)がよくやるトップロープとセカンドロープの間でグルンと一回転するような流れでスピンキックをBHの顔面に叩き込みます

BHはまたもダウンしてコーナーに倒れこみます

ジャックは「ご褒美」として「クーランド・ショット」という水流を上空に放ち、

蒸気を割いて太陽光をリングに注がせました

影が発生し狂喜するBH

「さぁ、影を作ってやったぞ。思い切り楽しめ」とわけのわからない煽りを入れるジャック

BHは嬉々として水泳の飛び込みのように自分の影に向ってダイブします

バカです

ジャックは「世の中そんな甘くない」とすぐさまクーランド・ショットを停止

するとあっと言う間に太陽光はまた消えちまいます

すぐさまジャックはデスバレーボムの右腕は首ではなく相手の左わき腹部分を抑えてさらに鋭角に脳天から叩き付けて頭蓋骨を陥没させる殺人技「“完流”フォーセットクラッシャー」をぶちかまします

ブラックホールの頭蓋骨が砕けた手ごたえがあったとご満足頂けたご様子のジャック様

あんなリング状で穴の空いた頭部に骨なんてあるんだろうか

ちなみにデスバレーボムの創始者は高岩と思われがちだけどラスカチョの三田英津子

オレは大ファンだったんでね

自由が丘で一度見かけたことがあって目線も合ったんだけどシカトされた淡く切ない思い出もある

今はブル中野が中野で経営する中野づくしの小料理屋でも働いてるらしいえつ姫

自由はあるのか?自由が丘

しかし!頭蓋骨が砕けてもまだ立ち上がってくるBH

コイツは不死身かゾンビか?

単に頭部に骨ないだけだと思う

あんな頭してて骨なんてあるわけねー

四次元の入り口に骨なんかあるかよ(笑)

そしていきなりジャックの両目を目潰しで突く!

さらに股間をバックで蹴り上げるタイプの金的

これはあんまデカくないのか大して効いていないジャック

だかがさらにBHはヘッドロックに捉えロープに顔面をこすりつける渕正信やマイティ井上みたいなセコ技

しかしそんな反則攻撃までもジャックに「卑怯者ー!」とアッパーカチ上げられてダウン

これに観客まで呼応してブーイングや罵声の嵐

まるで有楽町駅前で演説した菅直人や新宿駅前で演説した野田総理のようにめちゃくちゃ言われてます

キン肉マンは「BHは連戦なんだ。卑怯なのは完璧超人の方だろ」とBHをフォロー

だったらターボメンやクラッシュマンの連戦はどうなんだ?

なぜBHだけ連戦ハンデを強調する?

しかしそんな観客のブーイングに噛み付いているキン肉マンやテリーマンに友情を感じたのかBHは何か思うところがあるようで・・・

思えばBHにとってキン肉スグルは二度も自身を殺した「怨敵」です

二度目のマッスル・ドッキングの初疲労の時は死んでたかどうか曖昧ですか

あ~でも超人墓場に確かペンタゴンはいたから少なくとも相方は死んでるな

そもそもキン肉マンというマンガは死んだのかただKOされただけなのかわからない超人多いんですよ

王位編は特に多い

ホークマン、マンリキ、キャノンボーラー、ビッグボディ辺りはマジでわかりにくい

マンリキはパロスペシャルで「ゲホッ」と血を吐いた

しかし同じように血を吐いて死んだと思われていたミスターVTRはまだ生きていた

ホークマンも死んだのかどうかわからん

ましてキャノンボーラーなんてマンモスマンとラリアットの合い打ちになっただけ

あれで死んだとなれば首の骨がラリアットで折れたということだがマンモスマンの腕力すごすぎ

そこでジャックも「観客の言う通りだ。見苦しいから自害せぃ」的にとっとと自殺をオススメしやがります

BHは自害しようか「・・・」と悩んでいるが・・・

ここで「素晴らしいぞブラックホール」と略称なしで呼ぶ声が

てっきり誰か新キャラが登場するかと思ったが何のことはなくスプリングマン

とにかくあの妙な略称で呼ばなかったね

そしてスプリングマンもバッファローマンも「オレ達悪魔は何をやっても最終的に勝てばいいんだ」と激励

「命ある限り戦い続け、そして死ぬ時も前のめり」と悪魔の矜持を熱く語るバッファローマン

だから周りの反応など気にするなと激励

ブラックホールはこれに力を得て再度反撃

ついにフェイバリッドの至高のブラックホール吸引を開始

これまでに見たことのない吸引力でコーナーの鉄柱やロープなども吸い込んでいきます

しかしジャックはまた水流をブラックホールの足元に打ち必死に踏ん張ります

それやるよりブラックホールの胴体にトドメのボイリング・ショット打ち込みながら踏ん張ればもうそれでKOなんじゃないの?

とにかくそれに気づかないバカ(ジャック)は必死に抵抗

するとジャックの背後から何物かが飛んできて一瞬でBHの顔面に吸い込まれました!

BHさえも何を飲み込んだのかわからない様子

そして後に残ったのは舞い散る無数の白い羽・・・

今週はここで終わりです

——————————————————————

いや~再三噂に挙がっていた例の超人がついに登場しそうですねぇ~

えぇ○ンタゴンですよ

嶋田先生が登場させると言っていたペンタゴ○がついに登場と考えて良いでしょう

四次元殺法コンビの復活ですかね

ただ四次元殺法コンビにそこまで思い入れあるファンはそんなにいないと思いますけど・・・

このPタゴンってカテゴリ的には正義超人の分類なんですよね?

だとしたら悪魔超人のBHがよくコンビを組んでくれたなぁと思います

それにコイツは正義超人のくせに悪魔や完璧超人相手に戦った事もないし

結局ウォーズマンに羽毟られて顔面抉られて最後はマッスルドッキングのかませ犬になっただけのイメージ

正義超人ということはカナスペとかスカイマンとか便器マンとかのレベルですよね?

下手すりゃキンターマンとかルピーンと同じ立ち位置になるんですよね?

アフリカ代表のキンターマン

フランス代表のルピーン

もう・・・何と言って良いかわからないこのネーミングセンスが愛おしくてたまらない

ただ、Pちゃんってウォーズマン戦結構ウォーズマンを追い詰めてるんだよね

ボスキャラ補正で実質完璧超人(本当の意味で)状態だった当時のウォーズマン

原作読み返してみるとそのウォーズマンを結構追い詰めてるんだよ

「スペースシャトル」結構効いてる

顔も書きやすいし馴染み深い超人だよね

それにジョジョで言えば「ザ・ワールド」のスタンド使いとも言える

時を司る神だからねPちゃんは

だから何気に強豪正義超人なのかもしれない

ただ、Pちゃんは四次元空間に自ら飲み込まれてどうするの?

こんなぶろぐにまじになっちゃってどうするの?

寧ろジャックを後ろから突き飛ばして飲み込ませなきゃいけなかったんじゃないの?

それともあれジャックも一緒に飲み込まれたって描写?

そうとも捉えられそうな描写だったけど・・・

でも飲み込まれる直前の黒い影はどう見ても一体だった

だからPちゃんが1人で飲み込まれたと考えるのが自然じゃないかな・・・?

飲み込まれることで同化してパワーアップするとかわけのわからない展開にはならないよね?

どうも行動が謎過ぎて展開も読めない

ただジャックは(おそらく)フェイバリッドのフォーセットクラッシャーも出した

つまり「出し切った」ことになる

となるともうあとはやられるだけ?

ただブラックホールを2連勝させるのはちょっとプッシュがすぎる気が・・・

つーかこれでまた完璧超人が負けるなら完璧弱すぎって話になるし

3連敗とかさ・・・

だからジャックが負けるのも考えにくいんだよね

だから全然展開が読めない・・・

さらにエグい状態なのは実は次回作は3週間後の月曜日まで待たないといけないということ

中井先生が「急病」とのこと

ちなみにジャンプ連載時代ゼブラチーム戦の途中で3ヶ月休載になったのは嶋田先生のヘルニアだったけど

中井先生大丈夫かな?

「急病」って表現がなんか物騒で・・・

とにかくお大事にしてほしいです

せっかくの連載再開一周年だったのにね・・・

展開がさっぱり読めない上にペン○ゴンの謎の行動などいろいろもやもやしたまま3週間待ちますか

マジでヘビの生殺し状態

AVの寸止めで3週間待つみたいなさ

しかたないよねこれはもう

この際皆も出すものはしっかり出しちまおう

以上、キン肉マン最新作第45話「闘いに美学はいらない!?の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)でした

上述の通り、次回は12月10日発売です

「ダブルヘッダー」お疲れ様でした

タイトルとURLをコピーしました