キン肉マン 142話 決死の伝言!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第142話 「決死の伝言!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)

ラーメンマンの最期はどうなるのか・・・?

前回ネメシスを挑発して激怒させついにマッスルスパークを硬い石のリングでブチかまされたラーメンマン

その衝撃でフッ飛んだ肩当が悲壮感をさらに演出する

しかも落下して砕けてしまう肩当て

これって鋼鉄製じゃないの?

ラーメンマンを惨殺したネメシスは「助け合い、思いやり、そんな甘い事を言っているから無能どもにつけあがる隙を与えることになり、結果的に多くの悲劇を生む。それを許さぬ完璧超人の無慈悲さこそが超人閻魔様の示す道へと続く鍵・・・この世を救う唯一の鍵となるのだ」と相変わらず歪んだ精神・正義への憎悪、慈悲の心を拒絶する姿勢を明確にする

前回久々に瞳孔見開きネメシスの「変化」に驚き始めた閻魔様が目を見開いたままカットイン

「ラーメンマン、お前はここに死すことでそんな我らの無慈悲さを示すための人身御供となったのだ。光栄に思え・・・そして安らかに眠れ」と続けるネメシス

技を解くとこのマッスルスパーク・地で新たに脳天カチ割られて大量の出血があり、完全に死人の目になったラーメンマンの無残な遺体(?)描かれる

ラーメンマンがここまで壮絶にKO負けしたのを見るのは初めてな気がする・・・

キン肉マンは「何をしておる!ゴングだろう!」と委員長の助手みたいな奴にゴングを要請

そこは正義超人ならゴングを要請せずラーメンマンが再び立ち上がるのを信じて待ってあげるべきでは?

ネメシスもまさかこの上攻撃などしないだろうし

まー立ち上がったところでこのマンガに良くある「立ったままKO」というオチ止まりだろうけど

そして乱打されるゴング

しかしゴングが乱打されるとまたキン肉マンは「そ・・・そんな、ロビンに続いてラーメンマンまで。起きてくれ!立ち上がっていつもの心強い笑顔を見せてくれ」と今更涙ながらに立ち上がる事を求める

だったらゴング要請するなよ(笑)

そして取り乱す大甥のキン肉マンに対し大叔父のネメシスは「無駄だ、キン肉スグル。何度言わせるつもりだ。この技の威力はお前も良く知っていることだろう」と非情の宣告

キン肉マンもそれを言われると「グウッ!」と現実から目を背けるように顔を背ける

そりゃ95万パワーしかない状態でもサタンクロスやオメガマンをブッ殺すほどの強力な技ですから

ましてここは硬い硬~い石のリング・・・

ネメシスは「オレが慈悲の手心など加えると思うか?今のマッスル・スパークは確実にこいつの命を仕留めるつもりで放たせてもらった・・・もはやこの男が息を吹き返すことは・・・」とまで言いかけるネメシス

すると背後から「うぅ・・・」とイキそうになってるような呻き声が聞こえてくる

ラーメンマンが脳天からおびただしい出血でどう見ても致死量っぽいし白目のままだけど「うぅ・・・」と呻いているのである

それを見てキン肉マンは「うおお~っ!い・・・生きておる!ラーメンマンは生きておるぞ!」と丸太の柵をバシバシ叩いて歓喜

まさに「キン肉マン 旋風(センセーション)」状態

ネメシスは「な・・・なぜ生きている!?オレは完璧にこいつを殺すつもりで技を放った・・・それがなぜ?」と動揺する

ただこれって即死しなかったってだけでどっちみちもう助からないようにも見えるけど・・・超人だからなぁ

するとネメシスは「キッ」と目力が入る

完璧超人は相手を完全に殺すまで試合を終える気はないのだろう

ってことはやっぱアシュラマン死んだんだろうね・・・

そもそもネメシスはピラミッドリングで敗れた超人の自殺をやたら強く迫っていた自殺強要主義者でもある

とにかく「敗者は死を」という姿勢がすさまじく強い

「フッ・・・よくぞあのマッスル・スパーク(しかも石の上)に耐えて生きながらえたものだ。さすがはロビンマスクと並ぶ正義超人軍の重鎮の1人といったところか」とブツクサつぶやきながらラーメンマンに近づくネメシス

そして「今すぐトドメを刺してやりたいが・・・」とラーメンマンの円柱みたいな頭部を片手で鷲掴みする

キン肉マンが「待てーっ!やめろ!」と絶叫する

「何をわめいているキン肉スグル?今が試合中ならトドメを刺しにかかっているところだが、もはや試合終了のゴングは鳴った。我ら完璧超人は規律(ルール)に厳しい。試合の外でただ虐殺を楽しむことはせん。そこの下等な悪魔どもと違ってなぁ」と悪魔将軍とサンシャインを見下しながら語るネメシス

それを聞いてポーカーフェイスの将軍様と対照的に歯ぎしりをするサンシャイン・・・

悔しいか?サンシャイン

でも実際お前は超人タッグ編で試合終了のゴングが鳴った後にアシュラマンと一緒に暴れてジェロニモの脳天カチ割って、手足を引きちぎり(すぐ復元したけど)、さらにカメハメをローラーでミンチにすり潰してブッ殺した「前科」があるだろう?

あれはやってはいけないことだ

そしてあのジェロニモの手足が引きちぎれた幻は一体なんだったんだ・・・?

そして、ここでさっきのキン肉マンが要請したゴングが生きてくるわけか

ゴングがラーメンマンの命を救うとは

でもネメシスのこの考えはブレてる気がする

敗者には死を与えることに固執しそうな性格だしちょっと前まであれだけ強い殺意持ってたのになぁ

そもそも地上の下等超人殲滅が目的じゃないのか?

ちょっとここにきて妙な甘さを見せるのはどうかと思うし悪なら悪に徹してほしいもんだ

まぁこれまで闘った相手は皆フィニッシュホールドをくらって即死してしまったんだろうから、最大のフィニッシュホールドをしかも石のリングでくらって生きている相手なんてこれまで皆無だっただろうから・・・

こんなこと初めての出来事だったんだろう・・・

今日の出来事

はじめてのチュウ

もしかしてこれは・・・「蘇った慈悲の心」(アニメ版第58話「蘇った人間の心」風に)なのか?

でも完璧超人はルールに厳しいとか言ってもガンマンとかサイコマンはゴング鳴った後でも相手が息を吹き返したら絶対「トドメ」刺す性格だと思うけどなぁ・・・

ジャスティスマンやミラージュマンやペインマンあたりは今回のネメシスのようにトドメを刺そうとはしないだろうけどさ

そもそもミラージュマンやペインマンは勝てるかどうかも怪しい強さだったけど

あ~それでもミラージュマンはザコ超人は門番として虐殺しまくってたか

とにかくネメシスは「こいつはおまえたちの元へ返してやる。命拾いしたな。しかし次はそうはいかん。キン肉スグルは必ず仕留める・・・」と可愛い(?)大甥への死刑宣告とともにまたロビンマスクやポーラマンにやったような回転埋葬でキン肉マンにラーメンマンの体を投げつける

するとここで突然バッファローマンがカットインして「ラーメンマン!」と叫ぶ

これまで一切正義超人側に情を示してこなかったバッファローマンだがやはりかつてタッグを組んだ上に「あんたに選ばれて光栄だった」とまで口にしたほどの相手だと違うんだろうか・・・

凄まじい遠心力が加わっているラーメンマンの肉体をキャッチしようと飛び出すキン肉マン

スライディングキャッチでラーメンマンの肉体を受け止めた

「大丈夫か?ラーメンマン」と声をかけるキン

「すまん・・・キン肉マン。勝てなかった・・・」と返すラーメンマン

「そんなもん別にええわい。それよりよくあの技を受けながら生きて帰ってきたものだ。さすがはラーメンマンだのう」とやはり自らも知っているマッスル・スパークが完全な即死殺人技であることを語るキン肉マン

しかしラーメンマンは「いや・・・違う・・・違うんだ・・・。私が・・・いま受けた技は・・・私の知っているお前のマッスル・スパークとは・・・違う技だった」と今にも死にそうな顔をドUPにして衝撃のカミングアウトをするラーメンマン

それを聞いたキン肉マンは「な・・・なんだって?今のネメシスの技はどう見ても私のマッスル・スパークと同じ技ではないか?」と絶叫する

「そ・・・それが違うのだ・・・。私も実際受けて・・・初めてわかった・・・あれは似て非なる別の技だ。だから私はこうやって生き延びた・・・これだけは必ず・・・お前に・・・伝えて・・・おきたかった・・・」とまで言うとラーメンマンは事切れたかのように意識を失う

「ラーメンマンしっかりしろ!今すぐ病院に連れてってやるからな!」と言ってキン肉マンはミートに担架の手配を求める

すると何者かが「もうできておる」と口を出す

もったいぶって登場したのは当然委員長

「我々の手際の良さを侮らんでもらいたいな」と既に救急車とヒゲを生やしたダンディなまるで日本のキンターマンみたいな顔した救急隊員も既にスタンバイ状態

ついでにドクターもいれば完璧だったな

とにかくラーメンマンはさっそく搬送される

行先は間違いなく・・・「超人慶応KO病院」だろう

思えば慶応病院は国立から救急搬送なら5分もあれば着きそうなほど近くにある位置関係だ

ますます「超人慶応病院」臭がハンパなくなってきた・・・

千駄ヶ谷→信濃町・・・たまりません

「ありがとう、委員長」と例を言うキン肉マン

委員長は「この場を預かる者として当然のことをしたまで。同じ正義超人として応援したいのはやまやまだが、今の我々は公平な立場でキミたちに接しなければならん。肩入れもできん。そこはわかってくれ。だがなスグル君・・・」とまで言いかけてもったいぶってまた次ページまで引っ張る委員長

さっきの登場シーンといいなんかこのもったいつけた「ページまたぎ」が多いなこいつは

そういえば国立に初登場した時もそうだったし読者にワクワクさせてからガッカリさせる事が多い(笑)

そしてページを見開いてみると・・・「あのネメシスの次の相手・・・もうキミ以外におらんじゃろ」と誰もがわかりきったことを口にしただけの委員長

紛らわしいなお前!

もったいつけて何言うかと思えばわかりきったことを・・・

お前はもう真弓のアイアンクローでもくらってりゃいいんだよ

それと初期の性悪キャラの方が面白かったぞお前!

キン肉マンとネメシスが戦う・・・

そんな当たり前すぎる伏線を思いっきり張られた所で今回は終わり

ハラボテマギラワシイアイアンクローチンポコマッスル

—————————————————————————-

「キン肉族の因縁」マッチならアタルでもいいと思うけどロビンとラーメンマンの敵討ちというテーマが加わった方が盛り上がるか

どっちみち次が3戦目のネメシスだけにさすがに次は負けるだろうから

ただ、ネメシスのマッスル・スパークは結局本人が完成したと思い込んでいただけで実際は違ったってこと?

形だけ見れば全く同じだし、これまでも何度も使ったのに壁画ビームをくらうこともなかったのに?

どこが違うんだろう

てっきり「蘇った慈悲の心」が入ったということかと思ったけどそうでもなさそうだし・・・

ザコ超人ならまがい物のマッスル・スパークでも即死だったんだろうけど、ラーメンマンほどの一流超人になると例え石の上に落としても殺す事はできないということか

これは・・・90年代のプロレスの話だ

川田利明という今はラーメン居酒屋の経営者になっている名プロレスラーがいた

その川田のフィニッシュ・ホールドは3カウントを奪う技ならパワーボムやジャンピング・ハイキック

そしてギブアップを奪う技なら「ストレッチ・プラム」というコブラツイストとドラゴンスリーパーを合体させたような・・・言うほどフィニッシュムーブに繋がらなかった技があった

三沢のフェイスロックが最初1年くらいしかフィニッシュに繋がらなかったのと似たものがある

すると川田の全日本プロレス時代の先輩に当たり、当時インディ・メジャー問わず幅広く活躍の場を広げていた「理不尽大王」こと冬木弘道というレスラーが全く同じ形の「冬木スペシャル」という技を披露した

当然川田のストレッチプラムと同じじゃないかとマスコミに指摘されるが、冬木は「指の角度が違う」と返し思わず爆笑してしまった

この冬木というレスラーは面白い発言が多く、「(勝てそうな)越中との試合は両国国技館でやって、(負けそうな)北尾との試合はジャスコの屋上でやる」とか爆笑発言の宝庫だった

今回、マッスル・スパークが形は全く同じなのに別の技だとラーメンマンが指摘したことで、もしかしたらまたも「指の角度が違う」というオチなのかと思ってしまったのである(笑)

しかも川田は「麺ジャラスK」というラーメンを強く打ち出した居酒屋ダイニングを経営している

川田=ラーメン屋=ラーメンマン・・・

しかも川田の店で扱ってるラーメンのスープはラーメンマンが忌み嫌う味噌ラーメンである!

カンフーファイター

そんなマッスル・スパークやラーメンと川田の相関性を考えていたら変な気分になってきた

ちなみに麺ジャラスKは決して純粋な「ラーメン屋」ではなく居酒屋なんでラーメンだけの注文はNGと考えた方がいい

プロレスラー時代同様に愛想を振りまくのが苦手な川田だから、気持ちよい接客も期待しない方がいい

無愛想で頑固なラーメン職人という姿は寧ろ川田の性格的には適職だとは思うけどね

あの無愛想ぶりも半分はキャラ作りだとダチョウのリーダーと竜ちゃんに暴露されてるけど(笑)

ちなみにこのオレも最近はますますラーメンにハマってる

暑い真夏でも余裕でイケるほどだ

食いたいと思った店なら他県だろうとジープを飛ばして遠征するほどのラーメンマニアである

もう我慢できない

だから麺ジャラスKについてはいろいろ語りたい部分もある

ただあの店舗は店のスタイルやコンセプトが結構コロコロ変わるからもう少し様子を見たい

そしてオレは麺は細麺派なんだ

太麺はどうもダメだ

太いのはキンターマンのアレだけでいいんだ

麺も柔らかめがいい

硬いのはザ・キンターマンのアレだけでいいんだ

今回の救急隊員はキンターマンに顔が似ていた

それにしてもラーメンマンを生き残したのはどうなんだろう

どうせ敗退するなら生き恥を晒すより潔い死を選んでほしい気持ちもある

メインキャストの死は作品に悲壮感を与えて引き締める効果があるし

まーロビンマスクもあんな不可解な埋葬方をされたんじゃホントに死んだのかどうかもはっきりしないけどさ

つーかあれやっぱ生きてるよね

白発光が発生してたし

どっちみち負けさせるならスッパリ死なせた方がいいと思う

7人の悪魔超人編みたいに

超人墓場が崩壊して安易な生き返りはできないマンガになったけどそれでもいろいろまだ蘇生法はあるからね

ドクター・ボンベの人工心臓

悪魔超人界の謎の蘇生術(バッファローマンが生き返ったやつ)

完璧超人の超人再生術(ネプチューンマンが生き返ったやつ)

思えばロビンマスクが死んでいるのならば復活するのはその超人再生術をネプチューンマンが施して復活するパターンになりそうね

正体の喧嘩男(ケンカマン)とロビンマスクの関係もあるし

ロビンが復活するときにネプチューンマンもようやく再登場かな

でもその頃もう完璧超人編終わっちゃってそう・・・敵も残り4人しかいないし・・・

オメガマン・・・

とにかく超人オリンピックのバトルロイヤルで死んだはずのスフィンクスが数日後後楽園ゆうえんちで日本人の彼女と楽しくメリーゴーランド乗ってたようなマンガだから「なんでもあり」っちゃなんでもありなだけど

いざとなりゃ天から舞い降りてくる花にフェイスフラッシュぶちまければみんな生き返るだろうし

天には星

大地に花

次回はテリーマンとブロッケンどっちの闘いが描かれるか

次の闘いも正義が負ける可能性濃厚

順番通りならテリーマンだからテリーも厳しいかな

その次の闘いだけは読めない

「正義超人がズルズル全滅してたまるか!」的に粘るだろうし

ただテリーもブロッケンもどっちも相手が強敵過ぎて勝つシーンがなかなか想像つかない組み合わせだよね

キン肉マン 週プレ最新作 第142話 「決死の伝言!!」の巻 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は9月14日発売です

仕事めちゃくちゃ忙しくて更新遅くなっちまってもう今日です(>_<)

タイトルとURLをコピーしました