キン肉マン 147話 完璧が目指す“圧勝”!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第147話 「完璧が目指す“圧勝”!!」 感想(あらすじネタバレ含む)

ただでさえ針の穴ほども勝ち目がない闘いだったのについにテリーマンの左足が完治したのかやはり義足なのかずっと曖昧なままだったのがやはり義足で、しかもそれがブッ壊れてテリーマンの選手生命まで絶たれるフラグまで出てきてもう何から何まで絶望的な展開に

それでも「悪あがき」だけは人一倍のテリーマンは左足の痛みも気にせず敢えてその左足でガンガンとジャスティスマンを蹴りまくるが全て完璧にガードされいろんな意味で「裁かれて」しまう・・・

頑固で一本木であまりに直情的すぎる典型的なアメリカ南部の男のステレオタイプみたいなキャラであるテリーマンはそのめんどくさい性格でいろいろ損してしまうが、だからこそ人間的で憎めないのかもしれない

キン肉マンもそんなテリーマンの性格を「辛い時、苦しい時ほど平気な顔をしおる。だから心配なんだ、この試合、あいつが無茶しそうでな」とますますフラグを立てまくる

もうダメだ

ジャスティスマンはテリーマンの左ローキックを右足一本でさばいて裁いてさばきまくり、空いている左足でテリーマンの右足を蹴るとテリーはその衝撃で吹っ飛んでしまった

ローキックで吹っ飛ぶとかかつてのアンディ・フグを思い出すようなジャスティスマンの強さ

しかしテリーマンは逆にロープの反動を利用してジャスティスマンに突進

ショルダータックルを敢行するかと思えば股の間をすり抜けてジャスティスマンの両足を取りまたテイクダウンを奪うと・・・なんと・・・先のマックス・ラジアル戦では出さなかった最大の必殺技であるテキサス・クローバーホールドをついにこの段階で出してしまう

切り札のカードをこの段階で出してしまうとは・・・終わった・・・

案の定技をかけていても自らの左足の痛みの方がヤバいようで早く決着をつけないと最後までもたないとついに弱気な発言まで心の中では飛び出してしまう

攻めているはずなのに苦痛に歪んだ表情で「ウォォ~」と締め上げるテリーマン

ジャスティスマンは「やせ我慢はやめろ。お前の心と体のバランスが崩れていることは私にはわかる。お前はやはりその左足を痛めている」と思い切り核心を突く

「黙れ!この体がどうであろうと今この瞬間、ミーが優勢であることには変わりはない」といかにもやられ役のようなセリフまで吐くテリー

はテリーマンの切り札中の切り札・・・これでサンシャインや100トンも邪魔が入らなければ普通にギブアップ負けだったテキサスクローバーホールドをあっさりプッシュアップから柔軟な肉体で体を丸めてテリーの股下をくぐってステップーオーバー前の体勢に戻し、そこから逆にテリーの右足を膝十字固めに捉える

先ほどのローキックといいこの膝十字といいなぜかテリーの左足は異変に気付いているにも関わらず攻めない

ギリギリと強烈に締めあげられ悲鳴を上げるテリーマンだったが、空いていたもうダメになる寸前の左足のかかとでジャスティスマンの頭部をガンガン蹴る「体重のかかっていないかかと落とし」を連発して脱出

かかと落としといえばまたもアンディ・フグ・・・

実況の吉貝アナが「打撃良し、投げて良し、関節技にも隙がない。ジャスティスマンは全てに秀でたコンプリートファイターだ」と盛り上げ、そこはかとなくドヤ顔で腰に手を当ててテリーマンを思いっきり見下すジャスティスマン

逆に「完璧な物など何もない」状態のテリーマンはテキサスブロンコ魂だけで立ち上がる

だけど、信じあう心だけは完璧なつもりだぜ?

信じあえる喜びを?

テリーマンもなぜかジャスティスマンが弱点の左足を攻めてこない事に気づいていたようで「相手の弱点を狙うのが超人レスリングの定石。なぜ狙わない?フェアじゃないからか?くだらない同情ならやめてもらいたいものだな。お前のお情けに頼るほどミーはヤワじゃないんだぜ?本気で殺しに来るんじゃなかったのかよ!」と激昂します

ちっちゃい時から人になめられるのが大キライだったテリーマンの性格がよく出ている

ちっちゃな頃から悪ガキだったわけじゃあありません

しかしジャスティスは「ナニを勘違いしている?甘いのはお前のほうだ」と冷酷に言い放つ

「私がお前の左足を狙わなくなったのは同情などというくだらない感情のためではないからな」とまで言い切りどこまでも「感情」というものに対して徹底的に否定的なジャスティスマン

これはつまり右足を潰してしまえばもう両足ダメみたいなもんだから勝利がより完璧になるとかそんな感じ?

テリーマンは「ぬかせー!」とマンガでしか聞いた事がない表現でジャスティスマンに闇雲に遮二無二ナックルパートのラッシュに

しかしジャスティスマンはもう・・・まるでルパン三世のファーストシリーズ第2話やOVAの「生きていた魔術師」などでおなじみのパイカルのように表皮が何かしら硬い膜で覆われてるのか、ノーガードで思い切り顔面ガンガン殴られてるのに全くポーカーフェイスで受け続ける

さりげな~く口は切れて出血はあるようだけど・・・

そしてパンチのラッシュを顔面にモロに受けながらジャスティスマンは「もし私がお前の左足を狙って勝ったとしよう。するとお前は思うだろう。もしこの左足さえ万全なら勝てていたかもしれないのに・・・と」今度はジョセフ・ジョースターのようにテリーマンの真理を先読みするジャスティスマン

さらに「そんな希望をわずかでも残すとそれが新たな火種となる。“キボウ”がある限りお前たちは抵抗をやめないからな。だから私はお前たちが言い訳できぬような完勝をする。それが私の行動原理だ」と、右足を狙ったのはより勝利を確実にするためではなく、完膚なきまでに力の差を示して二度と再戦など思わないように心まで完全にへし折る為だったことが明らかに・・・ってどうせ結局最後は殺す気なんでしょ?

だったら左足攻めて殺しても同じことだと思うんだけど・・・

どうせ結局・・・結局南極大冒険・・・

そしてついにジャスティスマンはテリーマンのパンチをキャッチしてそこからバックを取り「では完勝までのカウントダウンに入ろうか。左足は狙わない。代わりに・・・そうだなお前の左腕を先ほど闘ったあの男のように・・・」と耳元であま~くささやいてからアシュラマンの腕を引きちぎった荒業「ジャジメント・ツイスト」を敢行する

すぐにもぎ取られるアシュラマンのヤワな腕ではないからもぎ取られはしなかったがテリーマンの左腕はまたお馴染みのドス黒く変色した色になる

ジャスティスマンは「ほう・・・この技にも耐えるとはなかなか頑丈な腕だな」とコケにします

するとテリーマンが「と・・・当然だぜ。この両腕に輝くスターエンブレムはミーのファイティングスピリットの象徴!こんな技なんかで砕かれるほどヤワじゃねぇんだよ」と強がるがここはちょっとカッコいい

そしてまたスターエンブレムが発光してる

今までこんな設定なかったけどスターエンブレムが発光するとダメージ回復するとかそんな効果でもあるの?

そもそもテリーマン自身の「発光」がまだないのがせめてもの救いかな

これを最後まで・・・それこそジャスティスマン最大の必殺技であるジャッジメント・ペナルティまで温存できればテリーマンの勝利か引き分けに持ち込む可能性もありそうだけどその前にまだジャッジメントウィンドミルやらタービンストームやらあるし超えなきゃいけないハードルはもう山のように高い・・・

ダメだこりゃ

ジャスティスマンは「腕は繋がってるが、骨や腱、神経のダメージは甚大。機能しないことは見て取れる。死へのカウントダウンは近づいてきた」と、“キボウ”が残る事を懸念してたくせにやっぱり殺す気満々なジャスティスマン

単なる殺人狂でしかないくせに「ジャスティス(正義)」とか

まー暴言や暴力や殺人すら「正義」とかほざく奴も世の中にはいるから似たようなもんだろけど

自分の主義主張こそ「正義」という独善的な発想はどうかと思うけどこれはもう性格だから仕方ない

そもそも二本の腕しかない超人がそう簡単に腕をもぎ取られるわけないでしょうに

簡単に腕を引きちぎられるような超人は腕の一本一本の重みが2本腕の超人より圧倒的に軽い上にいつでも腕を取り換えできる特異体質超人のアシュラマンしかいないんだよ

寧ろこんな色に変色するのもテリーマンだけの特色だし

ロビンマスクはタッグ編でネプチューンマンに腕を攻められた時はなぜか流血してたけど(笑)

大体登場キャラクターの腕がもぎ取られたり引きちぎられたりするようなグロテスクな描写はいくら青年誌のプレイボーイ誌上に移ったってそう簡単に描けるもんでもないでしょうが

・・・って少年誌のジャンプでも「ジャングルの王者ターちゃん」で腕を斬り落とされたり首を跳ねられたりとか散々あったけど・・・あの時代はながぶちつよしのヤクザドラマが普通にゴールデンで流れてた時代だ

登場人物がタバコ吸ったくらいでクレームが入るようなキチガイ自己満足偽善者爺さん婆さんに厳しく作品をチェックされてる今とはいろいろなものが違いすぎるし、行き過ぎた表現規制は確実に作品をつまらなくする

突進してくるジャスティスマン

しかしテリーマンは「最後まで体の動かせる箇所がある限り諦めないのがテキサスブロンコ魂だ」と最高にカッコいいセリフを吐く

確かに両腕失ってもアシュラマンと果敢に闘い続けたテリーマンだからこそ言える

普通の超人なら両腕失った時点でアウトだもんね

そしてテリーマンはなんと片腕でロープを引っ張り二本の木製コーナーを引っこ抜く怪力を見せる

見かけによらずテリーマンはかなりの剛腕・剛力の持ち主であることは100トン戦で100トンを持ち上げたことでも実証済

テリーは引っこ抜いたロープと二本の木製コーナーを体に巻き付けてジャンプして体をヒネるとアシュラマンの竜巻地獄のような「テキサス・ツイスター」を発生させる

つまり二本のコーナーは腕代わり・・・タッグ編でジェロニモに肩車してもらって発生させた竜巻地獄と同じ原理だね・・・相変わらずむちゃくちゃすぎるけど(笑)

光の矢よりはマシかな・・・

いやさピラミッドパワー・・・

しかし、ジャスティスマンはアシュラマンが6本の腕で放った竜巻地獄にすら打ち勝った「タービンストーム」という技もある・・・

テリーマンの絶望的な状況は依然として変わる事もなく“キボウ”の光などさっぱり見えず今回は終わり

————————————————————————

何をやってもジャスティスマンの手のひらの上で踊らされてるだけのように見えるテリーマン

やはり相手が悪すぎる感が強い

切り札であったテキサスクローバーホールドもあっさり破られた

左足が万全だったらどうだったんだろうかわからないけど

もはや超人閻魔や悪魔将軍にも匹敵する強さに思えるジャスティスマンにどう挑むのか

ただでさえ少ない持ち技ももうほとんど残ってないしブレーンバスターごときでやられる相手じゃあない

次回予告煽り見出しは「次回、テリーマン、新必殺技(フェイバリット)でジャスティスマンを圧倒・・・!?」とすがすがしいほど嘘くさい「飛ばし」見出しになっている

そもそもこれまでの闘いぶり見てれば「圧倒」なんて表現が出てくる事自体おかしい

そもそも「テキサス・ツイスター」とか言ってもいちいちコーナーを二本引っこ抜かなきゃできないなんて使い勝手悪すぎるだろ

アシュラマンがコーナーの鉄柱にロープを絡ませて無理やり作り上げた「なんちゃって呪いのローラー」から1人で自作自演で放った阿修羅火玉弾に似たものがある

ただよく見るとこの竜巻さ・・・ドラゴンボールのスーパーサイヤ人2みたいに電磁波スパークまで発生してるじゃん・・・

その分強力な竜巻ってこと?

ただこれ本当は「テキサス・トルネード」とか「テキサス・ハリケーン」って名前にしたかったんだろうね・・・

でもできなかった・・・それはなぜか・・・?

実は「テキサス・ハリケーン」ってジャンプ編集部の「もしも第三回超人オリンピックが行われたら」という妄想企画でテリーマンがなぜか覆面レスラーで決勝トーナメントん出場してウォーズマン、バッファローマンを倒して決勝進出して覆面を脱いで正体を明かしてキン肉マンと対峙する・・・

そんなストーリーがあったわけですよ

だから使えなかったにしても「テキサス・トルネード」でもよかったのでは

まーどっちでもいいか

どっちみちテリーの持ち技じゃ残りはもうカーフブランディングとテキサスコンドルキックだけであり、こんなチンケな技でジャスティスマンを倒すなどほぼ不可能

バッファローマンの「ハリケーン・ギガブラスター」みたいに「テキサスドライバー」的なとんでもない新必殺技でも温存してなきゃジャスティスマンにブッ殺されるのを待つのみ

とりあえず「発光」を最後まで温存できるか、それとも「発光」すらなく負けてしまうのか・・・

テリーマン初の完全KO負けが描かれるのか・・・

次週でさすがに勝負の行方は見えそう

笑顔の行方・・・

ナツコの行方・・・

キン肉マン 週プレ最新作 第147話 「完璧が目指す“圧勝”!!」 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は11月2日発売です

タイトルとURLをコピーしました