キン肉マン 169話 迷いなき大罪!! 感想

キン肉マン 週プレ最新作 第169話 「迷いなき大罪!!」 感想(あらすじネタバレ含む)

超人預言書はページの下から燃やされることで下半身からジョジョに奇妙に消えていく流れだった

しかしこの場合は下半身から消えていく必要性はないはずだがやはりなぜか下半身から消えていく流れ

ザ・キンターマンだったらあの逞しい下半身から消滅させるのは(特にあの状態の時は)至難の技だろう

サイコマンの消える下半身を見てキン肉マンは「サイコマンの消滅が止まらない」と仲間でもないのに絶叫

ロマンティックが止まらない

不自然に下半身から消え始めるサイコマンを見ていてもたってもいられなくなったシルバーマンとジャスティスマンも「ツァー」とか「ハワァー」とか言いながら飛び立ち4Fのリングにやってくる

「キ・・・キミは一体なんてことを」とシルバーマン

「拾式(テンス)・・・おまえ」と口にして初めて見せるような動揺の表情を見せるジャスティスマン

サイコマンはニャガニャガ言いながら「誰があなたたちを死なせるものですか。完璧超人始祖(パーフェクトオリジン弁当)は神となるべき存在ですよ。それが全員消えてしまうなんてシステムは存在自体が危険すぎる。万一の事故が起こらないとも限りません。だから私が直しておきました」と自分が仕掛けをイジっておいたことをカミングアウトする

さらにサイコマンは「ただし!さすがは閻魔さん・・・いや、当時のザ・マンが作ったシステムだけのことはあります。11人全員の消滅を止める方法はさすがにこの私でも見つけられませんでした。できたことはただ1つ。消滅に向かうエネルギーを・・・誰か1人に向けること。それが最善な方法だったのだからどうしようもありません」とニャガニャガ言いながらコトの真相を語りつくす

シルバーマンは「だからと言ってキミが全部引き受けることはなかったじゃないか!?」と絶叫する

サイコマンは「ええ、迷いましたよそこは。ひとつ、ワイルドガンマンさんあたりに犠牲になってもらおうとも考えたんですがね。さすがにできませんでした。かわいそうでしたからね。そうなったらもう・・・私自信に向けるしかないでしょう」とニャガニャガ言いながらガンマン暗殺計画未遂事件までカミングアウトする

ホント、サイコマンとガンマンはめちゃくちゃ仲悪いからなぁ

ここでワイルドガンマンの名前を出したときは思わず笑ってしまった

でも「かわいそう」と思いとどまるあたりは本音じゃ嫌ってない?

結局は「ケンカ友達」だったってこと?

寧ろジャスティスマンの方が本質的に気が合わず仲悪そうな感じもする

ジャスティスマンの裏切りにもかなり取り乱して激高してたし

とりあえず仲良くしろよ

いい歳(50億歳以上)なんだからさ・・・

シルバーマンはサイコマンを抱きかかえる

サイコマンは「しかし言っておきますがね・・・私は何1つ・・・間違ったことをやったとは今でも思ってませんよ。あなたたちを死なせなかったことだけじゃない・・・マグネットパワーだって・・・あれはいいモノなんです。使い方によってはこの世をよりよくできる力なんです」とつらつらとしゃべり続ける

「それだけはわかってほしかった・・・特にあなたには・・・」とまたホモっぽい顔をして語るサイコマン

ずっとあなたが好きだった

「・・・そこだけは・・・認められない」と臨終の相手に対しても絶対にブレない拒絶の姿勢を示すシルバーマン

サイコマンはニャガニャが言いながら「強情ですね・・・でもそれもあなたらしい・・・そんなあなたみたいな人物に・・・私は・・・なりたかった」とシルバーマンに対する愛情(同性愛)ともリスペクトともとれる複雑な感情を改めて示す

ここで思わせぶりに立ったり座ったりしてるだけの閻魔様が珍しく口を開く

「サイコマンよ。おまえは決してやってはならぬことをした。そのこと自体は超人閻魔として許しがたい。いくら始祖(オリジン)であるお前といえども粛清に値する大罪である」ともうすぐ死ぬ奴に向かって、まるで右手に持った竹刀を笏のように突き付けながら死刑判決を下す閻魔様

シルバーマンは「何が超人閻魔ですか!この期に及んであなたは一体ナニをイッてる!」と激昂する

しかしここで閻魔様・・・いやさザ・マンは常に血走って充血していた目が真っ白になり(人間で言えば“優しい目”という感じ?)「しかしサイコマンよ・・・今まで私に尽くしてくれたこと。礼を言う。大義であった」とその白い目をさらに細めて、笏代わりの竹刀も腰に収めて死にゆくサイコマンに労いの言葉をかける

相変わらずフェイントみたいな動きが多いなコイツは

ブチキレて処刑するのかと思えば「礼を言う。大義であった」とかほざいたり

思わせぶりに立ち上がって何かするかと思えば何もせずまた座ってたり

どこまで池乃めだかリスペクトなんだコイツは

そのうち散々ボコボコにされた挙句に「今日のところはこれくらいで勘弁しといたるわ」とか言い出すのか?

たまりません

それにしても閻魔様は丸くなったというか妙に悠然・泰然としすぎだな・・・

前回も自分が消滅しかけてるってのに全く動じずに太い足を組んで頬杖ついたまま何の抵抗もしようとしなかったし

今シリーズに登場してきたのはそもそも強い行動原理があってのことだろうにそんなあっさりしてていいの?

とにかくサイコマンはいよいよ全身消え始める

「ええ私はこう見えて義理堅いんですよ。裏切るなんてできませんよ。こんな私を始祖(オリジン弁当)に選んでくれてありがとうございました。閻魔さん・・・いや・・・ザ・マン」と言い残すとシュゴォと完全に消滅してしまったサイコマン

今際の際の最後の言葉は愛するシルバーマンではなく太古のやたらゴツイ神こと、超人閻魔こと、ストロング・ザ・武道こと、ザ・マンに対してのものだった

意外とそっちの趣味がある奴らは閻魔様みたいなガチムチからややデブ寄りくらいのとにかく肉付きがむっちりむちむちとした体形が好きだというからサイコマンも案外「本命」は閻魔様だったのかもね?

キルハットだけを残して消滅したサイコマンに対しシルバーマンは涙を流して「サイコマーン!」と絶叫

そして「ねぇサイコマン」とまるでムーミンに呼びかけるようにぶつくさしゃべり始めるシルバーマン

「もしキミが僕と同じ道を歩んでいたとしたら・・・キミだったら僕と違って本物の正義超人になれたのかもしれないね」と涙ながらにサイコマンの己が信じた道を愚直に邁進し続ける性格を称えるセリフを口にする

そしてサイコマンが天に昇っていくのを見届けるかのようにキルハットを抱えながら空を見上げるシルバー

兄・ゴールドマンも同じくサイコマンを見届けてるのか涙をこらえているのか顔を上に向けている・・・

あ、違うわこれは単にリングが4Fだから顔を上に向けなきゃ見えないだけだ

ダメだこりゃ

閻魔様は依然として目を細めて・・・それとも目を閉じて涙をこらえているかのような表情

このお方って案外情が深い性格なのかもやしれないね?

そういや殺されるとわかってても必死に立ち向かってきた魔雲天にもちょっと同情してたりしたし

空を見上げてボーッとしてるシルバーマンを背後から見つめるジャスティスマンは何かの異変に気付く

今度はシルバーマンの足が消え始めているのだ

だからなんで下半身からなんだ

だったらキンターマンがむき出し(ネイキッド)になったあの部分が膨張してる時はどうなるんだ?

その分消滅に時間がかかるってことか

たマラない・・・

しかも客席ではまたもつんつるてんのてるてる坊主みたいなスキンヘッドを剥きだし(ネイキッド)にしたつるピカハゲ丸くん状態のアデランスの中野さんが「おい見ろ!シルバーマンも消えていくぞ」と絶叫する

忘れもしねぇ・・・165話の更新をした時こいつのせいで1万文字近くの脱線をして更新に恐ろしいほどの時間がかかってめっちゃ疲れたことを・・・

もうつるピカハゲ丸くんの話なんてしねぇ

実はあの後妙に懐かしくなってアニメ版をわざわざ見直してしまってあのつるセコ活動がほとんど利益にもならないことばかりじゃないかとツッコミたい気持ちもめちゃくちゃあるがもう1万文字も脱線するのは嫌だ

一発屋の話もあの後まだ他にもいろいろ言いたいことがあった

ショパンのことを「別れの曲」だけの一発屋と言えるのかと

ましてモーツァルトを「トルコ行進曲」だけの一発屋と言えるのかと

でも言わねぇ・・・

もう言っちゃったけど・・・

これ以上はもう話を膨らませねぇ・・・

あぁでも言いたい

ハゲ丸の話したい!

モーツァルトの話もしたい!

あ~言いたいことも言えないこんな糞ブログじゃムシャクシャする!

でももう脱線はいやだ・・・

勃ってきた・・・

とにかく脱線の誘惑を断ち切って話を本編に戻すとキン肉マンが「シルバーマンも消えてしまうのか」と泣きわめき始めている

しかしシルバーマンは自分の体が消えかけているのはダンベルの祭壇が原因ではなく、そもそもシルバーマンはこの一試合限定でこの一試合の為だけに蘇ってきたのだという寧ろこっちの方が衝撃の事実を明かす

「キン肉スグルあなたなら知っているでしょう。兄と私が本来なら金銀合体マスクとなってキン肉大神殿に安置されているはずだったことを」とシルバーマン

「そ、そういえばそうだった」とまるでテリーマンみたいなリアクションのキン肉マン

「今回の危機を察知した兄と私はこの難局を乗り切るため、あえてまた分離して活動する道を選びました。しかし、金銀合体マスクとなり強大な力を得た私たちでさえ身体はどちらか1人分しか用意できませんでした。それで私はほぼすべてのパワーを兄の復活に託したのです。私の管理していた“地のダンベル”と共にね」と語るシルバーマン

なるほどこれでなぜ合体していたはずのマスクが元に戻っていたのかも、なぜ悪魔将軍が肉体を得て蘇ったのかもすべてが明らかになりこれでスッキリした

まだ死んでいた悪魔騎士や悪魔超人たちが何で全員復活したのかは謎のままだけど、あの時はまだ超人墓場も「営業中」だったし、そもそも悪魔超人はバッファローマンを蘇らせたように謎の「蘇生術」もあるからな

そしてさらにシルバーマンは「しかし、不測の事態に備えて一度だけ闘える力を兄から残してもらっていたのです。今、私があなたたちの前にかつてと同じ本来の姿で現れたのはその力を使ったためでした。しかし、それがとうとう尽きようとしている。それだけのことです」と自分が肉体を得て復活したカラクリも明かす

キンは「シルバーマン。じゃああなたともまたこれで永遠のお別れだというのですか?まだまだ他にも教えていただきたいことがあるというのに!」と泣きわめく

シルは「いいえ、身体は消えてしまいますが、私の命そのものはサイコマンが守ってくれました。だから私はまた以前と同じようにただあなたたちを遠くから見守り続けています。あなたたちの作る新たな未来を・・・楽しみにしながらね・・・」と前回「もう私たちを死なせてくれませんか」とか言ってたのに結局命を長らえたことを喜んでいるようなセリフを吐く

「そんな!待ってくれシルバーマン!」と鳴きすがる子孫のキン肉スグル

ご先祖様のシルバーマンは「ではキン肉マン、ネメシス、まずはあなたたち2人の試合を楽しみにしています。その結果、キン肉族にどのような新たな歴史が生まれるのか・・・あなたたちならきっとよい結果を生み出してくれると私は信じていますから」と子孫の懇願を完全無視

さらにシルバーマンは「そして兄さん、あの人(閻魔様)のことはあなたに頼みましたよ」と兄・ゴールドマンにも告げる

相変わらずのポーカーフェイスでわずかに頷くだけの将軍様・・・

そして銀のマスクだけを残して消滅してしまったシルバーマン

消滅の間際まで抱えていたサイコマンのキルハットと共に硬い石のリングにカキィン落下する

銀のマスクとキルハットが折り重なりホモみたいな描写で微妙な気持ちにさせられながら今回は終わり

————————————————————————————-

と、いうわけで敵キャラとして4試合も対戦が描かれるというこの作品の過去の歴史を見てもアシュラマンに匹敵(Ⅱ世含めるとさらに2試合、超人血盟軍としての闘いも含めればさらに3試合アシュラマンの方が多いが)するほどの待遇を受けたキャラでもあったサイコマンがここに完全消滅

ここまで引っ張ってたくさん試合を描いたキャラだけに今後も残すのかと思ってたけど、引っ張ったわりにはあっさり消滅させちゃってなんだか拍子抜け感もある

やはり基本的に完璧超人始祖は全員このシリーズで消滅させる考えなのかな

ジャスティスマンだけは誰にも殺されそうもないしもう消滅も免れたし退場のしようがないと思うけど

次回予告の煽り見出しが「次回、始祖(オリジン)に託された超人たちの次なる闘いが始まる」とある

まるで新シリーズ突入を思わせるような内容だがこれもまた「飛ばし」なんだろうか?

そもそもキン肉マンVSネメシスと悪魔将軍VS超人閻魔戦がまだ片付いてもいないし

でも誰かしらの「登場」は期待できそうな見出しでもある

委員長が示唆した真弓の登場か

真弓が来るなら「息子」のアタルの登場も期待できるだろうけどもう闘う相手がいない

だったら当然ネプチューンマンとオメガマンの完璧超人コンビの登場も待たれる

フェニックスもどっかにはいるんだろうけど・・・とりあえずここではいいかな

なんとなくキャラ的にネメシスとかなり被ってるし

それよりアシュラマンの生死をそろそろはっきりと・・・

それにつけてもゴールドマンやシルバーマンほどの超人が生き返るのにものすごく苦労するんだね・・・

それなのに雑魚超人に限ってあっさりコロコロと何の説明もなく生き返ってるのはなんなんだ?

超人タッグ編のB・Hとか王位争奪編のニンジャとかリキシマンとか・・・

ましてスフィンクスマンなんて超人オリンピック予選のバトルロイヤルでルパンや金玉と一緒に死んだんだ

なのに決勝トーナメントのキン肉マンVSロビンマスク戦の前にはもう生き返ってしかもデートしてやがった!

なんなんだこりゃあ!

キン肉マンが初優勝した超人オリンピックは開催年は1979年で間違いないが、開催月が7月説と11月説があるが、原作描写を優先すれば11月13日が予選開催日だ(ロビンマスクの選手宣誓の中で日付が明言されている)

あのくだらない予選・・・くだらないジャンケン・・・くだらないキンターマンの股間の凄さ・・・くだらないマラソン・・・くだらない乱闘で真弓大王に背後から羽交い絞めにされ息子のキン肉スグルにボコボコにされるザ・キンターマン、くだらないバトルロイヤルで死亡したザ・キンターマンら9人の犠牲者・・・そのすべてが11月13日の中で完結した出来事なのである

そして決勝トーナメント開始が1月5日

決勝戦のキン肉マンVSロビンマスク戦が4月4日だ

つまりスフィンクスマンは死んだ11月13日から最大でもわずか4か月と21日という超短期間で蘇生した事になる

元々超人墓場は4つの金色の玉(アニメ版で金色だと判明)を集めるのに「早い者で半年」ということだった

つまりなんだかんだで半年程度で出られてしまう結構ヌルい場所でもある

遅い者なら100年とこちらは極端でありブロッケンマンあたりはそのコースになりつつあるようだが・・・

しかしあの糞エジプト野郎はその半年すら上回る最短期間で金玉を4つ集めて墓場を脱出した事になる

ミスター・カーメンみたいにファラオの怪しげな妖術(錬金術)でも使って金玉を4つ偽造でもしたのかな?

とにかくあまりにも早すぎる!

こんないてもいなくてもいいような奴が

ミスター・カーメン登場後はあまりにもキャラが被るからそれ以降Ⅱ世含めても描かれなかった糞超人が

沙羅曼蛇のステージ5のボスがツタンカーメンでこのオレはあいつに散々ヤられたのも関係あるのか?

そんなエジプト野郎もいるってのに長い事長い事気が遠くなる年月生き返ることができなかったゴールドマン・シルバーマン兄弟

そうでなくてもウォーズマンだって墓場から出るのにやたらと苦労していたものだ

ファラオ野郎に超新星爆発野郎に忍者野郎に相撲野郎は一体どうやって・・・

そういや忍者野郎と相撲野郎はアニメ版では同じ声優だったよな

ニンジャは原作のスマートなイメージがぶち壊される声だったが王異編ではそれっぽい声優に代わってた

まーあれやこれやと散々コキおろしてコキまくってきたわけだけど・・・

今回のストーリーはちょっと切なくて悲しいストーリでもあったよな

シルバーマンの銀のマスクとサイコマンのハットが重なったときなんて胸が引き裂かれる思いだったよな?

サタンクロスに胸を引き裂かれるのは嫌だけど

めっちゃ痛そうだから

ザ・ニンジャは本当に辛かっただろうなぁ・・・

ザ・ニンジャとウルフマン・・・

声優が同じだった間柄のこの2人はこの漫画のキャラクターで最も苦痛が大きい死に方をした2トップと言える

先述のニンジャもそうだし、ウルフマンもデビルトムボーイでジワジワと締め付けられ、最後は全身がバラバラになるほど強力な絞殺だし、アニメ版の筋肉組織破壊の全身うっ血みたいな死に方もエグすぎる

この2人と王位編の血縄縛りの門のアシュラマンの3人が「壮絶激痛死三銃士」として結成できそうな経歴だ

アシュラマンは悪魔超人がなんで正義超人の為にそこまで・・・って感じではあるけど

今じゃ生きてるのか死んだのかもはっきりしねーけど・・・

とにかくこの3人見てると「あんな死に方したくね~!」ってしみじみ思わされるな

どうせなら明るく楽しく死にたいもんな

スフィンクスマンみたいにねっ♪

とにかく普段からコキおろしてばっかりの糞野郎であるこのオレにもまだ人情ってもんは残ってるんだぜ?

ほんのちょっとだけだけだけどな

こんな超絶下ネタノリノリど変態野郎でも人間らしい心はまだ残ってるんだ

わかるな?

たまにはセンチに浸るのも悪くない

蘇った人間の心(アニメ版第58話参照)って感じではあるのかな?

とにかく次回は楽しみすぎるじゃねーかこの展開

誰かが登場するか・・・しないにしても結構新展開がありそうだし

ただキン肉マンVSネメシス戦がさも一大決戦みたいな扱いになってるけど・・・

ネメシスが負けるのがもう見え見えでこの戦いはそれほどテンション上がらないんだよなぁ

しかもネメシスの方が1試合多く闘ってるしインターバルも短いしフェアですらない

それ以前に「主人公」と闘う時点でほとんどのキャラは負け確定なんだけどね

キン肉マン 週プレ最新作 第169話 「迷いなき大罪!!」 感想(あらすじネタバレ含む)は以上

次回は5月23日発売です

タイトルとURLをコピーしました