キン肉マン 32話 正義超人軍、壊滅!!の巻 感想

キン肉マン最新作第32話「正義超人軍、壊滅!!の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)レビューです

前回登場したキン肉星人と思われる完璧超人の名前は自己申告により「ネメシス」と判明しちまいました

フェニックス、ゼブラ、ソルジャー、マリポーサ、ビッグボディ、そしてネメシス・・・

なんとも言えないネーミングですが期待しましょうか

そして3大奥義のマッスル・スパークをピークア・ブーに炸裂させたわけです

前回のラストでブーの命を救う為にマッスル・スパークの下敷きになったキン肉マン

ネメシスは「ピークよ、お前はキン肉マンのこういう行動にほだされてしまったんだな?」と問いかけます

しかしマッスル・スパークはクッションがあったところで防ぎきれぬ技であると続けます

実際これはオレも読んでて「あれくらいでダメージ軽減できるのかな」とは思いました

キン肉マンがブヨブヨの衝撃吸収体であれば話は別ですが

案の定、ブーは吐血してそのままダウン

死んだのかどうか曖昧ですが多分かろうじて生きてはいると思います

そして下敷きになったキン肉マンもその衝撃で失神

ネメシスは「属性の違う超人を助けるのはバカ」だと言い張ります

寧ろ完璧超人は見方であっても助けない主義なのではと思いますけどね

そして場外ではテリーマンもポーラマンのメガトンキング落しもどきを前回くらって失神状態です

これで正義超人は戦える者がいなくなったと高笑いの完璧超人軍

これで超人界制圧の為の残るゴミどもは悪魔超人のみと盛り上がる完璧側

悪魔側も臨戦態勢でかなり気合入っています

バッファローマンカッコいいです

ここれで正義超人は「まだ全滅していないぜ」と意気揚々とコーナートップに立つ超人が1人現れました

言うまでもなくジェロニモ

読んでる読者も全くワクワクしない展開です

これがアタルだったらどんなにアドレナリンが出たことか・・・

おそらくほとんどの読者が「もういいよジェロニモ・・・」と心の中で呟いたことでしょう

完璧側は嘲笑しながらジェロニモの本名を「ジェロニモ・ヤング・マクダニエル」と公開し、

お前は元人間で下等超人以下の「下衆(げす)人間」とまで罵ります

しかも第1陣に手も足も出ずにまわされた過去を告げジェロニモに歯軋りをさせます

ここでカナディアンマンとスペシャルマンがカットインします

ジェロニモが下衆なら生まれつき超人のくせに戦おうともしないコイツらは何なんでしょうか?

外道?

さらにミートまで「ぼくもたたかう!」とか言い出します

しかしジェロニモは「お前は正義超人の司令塔だから最後まで残っていなきゃダメだ」と静止

そして自らを「このアイドル超人のジェロニモが」と宣言

ぶっちゃけコイツとウルフマンとメイビアはアイドル超人に入れていいかもわからない立場ですが・・・

とりあえず「自分で言っちゃうか」という印象です

そして完璧側全員に物理的にどういうダメージを与えるのか未だはっきりしないアパッチのおたけび敢行

しかし完璧側全員のけぞってその威力に驚いている意外な反応

ネメシスでさえ畏怖しているような描写です

ここで前回登場したものの出番がなかった「ジャック・チー」という水道管超人が存在感を出します

アパッチに吹き飛ばされたものの、右腕の蛇口から水を放出してその反動でジェロニモに立ち向かい、

今度は左腕の蛇口から熱湯をぶちまける「ボイリングショット」という技を出します

何のことはない、単にジェロニモに熱湯ぶちまけただけです

超人が熱湯くらいでダメージ受けるのかな

そして最後の1人、「マーベラス」が両肩にそびえる2頭の龍が首を伸ばしてジェロニモに噛み付き、

そのまま自ら立てた膝にバックブリーカーとして叩きつける荒業です

これでジェロニモはまたも完璧超人の「お披露目」用のカマセキャラとなりました

それとこのマーベラスのルックス

あのシルエット悪魔超人の側にいたのはアシュラマンよりこっちのほうが近いような気が・・・

下半身のボディースーツがアシュラマンと同じだし・・・気のせいかな・・・

集団リンチはまだまだ続き完璧側はジェロニモをまだマワす気満々です

クラッシュマンが前回は手加減したけど今度は本気でクラッシュして殺すと宣言

そこに意識を戻したキン肉マンがすがりつき静止します

場外ではテリーマンも意識を戻しリングに這いずり上がります

これを見て何か思ったようなバッファローマンの表情が一瞬カットイン

意味深(やっぱり正義超人はいいなぁ?)な描写です

ここでネメシスとポーラマンがキン肉マンとテリーマンを抱え上げツープラトン攻撃に出ます

マシンガンズのマッスル・ドッキングを上回る必殺技だと豪語します

その名は「バスターズ・ドッキング」です

要するに2人が背中合わせに相手の2人を両肩で直角に捉えてキン肉バスターで叩きつける技です

ゆでたまご先生の技に対するイマジネーションは本当に素晴らしい

そのまま叩きつけられれば完全に両者死亡かという場面

しかしやっぱり「ページ開きの衝撃」は今週もありました

ついにバッファローマンが昔なつかし「スプリングバズーカー」を発射

バスターズ・ドッキングを弾き飛ばします

このスプリングバズーカーはやたら人気高いようですから喜んだ読者も多いでしょうね

とにかくどういう形にしてもキン肉マンとテリーマンを救う形になったバッファローマン

生粋の悪魔であるスプリングマンが良く協力したものです

バッファローマンのあのカットインはそういう意味だったのかそれともやっぱり「正義っていいなぁ」かな?

悪魔側は「弱いものイジメしてないでオレ達と戦えや」とやる気満々

ただブラックホールは全身食いちぎられてもうボロボロですぐ戦える状態ではないと思うが・・・

完璧側も悪魔側も共に「殺す気満々」で睨み合います

キン肉マンは「このままではただの殺し合いになってしまう・・・」と半白目状態で憂慮します

「誰か・・・誰かが止めねば・・・」と・・・

ここで「ちょっと待ったー!」と声が

もう誰もが予想したアイドル超人の残り4人がついに満を持しまくって登場です!!

「神聖なリングで殺し合いとは穏やかじゃねえなぁ」とブロッケン

「闘いとは分かり合う為にやるもの。それが騎士道。それが正義超人」と「騎士道」を持ち出すあたりいかにも英国チックなロビン

「コーホー」・・・それしか言わないけど誰もがわかるウォーズマン

なぜか中国語で「让你久等了(待たせたな)」と告げるラーメンマン

いよいよ散々登場をジらされまくったアイドル超人が参戦です

今週はここで終わり

たまりません

————————————————————————————

しかしラーメンマンはヘッドギアしてなかったけど大丈夫なのかな?

もうその設定は忘れたのかな(笑)

ラーメンマンはマーベラスと闘いそうですね

龍っていうのがいかにも中国的だし

闘将拉麵男

ただやっぱりセカンドステージはタッグ対決になるのかなとも思います

ネメシスとポーラマンがツープラトン技出したでしょ

あれをあのまま未完で終らせるとも考えにくいんですよね

バッファローマンとスプリングマンのコンビは妙に人気高いし

あとペンタゴンを復活させて四次元殺法コンビ復活の構想があると嶋田先生言ってたみたいですし

四次元殺法コンビ復活なら、マッスル・ドッキング「お披露目」のカマセだったように、

今回はバスターズ・ドッキングの初の生け贄も彼らかな?

とにかく誰かしらあのツープラトンにやられる存在が必要でしょう

マシンガンズは動けないし、ブーも多分死んでないにしても相当な重症

そうなるとロビンマスク・ウォーズマンの超人師弟コンビと、

ラーメンマンとブロッケンJr.のこれもある意味超人師弟コンビ結成かな

見出しにも「次回、いよいよセカンドステージの概要が明らかに」とあるし

ブーとジェロニモが戦えるならこの2人が組みそうですけどね

この流れだとタッグになりそうですねぇ

完璧側はターボメンとクラッシュマンの「ファーストステージ生き残りコンビ」は組みそう

ネメシスとポーラマンも組みそう

残るグリムリバーとジャック・チーとマーベラスは1人足りないからここで武道が戻るのかな

だとすれば武道と組むチームは当然勝つだろうし…

タッグ対決になるとすれば数は合うんですよね

完璧側は4組です

対するはアイドル超人組2組と悪魔+ペンタゴンで2組

ネメシスのコンビと武道のコンビは勝つでしょうから四次元殺法コンビともう1組負けるコンビが出る

バッファローマンのコンビかブロッケンに足を引っ張られるラーメンマンのコンビか・・・

スプリングマンのデビルトムボーイ炸裂を見たいですが、

完璧相手では簡単にバラバラになってくれそうな雑魚もいないからまた未遂で終りかな

アトランティスドライバーもそうだったけどなんか消化不良なんだよなぁ

初代で正義超人を倒した技はもう1回誰か別の超人を殺すところを見せてほしい気もします

アトランティスに至ってはタワーブリッジでフィニッシュ飾る必要性全くなかったわけですし

まー、こんだけゴチャゴチャと予想したって案外普通にシングルで戦うかもしれないし、

タッグだって憶測の域は出ませんからね

それは次回まで待ちましょうか

その次回は来週はお盆休みで、8月20日発売です

以上、キン肉マン最新作第32話「正義超人軍、壊滅!!の巻」の感想(あらすじネタバレ含む)レビューでした

タイトルとURLをコピーしました